CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2018年01月 | Main | 2018年03月»
高学年レストラン [2018年02月28日(Wed)]
=============================================

 <お知らせ>

アルバイト指導員を募集しています。詳しくはこちら

=============================================

先週の金曜日に高学年活動の一環として、
高学年レストランを開きました!

「やろう!」と言い始めてから、約3か月。

なかなか会議も進まず、
「本当にできるのだろうか…」
と、不安になりながら
子どもたちと進めてきました。

今回は経験したことのない
こなさなければいけないということで、
シェフをしていらっしゃるDY.U父さんに
アドバイザーとして
会議にも出席してもらいました。
ありがとうございました!

火曜日に最終確認の会議を行い、
買い出しに行きました。

買い出しに行ってくれたのは、
EM.G、ER.U、EA.N、DA.Y、DY.U、
DA.T、DH.Y、CK.I、CK.Yです。

今までに経験したことのない
大量の買い出しで本人たちがびっくり!

「業者やん!」と声を上げていました。

量が多いということは、
持って帰ってくるのも一苦労。
みんなで協力して重い荷物を運びました。

  cooking_ryouri_kyoushitsu_kids.png

前日には、みんなで仕込みです。

いつもは校庭開放に行ってから
帰ってくる高学年ですが、
この週は自分たちで
「校庭開放なし」と決めて、
16時ごろには帰ってきました。

手分けして、
玉ねぎと人参を切ります。
おわりの会までにはギリギリ
(若干オーバーしましたが…)
終わりましたが、
その後、ハムとウインナーを
切っていないことが発覚!

延長の時間に、
EM.GとEH.Yが切ってくれました。

そんなバタバタな感じで
当日を迎えましたが、
高学年レストランは大盛況!
予定していた数の2倍の売上でした!

途中、炊飯器が壊れるという
ハプニングがあり、
調理がストップするという
事態も発生しましたが、
子どもたちは一生懸命頑張ってくれました。

  cooking_suihanki.png

レジ係、接客係、チキンライス係、
卵を焼く係、デミグラスソースをかける係、
スープ係、洗い物係。
多くの係に分かれて行いました。

それぞれの係が連携を取りながら、
回していく姿を見ていると、
1年間この子たちと頑張ってきて
本当によかったなと思いました。
嬉しくて少しウルっとしちゃいました(笑)。

どの係が欠けても
高学年レストランは成功しませんでした。
そのことを子どもたちには
しっかり伝えていきたいです。

そして、目標金額を達成しました!

春休みに子どもたちと
トランポリンパークに行ってきます!

今は日程調整中です。
思う存分、高学年だけの時間
楽しんできたいと思います。

さて、レストラン開店前の話に戻りますが、
指導員として反省しているのは
役割分担です。

各担当から、みんなの嫌がる
洗い物係を交代で
出してほしかったのですが、
会議ではその提案や意図を
上手く伝えることが出来ませんでした。

そのために、同じメンバーが
ずっと洗い物を行なうことになってしまいました。

このメンバーがいなかったら、
お客様にオムライスを出すことは
できませんでした。

そのことをほかの子たちがきちんと
理解してくれたらいいなと思います。
そして、お互いがお互いの労
ねぎらえるといいなと思います。

              (もりもり)


Posted by 真田山子どもクラブ at 21:40 | さなだやま日記2018 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
学級休業6週目 [2018年02月28日(Wed)]
=============================================

 <お知らせ>

アルバイト指導員を募集しています。詳しくはこちら

=============================================

学級休業も6週目。
先週はBS.Mが登所していました。

その前の週までと違って
人数が少ないこともあり、
毎日「外に行かれへんのー?」と、
外に出て体を動かしたがっていましたが、
「学級休業やから、外はやめとこう」
と、我慢してもらいました。

となると、男の子です、
室内で布ボール投げとなります。

毎日、いろんな指導員を相手に、
投げ合いをしていました。

僕とは、先に5回当たったほうが負けという
ルールで投げ合いました☆

お昼ごはんのメニューは…。

1日目がラーメンとチャーハンに
たまごスープ(担当もりもり)。

  ramen_shio.png

「なんで、ラーメンとスープどっちもあるん?」
と聞くと、「どっちも食べたかったから!」。
予算的にも足りたので、3品だったそう。
最後の方は、「お腹いっぱいや〜」
と言いながら、なんとか食べきっていました。

2日目はギョーザとおみそ汁(担当なかしゅん)。

ギョーザ作り、とても上手でした!

