CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2018年07月17日

山口でもできることは“あります”

西日本豪雨の発災から10日が経とうとしています。
私の母校がある呉市では町のいたるところで大きな被害がでました。
まだ断水が続いている地域もあるものの通行止めが解除されるなどインフラが徐々に復活。少しずつ復興に向かって動き出しました。それでも復興ははじまったばかり。
土砂災害に遭った実家の片づけに追われている旧友や現地へボランティアに入った友人の話を見聞きするたびに何かしなくてはと焦りが募りますが、腰痛持ちの私が現地に入ったところで役に立てそうもなく・・・せめて情報発信と募金で力になりたいと思っています。

さぽらんて登録団体のなかにも今回の西日本豪雨に関して支援活動を始めた団体さんがいくつかあるようです。

りす会山口
被災地で被害に遭った写真やアルバム等の洗浄・清拭を行い、再アルバム化して現地の返却活動団体と連携して持ち主に返却する活動を行っている団体です。
洗浄依頼の受付を11日より開始し、ブログでの告知やSNSで情報の拡散を行なっています。現在、広島の被災地から依頼がありそうとのこと。依頼が確定次第、ボランティアを募集して作業を実施する予定だそうです。


山口災害救援
全国各地の被災地で様々な支援活動を行う個人の災害ボランティアで結成した団体です。
今回は岩国市社協の本部ボラセン、周東支部ボラセン、光市社協のボラセンの立ち上げをバックアップしました。現在は各ボラセンの運営支援や現場作業を行なっています。

アレルギーっ子の会「ぽれぽれ」 
アレルギーっ子をもつ親の会で、防災に関する情報発信や啓発活動も行っている団体です。現在ブログで、被災したアレルギーの方たちのための相談窓口や非常時の対応の仕方について紹介しています。

寄付先に迷ったら、自分がこういうことをしたかった!という活動をしている団体に寄付するというのも手ですよ。寄付についてはこちらの記事も参考にしてもらえればと思います。
一日も早い復興を虹雲に願いつつ。

IMG_2101.JPG


(スタッフ 川上)



posted by さぽらんてスタッフ at 10:45 | Comment(0) | 災害支援