CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
筑波技術大学を代表として6団体で普及に取り組む『モバイル型遠隔情報保障システム』
長野サマライズ・センター(http://www10.plala.or.jp/summarize/)の普及・推進活動のブログです。

« 2019年08月 | Main | 2019年10月 »

<< 2019年09月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
カテゴリアーカイブ
最新記事
助成金情報[2019年09月28日(Sat)]
✿助成金情報✿10月4日

がん患者団体助成(2020年度助成)
内容
■内容/対象
1.助成の概要
 がん患者会やがん患者を支援する団体が主体となって取り組む優れた事業に助成します。相談窓口の開設や小冊子の発行、シンポジウムの開催、インターネットによる情報発信など、企画運営が対象です。単年度の助成が基本ですが、長期計画が必要と認められる場合、3年を上限に継続助成することもあります。

2.応募資格
 国内で活動するがん患者会、がん患者やその家族を支援するグループ(医療機関内の患者会等を含む)など。法人格の有無は問いません。

3.助成対象となる事業の期間と助成額
対象は2020年4月〜12月末までに実施される事業。
 ※ 公的援助を受けている事業や営利目的の事業は対象外とします。
 ※ 団体の管理費(事務所経費など)への助成は行いません。
 ※ 会のメンバーが講師を務める内部講師への謝礼は、助成対象外です。
1件(1団体)当たりの助成額は50万円以下とします。

■応募制限
その他
国内で活動するがん患者会、がん患者やその家族を支援するグループ(医療機関内の患者会等を含む)など。法人格の有無は問いません。

■助成金額
助成金総額:
1件あたりの上限額: 500,000円
募集期間
2019.05.10 〜 2019.10.04
実施団体
(公財)正力厚生会
URL
https://shourikikouseikai.or.jp/works/kanja/doc.html
お問い合わせ先
公益財団法人 正力厚生会事務局
〒100-8055 東京都千代田区大手町1-7-1 (読売新聞ビル29階)
(電話)03・3216・7122   (ファクス)03・3216・8668
掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 14:46 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

助成金情報[2019年09月28日(Sat)]
✿助成金情報✿10月8日暮らしの安心
毎日新聞社
内容
■内容/対象
21世紀の地球の緊急課題である「食料」「水」「環境」の分野で、国内外の問題解決に取り組む団体や個人を顕彰する「第9回毎日地球未来賞」の授賞候補を募集します。自薦、他薦のどちらでも受け付けます。

●対象・選考
主に市民・草の根レベルの活動が対象です。3つの分野のうち1分野での活動、あるいは複数の分野にまたがる活動のいずれでも構いません。東日本大震災の被災地、被災者に対するこれらの分野での復興支援活動も対象となります。
高校生や大学生など若い人の活動は全ての賞の対象です。特に、次世代応援賞と奨励賞は、若い人の活動だけを対象にしています。
選考委員会が審査します。

●賞
毎日地球未来賞 1点=賞金150万円
クボタ賞(特別賞) 2点=賞金100万円
※以上3点のうち1点以上は震災復興関連とします。

次世代応援賞 1点=賞金40万円
奨励賞 2点=賞金20万円

■応募制限
その他
「内容/対象」参照

■助成金額
助成金総額:
1件あたりの上限額: 1,500,000円
募集期間
2019.09.02 〜 2019.10.08
実施団体
毎日新聞社
URL
https://www.mainichi.co.jp/event/aw/chikyumirai/09-1.html
お問い合わせ先
TEL:06・6346・8407(平日10〜18時)
Eメール:chikyumirai@mainichi.co.jp
〒530−8251(住所不要) 毎日新聞社毎日地球未来賞係
掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 14:45 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