image1.jpeg
image2.jpeg
image3.jpg

一緒に食べさせてもらいましたが、
前日と打って変わって、食べる食べる!
一気になくなり、20個近く食べていました。

しかも、なかしゅんが頑張って作った
2種類のタレは使わないまま。
「なんもつけへんのが1番おいしいねん!」(笑)。

3日目は、そばめし(担当いでっち)。

  food_yakisoba.png

何を作ろうかと相談していると、
カレーと焼きそばが上がりました。
金曜日だったので、夜は高学年レストランです。

い「夜は、オムライスやし、焼きそばにせーへん」
BS.M「じゃあ、焼きそば!」

ご飯も混ぜることにして、そばめしとなりました。

前日もだったそうですが、
キャベツが高い!と嘆き、
カット済みの安いキャベツを買いました。
そのおかげで、調理も少し楽に。
あとは玉ねぎとにんじん、ピーマンを切るだけ。

食べている時に、BS.Mが
「にんじんが太い!」と言ったので、
「切ったん、Sやで」とツッコミ(笑)。

ご飯の後は、高学年レストランの準備をする
もりもりとDY.U父さんの周りを
興味津々で行ったり来たりしていました。

そばめしのほか、焼きそばも。
前日のなかしゅん製味噌ダレを利用して
味噌味とソース味の2種類の焼きそばです。

BS.Mはソース味で満腹になったので、
味噌味は@Ym.K、@Ys.K、@K.S、
@M.Yたちがおやつとして食べていました。

そばめしで作ったおにぎりを食べたAH.Tは、
「これ、うまっ!」と、ほおばっていました。

                (いでっち)

Posted by 真田山子どもクラブ at 07:12 | さなだやま日記2018 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
体験入所 [2018年02月27日(Tue)]
=============================================

 <お知らせ>

アルバイト指導員を募集しています。詳しくはこちら

=============================================

●2月24日(土)

来年度から入所する新1年生に向けての
体験入所を約2時間行ないました。
11名の参加があり、にぎわいました。

内容は…

自己紹介
学童っ子と新一年生が、それぞれ自己紹介

クッキー作り
簡単に作れる「コーンフレーククッキー」を手作り

名前呼びゲーム
↑1月にCMh.Y母さんに教えてもらった
「ぐるぐるまわそう名前」というあそびです。
真田山子どもクラブ流に改名しました。

「トントン、◯◯」

というリズムで名前を呼びます。
呼ばれた子は、また違う誰かを
指名していくあそびです。

ドジョウニョロニョロ
左手の親指と人差し指で輪っかを作ります。
右手の人差し指を
隣の人が作った輪っかに入れます。

「ドジョウニョロニョロ」というかけ声の間、
右手の人差し指を輪っかの中で
ぐるぐるかき回します。
「逃げた!」という言葉がかかったら、
人差し指を抜くことができるか、
輪っかが閉じて捕まってしまう、というもの。

けん玉&コマ
けん玉とコマで自由にあそび、
学童っ子も新1年生にアドバイス。
最後は、学童っ子たちが技を披露しました。

おやつ
みんなで作った
「コーンフレーククッキー」を食べました。

cookie4_star.png cookie1_circle.png cookie3_chocochip.png

土曜日ということもあり、お出迎えする
学童っ子メンバーは少なかったですが、
DN.S、DH.Y、CT.K、CA.S、BR.H、
AH.Y、@K.Kが盛りあげてくれました。

受付係をDN.SとBR.Hが始めると、
「うちもやりたい!」とCA.Sも加わりました。

クッキー作りでは、
DN.SとDH.Yをリーダーに2組に分かれ、
生地を混ぜ合わせる作業も
みんなに順番が回るように進め、
新1年生にもタイミングよく
交代していました。

名前呼びゲームでは、
@K.Kがちょっと失敗をして、すごく悔しがり
「もうやりたくない」という場面もありましたが、
その後も続けていくと、
だんだんと笑顔に。

けん玉、コマは自分が得意な方をやり、
見てあげたり、教えたりだけでなく、
事前にコマ板の用意もしてくれていました。

技の披露はDH.Yがコマの空中手のせ、
CT.K、CA.S、BR.Hはけん玉で、
とめけんと灯台。

BR.Hは、とめけんが成功した流れで、
アドリブでさかおとしも。
ニクい演出です(笑)。

それぞれ拍手を受けて、
嬉しかったのではないでしょうか。

自己紹介の時には、
ふだんおとなしいAH.Yが
しっかり自己紹介をしていて、
頼もしくなってきたことを感じました。
お母さんも「成長したやん!」
と喜んでいました。

