CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2018年08月31日

愛着シリーズに乗っかってみる。

長かった夏休みもようやく終わろうとしています。
先日東京旅行のため久しぶりに飛行機に乗りました。なんせ前回の搭乗から20数年ぶり。
ほぼ初めてのようなものです。搭乗機の航空会社のウェブサイトで搭乗マニュアルを見ながら事前に何度も脳内シミュレーション。
それでも機械でチェックインを済ませたのに受付に行ってみたり、保安検査室でカゴに関係ないものまで出してしまったりと、動揺が全身からあふれ出ている状態で同行した小学生の息子にあきれられました。次回はもっとスマートに飛行機旅行ができますように・・・。

IMG_2233.JPG

さて、私も今回「愛着」をテーマにブログを書いてみたいと思います。
夫の転勤に伴い前任地の福岡から山口へ引っ越してきたのは19年前のこと。
当時長男は生後10ヶ月。まったく土地勘のない、知りあいもいないところでの育児は不安でした。
しかし、行く先々で山口の人のあたたかさに触れ、ほどなくママ友にも恵まれたことで山口が大好きに。
今住んでいる町内へは、長男の小学校入学直前に移りました。子どもの幼稚園の同級生のほとんどが進学する校区だからというのもありましたが、先住民でもある幼稚園の先輩ママの『うちの町内、行事ごとにしょっちゅう飲み会あるんよ〜』という言葉が決定打となったのはここだけの話(笑)。
自然が豊かでどこへ行っても知り合いに遭遇する、山口のこじんまり感がたまらなく好きなんですよね。生まれ育った宮崎と広島も変わらず大好きで愛着ある場所です。味噌汁は宮崎の祖母の味である麦味噌を愛用し、広島風お好み焼きは月1で食べないと禁断症状が出ます。年を経ることに愛着の対象は増える一方(特に食べ物)。
大好きな人、物、風景が増えていくって幸せなことですよね。みなさんはどんなことに愛着を感じますか?

(スタッフ 川上)