CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2018年04月 | Main | 2018年06月»
だ〜れだ? [2018年05月31日(Thu)]

●5月29日(火)

謎のロボット出現︎!
だ〜れ︎だ?

スクリーンショット 2018-05-31 12.09.46.png



Posted by 真田山子どもクラブ at 12:14 | さなだやま日記2018 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
よして〜 [2018年05月31日(Thu)]

●5月29日(火)

声をかけても、あそびの輪
あまり入らなかった@Y.Yでしたが…。

ここ最近、少しずつ、1年生たちのオニごっこに
参加するようになってきました。

  asobi_onigokko.png

今日も、自ら「よして〜」と言うことができ、
参加してからも「わー!」と大きな声を出して、
走り回っていました。

集団あそびに楽しんで入ることができ、
学童のあそびに慣れ始めたようです。

              (いでっち)
Posted by 真田山子どもクラブ at 11:53 | さなだやま日記2018 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
またまたベーゴマ続報 [2018年05月31日(Thu)]

●5月29日(火)

ベーゴマ続報です。

今回はAA.IとAK.Kに、
巻き方を教えてと言われました。

すると…。

2人に同時に教えているところを見た
DT.Kが、「A.I、教えたるわ」。

それぞれ個別に教えることができました。

おかげで、2人ともなんとか巻き方を
覚えるところまでできました。

次は、回せるようになるのが目標です!

声をかけてくれたDT.Kの優しさ!
AA.Iもきっと嬉しかったことでしょう☆

               (いでっち)


Posted by 真田山子どもクラブ at 00:02 | さなだやま日記2018 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
モンシロチョウ [2018年05月30日(Wed)]

●5月29日(火)

公園にて。

AK.S、AH.Y、@H.Dが何やら見つめています。

近づいてみると、こう言われました。

モンシロチョウが2匹くっついてるねん!
いでっち、とって!」

すかさずスマホで撮ると…。

3人「ちゃう!採ってってこと!」
い 「採ったら、かわいそうやで」
3人「いいから、採ってみて」
い 「わかった!」

手を伸ばすと、
モンシロチョウは逃げて行きました。

モンシロチョウ.jpg

「すごい!くっついたまま飛んでる!」
と、子どもたちは興奮していました。

しばらく、飛んでいる様子を4人で見つめました。
「もうとどかへんなぁ」と言いながら、
モンシロチョウが飛んで行く姿を見送りました。

                  (いでっち)



Posted by 真田山子どもクラブ at 23:45 | さなだやま日記2018 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
潮干狩り [2018年05月29日(Tue)]

●5月26日(土)

天気予報は、くもりのち晴れ。

しかし一向に晴れず、寒いんやろうなぁ、と
少々気持ちも曇りながら、始まった潮干狩り。

それでも思ったほど寒くはなく、
途中でぬける子もそう多くはなく、
子どもたちは楽しんでいました。

  kaisou.png

一つでも多く!と一生懸命を集める子、
ワカメを投げ合う子、
砂の中に埋まる子などなど。
思い思いの楽しみ方で、過ごしていました。

僕は、温泉作りのため、ひたすら穴を掘り、
入れ代わり立ち代わりやってくる子たちと掘り続けました。
かなり深く掘ることができ、楽しかったです。

しかし…CAt.Y、BH.T、AS.Yたちは
もっとおもしろい穴を掘っていて
悔しかったです(笑)。

今年は、指導員の負担が少なく思いました。
というのも子どもたちが、
自然に行動してくれることが多く、
スムーズに進行しました。

あとから聞いたところでは
女子の着替えの際、4年女子3人が率先して
下の子の着替えを手伝ってあげていたそうです。

実際、いつもものすごく時間のかかる着替えが、
とても早かったです。

温泉作り.jpg

3年前の初めての潮干狩り。
少数学童から来た僕は、
「こんな大人数、どうやってまとめるん!?」と、
本当に自由に動き回る子どもたちを見て戸惑いました。

しかし、3年経つと、
子どもたちの様子も変わってきました。

指導員が四苦八苦せずとも、
子どもたちが、自分たちで考えて行動するように
変化してきました。

移動の際の班行動も、
前から班長が、後ろから副班長が声をかけて、
まとめようとしていました。
子どもの力で活動が成り立っていることが、
指導員としては嬉しいことです。

  book_sakubun_kodomo_girl.png

週が明け、子どもたちは感想文を書いています。
今までよりも集中して、
スラスラと書いているように感じます。
それだけ、楽しめた証拠だと思います。

楽しみながら、自分たちで考え、行動する力もついていく。
学童で活動する上で、とても喜ばしいことです。

今回が、ゴールではなく、
今年度のこれからの活動、来年の活動と続いていきます。

ずっと、右肩上がりが続くとは限りませんが、
一つ一つの成果を自信にして、
子どもも指導員も、次につなげていきたいです。

当日までの準備、当日のさまざまな作業、
またそれだけでなく、いろいろな形で
たずさわってくださった保護者の皆さま、
ありがとうございました。

子どもたちの書いた感想文や写真は、
学童内にありますので
ご覧になりたい方は、指導員にお声掛けください。

子どもたちの感想文は
ブログでもアップしていく予定です。

              (いでっち)