助成金情報[2019年09月28日(Sat)]
✿助成金情報✿10月9日


災害ボ ラ サ ポ・8 月九州豪雨 (8 月九州豪雨災害に伴う
ボランティア・NPO 活動サポート募金)助成事業


内容
■内容/対象
8月 28 日から続く「令和元年8月の前線に伴う大雨災害」では、九州地方を中心に広範囲
に渡って、河川の氾濫や洪水等の被害が発生しました。被災された方々に謹んでお見舞い、
お悔やみを申し上げます。複数の県において災害ボランティアセンターが開設された地域
もあり、被災地では緊急支援や復旧に係るボランティア活動が活発に行われています。
こうした状況を受けて、赤い羽根の中央共同募金会では、被災地等で活動するボランティ
アグループ、NPO等を資金面で支援するため、「災害ボラサポ・8月九州豪雨(8月九州
豪雨災害に伴う ボランティア・NPO活動サポート募金)」を実施しており、全国の皆さ
まからのご寄付を受け付けています。
このご寄付を原資として、第1回の助成事業の応募受付を開始します。第 1 回は活動期間
30 日以内の短期活動に対して助成を行うこととしており、既に終了した活動もさかのぼっ
て応募いただくことが可能です。「支える人を支える」活動支援金を有意義にご活用いただ
ける、ボランティアグループ、NPO等の皆さまの応募をお待ちしております。
なお、第2回助成の実施は、支援ニーズをふまえて今後検討してまいります。


1. 名 称
災害ボラサポ・8月九州豪雨(8月九州豪雨災害に伴う ボランティア・NPO 活動サポー
ト募金)助成事業
2. 趣 旨
中央共同募金会では、被災した人々を支援するボランティアやNPO等が被災地の人々
と協力しあうことで、被災地域の再興に向けた市民の力を高めることを目的として、「災害
ボラサポ・8月九州豪雨」による助成事業を実施します。
3. 助成総額
「災害ボラサポ・8月九州豪雨」への寄付額に応じて助成します。

■応募制限
中央共同募金会のホームページの応募フォームよりご応募ください。
事前に応募要項をご確認いただき、ご応募いただきますようお願いいたします。
ファクシミリ、電子メール、持参による応募は受け付けません。下記の留意点に沿って応募してください。
ホームページからの応募ができない場合のみ、郵送での応募を認めます。

■助成金額
助成金総額:
1件あたりの上限額: 500,000円
募集期間
2019.09.09 〜 2019.10.09
実施団体
社会福祉法人中央共同募金会
URL
https://www.akaihane.or.jp/saigai/reiwa1-heavyrain/oubo/


お問い合わせ先
〒100-0013 東京都千代田区霞が関3-3-1 新霞が関ビル5階
社会福祉法人 中央共同募金会 基金事業部(「災害ボラサポ・8月九州豪雨」担当)
受付時間 :平日 9:30〜12:00 / 13:00〜17:30
tel 03-3501-9112 / mail support@c.akaihane.or.jp
掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 14:44 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

助成金情報[2019年09月28日(Sat)]
✿助成金情報✿10月10日

全労済地域貢献助成
内容
■内容/対象
助成対象となる団体
日本国内を主たる活動の場とする、次の(1)〜(3)のすべてに該当する団体を対象とします。

(1) NPO 法人、任意団体、市民団体
(2) 設立 1 年以上の活動実績を有する団体 (基準日:2019 年 9 月 10 日 ※応募締切日の 1 ヵ月前)
(3) 直近の年間収入が 300 万円以下の団体(前年度の繰越金を除く)

※収入には他の団体からの助成金も含みます。
※過去に当会より助成を受けられた団体についても応募可能です。ただし次の場合は助成対象外となります。
@直近の過去 5 年以内(2014 年〜2018 年)に 3 回助成を受けた団体
A過去当会より助成を受け、助成活動報告書を提出していない団体

助成対象となる活動
(1)
自然災害に備え、いのちを守るための活動
【活動例】
 防災研修、防災マップの作成、防災ウォークなど
(2)
地域の自然環境・生態系を守る活動
【活動例】
自然観察会、環境教育のための学習会、森林・里地里山(棚田等含む)・竹林の保全活動、
水環境(河川・湖沼・里海)の保全活動、生物多様性の保全活動(絶滅の危機に瀕する動植物の保護)など
(3)
温暖化防止活動や循環型社会づくり活動
【活動例】
自然エネルギーの普及・啓発活動、省エネルギーの促進活動、3R(リサイクル、リユース、リデュース)
を促進する活動など
(4)
子どもや親子の孤立を防ぎ、地域とのつながりを生みだす活動
【活動例】
 親子サロン、読み聞かせ、プレーパークなど
(5)
困難を抱える子ども・親がたすけあい、生きる力を育む活動
【活動例】
 障がい・外国籍・ひとり親家庭などの子どもや親の交流、相互支援活動など
<重視する活動>

