CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2019年04月 | Main | 2019年06月»
学童っこ認定証 [2019年05月31日(Fri)]

指導員いでっちの投稿です。

●5月31日(金)

5月入所の@R.K、@T.Sに
学童っこ認定証」と、
学童Tシャツ、けん玉、コマをプレゼントしました。

プレゼンターは、AR.I、AM.Mでした。
あんちゃんが2人に認定証づくりを依頼してくれ、
プレゼンターも頼んでくれました。

直前に、「お願いな」と言いに行くと、
2人とも「ええ〜、いややなぁ」と言っていました。

AM.Mに、「今まで上の子に、優しくしてもらったり、
教えてもらったこととかあるやろ?」と聞くと、
「う〜ん、かぞえられへん」。

「数えられへんってことは、あるってことやん」

照れたように笑うAM.M。

「じゃあ頼むで!」
「えへへへ〜」

AR.Iも同じように「いややなぁ」と言いましたが、
この時、近くにいたDR.Hが良い話を教えてくれました。

それは後ほど…

そんな2人でしたが、
いざプレゼントの時間になると、
しまっていた「学童っこ認定証」を
しっかり自分から取りに行き、
心の準備が整ったことを示してくれていました!

そして、2人で声を合わせて
認定証を読み上げ、プレゼント☆
@R.K、@T.Sも嬉しかったに違いありません。

終わった後、2人にお礼を言うと、
AM.Mは逃げてしまいました!
最後まで照れ屋さんのAM.Mでした。

AR.Iは「きんちょうした〜」と一言。

「でも、かっこよかったで!
さっきのDR.Hの話、覚えてる?
DR.Hは、誰にもらったか今も覚えてるねん!
だから、@T.Sもきっと、AR.Iにもらったって
覚えていてくれると思うで」

そうかなぁとも思っているようでしたが、
AR.Iの安心した表情を見ることができました。

DR.Hがその話を教えてくれたのは、
ナイスタイミングでした!

それにより、AR.Iの気持ちも
ほぐれたかもしれません。

DR.Hは、ET.Kから認定証をもらったのですが、
その話からET.Kとのエピソードがいくつも出てきて、
「なんかもらった縁あるよなぁ」と言うと、
DR.Hも「そやなぁ」と笑顔でした☆

良い話、聞けたなぁと感動してしまいました。

Posted by 真田山子どもクラブ at 23:17 | さなだやま日記2019 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ZIP!& スッキリ♪ [2019年05月31日(Fri)]

指導員はまちゃんの投稿です。

●5月30日(木)

おやつの時間。

どこで食べようかなと迷っていると、
「ちょっとオレんところきぃや」
と、DS.Tが自分から誘ってきてくれました。

いつもは激しいスキンシップしかしてこないDS.Tが
意外やなぁと思いながら行ってみると、
土曜日にある親子レクリエーションの話をしてくれました。

話を聞いた感じ、DS.Tは
楽しみ+班長としての不安があるようだったので…

はま「土曜日は期待してんで!
   DS.Tの班の担当は僕やから!」
S.T「マジで!?やった〜!!遊べる〜!!」
はま「いや、班長が遊んだらアカンやろ!」

という会話をすると、
いつもの元気100%のDS.Tに戻りました。
土曜日が楽しみです!

さて!本題です(笑)。

DS.Tの班でおやつを食べていると、
ニュースの話題に。

ニュースといえば
朝の「ZIP!」と「スッキリ」やなと思ったので、
あの独特なリズムにあわせて
「ZIP〜♪」「スッキリ〜♪」と僕が言うと、
DS.Tの班は大盛り上がり!!

声がよっぽどおもしろかったのでしょう(笑)。

@Kg.E、@A.Y、AK.Sが
「ZIP〜♪」「スッキリ〜♪」とまねをしていました。

そのうちAK.Sが

「ZIP〜♪」
  ↓
「ポテトチップ〜♪」「スッキリ〜♪」
  ↓
「ほっこり〜♪」

と、アレンジしておもしろく言っていました(笑)。

それが@Kg.Eにとってとてもおもしろかったようで、
過呼吸になるんじゃないかと思うほど
大爆笑していました(笑)。

子どものこういう柔軟な発想はおもしろくて
楽しいものだなぁと思うのと同時に、
僕も柔軟な発想がほしい!と思いました。

そしてこういう雰囲気が学童の良さだなぁと感じました。

Posted by 真田山子どもクラブ at 15:00 | さなだやま日記2019 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
何事も勉強 [2019年05月31日(Fri)]

指導員いでっちの投稿です。

●5月29日(水)

