CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«ブンブンごまA | Main | ひっかけ足し算»
後期班長選挙 [2019年10月11日(Fri)]

指導員いでっちの投稿です。

●10月9日(水)

後期の班長が決まりました。

後期は6年生は班長引退、
5年生〜3年生が務めます。

新班長は、DY.A、DY.K、DK.K、DT.S、DS.T、
DR.H、CH.T、BA,I、BK.Kという面々です。

DK.Kは初の立候補で当選、
BA.IとBK.Kは3年生班長です☆

どの班長も、
公約通りの「楽しい班作り」を
してくれることを期待します。

今回残念ながら、
班長当選の思いは叶いませんでしたが、
立候補したCM.K、BR.I、BYm.K、BT.Sは
副班長として、班長とともに
各班を支えてもらいます。

4人それぞれに複雑な気持ちがあったと思います。
選挙直後から、もりもりが1人1人に
声をかけ気持ちを聞いてくれていました。

悔しがったり、落ち込んだり、スッキリしていたり、
さまざまな反応でしたが、
BT.Sは、AR.Sが自分に
票を入れてくれたことが嬉しいと、
前向きな気持ちを口にしていたようです。

今まで、何人もの子が
悔しい思いをしてきた選挙で、
初めて聞いた言葉でした。
たくましい気持ちを持った子です☆

4人ともすぐに気持ちを
切り替えられるわけではないと思いますが、
また次に向けての気持ちを
育んでくれたら良いなと思います。

今回はかなり票数がみんな近かったようで、
5年生は全員当選したものの、
順当というよりも5年生も含めて接戦だったようです。

選挙前の所信表明を見ていたら、
それも納得できるなぁというくらい、
学年関係なく1人1人がしっかりと大きな声で、
どんな班長になりたいか、
どんな班にしたいかを語りました。

本当に1人1人頼もしかったです☆

あの姿は低学年も、
かっこいいと思っていること間違いなしです!

結果として
班長と副班長に分かれてはいますが、
一緒に頑張って後期の学童を
作っていってくれると思います。

さて、選挙といえば班長候補者だけでなく、
選挙管理委員も大事な役目。

今回は、DS.Y、CK.S、CS.T、CH.Yに
担当してもらいました。

4人ともすごく責任感を持って、
ルールの説明、投票所の管理などの
運営を担ってくれました。
おかげでスムーズに選挙が行えました。

image1 2.jpeg

最後の当選発表は、DS.Yが1人で発表。
緊張感のある大役
きっちりと務めてくれました☆

このメンバーから、
後期の副班長、来年度以降の班長も
出てくることでしょう。

投票は、候補者がまず始めに行い、
それから班ごとに投票していきました。

待っている間ひまになってくるので、
騒がしくなると、DY.A、DY.K、DT.Sが
「静かにー!」と何度も声をかけてくれていました。

しかし、やっぱりみんなヒマなので、
また騒がしくなる。ということで、
前期の班の振り返りと
少しだけみんなあそびをしました。

班の振り返りは、
「楽しかった」「おもしろくなかった」と、
あまり具体的にどうということではなく、
なんとな〜くの感想がチラホラといったところでした。

その後は、みんなでシェーハーゲーム

1回戦はなかしゅん、
2回戦ははまちゃんが前に立って盛り上げてくれました!

キャンプやレクでもおなじみ、
前に立つリーダーと同じポーズをすると
アウトになるので、
違うポーズをし続けて残っていくゲーム。

1回戦は@A.Y、
2回戦は@Kt.Eと、
どちらも1年生が残りました☆

少しの時間でしたが。
選挙とはまた違う雰囲気で盛り上がり、
良いバランスを取ることができました☆

という選挙の1日。
班長たちの公約から見ても、
みんなであそんでいる雰囲気から見ても、
後期も楽しい学童に
なっていくんじゃないかと感じました☆

【さなだやま日記2019の最新記事】
Posted by 真田山子どもクラブ at 00:11 | さなだやま日記2019 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント