CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2017年03月 | Main | 2017年05月»
1年生〜おうち探検 [2017年04月30日(Sun)]

●4月28日(金)

1年生全員で、1年生のおうちを巡る
おうち探検をしました。

指導員のいでっち、もりもりが
新1年生の自宅の場所を把握しておくために
1年生に案内してもらいました。

玉造、真田山それぞれの校区をまたにかけてなので
たくさん歩きましたが、バテることなく歩き通しました。
夜はグッスリだったかもしれませんね。

上手に並んで歩けるようになるのはこれからですが
以下のペアでみんなきちんと手をつないで歩いていました。

S.Y&Y.Yペア
K.K&Y.Kペア
A.I&S.Tペア
K.S&N.Tペア

こいのぼりを見つけると、
みんなでにぎやかにこいのぼりの歌を歌っていました ♪


illust626_thumb.gif


K.K&Y.Kペアはスタート時は
若干よそよそしい様子でしたが
すぐに手を繋ぎ始め、微笑ましかったです。

一通り回り終わった後、S.YとY.Yから
「次は、いでっちのいえ?」と聞かれました。

「いでっちの家はちょっと遠いから
歩いて行かれへん。行きたいん?」と答えると、
「ううん」と返され、なんじゃそりゃでした(笑)。

最後は公園に寄り、少しだけ遊びました。
学童に帰ると、上の学年の子たちが
おやつの用意をして待っていてくれて
「1年生、手洗って座りやー」と出迎えてくれたのでした。

1年生のほんわかした雰囲気が
よく伝わってくる1年生活動でした。

おたより用の1年生紹介の写真も撮ったので
できるだけ早く作成したいと思います。

            (いでっち)

    ★★★

団体で行動するという点では
まだまだ難しいですし、不安もあります。
しかし、1年生なので当たり前。
心配はしていません!

手をつないで歌を口ずさみながら歩く姿は
子どもらしくて、とても可愛らしかったです。

横のつながりをまずは大事にしてほしいと思います。
いい雰囲気で1年生活動ができたなと感じました。
  
            (もりもり)


Posted by 真田山子どもクラブ at 20:35 | さなだやま日記2017 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
カツカレーにメロン… [2017年04月28日(Fri)]

●4月27日(木)

真田山小でも玉造小でも家庭訪問が行われていたため
下校が早く、おやつの前と後に2回、公園へ行きました。

おやつ前は…。

新しい指導員のあつみんも一緒に
オニごっこのほか、いろんな遊びをやりました。

もともとは少ない人数でオニごっこをやっていたのですが、
どんどん「いれて!」と人数が増えていき、
EM.G、DA.Yや@S.Y、@S.Tら
さまざまな学年が加わっていきました。

やがて「違う遊びもしよう!」ということになり、
カツカレーやメロン、3丁目のゴリラ も。

水曜日は「みんなあそび」の日となっていますが、
この日もいつの間にか「みんなあそび」の様相に。

ルールを知らない1年生やあつみんに教えてあげる姿も見られ、
みんなで遊ぶ楽しさを味わうと同時に
その中で必要な優しさを身につけていっているなぁと
改めて感じました。

animal_gorilla.png


Posted by 真田山子どもクラブ at 18:23 | さなだやま日記2017 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
まさに川わたり [2017年04月27日(Thu)]

●4月26日(水)

あいにくの雨模様でしたが、
おやつの後、ちょうど雨が上がりました。

少しでも外に出たい子どもたちは、「外に行こう!」

「みんなあそび」の日だったので
みんなで「川わたり」をしました。

川をイメージして…
川の中にはオニが立っています。
(オニの人数は、その時によって違います。)

オニ以外の子たちは、オニにつかまらないように
川の岸から岸へ走り抜けます。

5、6年生の男子・女子あわせて6人が
オニをした時のこと。

6人もオニがいる中を走り抜けるのは、低学年には至難の技!

「1年生が走り抜ける間、5秒だけ待ってあげて」。
指導員からお願いすると、「いいよ」と5、6年生。

1、2、3…。
数え出すと、1年生たちが岸から岸へ駆け抜けます。


illust2823_thumb.gif

すると、それまでなかなか勇気が出ずに
一歩踏み出せなかった@K.K、@S.Yは
その後何度も走り出すことができました。
自信を持つってすごい!