新一年生のなかにAH.Yの妹がいました。
妹は恥ずかしくて、自己紹介がうまくできません。

いでっちが「ひな助けたって」と言うと、
すぐに横に行ってくれましたが、
その時ばかりは、
AH.Yにも緊張が移ったようで、
もりもりに助けてもらっていました。
それがまた、かわいらしい一面ですね。

年を経るごとに、学童っ子たちが照れずに
体験入所のお手伝い
してくれるようになっていて、
ありがたく頼もしい思いです。

おかげで、新1年生も楽しく
過ごしてくれたのではないかと思います。

体験入所.jpg

クッキーはおいしかったようで、
あまったのを見つけて
「まだ食べたい!」と
おかわりをする子もいました☆

             (いでっち)


Posted by 真田山子どもクラブ at 17:37 | さなだやま日記2018 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
駅伝大会に参加してE [2018年02月25日(Sun)]
=============================================

 <お知らせ>

アルバイト指導員を募集しています。詳しくはこちら

=============================================

駅伝大会に参加した父母の感想の最後です。


AS.T&DA.T父

今年もまた、この季節がやってまいりました。

1年で一番しんどい1.4kmです。

普段から野山を駆け回ったり、
フルマラソンなどの大会にも
何回か出ているのですが、
この学童駅伝が一番ハードです。

約5分の辛抱ですが、
ここまで必死に走る機会はなかなか無いので、
自分を試す場として出させてもらっています。

個人的には、去年の自分より
1秒だけ速くなっていました。
嬉しかったです。

何より嬉しかったのは、
チームの皆さんと優勝の喜びを
シェア出来たことです。

   yusyou_cup_gold.png


実は今回は私の独断と偏見で
勝手に大人4チームの編成
組ませてもらいました。

心がけたのは、新たなスターの発掘と、
みんなのをつくりあげること。

メンバーを固定しないで、
どんどん新しい人たちに入ってもらい、
みんなで盛り上がればいいなと思います。

結果が全てとは思いませんが、
良い思い出となりました。
ありがとうございました。

いろんなきっかけで、
子どもたち、親たち、指導員も含めて
学童に愛着をもってもらえたら嬉しく思います。

少しでも、
走ることに興味を持たれている方が
おられましたらお声かけ下さい。
みんなで一緒に走りましょう。

そしてみんなで
学童を盛り上げていきましょう!



駅伝大会に参加してD [2018年02月24日(Sat)]
=============================================

 <お知らせ>

アルバイト指導員を募集しています。詳しくはこちら

=============================================

駅伝大会に参加した父母の感想の5回目です。

BS.T父

駅伝っておもしろい。

準備をすればするほど、
本番当日のおもしろさが増える。

さぼったらくる、虚しい想い。
整えたらくる、充実した想い。

  sports_run_syoumen_man2_zekken.png

おもしろければ、それでいいわけでもなく。
もう一つ、走る理由が必要。

なぜ、走るのか?
その理由が、
駅伝をおもしろくする唯一の方法。

このたびの参加は、その理由がわかり始める
入り口になったように思う。

子どもたちの必死な姿に胸をうたれ。
大人の必死な可愛さに勇気をもらう。

1年に1回の駅伝大会は、必要なもので
子どもにも大人にも有意義なものであると思う。

だから、来年も頑張ろう。
来年も頑張れたら、
もっといいことがあるはず。


駅伝大会に参加してC [2018年02月23日(Fri)]
=============================================

 <お知らせ>

アルバイト指導員を募集しています。詳しくはこちら

=============================================

駅伝大会に参加した父母の感想の4回目です。

@S.Y&BAt.Y父母

今年は例年より寒い冬でしたが、
お天気にも恵まれ
子供たちの頑張り、
大人の部に参加された皆さまの
本気度に感動いたしました。

さらに、お父さんたちの頑張りで、
大人の部3連覇達成という
素晴らしい成績となりました。

  undoukai_tokyousou.png

駅伝低学年の部に参加した1年のSは、
抜くこともなく、抜かされることもなく。

<親>順位のキープができホット・・・安堵感
<子>もっと距離が長ければ、追いつくことが
   出来た…と、自信たっぷり!

3年のAtは、夢中で爆走。
<子>僕は順位を上げた、と
   こちらも自信たっぷり!!