広く地域住民に対して活動が開かれ、日常的な人のつながりが生まれ、共感と参加が拡大する活動
地域に密着し継続して取り組む活動
助成によってどう活動が充実、発展するのかが明確である活動
(1)の対象活動については、他の地域や関係先との連携により、社会的な広がりが期待できる先駆的な活動
(4)、(5)の対象活動については、子どもや当事者が主体的に参画して取り組む活動、子どもの自己肯定感を高める活動

■応募制限
法人格の有無、設立からの年数、その他
日本国内を主たる活動の場とする、次の(1)〜(3)のすべてに該当する団体を対象とします。

(1) NPO 法人、任意団体、市民団体
(2) 設立 1 年以上の活動実績を有する団体 (基準日:2019 年 9 月 10 日 ※応募締切日の 1 ヵ月前)
(3) 直近の年間収入が 300 万円以下の団体(前年度の繰越金を除く)

※収入には他の団体からの助成金も含みます。
※過去に当会より助成を受けられた団体についても応募可能です。ただし次の場合は助成対象外となります。
@直近の過去 5 年以内(2014 年〜2018 年)に 3 回助成を受けた団体
A過去当会より助成を受け、助成活動報告書を提出していない団体

■助成金額
助成金総額: 20,000,000円
1件あたりの上限額: 300,000円
募集期間
2019.09.20 〜 2019.10.10
実施団体
全労済
URL
https://www.zenrosai.coop/zenrosai/csr/joseijigyou.html


お問い合わせ先
全労済 本部 経営企画部内 地域貢献助成事業事務局
(担当 高松、稲田)
TEL:03-3299-0161/FAX:03-5371-2685
(平日10時〜17時 土日祝除く)
電子メール: 90_shakaikouken@zenrosai.coop

掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 14:43 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

助成金情報[2019年09月28日(Sat)]
✿助成金情報✿10月10日

2019年 こくみん共済 coop 〈全労済〉 地域貢献助成事業
内容
■内容/対象
1.日本国内を主たる活動の場とする、次の(1)〜(3)のすべてに該当する団体を対象とします。
(1)NPO法人、任意団体、市民団体
(2)設立1年以上の活動実績を有する団体 (基準日:2019年9月10日 ※応募締切日の1ヵ月前)
(3)直近の年間収入が300万円以下の団体(前年度の繰越金を除く)

2.日本国内で実施される次の(1)〜(5)に当てはまる活動を対象とします。
(1)自然災害に備え、いのちを守るための活動
(2)地域の自然環境・生態系を守る活動
(3)温暖化防止活動や循環型社会づくり活動
(4)子どもや親子の孤立を防ぎ、地域とのつながりを生み出す活動
(5)困難を抱える子ども・親がたすけあい、生きる力を育む活動

■重視する活動
@ 広く地域住民に対して活動が開かれ、
日常的な人のつながりが生まれ、共感と参加が拡大する活動
A 地域に密着し継続して取り組む活動
B 助成によってどう活動が充実、発展するのかが明確である活動
C (1)の対象活動については、他の地域や関係先との連携により、社会的な広がりが期待できる先駆的な活動
D  (4)、(5)の対象活動については、子どもや当事者が主体的に参画して取り組む活動、
子どもの自己肯定感を高める活動
※自己肯定感とは、「自分は生きている価値がある」という気持ち。
「自分の存在そのものへの自信」を意味します。

■応募制限
設立からの年数、その他
日本国内を主たる活動の場とする、次の(1)〜(3)のすべてに該当する団体を対象とします。
(1)NPO法人、任意団体、市民団体
(2)設立1年以上の活動実績を有する団体 (基準日:2019年9月10日 ※応募締切日の1ヵ月前)
(3)直近の年間収入が300万円以下の団体(前年度の繰越金を除く)

