CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2018年03月 | Main | 2018年05月»
潮干狩り下見 [2018年04月30日(Mon)]

●4月30日(月)

今日は、休日を利用して、
指導員6人で潮干狩りの下見に来ています。

初参加の、あんちゃんとはーちゃんに
説明をしつつ、諸々の確認をしています。

当日調理をしたり、
子どもたちの荷物を置くテントです↓

093A763D-7BA3-41BD-A1DB-362B35CFEAF2.jpeg

子どもたちがごはんを食べる場所です↓

C0D0BC1D-F462-43DC-8422-B96643155143.jpeg

ビーチ↓
当日の人出も例年、このぐらいか、
若干多いくらいです。

EA6026C2-FF91-48E6-81C4-86DBDF64BB03.jpeg

今日は、曇りなので、水は冷たいです↓

image1.jpeg


当日が快晴であることを祈ります!

             (いでっち)
Posted by 真田山子どもクラブ at 16:15 | さなだやま日記2018 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
おにいちゃんになったら [2018年04月30日(Mon)]

●4月28日(土)

これは何でしょうか!?

image2.jpg

土曜日ならではの
スペースを使った巨大基地です。

これを見た、@S.Kと@R.S。

「ぼくたちもおにいちゃんになったら、
あんなおおきいのつくろうな!」

「うん!」

と、 誓い合っていました。

        (いでっち)

Posted by 真田山子どもクラブ at 05:46 | さなだやま日記2018 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
忘れられたあそび!? [2018年04月29日(Sun)]

先日行なった「あそびさがしゲーム」。
学童のあそびを出し合いました。

171個も出たのに、
その後もあそびの表を掲示しているのに、
書き足されていない、
忘れ去られていたあそびがありました…。

それは、「カロム」。

いろんな呼称や形式がありますが、
真田山子どもクラブでは
「カロム」と称しています。

木製のコマをおはじきのように
指で弾いて机から落としていきます。
自分の決められた色のコマをすべて落とし、
最後に星のマークのコマを落とす、
それを先に終えた方の勝ちとなります。

昨日は、久々にその「カロム」であそびました。

image1.jpeg

初めてカロムをした@K.Sは、
すっかりハマってしまい、
1時間ほどずっと、
途切れることなくあそび続けていました。
DK.IとDM.Uの2人が丁寧に教えながら、
自分たちも楽しんで、
一緒にあそんでいたおかげです。

そうやって、学童のあそびは
継承されていきます☆

                (いでっち)
Posted by 真田山子どもクラブ at 14:30 | さなだやま日記2018 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
交通安全指導 [2018年04月27日(Fri)]

●4月25日(水)

天王寺警察の交通課の方が、
今年も交通安全指導に来てくださいました。

交通安全5.jpg

内容は、

信号や道路標識などの交通ルール
自転車に乗る際の注意点
110番通報の際の地点番号

といったもので、
子どもたちに問いかけもしながら
分かりやすく教えてくださいました。

子どもたちも、真剣に話を聞きつつ、
わいわいと答えたり、質問もしたりして、
興味をもって取り組んでいました。

交通安全2.jpeg

また、宿題として、
交通安全パンフレットと交通安全テストを頂きました。

交通安全1.jpeg

テストはその後すぐにみんなで取りかかり、
盛り上がりました。

交通安全4.jpg

今回来て下さったのは、天王寺警察の松田さん。
天王寺区の小学校も回られているとのことで、
「子どもたちに顔や名前を覚えてもらえると嬉しいです。
またいつでも来ます」とおっしゃっていました。

松田さん、ありがとうございました!

               (いでっち)
Posted by 真田山子どもクラブ at 20:35 | 年間行事 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
コマブーム︎!? [2018年04月19日(Thu)]

●4月18日(水)

入所歓迎会のコマ技のラストで
EH.Yが披露した「肩かけ」。

その「肩かけ」を練習する子が続出。

EA.Y、DK.I、DM.U、DY.K、DM.Y、CR.H、
それにEH.Yです。

その様子を楽しそうに見つめるのは
1年生のR.I、K.S、K.N、M.Mの4人。
時には、転がったコマを拾ってくれてもいました。

K.Nはニコニコしながら
「いでっち、一番ヘタやー」。
「そんなことないやろ〜」と、いでっち。

ひもにコマが乗った時も、
い「ほら、乗ったで!一番ヘタじゃないやろ?」
K.N「ううん、一番」と、笑っていました。

こういうやり取りができるのは、
学童に慣れてきたからかもしれません。

  omocha_koma.png

「あっ、惜しい!」
「ちょっと乗った!」

こんな声が何度も上がり、
みんなそれなりに
ひもに引っかかるようになっていました。

そんななかで「できた!」という声が。

DK.Iでした。
見事に成功していました!

