CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2018年12月24日

捨てるもの、捨てられないもの!


平成最後の年明けまであと後1週間。
本当に1年が過ぎるのは早いですね。
年末と言えば、大掃除!さぽらんてもスタッフ全員で「捨てる」に挑戦しました。

20181224_143523.jpg

何年たっても捨てられないもののひとつがコレ↓

20181224_140403.jpg

20181224_135814.jpg

以前のさぽらんてだよりに掲載していたマンガ原稿です。
毎月発行していたさぽらんてだよりの1面は、市民の人にわかりやすくさぽらんての意義を知らせていこうとマンガ仕立てでした。
手前味噌ですが、「何度読んでも新鮮で、分かりやすい!」

さぽらんては、2001年12月にオープンして早いもので18年目に突入しました。
NPO法が施行されて、20年。今でこそ、NPOはメジャーになってきましたが、はじめの頃は、「NPOって何?」「協働って何?」「市民力って何?」を一生懸命に広報していたのを思い出します。

マンガを描いてくれたのは、山寺わかなさん。今も「ええやん新聞」のレイアウトやマンガを描いてくれています。

啓発はそろそろいいのかな?とも思いますが、10代〜30代の「機会があればボランティアをしてみたい人」は50%弱、「地域課題が共有されていないと思っている人」は10代〜30代では70%以上います。特に、若い世代に向けての啓発は継続的に行う必要を感じます。

マンガ原稿が捨てられないのは、この「啓発の必要性を忘れない気持ち」なのかもしれません。

新年度も、市民の自由と責任のバランスのとれた持続可能な地域づくりに向けて、市民活動をしっかりと支援していきたいと思います。

皆様が、健やかで幸多い年を迎えられますことお祈りいたします。

<わたなべ>