CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年01月20日

これまでとこれからを語る「未来座」にて

1月18日(金)、小郡中で開催された未来を語る座談会「未来座」に参加してきました。

これは、地域の大人と子ども(中2)が膝を突き合わせてこれまでとこれからの自分史を語るなかで、自らを知り、互いを知り、なりたい自分、めざす未来に想いをはせるという趣旨の座談会です。(大人1人、生徒3~4人の小グループで行いました)

大人たちには、事前に自分の人生をふりかえり、その時々で「うれしかった」「かなしかった」をグラフにするという宿題がありました。さぽスタッフのFとお互いの人生グラフを見せ合ったのですが・・・ともに、まぁ赤裸々(笑)それを子どもたちに語るという・・・

思春期の中学生が、おばさんのこんな話し興味ある??なんて笑いながら当日を迎えましたが、親でも先生でもない大人の話しとあってか、生徒たちが熱心に聞いてくれるのにびっくり!

「つつみ隠さず話してくれたのがうれしかった」と感想を言ってくれた子がいて、赤裸々に語ったかいがあった〜。(10分という制限がなかったらもっと赤裸々だったけど)

生徒たちの人生グラフは、大人と一対一で語り合い。

思春期なので、アップダウンのグラフは予想していたのですが、ほとんどの子が、親にも友達にも話していないというナイショの話しをしてくれたことにじーんとなりました。

聞いてくれる人がいれば話したいことを抱えてるのは子どもだってそうなんだなと。それは、できれば親や友達じゃない方がいい時もあるというのを身をもって知ることができました。

SNSやネットが相手というのもダメではないけど、やっぱり顔が見える相手が心地いいなと思ってもらえる大人でありたいなというのも思いました。

初対面の関係ではあったけれど、語り合うこと、名前で呼び合うこと、膝を突き合わせることで生徒たちにたちまち愛着が沸きました。この子たちの未来がアップダウンを繰り返しながらも明るいものになるよう陰ながら応援しよう!
IMG_0101.jpg
↑自分の人生グラフを書き込んでいるとこ

最後に生徒とともに、大人も「こんな人になりたい」という宣言をします。大人だってまだまだ成長の途中なのだ!という気合をこめて。

なにか新しい事をはじめたいな〜〜!!


おだ