CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
なんか… [2019年10月18日(Fri)]

指導員いでっちの投稿です。

●10月16日(水)

延長の時間、
突然背の高い男の子が学童に入ってきました。

「あれ、N.Uやん」

EM.Uと@N.Uのお兄ちゃんの、
N.U(OB、中1)でした。

EM.Uが修学旅行のため、
@N.Uはお迎え帰り。

すでにお母さんと帰った後でしたが、
そのために来たのかと思いきや、
どうやら違う様子。

い「どしたん?」
N.U「いや、なんか」
い「なんか、なんなん?」
N.U「なんか」

なんか」来ようと思ったようです(笑)。

「N.Uや」と寄ってきたAK.SとAK.Nに、
「子どもやなぁ」とN.Uが言うと、
「子どもやで」と返す2人。

N.U「もうおれは、大人やねん」
い「中学生なったら大人になれるん?」
N.U「もう大人やで」

らしいです(笑)。

話をしたり、CK.SやBYm.Kたちと野球をしたり、
「お腹減ったから、おやつ食べていい?」
と、余りのおやつを食べたりして、
ひとしきり満足したら帰っていきました(笑)。

「なんか」と思い、
行こうと寄ってくれて嬉しかったです☆

Posted by 真田山子どもクラブ at 06:00 | さなだやま日記2019 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
絵本の世界 [2019年10月17日(Thu)]

指導員いでっちの投稿です。

●10月16日(水)

EM.Y&@A.Y母さんから、絵本をお借りしました。

『はじめてのおつかい』は、
知っている子が多く、
「しってる」と何人もの子が言っていました。

@H.Sに「よんで」と言われ、
『もりのかくれんぼう』を読み聞かせ。

いろいろな仕掛けがあり、
その絵の仕掛けを探しながら読み進めました。

読み終わった後、
「不思議な話やなぁ」と言うと、
@H.Sは「ほんまにもりはあんねんで」
と、すっかり絵本の世界に入り込んでいて、
読んで良かったと思いました☆

image1 2.jpeg

延長の時間には、
AH.Sがどちらもじっくりと読んでいました☆

仕掛けがあるのは、
『もりのかくれんぼう』だけかと思いきや、
実は『はじめてのおつかい』にもあるようです。
Posted by 真田山子どもクラブ at 20:00 | さなだやま日記2019 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
運動会練習D [2019年10月17日(Thu)]

指導員いでっちの投稿です。

●10月16日(水)

公園に行くと、
BH.Mがちょうどけん玉の
空中ブランコ」が成功したところででした。

「やった!できた!」

BH.Mは、競技の希望に
「とめけん」と「空中ブランコ」を出しています。

「4回連続もできてん!」
と嬉しそうに教えてくれました。
その後も、連続で成功させていました☆

昨年は、「とめけん」を人一倍練習し、
家でお母さんとも練習しました。

今年は、どちらになっても
あっさり成功できそうなくらい上達しています。

BH.Mの横では、
「いでっち、けん玉かして。
とめけんぜったい入るようになってん」
と、自信満々に言うBK.S。

けん玉を渡すと、お見事!
一発で決めました☆

BK.Sは、第1希望が
「コマを板の上で回す」にしていましたが、
1年生の希望者が多いことを知り、
「とめけん」で出ようと希望を変更しています。

その後も、2人で
「空中ブランコ」と「とめけん」の練習を
続けていました。

そして、「コマを板の上で回す」練習を
しているのは、@H.S。

1学期にコマを回せるようになり、
部屋の中でもちょこちょこ
コマを回してあそんでいますが、
公園での練習ではなかなかうまく回りません。

それを自分でもわかってか、
先週は練習にもあまり力が入っていませんでした。

しかし、この日はそんなこともなく、
回らなくとも何度も挑戦していました。

なわとびの練習を休憩していた@K.Sと
その姿を見つめながら、
「いち、にー、さん」
「いっせーので、ちっちのち」
と、かけ声を一緒にかけたりもしました。

しっかりとは回りませんでしたが、
そろそろ帰る時間となると、
「あといっかいやってもいい?」と言うなど、
やる気いっぱいだったので、
この先うまく回せるようになりそうです☆

