CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2016年12月 | Main | 2017年02月»
指導員・12月の研修 [2017年01月27日(Fri)]

指導員は、子どもたちが楽しく、そして安全に放課後を過ごせるよう
定期的に研修や講座に参加し、研さんを重ねています。

12月は、以下の研修などに参加しました。

大阪府研修「障害の理解と対応」/2人参加
 講師は、京都教育大学の丸山啓史先生。

 学童保育の役割は、「悪いところを直す」「問題が
 起こらないようにする」ことではないという話から始まりました。

 大人の思いと子どもの思いの違い、
 子どもの「どうなりたい」という思いを大切にすること
 などを学びました。

 「子どもへの関わり方として、常に意識しておかねばならないこと、
 抜け落ちていることはないかを確認しながら
 保育に臨まねばならないと再認識する機会になりました」。

大阪府研修「子どもの発達と理解」/2人参加
 講師は、立命館大学の中村隆一先生。

 高学年と低学年の発達の違いや
 子どもへの向き合い方、関わり方を学びました。

天王寺・中央ブロック学習会/2人参加
 「なかよし学童PART2」の指導員の実践報告をもとに、
 子どもを叱ること・怒ること、
 指導員間のコミュニケーションなどについて語り合いました。

そのほか、市内の指導員部会などに5回参加し、
 駅伝大会・冬の合宿の運営、けん玉認定会等に
 関する話し合いを行いました。




けん玉認定★最終日 [2017年01月26日(Thu)]

●1月25日(水)

けん玉認定最終日となる5日目は…。
今日こそ合格するぞ!と気合いが入っていました。

2年のS.Mが 6級になり、
3年のEが 1級に。

Eは「灯台」、S.Mは「とめけん」に自信がなかったのですが、
見事成功! 本人たちがいちばん驚いていました。

2人ともおめでとう〜♪

3年のMh.YとM.Uは、あと1つの技をクリアすれば!
というところまでいったのですが、惜しくも…。

omocha_kendama.png

今回5日間で昇級・昇段したのは10人。
合格した子、合格できなかった子、
それぞれに頑張りがありました。

友だちの昇級・昇段を自分のことのように喜ぶ場面も
たくさんありました。

惜しくも、あともう少し!だった子たちの
次回への挑戦が楽しみです。

次の認定は、梅雨の時期の予定。
日頃からけん玉に慣れ親しんでほしいなと思います。


Posted by 真田山子どもクラブ at 21:30 | 年間行事 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
さすが6年生! [2017年01月25日(Wed)]

●1月24日(火)

駅伝練習に初参加の6年のY.It。

駅伝担当として、みんなに声をかけたり、
前に出て体操を指揮したりと、
てきぱきと役割を果たします。

高学年が走る時も、先頭を切って駆け抜けたY.It。

練習前までは、他の高学年たちと
ワイワイ楽しそうにしていましたが、
練習になるときっちり切り替わる姿は、
さすが 6年生

卒所まで残り2ヶ月、下の学年の子たちが
その姿から感じとってくれるものがあるといいなぁ。

yjimage6M47BG3E.jpg


Posted by 真田山子どもクラブ at 08:40 | さなだやま日記2017 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
学級閉鎖組のいちにち [2017年01月24日(Tue)]

●1月24日(火)

学級閉鎖や休校のため、5名の児童が朝から登所しました。

午前中は、5年Aの宿題が百人一首だったことから、
俳句を詠みあいっこしたり、
かるたや折り紙といった「和」の遊びなどを楽しみ、
午後からは卓球もしました。

かるたとり.jpg

特に、賑やかだったのは、お昼ごはん。

みんなでわいわい話しながら食べ始めましたが、
そのうち、話題が分散して…。

5年Rと2年S.Tは、世相を斬り始め、
日本やアメリカの政治についても語り合っていました!

2年Cは、2人の政治談議から「トランプ」という言葉を
聞きつけると、UNOの話をし始め…。

そんな3人の姿に
「RとSは大人すぎる! Cが子どもらしくていい!」と、
笑い合っていました。

yjimage94L7DPSR.jpg

1年のMはというと、折り紙で作ったスマホの話を
熱心に指導員に聞かせてくれ、
5年Aは「ニュースよりも歌とかドラマが好き」と、
好きな芸能人の話。

個性が出ていて、おもしろいです。

ちなみに2年S.Tは、
「大人になったら政治家になりたいねん!」と宣言。
国土交通省になにやら意見があるようで、
めざすは国土交通大臣!?

