CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2018年09月 | Main | 2018年11月»
2019年度入所説明会 [2018年10月30日(Tue)]


真田山子どもクラブでは、
2019年度入所説明会を行います。


スクリーンショット 2018-10-13 21.00.37.png  入所説明会裏.png


日時:11月17日(土)17:00〜
場所:真田山子どもクラブ
   大阪市天王寺区真田山町2−2 東興ビル2F
   TEL 06-6763-0590

   ★★★

説明会にて保育内容等の資料を配布いたします。
不安に思っていること、疑問などをお寄せください。
できる限り、お答えいたします。

入所受付期間についても説明会でお知らせします。
入所基準は先着順ではありません。



nyugaku_syougakusei.png
Posted by 真田山子どもクラブ at 10:00 | お知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
刀づくり [2018年10月27日(Sat)]

指導員いでっちの投稿です。

  ★★★

先日お伝えした通り、
たたかいごっこをすることの多い1年生。

道具があれば、少しあそび方も変わるかと、
チラシとダンボールでを作りました。

image1.jpeg

ある程度使ったあとなので、
少しボロボロになっています。

「ぼくにもつくって」
@K.Mが言いに来たことから始まり、
@R.Sも続きました。

そこから順番に、
AM.Y→AYm.K→AR.I→@K.N
と続いていきました。

AR.Iは、AM.YとAYm.Kが作ろうとした時
「えー、そんな刀いる?」と言っていたのですが、
「やっぱり作りたい!」と心変わり。

作り方を教えて、
カッターナイフを使うところ以外は、
自分で作ってもらいました。

その後、教えてもらった作り方を
次の子に伝えるように言うと、
それぞれが次に来た子に
教えてあげていました。

@K.Mはお迎えの際、お母さんに刀を見せて
「いでっちにつくってもらってん」
と嬉しそうに見せた後、
こっちに来て「いでっちありがとう」と、
お礼を言ってくれました。

素直にありがとうと言われるのは嬉しいなぁと
@K.Mの言葉を受け取りました。

教え合うなかでも、
そう言いあえるようになってほしいです。

すぐに刀がボロボロになっていたことからしても、
なかなか力を加減するのは難しいようです。

「思いっきりたたくんじゃなくて…」
そう、加減を教えるのですが、
どうも力が入ってしまうようです。

ケンカしないあそび方を
覚えてほしいなぁと思いますが、
ケンカも経験しながら
覚えていくものなのだと思います。


Posted by 真田山子どもクラブ at 15:38 | さなだやま日記2018 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
挑戦A [2018年10月25日(Thu)]

指導員いでっちの投稿です。

   ★★★

BH.Yが「たけうま」を練習している隣で
同じように練習をしているのが@H.Sや@S.T。

運動会に「たけうま」で出場するわけでは
ありませんが、今年の1年生
乗れる子が多いのです。
それもあって、楽しそうに見えていたようです。

この前の土曜日も練習をしていて、
順番に2人の補助をしていました。

バランスのとり方などを教えていると…。

「もう少しで1人でも歩けるかな」
「たけうまたのしいから家にほしい」

2人はこんなことを口にしながら、
何度も練習をしていました。

しばらくして。

@S.Tの補助をしている間に、
「みてー!のれた!」と、@H.Sの声。

  takeuma.png

1人で10歩ほど歩けていました。
@S.Tと「すごいやん!」と喜びました。

その後、@S.Tに少し低くするように頼まれ、
低くした「たけうま」に@S.Tが乗ると…。

のれたー!

@S.Tも歩いていました。

「えー、なんでいきなり?
2人ともそんな急に1人でできるねんな」と、ぼく。

そこからは、
2人とも補助なしで乗り続けていました。

前半は補助をしていたので、
なんで急に?と一瞬は思いましたが、
毎日コツコツ練習をしてきた
積み重ねの成果ですね。

乗れるようになって、おめでとう☆

Posted by 真田山子どもクラブ at 06:42 | さなだやま日記2018 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
小さな指導員 [2018年10月24日(Wed)]