上の学年も負けじとCY.K、CH.S、BR.H、BS.Mなど
オニの一瞬のスキをつき、走り抜けていました。

AM.Kは「みんなで一斉に走りだしたら
タッチされずに逃げれた!」と喜んでいました。

走り抜ける姿にカッコよさやかわいさを感じると同時に、
5,6年生が待ってあげられる優しさや余裕を
持ち始めたことにも成長を感じました。

雨上がりの公園のドロドロ加減は
まさに川わたりでした〜。


Posted by 真田山子どもクラブ at 09:55 | さなだやま日記2017 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ネーミング [2017年04月27日(Thu)]


新しい班の名前が出そろいました。

IMG_2906.JPG

薔薇、ガーベラ、ORION、ムーン、エッフェル塔…。
きれいでシャレた名前が並びます。

「A」や、班長の名を冠したシンプルなものも。

ネーミングのワケはそれぞれあるようで、
例えば「薔薇」班は、
班長が漢字を書けるということが理由だそう。






Posted by 真田山子どもクラブ at 05:26 | さなだやま日記2017 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
土曜日 [2017年04月25日(Tue)]

●4月22日(土)

人数は少なめですが、土曜日も
元気に楽しく時間が過ぎていきます。

image1.JPG

写真は、難問の詰将棋を解こうと頑張っている様子。
結局解けませんでしたが…(^^;

そのほか、学童にあるものを使って
秘密基地作りをしていました。
そこで寝転がったり、人生ゲームしたり。

外遊びでたっぷり体も動かしました。




Posted by 真田山子どもクラブ at 21:41 | さなだやま日記2017 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ミハエル&あつみん [2017年04月19日(Wed)]

●4月17日(月) & 18日(火)

月曜日、火曜日と続けて、
2人の新しいアルバイト指導員さんが来てくれました。
どちらも女性の指導員さんです。

月曜日は、保育士志望の短大2回生。
ニックネームは、ミハエルです。

名前の由来は…。
子どもを通して聞くか
本人に直接聞いてみてください。

火曜日は、不登校児童のケアに関わっていた人です。
ニックネームは、あつみん
さまざまな児童に関わりたいという思いで
真田山子どもクラブに来てくれました。

女性ということもあり、
主に1年生や女の子と過ごしていました。

男の子たちは
「誰︎ なんか、新しい指導員おるなぁ」
と、ちょっと様子見している感じです。

2人とも楽しみながらも
勤務の終わり頃には子どもたちのパワーに
圧倒された様子の初日でした。

女性指導員が大好きなCS.Nは
どちらにもベッタリ。ご満悦でした。

ミハエル、あつみん。
これからよろしくお願いします。


Posted by 真田山子どもクラブ at 21:39 | さなだやま日記2017 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
代替保育A [2017年04月19日(Wed)]

代替保育に入った父母の感想の2回目です。

AH.T&ES.T父
僕が入った日はあいにくの雨で、
終日室内で過ごしました。

学童に着いた時にはまだ1年生しかいなくて
一緒に本を読んだりして遊びました。

その後、続々と帰って来る子どもたちを見て、
みんな成長したなーっ、と、しみじみ。

特に、6年生!
低学年を見ながら、最初はあんなんやったのに
あっという間に最高学年。
すごく成長していて、学童生活もあと1年、
って思うと感慨深くなりました。

機会があれば、晴れの日に
外でみんなとおもいっきり遊びたいです。

DY.U母
金曜日に代替保育に入りました。

金曜日は6時間授業の子どもたちが多く、
みんな帰ってくるのは16時過ぎ。

そこからおやつを食べて、新1年生歓迎会の
「もしかめ」の練習をしていました。
音楽に合わせ、一生懸命練習する姿は
自主性もあり、ステキです。

少し淋しいのは、「おかえり」って言っても
「ただいま」って言ってくれる子どもたちが少ないこと。

できれば学童でも「おかえり」「ただいま」が
明るく元気に聞けたら、嬉しいなぁと思いましたるんるん

 illust1842_thumb.gif

ED.S母

子どもたちみんなが人懐こくて、可愛かったです。

トラブルが起きた時、真剣に子どもたちに
対応してくれている指導員の姿を見て、
本当に子どもたちのことを考えて
接してくれていることが分かりました。

短い時間でしたが、いまの学童の様子が分かり、
貴重な時間を過ごすことができました。



Posted by 真田山子どもクラブ at 08:21 | チチ★ハハ VOICE | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
少しずつ、少しずつ [2017年04月17日(Mon)]