Posted by 真田山子どもクラブ at 19:36 | 年間行事 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
潮干狩りに参加してA [2018年05月28日(Mon)]

EY.U父

真田山子どもクラブの皆さま、
こんにちわ、こんばんは、おはようございます!
6年のY.Uの父です。

普段から料理書以外の本はほとんど読まず、
活字、文章能力がとても乏しい私ですが、
今回このようなブログを書く機会を与えて頂いたので、
自分の想いを綴りたいと思います。

皆さま、先日の潮干狩りお疲れ様でした。

子どもたちの安全に努めてくれた指導員、
父母の皆さま、そして昼食作りの準備、
設営、その他諸々の事前準備、
本当にありがとうございました。

ではまず初めに、
なぜ毎年浜辺でスープとパスタを作ることが
恒例になったのかと言うと…。

学童というところがどのような場所なのか、
また、行事を行なうことの意味を
全く理解してなかった5年前。

右も左もわかってない私は、
当時6年生だったある父から
とても親切に接して頂きました。

いろいろ話しているうちに、
私の職場のことを話すと、そのとたんに、
一気に私との距離感を縮めてこられました……。

   cooking_zundou.png

そうこうしてるうちに、
いつのまにかシェフと呼ばれ、

「今度学童で潮干狩りがあるんやけど、
子どもたちと父母に軽くパスタでも作ってよexclamation
アサリもあるし、ボンゴレとかどう?
みんな大喜びすると思うし」

と、かる〜いノリで言われ、
その時は一瞬、えっ!マジか…と思いましたが、
みんなが喜んでくれるなら、
息子がまだまだお世話になる場所だし、
いっちょ頑張ってみるかexclamationと思い
快く引き受けました……。

これがこの毎年の淡輪でパスタの幕開けでした……(^^;)

でも本当に毎年毎年、正直大変でしたが、
やり遂げて良かったなと思います。

なぜかと言えば、みんなの
「めちゃくちゃ美味しかった!!」
「幸せです!!」の言葉
料理人の私にとってすべてだからです。

天候が寒くて、子どもたちがプルプル震えながら
海から上がって来た年もありました。

その時、温かいスープとかあればいいなと思い、
次からスープもメニューに追加しようと思いました。

そして子どもたちから
「めっちゃ美味い!! おかわり!!」
の言葉を聞いたとき、本当に幸せな気持ちになりました。

  soup_minestrone.png

自分は小さい頃から食べるのが大好きで、
小学校の卒業文集には
将来の夢はコックさんになる、と書いていました。

幸か不幸か母子家庭でしたので、
自然とその頃には、
一膳の食事を普通に作れるまでになってしまってました。

そうやって今までの人生の歩みにおいて、
さまざまな環境、今までお世話になった
さまざまな人々の助け、自分自身の強い思い…、
いろいろな要素が重なって、
幸せにも今現在も料理長という職業をさせて頂いてます。

そして、このような職種についている自分だからこそ、
食育とかそういう大げさなものではなく、
美味しい料理を食べることによって
感じられる幸せ喜びを子どもたちに
これからも伝えることが出来ればいいなと思っています。

そして、互いの子どもたちを知るための、
また、父母の皆さまの親睦を深めるための場に
美味しい料理が少しでも手助けの1アイテムとなれれば、
私自身とても幸せに思います。

さあ皆さん!まだ終わってません!!
次はキャンプです!!

子どもたち、指導員、父母、
みんなで大盛り上がりして、
泣いて笑って、8月も楽しみましょう!!