指導員いでっちの投稿です。

  ★★★

ここのところ、
1年生の男の子たちの何人かが
毎日のようにたたかいごっこをしています。

1年生同士や、6年生の男の子を相手に
たたかっています。

楽しむがあまり、
いつの間にかムキになって
ケンカに変わっていることも日常茶飯事。

そのたびに、指導員が間に入りますが、
この前は気がつくと
DM.Uが仲裁していたので
そのまま任せました。

少しすると、
「ケンカせんとあそびや」と話を終えていました。

理由を聞くと、
手が顔に当たって腹を立てたのが
原因とのことでした。

DM.Uに「ありがとう」と言うと、
「ほっとったら、すぐにケンカなんねん」
と呆れた様子でした。

たくさんの子どもが過ごすなかで、
小さな指導員がいることで、
指導員は助かっています☆



Posted by 真田山子どもクラブ at 07:04 | さなだやま日記2018 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
半年後…B [2018年10月23日(Tue)]

指導員あんちゃんの投稿です。

  ★★★

@Yg.Yは、
虫や動物や野外活動が大好きで、
部屋の中では図鑑を見てお絵描きしたり、
動物の物真似をしてくれます。

外に出ると
知らない生き物はいないの?というくらい、
たくさんの生き物の名前を教えてくれます。

そんな@Yg.Yはちょっとだけ算数が苦手。

算数の宿題になると、
「なあなあ、わからん。」と肩をたたかれます。

おはじきを使ったり、指を使ったり、
文章題の文章を言い換えてみたり…。
私たち指導員は@Yg.Yと一緒に
たくさん悩みました。

お母さんともたくさんお話ししました。

すんなり分かる時もあれば、
ひとつの問題を15分間考え続けることもあります。

長くなればなるほど、
@Yg.Yの気が散るようになって
少しイライラしてきます。

私はいつも、「しんどいのわかるで」
と思いながら、一緒に苦しくなります。

でも、問題が分かり始めた時には、
どんなことよりもうれしくなります。

そんな@Yg.Yは、おうちの方のお力もあり、
一学期の内容をきちんと理解して、
毎日宿題と向き合うようになりました。

分からないことは何か。
それを少し具体的に話せるように
なってきたことが
一番大きな変化のように思います。

@Yg.Yが「(宿題を)見んといて!」
と言う時、とてもとても頼もしく感じます。


Posted by 真田山子どもクラブ at 07:54 | さなだやま日記2018 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
挑戦!@ [2018年10月21日(Sun)]

指導員いでっちの投稿です。

  ★★★

運動会の練習が本格的にスタートしました。

伝承リレーの出場種目も決まり、
それぞれ自分の種目の練習に励んでいます。

先日お伝えした「たけぽっくり」。
AH.Mが「空中ブランコ」でいいと言ってくれたので、
AA.I、AM.Y、AS.Yに決まりました。

「譲ってもらった分、一生懸命がんばりや!」
3人には、そう伝えました。

そうして種目が決まっていくなかで、
第1希望の「たけうま10m」に決まったBH.Y。

まったく乗れなったのですが、
実は、種目のアンケートをとる
もっと前から練習をしていました。

純粋に「たけうまに乗りたい」という思いから
始まったようですが、それが練習をしていくうちに
「運動会にたけうまで出場したい!」
に変わっていきました。

SW1_3662.JPG

 この写真も、下の写真も、
  “カメラ講座”でちびっこカメラマンが撮りました。

毎日のように練習を続けるBH.Y。
周りの子や指導員に補助をしてもらいながら
練習を重ね、ついに
1人で乗れるようになりました!

IMG_6413.JPG

さらに10mの距離もクリア。
すごい!の一言に尽きます。

練習すればできることを証明しました。

い「のれるようになったな」
H.Y「うん、先週の金曜日にのれるようになってん!」
い「うれしいな」

BH.Yは「うれしい!」と満面の笑みで応えていました。

僕は、一緒に練習をしていた子や他の指導員に比べると、
ちょこっと手助けした程度ですが、
乗っている姿や喜んでいる笑顔を見て、
こっちまでとても嬉しくなり、
書かせてもらいました。


Posted by 真田山子どもクラブ at 08:12 | さなだやま日記2018 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
半年後…A [2018年10月20日(Sat)]

