CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«スライダー→流れる→スライダー | Main | 高学年プール番外編!»
キャンプに参加してE [2019年08月28日(Wed)]

親子キャンプに参加した父母の感想を
紹介しています。

6回目は…

@T.I父

父子二人で親子キャンプに初めて参加しました。
(キャンプ係だったのに何も手伝わずすみません・・・)

我が家は夫婦ともにキャンプなどに関心がないため、
家族でアウトドア的な活動をしたことがありません。

この感想がインドア派の方の参考になれば幸いです。

そんな私ですが、子どもが
親子キャンプに行きたいと意思表示をしたという
消極的な動機で参加させて頂きました。

キャンプ場では、保護者・指導員のみなさんが
テキパキと準備をすすめていき
(私はボーっとみていることが多かったですが・・)、
昼食、オリエンテーション、カレーコンテスト、
お風呂(温泉)、夜のレクリエーション、
高学年ナイトハイク、パックドッグ、川遊びなどなど
と、次々とイベントが行われ、
我が子に限らず子ども達は元気はつらつで、
とてもいい顔をしているなと思いました。

全部書くと長くなるので、
個人的にインパクトの強かった
イベント2つの感想を。

一つ目はカレーコンテストです。

子どもたちは各班ごとに
高学年のリーダーシップのもとで
それぞれが工夫をこらした
(大人では思いつかないような隠し味の)
カレーを作っていました。

一方、保護者のシェフのカレーで
最もインパクトの強かったのは、
最後に焼いた石を投入した野生カレーです。

さすが、CS.T父さんは期待を裏切りませんね。

ただ、味では、私の独断と偏見ですが、
優勝したDS.T &AS.T父さんのカレーが
特に美味しかったと思います。

お店で出せるんじゃないかなと思いました。

  food_curry_two.png

二つ目は流しそうめんです。

流しそうめんの経験自体がほぼない私にとっては、
本物の竹を使った流しそうめんは驚きでした。

CK.S父さんのDIYだそうで、
自ら竹を切り出し、節をくりぬき、
グラインダーでやすりがけをされたそうです。

こんな本格的な流しそうめんを経験させて頂けるのは、
子どもにとっても大人にとっても
本当に貴重なことだと思いました。

我が子は一年生ですが、
キャンプの期間中いつも上の学年の子たちが
気にかけてくれていました。

こうした学童ののつながり・関係性は、
学童のとても良いところだなぁと思いました。

また、こういう子どもたち同士のやり取りや関係性を
二日間じっくり見ることができたのが、
キャンプに参加して一番の収穫だったと思います。

キャンプにかかわったすべての皆さん、
ありがとうございました。

Posted by 真田山子どもクラブ at 12:00 | チチ★ハハ VOICE | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント