CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
あそび=楽しむため [2018年05月25日(Fri)]

●5月23日(水)

雨が降ったりやんだりの天気。

子どもたちは、
その微妙な天気にあきらめがつかず、
「外、行きたい」と何度も言っていました。

17時を過ぎ、
雨がかなり小降りになってきたので、
まずは、高学年で外に行きたい子が
外に行くことにしました。

低学年は、濡れて風邪をひくと良くないので、
完全に止んでから外に出ました。

この日は、みんなあそびの日でしたが、
そういう状況だったので、それぞれ自由あそび。

後から外に出てきた1年生は、
泥の中を嬉しそうに走り回り、
オニごっこをしていました。

  asobi_onigokko.png

そんななかで…。

いろんな学年男女が混じって、
10人ちょっとのメンバーと
ボールあてオニご」をしました。

「ボールあてオニご」とは、「あてオニ」とも言い、
オニがタッチの代わりにボールを当てて、
当たった人がオニになるあそびです。

盛り上がっていましたが、
一緒にあそんでいて、気になることがありました。

ボールを当てた人に向かって
「ダサい」と言ったり、
当てたことや当てられた人に対するはしゃぎ方が過剰で、
そのために当てられた子は
楽しくない思いをしていました。

特定の子がターゲットにされているとか、
特定の子だけがそういうことをしているわけではなく、
あそんでいるうちにムキになってしまい、
やり合う雰囲気ができあがっていました。
もちろん、全員がそうだということではありません。

こうした雰囲気は、
オニごっこ系のあそびでは、
よく見られることでもあります。

楽しみに参加したものの、
オニになってしまってイヤになったり、
追いかけられることが多くてイヤになる。
あるいは、タッチされて腹を立てたり、
その仕返しでタッチされた子だけを狙う、などなど。

そのため、オニごっこのあそびの途中で、
指導員が間に入って、話をすることも多々あります。

この日は、おわりの会の時に、
僕からこのことについて話をしました。

「あそびは、何のためにするん?」と聞くと、
「ボールあてオニご」をしていたメンバーから、
楽しむため」という答えが返ってきました。

「じゃ、ダサいって言ったり、
人がイヤがるほど喜んで楽しかった?」と聞くと、
「楽しくない」という答え。

「いろんな学年の子、男の子も女の子も混じって
あそべてて、それはめっちゃいいことやねんから、
楽しくあそべるにしようや」と言って、
この話は終わりました。

人に勝ちたい気持ちや、腹が立ったりする気持ちは
あって当然ですし、その心情も分かります。

でも、やっぱり、
みんなが楽しく、そして気持ちよく
あそべる雰囲気を作っていきたいと思っています。

どうやったら楽しく、気持ちよくあそべるかを
子どもたち自身が考えていけるように
見守っていきたいと思います。

              (いでっち)
Posted by 真田山子どもクラブ at 22:32 | さなだやま日記2018 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
訂正! [2018年05月25日(Fri)]

先ほど、「指導員を紹介!」を更新し、
あんちゃんとはーちゃん、もえぴーの
プロフィールを加えましたと、
お伝えしたのですが、誤りがありました。

修正しましたので、こちらをご覧ください。

同じく春から真田山子どもクラブに来てくれている
もえぴーとにっしーのプロフィールは近日公開します。

  game_wabiishi.png


Posted by 真田山子どもクラブ at 11:16 | さなだやま日記2018 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
<指導員を紹介!>を更新しました [2018年05月25日(Fri)]

指導員を紹介!を更新しました。

あんちゃんとはーちゃん、もえぴーの
プロフィールを加えました。

似顔絵はもちろん、なかしゅん作です。


  kids_kyouryoku.png


Posted by 真田山子どもクラブ at 07:28 | さなだやま日記2018 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ベーゴマ続報 [2018年05月25日(Fri)]

●5月22日(火)

先週、ベーゴマをしっかり巻けそうな
予感があった@K.N。

家でもベーゴマを購入して
練習していることをお父さんから聞いていたので、
「練習してるって聞いたで。ベーゴマしよう」
と声をかけました。

ニヤニヤとしていて、
自分からは始めませんでしたが、
ひもを巻いたベーゴマを渡すと、
ベーゴマの台に投げました。

すると、見事に回り、
僕もふくめ周りにいた子たちから、
驚きの声が!

