CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

新着記事

私のふるさとは長門市です!! 2019年04月13日(Sat)
新年度のご挨拶 2019年04月11日(Thu)
初出勤! 2019年03月23日(Sat)
寄付控除、受けてますかー? 2019年03月08日(Fri)
〜Happy Education 茶話会&卒論発表会〜 2019年03月03日(Sun)

2019年04月13日

私のふるさとは長門市です!!

はじめまして!
今年度からさぽらんてで働かせていただくことになりました、山口県立大学社会福祉学部2年の吉田未来(よしだみく)です!よろしくお願いします!!

初めての投稿ということで、少しだけ自己紹介をさせていただきます!
私は生粋の山口っ子で、中学生までは愛してやまないふるさと長門市で過ごし、高校3年間はミカンが有名な周防大島で寮生活を送っていました!
よく「なんで周防大島に行ったの?」と聞かれますが、理由はたくさんあります!!このお話はまたの機会にたっぷりさせていただくとして……

今回は私の将来の夢の話を交えながら、ふるさと長門市への想いを語らせていただきます!
私は中学生のころから「社会福祉士になること」が夢で、これを実現するために福祉コースのある高校、社会福祉学部のある大学に進学しました。ですが、今の私の夢は「長門市の町づくりに携わる仕事に就くこと」です。
「あれ?夢が変わったの?]と思われる方もいらっしゃるかもしれません。これは大学へ入って夢が変わったというわけではなく、私の原動力でもあった中学生からの大切な夢を「叶えたい」と思える場所を見つけたということだと私は思っています。

そのきっかけとなったのは、長門市の企業インターンシップでした。何もないと思われがちな長門市ですが、本当は日本全国どこの町にも負けないほどの魅力が詰まった町だと私は思っています!!その魅力の一つは、長門市には「熱い思いを持った人」がたくさんいることです!
私がインターンシップで出会った方々は、皆さん私の憧れの存在です。自分が生まれ育った町に、長門を変えようと熱い思いを持って働かれている方がたくさんいること、そして長門湯本みらいプロジェクトをはじめ様々なことに挑戦されていること、そんな長門市の出身であることを誇りに思います。

将来、長門市の町づくりを福祉という面から支え、盛り上げていけるようしっかりと勉強し、自分の未来への投資だと思っていろんなことに挑戦し続けます☆

皆様もぜひ、今アツアツの長門市にお越しください!!(^o^)

写真は、長門湯本みらいプロジェクトが進められている長門市の湯本温泉です★

IMG_3549.jpeg

2019年04月11日

新年度のご挨拶

 新しい年度になり初めての投稿です。今年度、学生スタッフ4名の入れ替わりはありましたがその他スタッフは引き続き宜しくお願い致します。

 新元号が「令和」になると先日発表があり、その準備が着々と進んでいます。
振り返ると「昭和」から「平成」に移行する時には昭和天皇の崩御されたのと同時期だったので、バタバタといろいろなことが目まぐるしく変化していった記憶しかありません。
 それに比べると今回の元号変更は穏やかに時が過ぎて行っている印象です。平成最後の桜を天皇陛下と皇后陛下が手を繋いで散策されている姿、なんて平和なのだろうとテレビの画面を見ながら思いました。元号が変わった「令和」も平和でありますように。

 さぽらんても今年は変わります!!
 御存じの方もいらっしゃるかと思いますが、今年度さぽらんての施設が移転になります。(時期につきましては、改めて報告いたします)同じアーケードの中での移転なので利用団体さんにはなるべくご迷惑御おかけしないようにとは考えております。
 新拠点は以前より立ち寄りやすい雰囲気になったと言われるよう自分も変わらないといけないですね。

 3月末から4月あたまにかけてブルーライトやまぐちさん主催で自閉症啓発展示をはじめ、様々なイベントがさぽらんてやどうもん広場で開催されました。期間中はとても賑やかで多くの関連団体さんや業者の方が出入りされ、こういう利用を増やしていきたいと感じました。イベントを通して色々な方と関係が出来その先につながるって凄いです!!
 展示、バザー、ワークショップ等何かやってみたいという方、ぜひさぽらんてをご利用ください。パネル、机等さぽらんてにあるものなら何でもお貸しします(もちろん無料)
 イベント期間中は私たちスタッフもワクワクします。興味のある方ご相談くださいね。

 とりとめのないことをブログに書きましたが、 市民活動支援センターさぽらんて パワー全開で頑張りますので 昨年度に引き続き宜しくお願い致します。
カレンダー 絵.JPG

<こうとく>

 
 

 
 

2019年03月23日

初出勤!

