CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

新着記事

インターンシップブログ@ 2018年10月16日(Tue)
学生インターンシップ12名 2018年10月16日(Tue)
さぼろっち未来カフェに参加してきました! 2018年10月14日(Sun)
お久しぶりです! 2018年10月04日(Thu)
さぽらんてでのインターンシップ5日間 2018年10月01日(Mon)

2018年10月16日

インターンシップブログ@

今回、私はさぽらんてさんの協力のもと、山口市で活動する地域NPOでボランティア体験をさせていただきました。今までの人生においてボランティアというものを経験したことがなかったので、今回の活動を通してボランティアの意義や役割、NPOの実際の活動について知ることができ、良い経験を積むことができたと思います。
まず、実習を行う前にさぽらんてさんでNPO法人やボランティアについて教えていただきました。自分が知らないだけで、山口にも多くの市民団体やNPOが活動していることが分かりました。団体運営などは複雑で理解することが難しかったですが、ボランティアや地域貢献の重要性について考える機会がもてました。また、この日は自己紹介や様々なテーマに関するワークも行いました。発言したり、自分のことを伝えたりすることは苦手ですが、今後の就活や大学生活でも活かせると思いました。
今回、私は実習先として「NPO法人 あっと」と「こども明日花プロジェクト」という団体でボランティアをさせていただきました。
こども明日花プロジェクトでは計二日間、中学生の学習支援と子どもの居場所支援のボランティアを行いました。学習支援では、私は中学一年生の女の子を担当しました。初対面の上にとてもおとなしい子だったので、まずコミュニケーションをとることで苦労しました。子どもたちがのびのびと学習に取り組める雰囲気作りが大切だと感じました。居場所支援では、なのはなハウスというところで主に小学生の子どもたちと一緒に遊びました。元気いっぱいな子どもたちが多くとてもにぎやかだったのですが、子どもに対する注意の仕方や接し方が難しかったです。
あっとでは計三日間、てとてとというところでまだ未就学児の幼い子どもたちと遊んだり、そのお母さん方とお話したりしました。小さい子は急に泣き出したりするので、接し方や話しかけるタイミングがより難しいなと思いました。また、人なつっこい子もいれば人見知りの子もいてそれぞれ個性が違うので、それぞれの子どもに合わせて接してあげないといけないなと思いました。お母さん方の会話の中には育児に関する相談や悩みが多かったです。私とほとんど年齢が変わらない若いお母さんもいて驚きました。
20181007_121926.jpg

20181007_122028.jpg

今回のボランティア実習を通して、大学生活や普段の生活ではなかなか関わることのできない子どもたちと触れ合ったり、団体のスタッフの方のお話をお聞きしたりして、学ぶことが多かったと思います。また、活動をしながら大変なことや苦戦することも多かったですが、やりがいや楽しさを感じることもあり、ボランティアの意義を少しでも理解することができたかなと思います。今後の学校生活や将来にも活かせる経験ができました。今回お世話になった団体のスタッフのみなさん、ありがとうございました。
(山口県立大学 国際文化学部 玉島 愛)

学生インターンシップ12名

今年度さぽらんてでは、地域活動やNPOの活動を学びたいという学生インターンシップ12名を6月〜12月の間で一人60時間 (目安)に、受け入れています。
 とはいっても、さぽらんてにそんなにたくさんの学生さんを受け入れるキャパもないので、登録団体(5団体)に協力をしてもらっています。
  〜〜協力していただいている団体〜〜
  〇認定NPO法人 支えてねットワーク
  〇NPO法人 あっと
  〇こども明日花プロジェクト
  〇特定非営利活動法人 市民プロデュース
  〇認定NPO法人こどもステーション山口
  
 学生さんには、まずさぽらんてに6月9日(土)に全員集合してもらい、事前に恒例のさぽらんって何?NPOって?という基礎的なところをおさえるところからスタートし、各自やってみたい活動を選んでもらい、実習に行っている最中です。
アイスブレイク中

寄付について学習中

 一人につき2団体の活動に参加して、その活動で学んだことや、さぽらんてのことなどを順次ブログにアップしてもらいます。12名のブログが出そろったら頃、全員で意見交換会を予定しています。
 市民活動に初めて触れる学生さんも多いので参加して感じたこと遠慮なく言い合える交換会にしたいと計画中です。

(スタッフ 幸徳)

2018年10月14日

さぼろっち未来カフェに参加してきました!

こんにちは!学生スタッフ今浦です。
だんだん日も短くなってきて、朝晩は寒いと感じることも増えましたね。

さて私は10月13日に開催された「さばろっち未来カフェ」に初めて参加させていただきました。
元々9月末に開催予定だったのですが、台風で延期になったにも関わらずおよそ20名が集まりました!

まずは参加者全員でコミュニケーションをとるために、ロープを使って「人間知恵の輪」に挑戦しました。

20181013_182932.jpg

写真は人間知恵の輪を解いているところです。このゲームを通して他の参加者の方とも話がしやすくなりました。とても楽しくてもう一回やりたかったです〜!