交通安全指導は班ごとに机に分かれて、
お話を聞きました。

その後のおやつ準備

準備するのは、DT.Sが班長のマカロン班。

お皿に並べたおやつを、
各机に置いていくのですが、
さっきまでの班の配置とは違う様子。

大半の子は、机の前で待っています。

「さっきと同じ机じゃないの?」と聞くと、
同じマカロン班のEA.Sが「適当に置いた」。

い「さっきと同じ方がいいんちゃう?
  みんな、わかりにくいし、動かなあかんで」

EA.S「めんどくさい」
DT.S「どうしよう?」
ET.S「大丈夫」

みんなの反応を受けて、
班のメンバーが考えるだろうと、
それ以上は言いませんでした。

そして、マカロン班から、
各班に配置を伝えると、

「さっきとちゃうやん!」「同じままでいいやん」の声。

い「おやつのお皿を動かした方がいいで」

「え〜」といいながらも動く、
DT.S、EA.Sを筆頭にしたマカロン班のメンバー。

みんなの声を聞いて、
すぐに動いたのはえらい!
良い経験になったのではないでしょうか。

Posted by 真田山子どもクラブ at 12:00 | さなだやま日記2019 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
どんな場所? [2019年05月30日(Thu)]

指導員いでっちの投稿です。

  ★★

親子レクリエーションの下見に行った際の
現地の写真を紹介します。

IMG_4196.JPG IMG_4194.JPG

少し小さなグラウンドです。

学童の人数であそぶには、
ちょうど良い広さかもしれません。

日陰がないので、暑さに注意。

学童で用意するテントと、
水分補給タップリ、帽子を忘れないことですね!

楽しい行事になりますように!


Posted by 真田山子どもクラブ at 21:05 | さなだやま日記2019 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
交通安全指導 [2019年05月30日(Thu)]

指導員いでっちの投稿です。

●5月29日(水)

「安全を考える月間」の最後の取り組み、
交通安全指導を行ないました。

今年も天王寺警察から、
松田さんが来てくださいました。

内容は、信号・道路標識の説明、
自転車の注意点・加害者となってしまう危険性、
地点番号の説明と、
毎年繰り返し交通ルールを守ることの大切さを
教えていただいています。

image1.jpg

「しっかり聞いてほしいから、
ふざけている子がいたら厳しく注意する」ことが、
1番最初に説明されました。

それは、みんなにを大事にしてほしいから
ということでした。

また、玉造筋で死亡事故が
起きてしまっていることを例に、
身近なところに危険があることも、
お話してくださいました。

事故に合わない心がけが大切ですね!

雰囲気を和やかにするために、
後出しじゃんけんあそびでほぐしてくれる場面もありました。
「アイスブレイク」というやつですね。

「親子レクリエーション」では、もりもりがやってくれます!

image2.jpeg

最後に、お礼のメダル
松田さんに贈りました。

CM.Kの手作りです。
お願いをしたら、2つ返事で引き受けてくれて、
短時間でおまわりさんの帽子の絵まで描いてくれました☆

代表して、CK.Sと2人でお礼を伝えてくれました☆

松田さん、天王寺警察さん、
今年もありがとうございました!

Posted by 真田山子どもクラブ at 18:00 | さなだやま日記2019 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
男の哲学!? [2019年05月30日(Thu)]

指導員いでっちの投稿です。

●5月29日(水)

学童と公園の間は、班で移動します。

道路には指導員が立ち、安全確認をしています。
昨日は、僕が道路に立ち各班を見届けていました。

DS.Tが班長のブラックジャック班が来た時に、
DS.Tが「おれには年上やからたたいてもいいけど、
年下のやつをたたくのはあかん」と言っていました。

ケンカが起きた雰囲気ではありませんでした。
話の流れも、誰の行動に対して言っているのかも、
よくわからないながらも、
DS.T流の考えなんやなと瞬時に伝わりました☆



Posted by 真田山子どもクラブ at 14:46 | さなだやま日記2019 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
父母会に参加してBこれぞ学童! [2019年05月29日(Wed)]

父母会の感想の4回目です。

DY.A母

今年度初めての父母会に出席。

学童内にはプロジェクター、ホワイトボード。
初出席になる1年生の父母の方もいらっしゃって、
なんだかいつもと違う!と感じました。

副会長の司会で、進行時間をチェック!!

あんちゃんからのベストショット。
これぞ学童ですね!

あんな風に異学年が遊ぶことがあるんだと
改めて知れたこと、良かったです。

もりもり、いでっちの話。
プロジェクターを見ながら進められ、
普段の学童内の様子がよくわかり良かったです。
やっぱり写真等あると楽しいですね。

今後もっと良くなること、期待してます!

役員からのお知らせも、
それぞれ担当の方から簡潔にお話があり好印象でした。

父母会進行について、
色々考え実行されているのがわかる、
良い父母会だと思いました。

役員の皆さん、指導員の皆さんありがとうございます。
今後もよろしくお願い致します。

Posted by 真田山子どもクラブ at 20:00 | チチ★ハハ VOICE | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
続・ゾンビごっこ!? 今度はヒーロー! [2019年05月29日(Wed)]

指導員いでっちの投稿です。

●5月28日(火)

はまちゃんが書いていたように、
雨だからか子どもたちは
部屋の中で元気が有り余っていた様子。

おやつ後に一緒にあそんだのは、
@K.U、@R.K、@A.Y、@Y.Y。

ブロックの円盤状の部品を僕の胸に貼り付けて、
たたかいごっこをしました。

その円盤をはがされると動けなくなる。
また貼り付けると動き出す。
その繰り返しのあそびです。

貼り付けて動き出す瞬間がおもしろかったようで、
貼り付けては「キャー」と言って逃げます。

なぜそんなことをしているかと言うと、
大ヒット中の「アベンジャーズ」の
アイアンマンのつもりなんです。

アイアンマンの胸に付いている部品を模して、
あそんでいました。

春休みはゾンビごっこでしたが、
今回は「アイアンマンごっこ」!