●4月17日(月)

新1年生も学童での生活に少しずつ慣れてきています。

それぞれ、元気な声で「ただいま」と笑顔で帰ってきます。
学校内で学童の○○に会ったで!と教えてくれることも。

休憩することもなく、遊んだり本を読んだりする1年生たち。
1年生同士だけでなく、上の学年の子と、指導員と、
というふうにいろんな相手と遊びます。

    ★★★

おやつの時間のこと。
少し帰りの遅かったEA.Nが顔を見せると、
@K.Sと@N.Tが手を振り、EA.Nも振り返す。
自然に「関係」ができつつあることを感じました。

@K.Sが学童内の落し物を「はい」と
DH.Oに渡すと、
「落とし物はここにいれたらいいねんで」
と、優しく教えてあげていました。

@N.Tは延長保育の時間に、
CE.Pに『千と千尋の神隠し』
ずっと寄り添って読んでもらっていました。

優しい関わりだけではありません。

真剣勝負をしていたのは、@S.Y。
CM.Uと将棋の対戦です。
片付けの時間が来ても
なかなかやめることができないほど、
2人ともじっと将棋盤を見つめていました。


Posted by 真田山子どもクラブ at 21:00 | さなだやま日記2017 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2017年度総会終了 [2017年04月17日(Mon)]

●4月16日(日)

2017年度総会を行いました。

最初に、恒例の保護者の自己紹介。
手品あり、笑いあり、の楽しい時間でした。

その後、2016年度の活動と決算の報告
および保育についての総括を行い、
引き続き2017年度の新役員選出と活動計画・予算案、
保育方針の報告などを行いました。

総世帯の3分の2以上が出席し、
新役員と運用規約の一部改定について
賛成多数で承認されました。

Posted by 真田山子どもクラブ at 20:28 | 年間行事 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
代替保育@  [2017年04月15日(Sat)]


先週から今週にかけて、
指導員のシフト調整上、人員が足りず、
父母に呼びかけて6人の父母に代替保育に入って頂きました。
ありがとうございました!

2回に分けて、代替保育に入った父母の感想をお伝えします。

DT.M母
代替保育に入るのは久し振りでしたが、
以前は手がかかった子も今や、
学年の下の子たちを世話する立場になっていたり、
まだまだ低学年と思っていた子が最高学年になって
場を仕切っていたり、と子どもたちの成長を感じました。

バラバラなことをする大勢の子どもたちを
一日中見守ることの大変さを改めて感じました。

CA.S母
T.M母さんから、よく飛ぶ紙飛行機の作りかたを教えてもらい、
子どもたちと部屋の端から端まで飛ばして遊びました。

特に、@Y.Yが紙飛行機に夢中になって、
1年生の登所初日にもかかわらず
人見知りもすることなく、
一緒に遊べてよかったなと思いました。

子どもたちはみな、好きなように遊んでいて
子供たちだけで解決できないことが起きた時はに
指導員がフォローに入る。
そういう何気ない一日を見ることができてよかったです。

BR.H母
低学年のけんかの仲裁をするため
それぞれの言い分を聞いてあげるES.T。

みんな遊びで「川わたり」をすることになり
新1年生に遊びのルールを伝えられるかを
ホワイトボードに書いたり、と、工夫をするDN.S。
それに対して「こうしたら」と声をかける子たちもいて…。

高学年としての自覚を持って、
リードしようとする姿に頼もしさを感じました。

我が子も高学年になったら、
こんなふうになってほしいなぁ…。
異学年の子どもたちとたくさんの時間を
過ごせる「場」にいられてよかったなぁ…。
と、思った時間でした。

しかし、子どもたちのパワーは尽きることなく…。
この日は疲れて爆睡でした。
指導員は毎日、体力勝負なのですね。
Posted by 真田山子どもクラブ at 15:04 | チチ★ハハ VOICE | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