熱く語るS.Tですが、
「こくどこうちゅうしょう」と言ってしまい、
「チュウしたいん?」と周りから突っ込まれ、
楽しい笑いが広がったのでした。


Posted by 真田山子どもクラブ at 22:03 | さなだやま日記2017 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
寒くったって [2017年01月23日(Mon)]

●1月23日(月)

今日も寒い1日でした。
雪もちらちら。

学級閉鎖するクラスも増えていますから、
うがい手洗いの励行を心がけていきたいと思います。

yjimage.jpg

子どもたちは今日も元気に、駅伝練習をしました。

指導員が毎回タイムをはかっているので、
「今回は何分何秒だった!」と
励みになっているようです。

 illust2133.png

Posted by 真田山子どもクラブ at 23:38 | さなだやま日記2017 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
署名活動〜より良い保育を [2017年01月22日(Sun)]

●1月22日(日)

JR桃谷駅前にて、署名活動を行いました。

署名1.jpg

すべての子どもたちの豊かな育ちの保障を目的とした、
学童保育所や保育所の施策拡充を願う署名活動です。

天王寺区の3学童の指導員・保護者ら12人が呼びかけを行い、
77筆の署名を頂きました。ありがとうございました。

署名2.jpg

子どもたちの保育環境が
より良くなっていけば、と思います。



Posted by 真田山子どもクラブ at 22:00 | さなだやま日記2017 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
表示されるのは !? [2017年01月21日(Sat)]

●1月20日(金)

空気清浄機 を2台、設置しました。

学級閉鎖のため下校が早かった
5年のRとAと一緒に箱を開けてセットしました。

子どもたちが一番食いついたのは
何かと言うと――!?。

清浄機2.jpg

それは、液晶パネルに表示される「料金の目安」!

風量を切り替えるごとに料金が変わり、
「高い!」「安い!」と、歓声。

最初にこの“事実”を知ったRは、
あとから登所して来る子たちに
「電気代、表示されんねんで!」と,
得意げに教えていました。



Posted by 真田山子どもクラブ at 08:23 | さなだやま日記2017 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
けん玉認定★4日目 [2017年01月20日(Fri)]

●1月20日(金)

駅伝の練習をする予定でしたが、
雨のため、けん玉認定を行いました。

3年のK.I が2級に続き1級に合格!

1級の「灯台」を「できひんかも」と
少々自信なさげでしたが、
ピタリと技がキマっていました。

最後の「もしかめ」50回では、
同じく3年のMh.Yが途中から数を数えだし、
合格した瞬間に2人で大喜び。

そして1年生も、M.K、K.S、H.Y が7級に合格。

昨年6月の認定では、自信が持てず
なかなか挑戦できなかったH.Y が、
今回は頑張っています。

同じ1年のK.TとS.T、3年のM.U、S.Nが応援。
合格すると「やったー!」と、
本人以上に喜んでいました。

昇級した4人、おめでとう〜♪

クラッカー.jpg



Posted by 真田山子どもクラブ at 21:56 | 年間行事 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
けん玉認定★3日目 [2017年01月20日(Fri)]

●1月19日(木)

けん玉認定3日目。

4年のN.Sが5級に!

認定を受けることをためらっていたN.Sですが、
先週土曜日、5級の技はバッチリできていたので、
指導員は「受けてみ」と、声がけ。

同じ4年のH.YやT.Mも背中を押し、
同級生の応援の中で合格したのでした。

おめでとう〜♪

omocha_kendama.png


Posted by 真田山子どもクラブ at 21:15 | 年間行事 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
変わってるけど、変わってないよ [2017年01月18日(Wed)]

●1月17日(火)

受験のため休所していた6年のY.Mが、4月以来の登所。

「久しぶりに来たら、いろいろ変わってるなぁ」と、Y.M。

とは言うものの、子ども同士が接する様子に変わりはなく、
女の子に限らず男の子も、それは同じ。
学童っ子のつながりの強さを感じました。

Yに班のことを伝えてくれたのは、同じ班の3年M.U。
1年生には自己紹介をし、「終わりの会」の司会も早速Yが担当。

「うちが来て、嬉しかった人?」と、みんなに質問すると、
女の子たちはすかさず手を挙げ、男の子たちは相変わらず︎!?
笑いながら「ブーブー!」と茶化していましたが、
その光景はあたたかく、微笑ましいものでした。


illust239.png illust143.png



Posted by 真田山子どもクラブ at 12:15 | さなだやま日記2017 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