公園のあちこちで、
みんながさまざまなな練習を行うなか、
毎回竹ぽっくり
ポクポクと歩いているのは…AY.K。

特に竹ぽっくりで走ったりしているわけでは
ありませんが、
いつも練習のはじめから終わりまで
公園中を歩き回っています。

「いつも、竹ぽっくりで歩いてるなぁ」と聞くと、
しゅぎょうしてんねん
と答えていました。

竹ぽっくりで動く感覚を覚えていっているのでしょう。

感覚をバッチリつかむ頃には、
速く駆け抜けられるようになるかもしれません☆

今週になって、全員の競技の希望が出揃ったので、
そろそろ種目・チーム決めに入っていきます!
Posted by 真田山子どもクラブ at 17:50 | さなだやま日記2019 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ひっかけ足し算 [2019年10月13日(Sun)]

指導員いでっちの投稿です。

●10月11日(金)

僕が子どもたちによく問題を出す
ひっかけ足し算」。

6月のブログでもお伝えしています。
1+5=いちご
というような数字と言葉のあそびです。

@A.Yが「いっつも、いでっちがやるたしざん、
A.Yもかんがえたで」と教えに来てくれました。

その問題は…

「9たす〜6たす〜0たす〜
ちっちゃい2たす〜3はなんでしょう」

答えがわかった方は、
@A.Yに答えてあげてください!

「(その答えを)たべてるときに、
あっ!っておもいついてん」

ということでした。

数日前の玉造の下校では、
@A.Yと@Y.Hとなぞなぞをしながら帰り、
「靴は靴でも履くと、ヒマになる靴はなんだ?」
という問題に苦労していました。

答えがわかると、学童に戻った後、
「しどういんはわかるかなぁ?」
と、指導員1人1人順番に
その問題を出していました☆

Posted by 真田山子どもクラブ at 18:13 | さなだやま日記2019 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
後期班長選挙 [2019年10月11日(Fri)]

指導員いでっちの投稿です。

●10月9日(水)

後期の班長が決まりました。

後期は6年生は班長引退、
5年生〜3年生が務めます。

新班長は、DY.A、DY.K、DK.K、DT.S、DS.T、
DR.H、CH.T、BA,I、BK.Kという面々です。

DK.Kは初の立候補で当選、
BA.IとBK.Kは3年生班長です☆

どの班長も、
公約通りの「楽しい班作り」を
してくれることを期待します。

今回残念ながら、
班長当選の思いは叶いませんでしたが、
立候補したCM.K、BR.I、BYm.K、BT.Sは
副班長として、班長とともに
各班を支えてもらいます。

4人それぞれに複雑な気持ちがあったと思います。
選挙直後から、もりもりが1人1人に
声をかけ気持ちを聞いてくれていました。

悔しがったり、落ち込んだり、スッキリしていたり、
さまざまな反応でしたが、
BT.Sは、AR.Sが自分に
票を入れてくれたことが嬉しいと、
前向きな気持ちを口にしていたようです。

今まで、何人もの子が
悔しい思いをしてきた選挙で、
初めて聞いた言葉でした。
たくましい気持ちを持った子です☆

4人ともすぐに気持ちを
切り替えられるわけではないと思いますが、
また次に向けての気持ちを
育んでくれたら良いなと思います。

今回はかなり票数がみんな近かったようで、
5年生は全員当選したものの、
順当というよりも5年生も含めて接戦だったようです。

選挙前の所信表明を見ていたら、
それも納得できるなぁというくらい、
学年関係なく1人1人がしっかりと大きな声で、
どんな班長になりたいか、
どんな班にしたいかを語りました。

本当に1人1人頼もしかったです☆

あの姿は低学年も、
かっこいいと思っていること間違いなしです!

