CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2017年01月 | Main | 2017年03月»
指導員・1月の研修 [2017年02月27日(Mon)]

指導員は、子どもたちが楽しく、そして安全に放課後を過ごせるよう
定期的に研修や講座に参加し、研さんを重ねています。

1月は、以下の研修などに参加しました。

大阪市内指導員学校「保護者との関わり」/2人参加
 講師は、住吉区のひまわり学童の指導員。

 全体への発信として間接的なコミュニケーションも大切だが、
 直接話すことで相手の様子を感じながら話を展開できる。
 保護者とともに悩み考えるうえで、
 やはり直接的なコミュニケーションをはかることが大切だ
 と再認識する機会になりました。
 

天王寺・中央区ブロック学習会/2人参加

 「なか1」の指導員の「3年生の男の子集団と
 他学年の子との関わりについて」の実践報告をもとに
 3〜4年生の子どもたちの葛藤、どのように子どもたちを認め、
 盛り立てていけるかなどについて語り合いました。

そのほか、市内の指導員部会などに10回参加し、
 駅伝大会、入所、施設問題などについて話し合いました。




〜ん ♪   [2017年02月26日(Sun)]

●2月24日(金)

玉造小学校からの下校時。
今年度は2年生の下校に指導員が付き添っています。

わいわい話しながら学童に向かうAK.KとAS.Y、A M.Y。
後ろから指導員が見守っていると、CS.UとCH.Oの姿も。

2人に追いつくと学校で習った歌を口ずさんでいます。
真面目に歌ったかと思えば、にぎやかバージョンも。

文字でうまく表せなくて残念ですが、
ある歌のすべての語尾に「ん」をつけて歌うのです。

どんな歌でも構いません。
語尾に「ん」をつけてください。
そうすると、どんな言葉も大阪弁になります!

それが2人にはたまらなくおもしろかったようで、
なんとも楽しげな歌声と笑い声が
街中に響いていたのでした♪

illust3772.png



Posted by 真田山子どもクラブ at 08:29 | さなだやま日記2017 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
まつぼっくり=バナナ? [2017年02月25日(Sat)]

●2月24日(金)

   ※〇の中の数字は、学年です。

ドッカン・ブームの横で
別の遊びを楽しむ子たちもいます。

例えば、@H.Yは「うんてい」にまっしぐら。

夏頃は、うんてい3本目で体重を支えれず
終わっていましたが、今は4本目までスムーズに進めます。
聞けば、学校でよくやっているそう。

指導員のよっしーと一緒に休憩していると、
EY.IgとDR.Y、DD.Sがやって来て、
うんていのスゴ技を披露。
@H.Yとよっしーは「すごいな〜」と感心しきりでした。

    ★★★

高鬼ごっこもしてみたのですが
@H.Yはルールを知らないこともあって、
いきなり@男子にタッチされて、
ビックリして涙がぽろり。

すかさずBE.Pが「休憩しときー」と
優しく言葉をかけてくれて、落ち着きました。

その後、BMy.Yが持参した縄跳びをすることに。

BT.KとAR.Hが加わり、
BMy.Yが「一緒にやろっ」と笑顔で誘ったことで
@H.Yも縄跳びを思いきり楽しめたようです。

  nawatobi.png

この時の二重飛び最高記録は
BMy.Yが11回、BT.Kが3回、AR.Hが1.5回。
@H.Yは前飛び、後ろ飛びを軽やかに飛んでいました。

    ★★★

縄跳びの後は、@H.YとBT.K、よっしーの3人で
枝を使って木の根本を掘り返し。
虫やBB弾が出てくると、それをまた埋めてみたり。

  matsubokkuri.png

しばらくするとBT.Kはお皿滑り台に。

@H.Yとよっしーは綺麗な石や松ぼっくり、BB弾を拾い、
最後に枝で絵を描いて当てっこをしました。

松ぼっくりを拾った時に、@H.Yの口をついた言葉が
「もう少し細くって曲がってたらバナナみたい」。

バナナって発想が果物屋さんの子やな〜と
思ったのでした。



Posted by 真田山子どもクラブ at 12:54 | さなだやま日記2017 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
いいなぁ交換保育 [2017年02月25日(Sat)]