本当に感動の1日でした。

今回の駅伝大会が、
子供たちの自信のアップにつながり、
もより一層深まったと思います。

来年は真田山こどもクラブが
優勝したいですね!


駅伝大会に参加してB [2018年02月22日(Thu)]
=============================================

 <お知らせ>

アルバイト指導員を募集しています。詳しくはこちら

=============================================

駅伝大会に参加した父母の感想の3回目です。

BS.M母

3年越しの駅伝大会。
息子はやっと参加できるので、
とても楽しみにしていました。
主人もなぜか出場することに。

会場の公園に着くと、
参加者の多さにビックリ。
私はよく分からないまま
ゴールテープ係をさせてもらいました。

学童3年目でもなかなか
名前を覚えられない私ですが、
ゴールを通過する真田山っ子たちや
父母の姿を間近で見ることができて
楽しかったです。

  goal_tape.png

颯爽と走り抜ける子、
顔を真っ赤にしながら懸命にゴールを目指す子、
足を痛めてもこらえながら
タスキをつなげようとする子、
やる気満々で仲間が戻ってくるのを待つ子、
ドキドキしながら自分の出番を待つ子、
走り終えるとぐったりして休憩をとる子…。

どの子も印象的でした。

もちろん出場するお父さんお母さんたちの姿も。

我が息子は、練習に
あまり参加はできませんでしたが、
練習のたびにタイムが縮んでいくのを
嬉しそうに話してくれていました。

いざ本番、
私の目の前を元気に走り抜けて行き、
そして思ったよりも速く
元気な姿で戻ってきました。

いつもは弱音ばかり吐いて
根性がないと感じる息子ですが、
たくましく思いました。

息子の次は主人の番です。
日頃運動をしていない主人。
正直、息子より心配でした。

出発を見届け待つことしばらく…。

向こうの方から苦しそうに走ってくる姿を
見つけてひと安心。 

最後まで全力でかえって来~い!″
とは声に出して言えませんでしたが、
無事ゴールしてくれホッとしました。

私は持久走がとても苦手なので、
出場できる皆さんが
うらやましくもあり、とても尊敬しています。

走ることが得意な子もそうでない子も、
ひとつの目標に向かって頑張り、
達成感や悔しさを味わい、
また次に向かって進んでいく…。

その経験はきっと、心も体も
豊かなものにしてくれるのでしょうね。

来年は1年生の娘も加わるので楽しみです。

みなさん、本当にお疲れさまでした。
そしてたくさんの感動
ありがとうございました。


駅伝翌日 [2018年02月21日(Wed)]
=============================================

 <お知らせ>

アルバイト指導員を募集しています。詳しくはこちら

=============================================

●2月19日(月)

子どもたちに
駅伝大会の感想を聞いてみると、

「しんどかったー!」
「○人抜かした!」
「抜かされた〜」

など。

やっぱり「しんどかった」が多いですが、
それは一生懸命走った証拠、
楽しかった!
という声も聞けて、一安心です。

それと、子どもたちは、
タイムが気になる様子。

「タイムなんぼやった?」
と、次々に聞かれました。

おやつの時間に、
結果用紙を回すと
食い入るように見ていました。

また、表彰式に出られなかった
混合AチームのDY.Uに
改めて表彰状を読み上げて渡しました。

実は、みんなより先に帰る前に、
「一回もらって、写真撮ってん」
と、教えてくれました。

混合Aチームのように、
準優勝という華々しい結果について、
表彰時に「混合Aは、準優勝もらって
素晴らしいなぁ」と言ったのはAK.S。

Aチームも素晴らしいですが、
他のチームも
本当に1人1人一生懸命走って、
頑張りました。

   illust2113_thumb.gif

@Ym.Kは長距離は苦手で、
練習でも思うように速くは走れませんでした。

しかし、本番では、練習よりも
1分近くも速いタイムで走れました!