結果として
班長と副班長に分かれてはいますが、
一緒に頑張って後期の学童を
作っていってくれると思います。

さて、選挙といえば班長候補者だけでなく、
選挙管理委員も大事な役目。

今回は、DS.Y、CK.S、CS.T、CH.Yに
担当してもらいました。

4人ともすごく責任感を持って、
ルールの説明、投票所の管理などの
運営を担ってくれました。
おかげでスムーズに選挙が行えました。

image1 2.jpeg

最後の当選発表は、DS.Yが1人で発表。
緊張感のある大役
きっちりと務めてくれました☆

このメンバーから、
後期の副班長、来年度以降の班長も
出てくることでしょう。

投票は、候補者がまず始めに行い、
それから班ごとに投票していきました。

待っている間ひまになってくるので、
騒がしくなると、DY.A、DY.K、DT.Sが
「静かにー!」と何度も声をかけてくれていました。

しかし、やっぱりみんなヒマなので、
また騒がしくなる。ということで、
前期の班の振り返りと
少しだけみんなあそびをしました。

班の振り返りは、
「楽しかった」「おもしろくなかった」と、
あまり具体的にどうということではなく、
なんとな〜くの感想がチラホラといったところでした。

その後は、みんなでシェーハーゲーム

1回戦はなかしゅん、
2回戦ははまちゃんが前に立って盛り上げてくれました!

キャンプやレクでもおなじみ、
前に立つリーダーと同じポーズをすると
アウトになるので、
違うポーズをし続けて残っていくゲーム。

1回戦は@A.Y、
2回戦は@Kt.Eと、
どちらも1年生が残りました☆

少しの時間でしたが。
選挙とはまた違う雰囲気で盛り上がり、
良いバランスを取ることができました☆

という選挙の1日。
班長たちの公約から見ても、
みんなであそんでいる雰囲気から見ても、
後期も楽しい学童に
なっていくんじゃないかと感じました☆

Posted by 真田山子どもクラブ at 00:11 | さなだやま日記2019 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ブンブンごまA [2019年10月09日(Wed)]

指導員いでっちの投稿です。

●10月8日(火)

運動会の練習同様、ブンブンごまも続きます!

この日は、CM.K、CS.T、AR.S、AK.N、
@T.S、@H.H、@Y.Yが作成。

image1.jpeg

ブンブンごまが
1つまた1つ増えていきます。

image2.jpeg

image3.jpeg

なかなかうまく回らず苦労する子もいますが、
前日に作った@Kt.Eのこまは
まさにブンブン!
と音を立てていました。

それを見たAK.Nは、
「あんなんなるようにおなじもようにしよう!」
と、@Kt.Eの模様を真似ていました。

すると、AK.Nかこまも
ブンブンと音を立てました☆

さらに@H.Hも
「ぼくもおなじのにしよう!」
と、また同じ模様に!

@H.Hは、ブンブンとはまだ鳴っていませんが、
音が鳴るようにがんばれ!


Posted by 真田山子どもクラブ at 18:00 | さなだやま日記2019 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
運動会練習C [2019年10月09日(Wed)]

指導員いでっちの投稿です。

●10月8日(火)

@K.U、@E.U、@R.K、@Y.H、@A.Yが、
練習道具に空きがなく
(数に限りがあるので譲り合いです)、
何をしようかなとという様子だったので、
リレーのバトンパスの練習をしよう
と声をかけました。