●2月24日(金)


保護者の声から――。

    ★★★

お迎えに行くと、見知らぬ方がいらして、
あー交換保育だなと思ったら
「なか2」の指導員「きんさん」がすぐさま
会釈をしてくださいました。

ところが、お話ししようとしたら、1年のK.Sがやってきて
「あそぼ、あそぼ」と、きんさんを連れ去って…。
すでに人気者で、子どもたちも楽しそう。

「交換保育って、いいねぇ」と
そばにいた指導員のもりもりに言うと、
「他の学童から来てくれはるというので
みんなぴしっとしてました!」。
そんな効果もあるのですね。

きんさんがお帰りになる頃、お話ししてみると…。

保「今日1日、どうでしたか?」
き「顔見知りの子たちもいるので、
  あそぼ、あそぼと誘ってくれるのが嬉しかったですね」
保「さっきも、そうでしたね。
  ずばり、『真田山』のいいところはどこですか?」
き「元気がいいところですね!」

きっと、きんさんは、天王子区・中央区の
4学童合同のイベントがあった時には、
子どもたちに笑顔で声をかけてくださるんだろうな。
そんな光景が目に浮かびます。

もりもりも先日、他の学童に行って
たくさん刺激を受けてきたそう。

保護者にとっても、別の学童の指導員と
話すことができて嬉しい時間でした。
もっともっとお話ししてみたいです。

交換保育って、いいですね。

    ★★★
Posted by 真田山子どもクラブ at 08:40 | さなだやま日記2017 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ドッカンがドッカーン [2017年02月24日(Fri)]

●2月24日(金)

指導員のわっきーから教えてもらって
昨日、初めてやってみた「ドッカン」。

よほど楽しかったのか、
昨日体験した子たちから「やろやろ」と声があがり、
今日はさらに人数が増えて、みんなでドッカン。

高学年がリードして作戦を立てる頭脳戦の様相もあり、
低学年もその作戦に感心したり、おもしろがったり。
とても楽しい時間でした。

ドッカン・ブーム、キタ〜! という感じです。

Posted by 真田山子どもクラブ at 22:35 | さなだやま日記2017 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ドッカンとは、なんぞや [2017年02月24日(Fri)]

●2月23日(木)

おやつを食べた後の公園遊び。

指導員のわっきーが「ドッカン」という遊びを
教えてくれるということで
3年のK.Iはワクワク。

最近あまり外遊びは気乗りしなかったK.Iを
その気にさせる「ドッカン」とはどんな遊びなのやら…。

集まったのは、6年のY.Ig、5年のD.S、
4年のY.U、N.S、A.T、H.M、H.Y、
2年のK.K、1年のM.K、S.T、R.Y。
指導員はわっきー、なかしゅん、いでっちと
「なか1」から交換保育に来ていたオノ先生。

いざ遊び出すと学年、男女関係なく
みんなで楽しく遊べました!
公園を走り回り、楽しい時間でした。

     ★★★

さて、その「ドッカン」とは︎…。

2チームに分かれ、チームの中で
王様となるライオン役を1人決めます。

他のメンバーは、トラかコブラになります。
(どちらかのみで固めてもOK)。

相手チームの王様を探しながら
相手チームの誰かにタッチ。
タッチしたら互いに、自分がライオン、トラ、コブラの
どれであるかを教えあいます。

ライオンはトラに勝ち、トラはコブラに勝ち、
コブラはライオンに勝ちます。
トラとコブラが負けると相手陣地に捕まり
味方の助け(タッチ)を待ちます。

ライオンが負けてしまうと、チームの負け。


animal_lion.png

時間が経つうちに、誰がどの動物なのかが
相手チームに分かっていくので、
ライオン役はどんどん追いかけられます。

足の速さは関係しますが、
どの動物になるかで強さが異なるので
1年でも6年に勝つことができます。

ライオンを探してみんなが走り回り、
ライオンはライオンじゃないフリをしたり隠れたり。

みんなで盛り上がれる楽しい遊びです。



Posted by 真田山子どもクラブ at 06:00 | さなだやま日記2017 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
イゴとヒヨコ、そしてモシカメ [2017年02月24日(Fri)]