「えー!」
「すげー!」
「1年生で!?」

まだ回せてはいないAYm.Kも
目を大きくして「すげー!」と言いつつ、
負けてられへん」と張り切っていました。

  asobi_begoma_boy.png

そんな様子を見ていた@K.Sも
「ぼくもおしえて」と言ってきました。
巻き方を教えましたが、うまくいきません。

しかし、@K.Nと同じく、
僕が巻いたベーゴマを投げてみると、
こちらも成功!

その間に、@K.Nが今度は
自分で巻いて投げて、成功
早くも1人で巻いて投げられるようになりました。

そのにぎわいを見て、
いつもはあまりコマやベーゴマでは遊ばない
CY.Aが来て、
「わたし、ベーゴマはうまく巻かれへんねん」
と言いながら、一緒にひもを巻く練習をしました。

まだ@K.SもCY.Aも、うまくは巻けませんが、
周りに影響されて、
自分もできるようになりたい!
あの子はすごい!
と思えるのは、いいことです。

             (いでっち)
Posted by 真田山子どもクラブ at 00:35 | さなだやま日記2018 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
夢中になれること [2018年05月24日(Thu)]

●5月23日(水)

新一年生が入所して、
はや2ヶ月が経とうとしています。

新入生歓迎会にて渡した
けん玉やコマも大人気!
新一年生の中にはコマにハマっている子もいます!

そこで気になっていたのが、
コマを片付ける場所

ひとりひとりに置き場があるのですが、
人数が多くなり、足りなくなっていました。

棚をもう一段増やそうと思って
作り始めていると、
DT.Kが「何してるん?」。

棚を作っていることを話すと手伝ってくれ、
コマを入れる穴を開けてくれました。

それを見ていたES.MとEH.Oも
一つずつ穴を開けてくれたのです。

kougu_bako.png

そして、誰よりもその作業に
興味津々だったのがDS.N。

穴を開けるだけでなく、
取り付ける作業までやってくれました。
後半は、指導員はほとんど手出しせず!

どう止めるかも考えながら、
ほぼ一人でやってくれました!

「めっちゃ楽しい!」と
DS.Nは終始笑顔。

「こういうの好きなん?」と聞くと、
「うん!」とこれまた笑顔で答えてくれたので、
楽しいと思えることをもっとさせてあげたいと考え、
あるものを作って欲しいとお願いしました!

一生懸命考え、制作を始めてくれています。
完成させてくれることを楽しみにしています!

いろんなことを経験しながら
子どもたちは、楽しみ
夢中になれることを見つけます。
そして経験するなかで、
いろんな物の考え方を身につけていきます。

少しでもそういう経験をさせてあげたい、
そして、少しでも楽しいことに
全力で取り組ませてあげたい。
そう思っています。

                (もりもり)

Posted by 真田山子どもクラブ at 13:50 | さなだやま日記2018 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
みんなあそび [2018年05月18日(Fri)]

●5月16日(水)

毎週水曜日は、みんなあそびの日。
登所した全員で同じあそびを楽しむ日です。

この日のみんなあそびは、
全員でふえオニをしました。

オニがどんどん増えて、
最後は全員がオニになって終わります。

2回行ないましたが、1回目
AR.I、BM.K、EH.Yのオニから始まり、
他の子どもと指導員は逃げました。

もりもりは、
全力で追いかけてきたわっきーと
1、2年生に取り囲まれて、
逃げ場を失い、あえなくタッチされたそうです。

2回目は、子ども全員がオニ。
指導員6人(いでっち、もりもり、なかしゅん、
よっしー、わっきー、もえぴー)が逃げました。

40人を超える子どもが、
本気で追いかけて来るのですから、
あっという間に次々と指導員は捕まえられました。

そんななかで最後まで逃げ切ったのは、
なかしゅん。

着ていたTシャツを1枚脱いでいた、なかしゅん。
なかしゅんの服を「赤やで!」「ちゃう、黒やで!」
と、情報が錯綜していました。

fashion_tshirt4_red.png fashion_tshirt2_black.png

また、なかしゅんに似た人が公園にいたようで、
なかしゅんがタッチされた後、
AH.Mが「あれ!? もう1人のなかしゅんは?」
と言っていました。

そして、最後になかしゅんをタッチした
@R.Iは、「なかしゅん、タッチした!」
と喜んでいました。

外遊びが苦手な@K.Tも
本気で走って、楽しんでいました。

              (いでっち)
Posted by 真田山子どもクラブ at 05:32 | さなだやま日記2018 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
通学路点検に参加してA [2018年05月17日(Thu)]