来年は、「肩かけ」を披露する子が増えそうです☆

その隣では、EH.O、ES.Mが
空中手のせ」を練習していました。

また、「肩かけ」を見ていた@K.Sはこれまでに、
回すことはできるようになっていました。
さらに、延長の時間に練習をして、
自分でひもを巻けるようにもなったので、
これから一人でもコマ遊びに参加できそうです。

他にも、コマ遊びをする子がたくさん。
コマブームが来ています!

            (いでっち)

Posted by 真田山子どもクラブ at 09:28 | さなだやま日記2018 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
入所歓迎会 [2018年04月17日(Tue)]

日曜日に入所歓迎会を行いました。

9日は子どもたちだけで行いましたが、
今回は、親子そろっての入所歓迎会です。

まずは、子どもと指導員の自己紹介

子どもたちだけの歓迎会では、
恥ずかしくて話せなかった@Y.K。

「今度の日曜日は言えるかなぁ?」と聞くと、
「うん、言える!」と親指を立てていました。

当日、お昼ごはんの時にも確認。
「大丈夫!」と言った通り、
しっかり自己紹介ができました。

子どもたちがハキハキ
学校名と名前を言うので、
指導員も真似をして小学校名を言いました(笑)。
興味を持ってもらえたでしょうか︎

次は、指導員vs父母のゲーム対決
この3本勝負です。

 ◎ジェスチャーゲーム
 ◎ステレオゲーム
 ◎伝言ゲーム

初の試みです。

せっかくの歓迎会、
子どもだけが前に出るのではなく、
大人にも楽しんでほしい…。
それを見て子どもにも楽しんでほしい…。
そんなことを思い、取り入れました。

前日に、DA.S、CY.K、@R.Sに
手伝ってもらい、ポスターも作りました。

子どもの出し物も楽しみにしてましたが、
こちらも楽しみでした。

そして、願っていました。
絶対成功してくれ!と。

  dengon_game.png

結果は、見事に大成功

2年以上の父母のご協力がありがたいのは
もちろんのこと、入って間もない方たちが
率先して手を挙げて参加してくださり、
とても嬉しかったです。

ただただ、楽しい催しをと思っていましたが、
人柄を知る機会にもなる効果があると発見しました。

EA.T&AS.T父が声をかけて下さりました。
「ゲームコーナーがすごく良かった。
新しい人を知る機会であり、
親同士の会話のきっかけにもなる、ありがとう」

とても嬉しく、やって良かったと
心から思いました。
今後の定番にしていきたいです!

そして、けん玉・コマの披露。
毎年恒例の技披露です。

1年生に、けん玉とコマをプレゼントするにあたって、
こんなことができるようになるよという紹介でもあり、
上級生への憧れを抱く機会でもあります。

特段新しい技を練習するわけではなく、
普段からできる技を披露しています。

卒所式が終わって、
「取り組み」はひと段落の時期なので、
練習時間は多少設けたぐらいです。

  koma_mawashi.png

というわけで、
普段なら簡単にできる技も
大勢の前では、そうはいかないようで、
成功するまで何度も挑戦する場面も
たくさんありました。

そのたびに、子どもも大人も熱い声援を送り、
最後は拍手喝采

そんなあたたかい学童の雰囲気を、
新入所のご家庭に知ってもらえる
機会にもなっているのではないかと思います。

コマの技が成功しない時、
周りの子が自分のコマの紐を巻いて、
次々渡してあげる姿が良かったです!

3月に入所したばかりのAH.Mは、
まだあまりけん玉に馴染みがなく、
一生懸命練習をしました。

金曜日の時点では成功せず、お母さんとは
本番は前に立たないことも相談していました。

しかし、家でも猛練習をして、
日曜日の朝の時点では
成功するようになっていました。
本番も見事に成功!