●2月23日(木)

5年のD.Sが登所するなり、
指導員のなかしゅんに声をかけました。
「なかしゅんあそぼ!」

作業をしていたなかしゅんが
「ちょっと待ってや」と言うと、
待ちきれない様子で「早く!」と呼びかけます。

なかしゅんが作業を終えると
2人で囲碁や将棋のヒョコ回りをしていました。

いつもは高学年の男の子同士で遊ぶD.Sが
指導員を誘って楽しんでいる姿が新鮮でした。

     ★★★

3年のT.Kはここのところ、
けん玉の「もしかめ」熱が上昇中。

日に日に記録が伸び、今日はついに
1000の大台を超えて1001回!

しかし、T.Kはまだ満足していません。

今日指導員のいでっちが達成した1474回を見て
「いでっちを超したい!」と決意を新たにしていました。

 omocha_kendama.png


Posted by 真田山子どもクラブ at 05:45 | さなだやま日記2017 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
王手!? [2017年02月23日(Thu)]

●2月22日(水)

学童内で人気の遊びの一つと言えば、将棋
男の子も女の子も、低学年高学年関わらず
将棋で遊ぶ子はたくさんいます。

そのなかでも最近めきめき将棋の腕を
あげているのが、2年のR.H。
2年生同士や、3年のT.K、4年のH.Mなどと
よく対戦しています。

そんなR.Hが今日は将棋をさすことなく
延長保育の時間を迎えてしまい、
「1日1回は将棋で頭動かさへんと止まってしまう!」
と、ぽろり。

その後、指導員のわっきーと対戦し、
お迎えに来てくれたお父さんにも「待ってて」 とお願い。
お父さんがかなり長い間待つなか熱戦を繰り広げ、
すっきりした顔で帰って行ったのでした。


tsumi_syougi_oute.png


Posted by 真田山子どもクラブ at 15:21 | さなだやま日記2017 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
混合チーム3位、お父さんチーム2連覇 [2017年02月19日(Sun)]

●2月19日(日)

本日行われた駅伝大会において、
低学年高学年混合チームAが見事3位に輝きました。

駅伝.jpg

たすきをつないだのは、5年R.Y、2年Ak.Y、2年R.H、
2年At.Y、4年S.N、6年Y.Igの6人。

もちろんこのチームの子たちの頑張りあってのものですが、
練習を重ね、全員が全力で走り抜いた結果です!
1人1人の一生懸命走る姿は本当に素敵でした☆

そして、真田山お父さんクラブも
圧倒的な速さでなんと2連覇!

駅伝2連覇.jpg

大人も頑張りました!

子どもも大人も1日、お疲れ様でした〜



Posted by 真田山子どもクラブ at 16:26 | 年間行事 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
土曜日はメロン!? [2017年02月19日(Sun)]

●2月18日(土)

土曜日は、登所している子たちが
みんな一緒になって遊びます。

今日も公園で、メロンやSケンをして遊びました。

 fruit_melon.png ???

 メロンとはどんな遊びかというと…。

 漢字の「田」の字を地面に書き、
 四角を逃げ回って、
 3周回りきることを目指します。

 オニは外側からタッチをしようと周りを駆けます。
 
 「田」の陣地の外には捕まった人の牢屋、
 そして反対側にゴール。

 3周回った人が「メロン」と叫ぶと、
 オニも含め全員でゴールめがけて走り、
 最後にゴールした2人が次のオニになる…というもの。
 

メロンで遊んだ時のこと。
いまいち盛り上がらないので、
ルールに良くないところがあるんじゃないかと
みんなで考えることに。

逃げる人の動き方、オニの動き方、陣地の大きさなどを
少しずつ変えながら遊んでいくうちに、
最後はみんな楽しんで遊ぶことができました。

平日だと、遊びの時間はあっという間に過ぎ去りますが、
時間に余裕のある土曜日ならではのやり取りができました。




Posted by 真田山子どもクラブ at 08:30 | さなだやま日記2017 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