……ラストキャンプも、
燃え尽きる覚悟は出来ております……(汗)


Posted by 真田山子どもクラブ at 23:41 | チチ★ハハ VOICE | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
潮干狩りに参加して@ [2018年05月28日(Mon)]

@K.N母

集団生活での高学年のリーダーシップ、
面倒見の良さに感心させられました。

親の言うことは、なかなか聞かない我が子も
上級生の指示に素直に従い、約束を守り、
集団行動ができていることに驚くとともに、
学童に行き始めた頃の緊張も少し溶け、
学童の仲間や指導員さんにも
慣れてきている様子がうかがえ、
安心することができました。


   shiohigari.png


年中の弟、年少の妹も連れて、
夫婦そろって家族総出での参加。

下の子たちの世話に追われるかと思いきや、
いろんな方たちが下の子たちもかまってくれ、
1年の息子はもちろん家族全員
潮干狩りを楽しむことができました。

他の学年の父母たちとの交流もでき、
いろんな話が聞けて、
安定したいい時期に人員も内容も
手厚い学童に入ることができたんだ、
ということを感じました。

これも今までの父母の努力あっての賜物。
父母たちは、子供の安全や育成に対する意識も高く、
いろいろと親として、学びもある一日となりました。

Posted by 真田山子どもクラブ at 14:05 | チチ★ハハ VOICE | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
あそび=楽しむため [2018年05月25日(Fri)]

●5月23日(水)

雨が降ったりやんだりの天気。

子どもたちは、
その微妙な天気にあきらめがつかず、
「外、行きたい」と何度も言っていました。

17時を過ぎ、
雨がかなり小降りになってきたので、
まずは、高学年で外に行きたい子が
外に行くことにしました。

低学年は、濡れて風邪をひくと良くないので、
完全に止んでから外に出ました。

この日は、みんなあそびの日でしたが、
そういう状況だったので、それぞれ自由あそび。

後から外に出てきた1年生は、
泥の中を嬉しそうに走り回り、
オニごっこをしていました。

  asobi_onigokko.png

そんななかで…。

いろんな学年男女が混じって、
10人ちょっとのメンバーと
ボールあてオニご」をしました。

「ボールあてオニご」とは、「あてオニ」とも言い、
オニがタッチの代わりにボールを当てて、
当たった人がオニになるあそびです。

盛り上がっていましたが、
一緒にあそんでいて、気になることがありました。

ボールを当てた人に向かって
「ダサい」と言ったり、
当てたことや当てられた人に対するはしゃぎ方が過剰で、
そのために当てられた子は
楽しくない思いをしていました。

特定の子がターゲットにされているとか、
特定の子だけがそういうことをしているわけではなく、
あそんでいるうちにムキになってしまい、
やり合う雰囲気ができあがっていました。
もちろん、全員がそうだということではありません。

こうした雰囲気は、
オニごっこ系のあそびでは、
よく見られることでもあります。

楽しみに参加したものの、
オニになってしまってイヤになったり、
追いかけられることが多くてイヤになる。
あるいは、タッチされて腹を立てたり、
その仕返しでタッチされた子だけを狙う、などなど。

そのため、オニごっこのあそびの途中で、
指導員が間に入って、話をすることも多々あります。

この日は、おわりの会の時に、
僕からこのことについて話をしました。

「あそびは、何のためにするん?」と聞くと、
「ボールあてオニご」をしていたメンバーから、
楽しむため」という答えが返ってきました。

「じゃ、ダサいって言ったり、
人がイヤがるほど喜んで楽しかった?」と聞くと、
「楽しくない」という答え。

「いろんな学年の子、男の子も女の子も混じって
あそべてて、それはめっちゃいいことやねんから、
楽しくあそべるにしようや」と言って、
この話は終わりました。

人に勝ちたい気持ちや、腹が立ったりする気持ちは
あって当然ですし、その心情も分かります。

でも、やっぱり、
みんなが楽しく、そして気持ちよく
あそべる雰囲気を作っていきたいと思っています。

どうやったら楽しく、気持ちよくあそべるかを
子どもたち自身が考えていけるように
見守っていきたいと思います。

              (いでっち)
Posted by 真田山子どもクラブ at 22:32 | さなだやま日記2018 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
訂正! [2018年05月25日(Fri)]

先ほど、「指導員を紹介!」を更新し、
あんちゃんとはーちゃん、もえぴーの
プロフィールを加えましたと、
お伝えしたのですが、誤りがありました。

修正しましたので、こちらをご覧ください。

同じく春から真田山子どもクラブに来てくれている
もえぴーとにっしーのプロフィールは近日公開します。

  game_wabiishi.png


Posted by 真田山子どもクラブ at 11:16 | さなだやま日記2018 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
<指導員を紹介!>を更新しました [2018年05月25日(Fri)]

指導員を紹介!を更新しました。

あんちゃんとはーちゃん、もえぴーの
プロフィールを加えました。

似顔絵はもちろん、なかしゅん作です。


  kids_kyouryoku.png


Posted by 真田山子どもクラブ at 07:28 | さなだやま日記2018 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