みんなからの拍手がとても嬉しかったようで、
昨日も学童で、「中皿」の練習をしていました。
これからどんどん技を身につけていきそうです☆

最後に、2年生からのプレゼント。

毎年、1年生には、
学童Tシャツ、けん玉、コマとともに
がくどうっこにんていしょう
プレゼントしています。

がくどうっこにんていしょうは、
2年生の手作りです。

1年生に喜んでほしいのはもちろん、
2年生には1つ学年が上がり、
自分たちがお兄ちゃんお姉ちゃんになっていくことを
実感してほしいと考え、毎年作ってもらっています。

にんていしょうを渡す場面は、
毎年良いなぁと思います。
1年生には、大切にしてもらえたら嬉しいです!

というような、入所歓迎会でした。

   ★★★

1年生にとって楽しく嬉しい会だったということを
昨日、子どもからも保護者からもたくさん聞きました。

早速、学童Tシャツを着ていた@H.D。
けん玉の「大皿」の練習をする@S.K、@Y.Y、@M.W。

それを見て、教えてあげるAK.SとAN.T。
2年生にとっても、教えてあげる立場になれた
喜びを感じる瞬間です。

コマ板の周りでは、上の子たちに混じって
@S.K、@Y.Kが遊んでいました。

@S.Kは、保育所の頃からコマを回せるようで
きれいに回しています。
@Y.Kは、学童に入ってから始めました。
先週からやり始めたので、
紐を巻くのはまだ難しいようですが、
コマはきれいに回るようになってきています。

1年生のみんなが
これからけん玉とコマの腕が上達し、
来年の歓迎会では前に立って、
技を披露する光景を見るのが
今から楽しみです☆

              (いでっち)
Posted by 真田山子どもクラブ at 22:11 | 年間行事 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
入所歓迎会に参加してB [2018年04月17日(Tue)]

入所歓迎会に参加した父母の感想3回目です。

CK.K父

自己紹介
指導員VS父母のゲーム対決
子どもたちによる、けん玉・コマの披露
2年生から新入所生へのプレゼント贈呈

ゲーム対決って去年やってましたっけ?
親が参加するゲームは子どもも喜ぶし、
とても良かったです!

あいにくの空模様でしたが、
部屋の中はずっと温かい雰囲気に包まれた
春の心地よいひと時を過ごすことができました。

新入所歓迎会には4回目の参加で、
ようやくうちの子も高学年の仲間入り。

どんな新技を見せてくれるのかと思いきや、
毎年やっているコマの空中手載せのみ。

「それ去年と同じやん!!」
と思わず声が出てしまいました〜

どうも、取り組みに積極的ではないようで
このままだと、6年まで「空中手載せ」どまり
なのではないかと…

駅伝練習は今からコツコツ取り組んでいるので、
あまり多くを望まないようにしようと思いますが、
難しいことに
チャレンジする面白さを感じてほしい
という親の想いはなかなか通じませんね。

わが子のことはさておき、
新歓は毎年いろいろ感じることがありますね。

1年生から6年生まで順番にしていく自己紹介。

子どもたちの姿を順番に見ていくと、
みんな大きくなってる
普段学童で顔を合わしていても気づきませんが。
みんなの成長が改めて感じられました。

  seichouki.png

特に去年入った子ども達が
すっかり学童に溶け込み、
けん玉やコマを披露する姿は
小さいながらも
上級生のプライドが感じられて
微笑ましかったです!


新歓後、M指導員に
「いい新歓やったね!」
と声をかけると、

「子どもたちが技を披露しているとき、
失敗しても茶化すことなく応援してくれて
ホントに嬉しかったです!」
という言葉が返ってきました。

大人になると応援するのが当たり前ですが、
子どもは違うんだ。
毎回どんなリアクションするか
わからないって大変だろうなぁ〜と。

その一言に、
集団のまとまりを作っていくことの
難しさを再認識されられました。

親としてできることは限られますが、
しっかりサポートしていければと思います。

追記:
卒所式でプレゼントした
『成功の教科書』という本ですが、
今年から中1のS.T(BH.Tのお兄ちゃん)が
春休みに早速読んでくれたみたいです。

「目からウロコやわ!」と
すごく喜んでくれたみたいで、
さっそく試験に良い点をとるための
目標設定をしていたそうです。

それを実行するのはこれからのようですので、
結果が楽しみです!


