CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2018年06月15日

対話してますか。


HPリニューアルして団体の情報発信も頻繁になり、さぽスタッフのブログも止まることがありません。
(2回に1回は学生スタッフだけど・・・)

やはり、当番表の効果てきめんです。
ルールとゆるさのバランスがとれているさぽです。(多分・・・)


さてさて、本題です。

人は、様々な問題に「話し合う」ことで立ち向かいます。
これまで経験したことのない超高齢化社会を目前に控え
日本全体が大きな転換期を迎える中
問題を明らかにし、解決に向けて前向きに動き出すために、私たちが率直に話し合うこと、つまり対話がかかせません。

この「対話する力」を育むのがファシリテーションです。

関わる一人ひとりの経験や思いを尊重し、
円滑なコミュニケーションと相互作用の中で、より深い理解や創造性へとつながります。

今の危機的状況に対して不安を抱えていない人はいないはず。
誰もが、「自分はなにをすべきか」自問している経験はあるはず。
アイディアや提案のひとつ、二つは胸に抱いているはず。
そんな思いを語りあい、話し合う場があったらなぁ〜

ということで、さぽらんてでは、多様な主体同士の話し合いを進めています。

20170601_115719[1].jpg
20171020_202610[1].jpg
20171027_151621[1].jpg


もともと議論が苦手な日本人。
自分の意見を否定されると人格まで否定されたように感じてしまうこともあります。
でも、ファシリテーターがいると安心して話せます。

■対話のポイント
@なんのための対話なのかその意味を探求し、共有する
A偏見を持たずに正しい、正しくないという判断をせず、相手の話に自由に耳を傾けられる雰囲気
B対話のプロセスを通じて一緒に創りだす喜びがある
 その上で目標、行動、方策、役割分担など「具体的になにをしていくか?」を話し合うのが議論
 安易にわかったふりをしない(面倒くさい対話を続ける覚悟)
○解決が困難な問題でも問い合うことが大切

■ファシリテーションとは
○ファシリテーター(共創促進役・協働促進役)、対話を促進する役
○「そもそもそれって何」「本当にそうなのだろうか」「他の考えはできないのだろうか」と探究を深める
○知っていることには限りがあることを知る(専門家の巻き込み・情報提供)
○集った人の関係の質を高め、チームとして取り組む土台づくりとしてのワークショップの運営
○人と人が有機的につながり、強くて元気な活性化された組織や社会をめざす


第2次山口市の協働推進プランが策定されました。
その中にも 〜共に話し、共に汗をかく〜
とタイトルにあります。

これからもみなさんの対話応援します。

みなさんも、夫婦や家族の対話から始めてくださいませ。

<わたなべ>
posted by さぽらんてスタッフ at 14:28 | Comment(0) | 協働に向けて