次に、地域づくり協議会会長と事務局の方にパネルディスカッション形式で、協議会の役割や大変だったことなどを伺いました。

img_20181013190205.jpg
皆さん話しを真剣に聞いておられます。

そして全員で「小鯖地域の好きなこと・自慢できること」を話し合い、全体で共有したあとは・・・。
20181013_211035.jpg


いよいよ本題です!昨年開催された「竹馬選手権」の反省を踏まえ、今年はどんな選手権にしたいか語ります。
20181013_210905.jpg
たくさんアイデアが上がっていますね!
ただし選手権を成功させることがゴールではありません。
大事なのは選手権を通して、小鯖がこれからどうなって欲しいか。
目指すのは地域への愛着や誇りを育む小鯖です。

最後に「竹馬選手権」に向けて自分ができることは何か、1人1人発表しました。
私は大学4年生ということで、山口への恩返しとして友達と一緒にボランティアとして参加したい!という思いを伝えました。

本当に雰囲気が良くて、参加できてよかったなと思いました。
短い時間でしたが、小鯖の自慢である「人が温かい」ということを実感しました!
皆さん熱い思いを持っていて、私の意見も真剣に聞いてくださり嬉しかったです。
沢山の人に小鯖の魅力が伝わりますように!

<学生スタッフ 今浦>

2018年10月04日

お久しぶりです!

お久しぶりです、”元”学生スタッフの畑中です!
2014年から3年間、さぽらんてでお世話になっていましたヽ(^o^)丿
卒業後は台湾で1年半日本語教師として働いていましたが、この度任期満了のため山口へ帰ってきました!

1年半ぶりのさぽは何も変わらず、職員の皆さんに迎えていただきました。
いろいろおやつももらって、気が付けばパソコンの前に。そして今、ブログを書くに至ります(笑)

台湾では新社会人になると同時に「お雇い外国人」になったわけですが、想像以上に大変で30回は挫けました(T_T)
仕事の負担以上に、言葉の不自由さが最初は辛かったです。
自分で話したり聞いたりできないと病院にも行けないし、買い物もまともにできない。
かといって職場の人にもなかなか頼れない…と孤独な日々(T_T)
そんな淋しいお雇い外国人を支えてくれたのは、私が受け持った学生さんやご近所さん、食堂のおっちゃんおばちゃんでした*

「最近どう?」から始まる他愛ないおしゃべり。
おすすめの食べ物や病院、運転免許の取り方など生活で必要な情報とそれに関連する言葉をたくさん教えてもらいました。
塾で日本語教師として日本語を教えていたのに、私が中国語を学んだのはご近所さんとの世間話。
おせっかいで優しい台湾の方に支えられ、1年半はあっという間に過ぎてしまいました。

さぽらんてや台湾の食堂のような「いつ行っても変わらない場所」というのは、誰にとっても心地良く、又新しい情報が得られる貴重な居場所だと思います。
お引越し間近のさぽらんてですが、これからも変わらず誰かの居場所であってほしいです(*^_^*)
時々帰る私たち元学生スタッフのためにも、さぽの皆さん頑張ってくださいね!笑
そして台湾に興味がある方、ぜひ遊びに行ってください!とってもすてきなところですよ\(^o^)/

元さぽ学生スタッフ(東・東南アジア支部) 畑中

2018年10月01日

さぽらんてでのインターンシップ5日間

今回、私はさぽらんてで5日間のインターンシップに参加させていただきました。
活動について、よく理解しないままインターンシップに参加したのですが、5日間を通して多少は知ることができたと思います。この5日間では、職員の方達の活動についてのお話を聞いたり、実際に市民活動をされている「こども明日花プロジェクト」にボランティアのような形で参加したり、セミナーに行ったりといろいろな経験をさせてもらいました。
IMG_6283.JPG

 初めに、市民活動やNPO法人について教えてもらいました。実際に色んな市民団体の史料を見せてもらい山口にも気づかないところで活動しているということがわかりました。初日には自己紹介ももちろんしたのですが、自己紹介と共に感動したことや最近感じた幸せについて話しました。そういった話をしたり考えたりすることで雰囲気や印象がだいぶ良くなるそうです。今後面接などで活かせたらいいと思います。

 また、こども明日花プロジェクトという親子の支援を行う活動をするプロジェクトの話し合いの場に参加しました。資金面であったり、職員の目指す方向だったり多くの課題をどうしていくのかを考える重要な場であることを体感で来たなと思います。
 そして明日花の一環として学習ボランティアに行き中学生の子供たちに勉強を教えたり、なのはなハウスというところで小学生を中心に遊んだりしたのですが、関わり方に四苦八苦しながらもこどもたちの元気さに癒されました。現場で働く大人たちがみんな真摯に子供と向き合う姿勢を持たれていてとても印象的でした。
またソーシャルマネジメントセミナー、協働を推進するためのシステムコーティングに終日参加をしました。ソーシャルマネジメントセミナーでは、支援団体、市民団体、行政の面々が集まり、市民活動をより分かりやすく世間に伝えるための計画書づくりを午前に学び、午後からは支援団体と市民団体が協力して活動計画書を作成するワークをしました。知ってもらうことで活動の幅や理解が広がることになるので、自団体の理解や他者への理解を深めるためにも活動のビジョンや課題を掘り下げる計画書作成の重要性がわかりました。
システムコーティングでは、ただ話を聞くだけでなく、他の参加者の人と話したり考えたりし自己理解、他者理解を深めることができました。社会人の方たちと話せる貴重な機会だったので楽しかったです。また、組織の内側や人間関係、考え方など立場や環境が様々で多様な話を聞けて面白かったです。

 なんとなく、昔興味あったから参加してみようかなあといったぼんやりした考えでインターンシップに参加しましたが、さぽらんてであったり市民活動であったり様々な場所で話を聞き体験し中身を知ることで学べたことはとても多かったと思います。今後、ここで学んだことを活かしていきたいと思います。
5日間ありがとうございました。