CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2018年10月30日

インターンシップブログB

今回私は、山口市で活動するNPO法人のさぽらんてさんの協力の元、ボランティア活動をさせていただきました。私自身今までボランティア活動をしたことがなく、またNPOについての知識も全くなかったため、今回の活動を通して多くのことを学ぶことができました。
はじめに、さぽらんてさんで実習についてのオリエンテーションを行いました。ここではアイスブレイク、さぽらんてさんとNPOについての説明、社会人としての心得や今後についての説明、自分の参加するプロジェクト決め等の活動を行いました。「社会貢献」というと自分には到底できないことのように感じていましたが、今回のボランティアも含み、様々な意味で身近なところからできることを学びました。
私は、「市民プロデュース」と「こども明日花プロジェクト」という団体でボランティア活動をさせていただきました。
「市民プロデュース」では計4日間、活動をさせていただきました。まず山口ゆめ花博でのボランティア活動をする前に、市民プロデュース説明会に参加、また会場の設営や手伝いをしました。市民プロデュースがどのような仕事をしているのか、地域づくりをする際の意識や協働するにあたって対話が必要である等、ボランティアをするにあたって必要なことを学びました。その後からは実際に山口ゆめ花博で活動を行いました。山口ゆめ花博では主に、みんなのガーデンハウスの建物内外で困っている人の案内をしました。お手洗いの場所や食事をする場所を聞かれることが多く、「ありがとう」と言われるたびにもっと頑張ろう、と思えました。ボランティアはもっと堅苦しいイメージが強かったのですが、多くの方と関わり話すことができ、とても刺激的で面白かったです。ボランティアという形で、自分が来場者の皆さまの充実したひとときに関われていることを嬉しく感じました。

大塚.JPG



IMG_6457.JPG


「こども明日花プロジェクト」では計2日間、活動をさせていただきました。1回目は子どもの居場所づくりをしました。こどもと遊んでいただけなのですが、どのように接したら良いのか、注意の仕方等、悩むことが多かったです。自らも楽しんでこどもと遊ぶことができたのですが、このボランティアで役に立てているのか少し不安に感じました。2回目は勉強会に先生として参加しました。人に勉強を教えるのは苦手だったのですが、中学生と一緒に悩んで答えを出して、と想像以上に楽しむことができました。また勉強を教えた学生が、「教えてもらって分かるようになった」とコメントを書いており、とてもやりがいを感じました。

今回のボランティアを通して、悩むことも多くありましたが、それ以上にやりがいを感じることが多く、とても有意義な時間を過ごすことができました。普段の生活では体験できないことばかりで、今後の学生生活や人生において糧になる経験ができました。最後に今回お世話になった団体のみなさんに、厚くお礼申し上げます。
(山口県立大学 国際文化学部 大塚乃々佳)