練習といっても、バトンパスを
一から知るところからスタート。

CH.Y、AH.Sが
「いっしょにやる」と加わってくれて、
教える役目を担ってくれました。

渡す時、もらう時と交互に練習。
やっぱりもらう動作は
毎年1年生にはなかなか難しいものです。

繰り返しているうちに、
CH.Yは竹馬が空いたので竹馬に、
AH.Sは習い事に出発しました。

すると、お次はCK.Sが、
捻挫のために松葉杖をついていながらも、
教えに来てくれました。

そんな状態なので、
こちらもCK.Sの一緒に動きたい気持ちを
抑えながらでしたが、
見てアドバイスしたり、
バトンパスを実際にしながら
教えたりしてくれました。

1年生の子たちは、
バトンパスがうまくいかなくても、
とにかく走ることを無邪気に楽しんでいる様子。

そんな練習をしていると、
少し離れたところから
ギラッと視線を感じました。

その元にいたのは…
EM.U、EM.Y、なかしゅん。

バトンパスの練習を見て
意見を言い合っているようでした。

「どうやった?」と聞きに行くと、
「全然あかん!」とバッサリ。

そこからは、EM.UとEM.Yによる
レッスン開始
丁寧に教えてくれました。

  undoukai_baton.png


一通り練習したところで、
実際にリレーをしようと、
保育園の運動会のうっすら残る白線を頼りに、
リレーを行いました。

そうすると、DS.T、DR.H、CH.S、BA.I、
BYm.K、AM.Mが「やりたい!」と参加。

そのメンバーで走っているのを見て、
その次にはDA.Y、CS.T、AK.M、@Y.Yも参加。

他の子たちが、竹馬やなわとびなどの
練習をしている中を走り抜けて、
ちょっとお邪魔もしましたが
盛り上がっていました。

1年生も、笑顔で走っていました。

リレーの練習は、まだまだこれからで、
これがシンプルなようでかなり大変なのですが、
楽しさを忘れずに取り組んでくれたらいいなと思います。

1年生の中で@K.Uは、
運動会の日程近くに行う手の手術のため、
当日は応援での参加となります。

先週あたりは、
競技に参加できない寂しさからか
「うんどうかいでーへんもん」
と、何度もこぼしていました。

とは言いながらも
なわとびをしたり竹馬をしたり、
一緒に練習をしていました。

もっと気持ちを盛り上げていこうと、
指導員で話した後、
なかしゅん、はーちゃんが
応援も盛り上げよう」と
@K.Uに旗作りを教えてくれて、
気持ちが前向きに
なり始めているのではないかと思います。

リレーの練習も自ら「やりたい」と言って、
楽しんでいたのでホッとしました。

参加の仕方は様々あります、
応援でも楽しめるように
みんなで盛り上げましょう!

Posted by 真田山子どもクラブ at 12:27 | さなだやま日記2019 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ブンブンごま [2019年10月09日(Wed)]

指導員いでっちの投稿です。

●10月7日(月)

土曜日の見学会で作ったブンブンごま

ホワイトボードに吊るしてあった
ブンブンごまを見た@Kt.Eが
「作って!」とお願いしに来ました。

おやつ前のタイミングでは、
運動会のアンケートの集計をしていて
作れなかったので、延長の時間に作成。

@Kt.Eが作っているのを見て、
@E.U、@S.M、ASm.Kと次々に増えていきました。

image1.jpeg

見学会に来た子たちは手伝いましたが、
学童っ子には手助けなし!
自分たちで作ってもらいました☆

image2.jpeg

さすが学童っ子!
しっかり自分で作ることができていました☆

image3.jpeg
写真は、ASm.Kです。

@Kt.Eが作ったこまは名前の通り、
「ブンブン」と音を立てて回っていました☆

しばらく作りたい子が続いていきそうです!

Posted by 真田山子どもクラブ at 06:00 | さなだやま日記2019 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
1歩ずつ…1歩ずつ… [2019年10月08日(Tue)]

指導員はまちゃんの投稿です。

  ★★

運動会練習の時間。

BYm.Kが竹馬の練習をしていました。

竹馬には乗れるのですが、
1歩進むと落ち、
1歩進むと落ちの繰り返しでした。

そこで「BYm,K、竹馬持つから
一緒に練習しよう!」と誘い、
一緒に練習をすることに。

はま「じゃあ、1歩ずつでいいからやっていこう。
   どっちの足からいく?」
Ym,K「うーん、右から」
はま「右ね!よし、いくよ、せーの…
   右・左・右・左…」

僕が掛け声をかけて、
BYm.Kがそれに合わせて竹馬を
1歩ずつ、1歩ずつ動かして前に進みます。

はま「あそこの白い線までいこう!」

距離を決めて練習したりしている中で、
BYm.Kに安定感が出てきたなぁと思いました。

これは1人でもいける!と思い、
BYm,K1人で竹馬をすると…

1歩、2歩、3歩、4歩、5歩と
1歩ずつ…1歩ずつ…
自分の力で進むことができました!