通学路点検に参加した父母の感想2回目です。

AYm.K父

初めて通学路点検に参加しました。

赤グループの子どもたち、
もりもり、父母たちで歩きました。

普段何気なく通り過ぎている道でも、
子どもたちにとっては多くの危険
潜んでいることが分かりました。

ある玉造筋沿いの信号のない交差点を渡った後、
子どもたちにどのように安全確認をしたのか、と、
もりもりが聞くと、
「自動販売機の隙間から、ちゃんと車とかが
来ていないか確認してから渡ったで」とのこと。

これには、
「そんな隙間からの確認だけやったら、
全部見えてないから危ないやん。
しかも、相手側に自分の存在
気付いてもらわれへんで。
相手側に気付いてもらうことが大切やねんで」
と、指摘されていました。

自動販売機の隙間から安全確認をするという発想を
子どもたちがするということは、
いくら考えても大人の発想では考えもつきませんが、
子どもたちと一緒に歩いたからこそ
気付けたことだと思います。

これからも毎年の通学路点検を通じて
子どもたちの特性を理解し、
交通安全の指導をしていく必要があると感じました。



Posted by 真田山子どもクラブ at 20:46 | チチ★ハハ VOICE | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
リクエストA [2018年05月17日(Thu)]

今回の掲載リクエストは、
BK.Sからです。

レゴで作ったペンギンです☆

image1.jpeg

Posted by 真田山子どもクラブ at 14:41 | さなだやま日記2018 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ベーゴマまきまき [2018年05月17日(Thu)]

毎日、コマあそびのにぎわいが続いていますが、
ベーゴマに興味を持ち始めた
低学年もチラホラ。

巻き方を教えてみましたが、
コマよりもさらに難しい巻き方に
BS.T、AM.Yは大苦戦。

しかし、AYm.Kは、
「前、M.G(中1のOB)に
教えてもらったから覚えてるねん」
と、スルスル巻いていました。

教えてもらった当時は、
AYm.Kもうまく巻けませんでしたが、
教えてもらったことをしっかり覚えていて、
できるようになるんですね! 
すごい!

回すところまでは
まだうまくいっていないので
あと一歩です。

@K.Nも「教えて〜」と、一緒に挑戦。
手先が器用なようで、
1年生ながらもう少しで
しっかり巻けるというところまで出きました。

  asobi_begoma_boy.png

それぞれ、時間はかかるかもしれませんが、
ベーゴマであそぶ子が増えていきそうです。

              (いでっち)

Posted by 真田山子どもクラブ at 13:11 | さなだやま日記2018 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
通学路点検に参加して@ [2018年05月17日(Thu)]

5月12日(土)の通学路点検に参加した
父母の感想を何回かに分けてお伝えします。

@Y.K母

先週は通学路点検に参加させていただきました。

入学したてのわが子は毎日
子どもクラブまで迎えに行っているので
子どもだけで帰宅した経験はまだありません。

小学生だけの帰宅は危ないことが
多いのではないかと心配しながら
子どもたちの後ろを1時間ほど歩きました。

驚いたのは、
皆が道路に広がったり
ふざけたりせずに歩き続けたことです。

小さめの声で話しながら
群れを組んで淡々と歩き通したこと、
通学を始めて間もない小さい子たちの
体力にも感心しました。

   bicycle1_sharing_red.png

途中、歩道を自転車が通る場面もありましたが
後ろから声がけし、端に寄ったり、
歩くのが遅い子(うちの子)を
上級生が時折振り返って様子をうかがっている姿を
見ることができました。

子どもの安全に関しては不安も多い時代ですが
真田山子どもクラブの皆さんが
安全に配慮してくださっている姿に安心しました。

いつもありがとうございます。

Posted by 真田山子どもクラブ at 08:45 | チチ★ハハ VOICE | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