僕にしたらヒーローのつもりですが、
子どもたちには、ゾンビだろうが、
ヒーローだろうが、関係なし!

とにかく、逃げる、たたかうのみ(笑)。

おわりの会の呼びかけがかかり、
K.Uが「えんちょうのときもやろうな!」。

延長になり、第2ラウンド

今度は、@K.U、@A.Y、@E.Uの3人。
途中から、BK.S、AK.Tも加わりました。

動かない状態で乗っかられる、
踏まれることがほとんどでしたが、
「キャー、キャー」言うのが、
なんとも楽しかったんでしょうね。

はまちゃんの言うように、
スキンシップの嵐という感じでしたが、
結局はゾンビ扱いだった気がします…。

ゾンビでもヒーローでも、
楽しかったらそれでいいよ☆
Posted by 真田山子どもクラブ at 18:00 | さなだやま日記2019 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
なんて読むん? [2019年05月29日(Wed)]

指導員いでっちの投稿です。

●5月28日(火)

おかげさまで勤続10年のお祝いの言葉を
たくさんの方にかけていただいています。
ありがとうございます!

大正の学童の父母も喜んでくれました。
真田山の父母からもですが、
大正の父母からも「ありがとう」という言葉を
いただきました。

そんな言葉はもったいないくらいの気持ちですが、
そう思い続けてもらえる指導員でいたいです。

色紙は学童に飾っています。
好評で、AR.I父は写真に収めていました(笑)、
ありがとうございます。

「これなんや?」というCH.Tに、
「指導員10年やったから、もらってん」と言うと、
「へー」で終わってしまいました…(笑)

という話はこのあたりで、保育中の話を。

宿題の時間。
BN.Tに「負う」の読み方を聞かれました。

N.T「どういう意味?」
い「けがしたとか、責任とるとかやなぁ」
N.T「ふーん」

わかりにくいですよね…。

N.T「これなに?」

負かす」と書かれていて…。

い「まかす」
N.T「まかす︎」
い「勝つこと」
N.T「ふーん」

しばらくして、BH.M。
「これなんて読むん?」

い「まかす」
H.M「まかす︎」
い「勝つこと」
H.M「ふーん」
い「そんな言い方せんもんなぁ」

その後、BYm.Kも。
「これなんて読むん?」

い「まかす」
Ym.K「なんなん?まかすって」
い「勝つってこと。相手を負かすって言うねん。
  でも、使わんよなぁ」
Ym.K「まかせる、みたいやなぁ」
い「そうそう、しゃべってるだけやったら
  わからんよな」
Ym.K「ぶかす、かと思ったわ」

確かにそう思っても不思議じゃない(笑)

普段はこんなに1つの読み方に対して、
いろんな子から聞かれることはないので、
よっぽど馴染みのない言葉なんでしょうね。

使わなくても、
いろんな言葉、読み方があると知ることも勉強ですね。

Posted by 真田山子どもクラブ at 14:00 | さなだやま日記2019 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
スキンシップの嵐!! [2019年05月29日(Wed)]

指導員はまちゃんの投稿です。

●5月28日(火)

が降っていたので外遊びができず、
室内で過ごしました。

室内で過ごすと言っても
子どもたちは元気いっぱい!!

それぞれが好きなことをして過ごしていたのですが、
その過ごし方の中でも
スキンシップが今日は特に多いなぁと感じました。

外遊びができないストレスがたまっていたのでしょう(笑)

DY.A、DT.Sと
会話している時にスキンシップ。

ET.K、DR.H、CH.Tと
会話している時にスキンシップ。

CS.T、BYs.K、BS.Tと
ごっこ遊びをしながらスキンシップ。

@Kg.E、@Kt.E、@T.S、@T.I、@H.Sと
ごっこ遊びをしながらスキンシップ。

あげだしたらきりがないほど、
子どもたちはスキンシップを求めてきました。
まさにスキンシップの嵐!!
いや〜疲れました(笑)

低学年だけでなく、
中・高学年もスキンシップを求めてきたのが
僕にとっては印象的でした。

やっぱり、スキンシップは低学年はもちろんですが、
中・高学年と接する上でも大切なことだと思いました。

ちなみにどのようなスキンシップかというと、
ハイタッチなど軽いものもあれば、
こちょこちょ(笑)など自然と笑顔になれるもの、
冗談で相手の肩をたたくなど迫力があるもの!などなど、
バラエティーに富んでいます。

その子にあったスキンシップを心がけたいです。


Posted by 真田山子どもクラブ at 08:49 | さなだやま日記2019 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