CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2018年10月16日

インターンシップブログ@

今回、私はさぽらんてさんの協力のもと、山口市で活動する地域NPOでボランティア体験をさせていただきました。今までの人生においてボランティアというものを経験したことがなかったので、今回の活動を通してボランティアの意義や役割、NPOの実際の活動について知ることができ、良い経験を積むことができたと思います。
まず、実習を行う前にさぽらんてさんでNPO法人やボランティアについて教えていただきました。自分が知らないだけで、山口にも多くの市民団体やNPOが活動していることが分かりました。団体運営などは複雑で理解することが難しかったですが、ボランティアや地域貢献の重要性について考える機会がもてました。また、この日は自己紹介や様々なテーマに関するワークも行いました。発言したり、自分のことを伝えたりすることは苦手ですが、今後の就活や大学生活でも活かせると思いました。
今回、私は実習先として「NPO法人 あっと」と「こども明日花プロジェクト」という団体でボランティアをさせていただきました。
こども明日花プロジェクトでは計二日間、中学生の学習支援と子どもの居場所支援のボランティアを行いました。学習支援では、私は中学一年生の女の子を担当しました。初対面の上にとてもおとなしい子だったので、まずコミュニケーションをとることで苦労しました。子どもたちがのびのびと学習に取り組める雰囲気作りが大切だと感じました。居場所支援では、なのはなハウスというところで主に小学生の子どもたちと一緒に遊びました。元気いっぱいな子どもたちが多くとてもにぎやかだったのですが、子どもに対する注意の仕方や接し方が難しかったです。
あっとでは計三日間、てとてとというところでまだ未就学児の幼い子どもたちと遊んだり、そのお母さん方とお話したりしました。小さい子は急に泣き出したりするので、接し方や話しかけるタイミングがより難しいなと思いました。また、人なつっこい子もいれば人見知りの子もいてそれぞれ個性が違うので、それぞれの子どもに合わせて接してあげないといけないなと思いました。お母さん方の会話の中には育児に関する相談や悩みが多かったです。私とほとんど年齢が変わらない若いお母さんもいて驚きました。
20181007_121926.jpg

20181007_122028.jpg

今回のボランティア実習を通して、大学生活や普段の生活ではなかなか関わることのできない子どもたちと触れ合ったり、団体のスタッフの方のお話をお聞きしたりして、学ぶことが多かったと思います。また、活動をしながら大変なことや苦戦することも多かったですが、やりがいや楽しさを感じることもあり、ボランティアの意義を少しでも理解することができたかなと思います。今後の学校生活や将来にも活かせる経験ができました。今回お世話になった団体のスタッフのみなさん、ありがとうございました。
(山口県立大学 国際文化学部 玉島 愛)