CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年02月18日

地域の未来人口を推計してみる。


ところさん大変です!

6.jpg

上記は私の住んでいる山口市嘉川地域の人口推計です。
                  2015年   ⇒   2045年
 総人口               6,533人        5,159人  
 年小人口(0〜14歳)率       11.1%         10.6%  
 生産年齢人口(15歳〜65歳)率   54.4%         47.0%
 高齢者人口(66歳〜)率         34.5%         42.6%

緩やかに人口は減少し、高齢化に進んでいる様子がわかります。
全国的に人口減少の中では、まあこんなものかなという感じです。 

続いて現在(2015年)の人口分布図です。
1.jpg

それと比較して2045年の人口分布図です。
2.jpg

今から26年後です。
私は80代半ば・・・
地域に高齢者がわんさか(団塊世代の女性が90歳を超えています)。
長寿というくらいですからこればおめでたいことのはずですが、素人が見てもバランスが悪すぎます。(この後はもう少しバランスがよくなると思いますが)
人ごとではありません。
還暦前後の人たちが真剣に、健康で長寿を全うすることが必須であることが見えます。

大変な理由、わかっていただけましたか?

参考までに、今回コーホート図という世代ごとの人口の流出入を表す表も作ってみました。

4.jpg

5.jpg

男性、女性とも大学進学での流出がはっきりわかります。
ただ、最近では男性25歳〜35歳までのあたりで流入が増えています。
希望的ですね。

そして、90歳以上の流入が増えているってことは・・・?
家族同居者か施設入所者なのでしょうか?

まだまだ、詳しい分析は必要ですが、
将来に向けて
働く場づくりや高齢化という寿現象を支えるしくみが必要なことははっきりと見えました。

20190212_100418.jpg

上記は、先日のスタッフ研修「地域の未来人口推計・データのつくり方・活用方法」【講師:やまぐち県民活動支援センター 県民活動アドバイザー千々松葉子氏】の中で作成したものです。

汎用性のあるアプリになっているので、山口市エリア作ってみたい方はさぽらんてまで(講師の了承を得てます)

<わたなべ>