すかさず

「ナイス!BYm.K見て!
最初は1歩しか進めなかったのに、
5歩も進んだで!」

とほめると、BYm.Kは笑顔になりました。

そこに、DR.HとDS.Tがやって来て、

DR.H「竹馬は前に体重をかけるとやりやすいで」
DS.T「もっとリズムよくというか、
    スピードに乗ってやるとよくなるで」

と、それぞれアドバイスをして
一緒に練習をしていました。

ここで僕の役目は終わったかなと思い、
僕は他の子どもたちの
練習しているところに見に行きました。

さて、運動会練習の時間が終わり、
学童に戻ろうとすると…
そこにゆっくりながらも、
1人で竹馬に乗って前に進んでいる
BYm.Kがいました。

「帰るよ〜」と言われながらも、
BYm.Kは最後まで竹馬に乗って練習していました。

学童の運動会、楽しみです!
Posted by 真田山子どもクラブ at 23:00 | さなだやま日記2019 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
運動会練習B [2019年10月08日(Tue)]

指導員いでっちの投稿です。

●10月7日(月)

子どもたちが優勝を目指して
週3回練習を行う(直前の2週は4回!)
と決めたので、
かなりの頻度で練習を行っています。

現在は、伝承リレーの希望調査を
実施している段階で、
まだ出場種目は決まっていません。

「まえとび」とか「空中手のせ」とか
「とめけん」とか、
やりたい種目、得意な種目を
第1希望から第3希望までを書いてもらっています。

CH.Yは、先週の練習では「とめけん」か
昨年運動会の出場を目指し
できるようになった「竹馬」で迷っていました。

そして、アンケートの回答は…
竹馬15メートル」。

決断の真意をCH.Yに聞くと、
「自信があるのはとめけんやけど、
竹馬の方がやってみたいと思ってん」
と、楽しそうな笑顔で教えてくれました。

すごくがんばり屋さんというか、
強いというか、
まだまだうまくなりたいんだろうなと思います☆

そんなCH.Yの影響を受けたのは、CM.K。
昨年のCH.Yの姿を見て、
運動会直後から練習を続けてきた
「竹馬10メートル」が第1希望。

「CH.Yを見て、わたしも
できるようになりたいと思ってん」

と、コツコツ頑張ってきた積み重ねで、
第1希望に書けるところまで力をつけました☆

@S.Nと@S.MはBN.Tと一緒に
公園の地面に何やら書いていました。

聞いてみると、
なわとびを飛べた回数を
1回毎に書いていっているとのこと。

@S.Nは「あやとび」、
@S.Mは「まえとび」が第1希望。

どちらも人気が高いので、
第1希望が叶うとは限りませんが、
連日なわとびを練習しています☆

AK.Tのエピソードでも登場したBN.T。

い「AK.Tにめっちゃうまいなぁっていったら、
  BN.Tに教えてもらったって言ってたで」
N.T「あー、前教えたなぁ」

と、謙遜気味。

BN.Tは当日は参加しませんが、
下の子たちと一緒に練習することで、
良い影響を与え、あとに続く子
増えていっているのだと思います。

CH.Yにしても、BN.Tにしても、
本人はそんなことは思っていないと思いますが、
頑張る姿や何気ないアドバイスが、
どんどん周りや下の子に受け継がれ、
さらにまたその先の子へと
広がっていくんだなと改めて感じました☆

Posted by 真田山子どもクラブ at 21:22 | さなだやま日記2019 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