Posted by 真田山子どもクラブ at 05:20 | チチ★ハハ VOICE | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
入所歓迎会に参加してA [2018年04月16日(Mon)]

入所歓迎会に参加した父母の感想をお伝えします。
2回目は、3月に入所されたばかりのこの方です。

AH.M母

コマやけん玉の難しい技を
失敗しながらも挑戦する子どもたちと、
見守ってくれる環境がとても印象的でした。

出来ないことが恥ずかしいと涙を流して、
人前で何かをする時に
諦めてしまったりする娘に
悩むことがこれまでありました。

受け止めてくれる学童、
指導員をはじめ学童の仲間、
そしてその父兄。

親として、その環境を
ありがたく感じた歓迎会でした。

  omocha_kendama.png

受け止めてくれる場所があることで
子どもたちは難しいことでも
失敗を恐れずに
これから挑戦していける強さを
持つことができると思います。

これからの成長が楽しみなのと、
見守ってくれている仲間がいること。
また目標になる上級生がいることを
親子ともども心強く感じ、嬉しく思います。

真面目な感想になってしまいましたが…
これからも学童イベント、楽しみにしています!
よろしくお願いします。

Posted by 真田山子どもクラブ at 13:24 | チチ★ハハ VOICE | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
入所歓迎会に参加して@ [2018年04月16日(Mon)]

4月15日(日)に入所歓迎会を行いました。
指導員からの報告は別にするとして、
参加した父母たちの感想をまずはお伝えします。

1回目は…。

EN.S母

入所歓迎会で、2〜6年生たちは
けん玉やコマの技を披露してくれました。

特に低学年の子の、
成功後のドヤ顔がかわいかったです。

  kendama_man.png

なかには一発で技が決まらず、
焦りながらも何度も挑戦し、
やっとキマった子もいました。

その時のみんなの拍手があたたかったです。

失敗&成功体験
次につながってくれるといいですね。

DT.KとCR.Hの、
縦にコマを回して手で受ける技に驚きました。

さらにEH.Yは、コマを肩にかけた
ヒモの上で回していました。

上級者たちの見事な技に憧れ
追いつこうと頑張る子たちが
また出てきてくれることと思います。

かわいい1年生たちの
これからの成長が楽しみです。

1年生とその父母のみなさま、
ご入所おめでとうございます!


Posted by 真田山子どもクラブ at 04:39 | チチ★ハハ VOICE | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
新1年生〜真田山ほか [2018年04月14日(Sat)]

●4月13日(金)

真田山小の1年生は
今週も来週も早めの下校で
玉造小の子たちと比べると、
1時間近く早く学童に登所します。

真田山小の1年生は、

R.Iくん
S.Kくん
S.Kちゃん
R.Sくん
S.Tちゃん
K.Tちゃん
H.Dちゃん
K.Nくん
Y.Yちゃん

以上の9人です。

城星小のM.Mちゃんも下校が早く、
2校の1年生だけで過ごす時間が
たくさんあります。

室内では、
布ボールのキャッチボールをしたり、
お絵かき、ぬりえ、裁縫、
レゴなどをして遊びます。

なかしゅんと、
昆虫を本格的に描いたりする子も。

みんなより一足早く公園にも行けます。

外あそびは、おにごっこ、探検ごっこ、
キャッチボール、泥だんご、遊具あそびなどなど。
今はまだ宿題もなく、たっぷり遊んでいます。

  nurie.png

この日は、わっきーと初対面。

さすが、わっきー!
早速、子どもたちの心をつかんでいました。

「わっきー、一緒に公園行ってあそぼー!」
嬉しそうな声が学童に響いていました。

おやつ後。2〜6年生は、
入所歓迎会の準備をしていたので、
外に出たのは1年生のみ。
わっきー、あんちゃんと一緒に
外であそびました。

延長の時間も
ボールあそびやお絵かきしたりコマであそぶ
1年生の楽しげな声でにぎやかでした☆

              (いでっち)


Posted by 真田山子どもクラブ at 09:03 | さなだやま日記2018 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