はじめまして!
山口県立大学社会福祉学部1年 築山杏子(つきやまきょうこ)です。
出身は山口県光市で、現在は山口市で一人暮らしをしています。
中・高陸上部で体を動かすことが好きですが、球技は苦手です(笑)
趣味はカフェ巡りと古着屋に行くことです(おすすめのお店情報募集中!)
地域福祉に興味があり、このさぽらんてでの活動で幅広い世代の方との交流を通して、市内および山口県の福祉分野についてたくさんのことを学び、将来の職業に活かせればいいなと考えています。

今日は、こども明日花プロジェクトの活動の一環である白石学習会の昼食作りのお手伝いをして、スタッフさんや子どもたちと一緒にごはんを食べました☆
自分自身、宮野にしか参加したことがなかったので、とても新鮮な気持ちでした!
初対面の方がほとんどでしたが、みなさん元気で明るくて、すぐに打ち解けました♪
こうしていろんな世代の方とお話しする機会は貴重ですし、自分にとってもプラスになると感じました。
みなさんの笑顔にたくさんのパワーをいただきました!!!(笑)

さぽらんてでの業務および明日花の活動にも参加していますので、ぜひ顔と名前を覚えていただけると嬉しいです\(^o^)/
まだまだ未熟者の私ですが、これからよろしくお願いします!

2019年03月08日

寄付控除、受けてますかー?

確定申告のシーズンですね。
昨年ふるさと納税と認定NPO法人への寄付をしたので寄付控除にいかなくてはと思っていたのですが気が付いたら期限は来週・・・最寄りの確定申告会場はいつも2時間以上待ちだし、とあきらめようとしていたところ、経理スタッフが耳よりな情報を教えてくれたのです。「今HPで必要事項入力したら自動的に書類できるようになってますよ。」

え?e-taxってICカードリーダライタいるんじゃなかったっけ?と、思って調べてみたところ、画面の案内に従って金額等を入力することにより、平成25年分から平成30年分の申告書等を作成できる「確定申告書等作成コーナー」なるものが!
せっかくなので、この便利なサイトを使った寄付控除の申告方法をご紹介したいと思います。

step1:手元に以下のものを準備する
・給与所得の源泉徴収票
・寄附した団体などから交付を受けた寄附金の受領証
・マイナンバーorマイナンバー通知カード
・印鑑
・免許書or保険証


step2:確定申告書等作成コーナーにアクセスし「印刷して書面提出する」を選択
・平成30年分の申告書等の作成から所得税を選択
・所得の種類(給与・年金の方、左記以外の所得のある方)から当てはまるものを選択
・申告される方の生年月日を入力
・所得の種類を選択
・給与の支払者(勤務先)の数、年末調整の状況について、にあてはまるものを選択
・適用を受ける所得控除について(複数選択可)で、あてはまるものを選択
・源泉徴収票(見本)と照らし合わせながら、右側の@からB欄に金額等など記入

(色分けされているので分かりやすくなっています)

ここからは指示に従って「所得控除の入力」「計算結果の確認」「住所・氏名等の入力」「送信・印刷」と穴埋めしていくだけです。
step3:完成した書類を印刷して必要な箇所に所定の書類を貼付、捺印

step4:確定申告会場に書類を持参
会場に着いて受付の方にこの書類をみせると、あら不思議!ものの5分で手続きが完了してしまいました。
この方法だと、長蛇の列に並ぶことなく簡単に申告できてしまいますよ。申告期限は3/15。まだの方はぜひお試しください。
(スタッフ 川上)



2019年03月03日

〜Happy Education 茶話会&卒論発表会〜

はじめまして!
山口大学 教育学部 1年の大滝です。

去年山口に引っ越してきて1年が経とうとしています。
ここに来る前に、先輩から「山口は遊べる所が全然ないよ〜」と言われ、大学生活どうなるんだろうと思っていましたが、今では、山口に来れて本当に良かったと思えるほど、山口の魅力に気付きはじめています晴れ
私が特に山口に来れて良かったと思ったのは、自然が豊かだからこそ楽しめる景色やきれいな星が見られること。そして何より、かっこいい方々との出会いがあったからです揺れるハート

今日は、そんなかっこいい方の1人である村上さんが主催されているHappy Educationの茶話会に参加させて頂きました。「絶対に人の意見を否定しない」という決まりを基に、アットホームな雰囲気で行われています。悩みを打ち明けられている当事者さんの話を、同じような経験をされた当事者さんや様々な団体の代表さんが、共感しながらアドバイスを送られたり、励まされている姿勢が素敵だなと思いましたるんるん

さらに今日は、山口大学の4年生が卒論発表を行って下さいました。4年間の集大成の発表に、聞かれている方もとても熱心でした。
自分が経験されたことや、自分の考えを堂々と発表されている姿を見て、私も3年後にこんなかっこいい先輩になれるように頑張りますexclamation
 

全体を通して1番感じたのは、悩みを共有できて、それを「つらいよね」「嫌だよね」と共感してもらえる場所の必要性です。私は将来、教育に携わりたいと思っているので、このような場で、保護者が求めていることを直接聞けたり、様々な考え方や幅広い知識などを楽しく学ぶことができ、とても為になる貴重な時間でしたぴかぴか(新しい)

興味のある方は是非お越しくださいわーい(嬉しい顔)るんるん

image1.jpeg