「ちょっと歩いちゃった」とも言っていましたが、
「Ym、すごいやん、練習より
めっちゃ速かったで!」と言うと、
@Ym.Kはポカーン。

い「かっこよかったで」
Ym「……」
い「すごいなぁってことやで、聞いてる?」
Ym「急にほめられても…」

戸惑わせてしまったようです。

速い子だけがすごいのではなくて、
1人1人が頑張れる、頑張った実感
持てるようにしたいです。

   illust2113_thumb.gif

延長保育の時間に、
当日の写真を見ていました。

BT.Sと一緒に見ていたら、
BT.Sの写真がたくさんありました。

スタート時もゴール時もBT.Sは笑顔で、
「笑顔で走り続けるっていいやん」と言うと、
その時も「エヘヘ」と笑顔のBT.Sでした。

BS.TとBR.Hは来年、高学年ということで、
「来年、運動会と駅伝の
担当やっていい?」
と、学童に帰ってくるなり聞いてきました。

もりもりから「どっちもやったらいいよ」
と言われ、喜んでいました。

表彰に限らず、
いろんな形で子どもの心に残り
自信となっていくと良いなと思います。

               (いでっち)

Posted by 真田山子どもクラブ at 13:26 | さなだやま日記2018 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
駅伝大会に参加してA [2018年02月20日(Tue)]
=============================================

 <お知らせ>

アルバイト指導員を募集しています。詳しくはこちら

=============================================

駅伝大会に参加した父母の感想の2回目です。

@M.Y母

1月より入所して早2ヶ月弱となり、
初めての行事参加になりました。

当日はお天気にも恵まれた駅伝大会となりました。

マイペースな我が息子も、
みなの盛大な応援を受けて
「頑張らねば!」と思ったらしく、
「緊張したー!一生懸命走ったけど
抜かされたわからん」と言って残念がっておりましたが、
帰りに高学年のお兄さん、お姉さんから
「M、めっちゃ早くなってきてるやん!」
「前よりずいぶん早くなったで!」
と、ほめられ ニッコリ。

   illust2133_thumb.gif

照れながら満足気に家路に着いていました。

お互いを認め合える関係って素敵ですよね。

短い間にもこんな関係性が作られている
真田山子どもクラブに入所出来て良かったなと
私も思いました。

日々いろいろな経験のなかで、
子どもたちも成長していくのだと思います。

そんな成長を陰ながら応援し、
見守っていきたいと感じた一日でした。



Posted by 真田山子どもクラブ at 21:02 | チチ★ハハ VOICE | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
駅伝大会に参加して@ [2018年02月19日(Mon)]
=============================================

 <お知らせ>

アルバイト指導員を募集しています。詳しくはこちら

=============================================

駅伝大会に参加した父母の感想を
何回かに分けてお伝えします。

CY.K母

毎年2月の駅伝大会。

正直この寒い時期に、
保護者として参加するのもなかなか
骨が折れるのよね、、、と
がんばる娘をよそに考えてしまうこともあります。

でも、当日を迎え
一生懸命走る子どもたちの姿を見ていると
楽しいではないか!!と
思えてしまうのが不思議です。

小さい体で走る低学年を見ると、
がんばれ!もう少し!でも無理しないで!
と、心配になり、
慣れた様子で走る高学年を見ると、
いける!吐くまで走れ!追い越せ!
と、熱く応援してしまいます。

そして、
走るのが得意ではない娘の姿を見ると、
心が苦しくなり泣きそうになってしまいます。

でも、がんばっているから、
私もしっかり見ないと!応援しないと!って。

こうやって私は娘に、成長する機会を
与えられているんだなと実感しています。

家に帰り、久々に一緒にお風呂に入り寝ました。

寒くて疲れた1日だったけど、
子どもたちの一生懸命な姿を見て
があたたかくなる1日になりました。

   sports_run_syoumen_woman2_zekken.png

そして。

今年も走りました! 親ランナーとして。
正直、走るの、そんなに得意ではなくて。
でも、イベント根性で走ってしまうんです。

たった1.4キロの道のり。
その最中には、なかなかの
ドラマがあります。

休日の鶴見緑地を、
ゼッケンとたすきをつけた
大人が必死に走っている、、、、

大体の方は、声援を送ってくださいます。

子どもたちは、自分達の出番が終わり
楽しく昼食をとった後の
余裕の笑顔で、無責任に応援。
父母の方々の心のこもったあたたかい声援。

正直、何も心に入ってきません、、、、
だってつらいんだもん。

でも、たすきをつなげることが
出来た際の達成感
1日限りのチームなのに
生まれる、連帯感

これは、何にも変えることが出来ないと
感じています。

どこかに置いて来てしまった、
青春を取り戻したような、、、、、(笑)

チーム全員が走り終わった後は、
子どもたちより
はしゃいでいること間違いなしです。

そして走り終わった後だけは、
ダイエットと健康のために
ジョギングを始めようと
心に思うのですが、、、、

筋肉痛に耐えながら、今日も母は働きます!

Posted by 真田山子どもクラブ at 22:03 | チチ★ハハ VOICE | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