指導員あんちゃんの投稿です。

1年生が入所して半年が経ったということで、
半年後…シリーズ第2弾です。
第1弾は、こちら

あんちゃんは今日、明日と
横浜で行われる全国学童保育研究集会に参加します。
新幹線の中から送ってくれました。

  ★★★

1年生のSk.Kは半年間、自分の班の班長だった
CY.Kが大好きです。

CY.Kが登所するとすぐに「Y!」と寄って行きます。
CY.Kも@Sk.Kが、大好き。

よくCY.Kのひざの上か背中に@Sk.Kがいます。
その様子は、まるで仲の良い姉妹のようです。

一人っ子の@Sk.Kは、学童に入った頃は、
少しおとなしそうな印象で、
すぐに異年齢の集団の中に溶け込むというよりは、
1年生の女の子と一緒にいることが多く見られました。

ところが今では、
他の高学年のお姉ちゃんたちに可愛がられたり、
同じ1年生とも一緒に力いっぱい遊んでいます。

日々の生活やたくさんの行事を経験することによって、
とても元気でイキイキした表情に変わっています。


Posted by 真田山子どもクラブ at 10:55 | さなだやま日記2018 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ちびっこカメラマン [2018年10月19日(Fri)]

指導員いでっちの投稿です。

  ★★★

話は前後しますが、“カメラ講座”の様子をもう少し。

IMG_6368.JPG
IMG_3439.JPG
IMG_0007.JPG
IMG_6621.jpg
IMG_3443.jpg

主に人物写真を撮影しているので、
それはおたよりにて披露します。

ここでは、風景の写真を紹介します。

IMG_6438.JPG

IMG_6589.JPG

撮影者は誰でしょうか!?
立派なカメラマンですね。


Posted by 真田山子どもクラブ at 05:41 | さなだやま日記2018 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ライダースジャケット [2018年10月18日(Thu)]

指導員いでっちの投稿です。

●10月17日(水)

EA.Yが帰ってくるなり、
荷物を持ったままロッカーには向かわず、
部屋の隅っこの着替えスペースへ。

い「おかえり、先にロッカーに荷物置きや」
A.Y「着替えさせて」
い「そうなん、いいよ」

なんだかいつもより大きな荷物
持っているのが目につきました。
それと、普段は学校の制服のまま
過ごしているEA.Yが着替えるなんて
珍しいなぁとも思いました。

数分後。

着替えを終えたEA.Yが出てきた姿を見て
ビックリ!

大人が着るような革の
ライダースジャケットを着ていました。

  fashion_kawajan_riders_jacket.png

い「うわ、A.Y、ライダースジャケットやん、それ。
  めっちゃかっこいいやん!」

少し硬い表情で出てきたEA.Yの顔が一気に緩みました。
嬉しそうな顔で「通販で買ったやつやねん」。

い「自分で選んだん?」
A.Y「うん」

まだ少し大きめのサイズ。
これから、大きくなっていくにつれて、
ちょうどいいサイズになっていくのでしょう。

ファッションに興味を持ち出して、
大人への一歩ですね。

みんなに見てほしいけど、
どんなリアクションがあるか︎…。
そう思っていたんじゃないかなという
EA.Yの嬉しそうな安心したような笑顔が
忘れられません。


Posted by 真田山子どもクラブ at 18:10 | さなだやま日記2018 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
少しオニオネB [2018年10月18日(Thu)]

指導員いでっちの投稿です。

●10月17日(水)

新班長と新副班長が
新しい班編成について会議をしていました。

そのため、おやつ当番であるアジサイ班には、
AY.Y、@Sm.K、@M.Mの3人のみ。

1、2年生の3人だけだからと、
@K.Nが「ぼくもてつだう!」とお手伝い。

4人でおやつの準備を始めました。

この前の「少しオニオネ」にも登場したAY.Yを中心に
意外とテキパキ準備をしていて感心しました。

普段は、高学年にリードしてもらっていて、
やや目立ちにくいかもしれませんが、
こうして1、2年生だけになっても、
自分たちで準備できる力をつけています。

   autumn_kuri.png

1年生も半年経つと「なにしたらいいん?」
という初々しさから、
なにをしたらいいか分かって動ける頼もしさ
感じさせるほど変わってきています。

唯一、みんなの前で言う「いただきます」と
「ごちそうさまでした」の時だけは、
4人とも恥ずかしがって
「だれがいう?」と譲り合っていました。


Posted by 真田山子どもクラブ at 13:32 | さなだやま日記2018 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