■助成金額
助成金総額: 20,000,000円
1件あたりの上限額: 300,000円
募集期間
2019.09.20 〜 2019.10.10
実施団体
2019年 こくみん共済 coop 〈全労済〉 地域貢献助成事業
URL
https://www.zenrosai.coop/zenrosai/csr/joseijigyou
お問い合わせ先
〒151-8571
東京都渋谷区代々木2-12-10
こくみん共済 coop ブランド戦略部内 地域貢献助成事業事務局
TEL:03-3299-0161 (平日10 時〜17 時 土日祝を除く)
Eメール 90_shakaikouken@zenrosai.coop

掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 14:41 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

助成金情報[2019年09月28日(Sat)]
✿助成金情報✿10月11日

2019年度 社会福祉事業 NPO基盤強化資金助成 「認定NPO法人取得資金助成」
内容
■内容/対象
1.対象となる団体
社会福祉分野で活動し、認定NPO法人の取得を計画している特定非営利活動法人。
※日本全国で募集します。
※以後「認定」という場合は、「特例認定」を含むこととします。
※なお、2019年4月1日以降に、認定NPO法人の取得申請をすでに提出している団体(認定済みの団体も含む)も対象です。


2.助成内容
「認定NPO法人」の取得に関する費用であれば、使途は問いません。
※会合費、人件費、器材費その他一切使途は問いません。
 ただし、原則として2021年3月末までに所轄庁(都道府県・政令指定都市)に、「認定」の申請を行うことが必要です。
※所轄庁受付日が、2019年4月1日〜2021年3月31日のものが対象です。

■応募制限
その他
社会福祉分野で活動し、認定NPO法人の取得を計画している特定非営利活動法人。
※日本全国で募集します。
※以後「認定」という場合は、「特例認定」を含むこととします。
※なお、2019年4月1日以降に、認定NPO法人の取得申請をすでに提出している団体(認定済みの団体も含む)も対象です。

■助成金額
助成金総額: 4,500,000円
1件あたりの上限額: 300,000円
募集期間
2019.09.02 〜 2019.10.11
実施団体
(公財)損保ジャパン日本興亜福祉財団
URL
https://www.sjnkwf.org/jyosei/nintei-npo.html


お問い合わせ先
公益財団法人損保ジャパン日本興亜福祉財団
〒160-8338 東京都新宿区西新宿 1-26-1
ホームページ https://www.sjnkwf.org/
電話:03-3349-9570 ファックス:03-5322-5257

掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 14:40 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

助成金情報[2019年09月28日(Sat)]
✿助成金情報✿10月14日

花王・みんなの森づくり活動助成
内容
■内容/対象
緑豊かな環境を次の世代の子どもたちに引き継ぎ、緑との触れ合いを通して、子どもたちの豊かな心を育んでいくため、身近な緑を守り育てる活動と、子どもたちが緑と触れ合う機会を創出する活動に取り組む市民団体を応援します

公益財団法人都市緑化機構(東京都千代田区神田神保町3−2−4 会長 矢野龍)は、花王株式会社との共催により実施する「2019年 花王・みんなの森づくり活動助成」への募集を8月1日(木)より開始いたします。

本助成は、次の世代の子どもたちに緑豊かな環境を継承することを目的に、市民による緑を守り育てる活動を支援するものとして2000年から実施しています。

緑や自然との触れ合いは、子どもたちの豊かな心を育み、人々に安らぎを与えてくれます。より良い環境を引き継いでいくためには、緑豊かな環境づくりと、それを育む人づくり、そしてなにより取組を継続していくことが大切であると考えます。

本助成では、持続可能な森づくり活動、緑を守り育てる人づくり活動、花と緑のコミュニティづくり活動、植生回復等生物多様性に資する活動等、身近な緑を守り育てる様々な活動に取組むNPOや市民活動団体を2年間に渡り支援いたします。

尚、本プログラムでの助成は2019年募集で終了となります。これまでの成果をとりまとめ、広く発信していくとともに、今後のよりよい環境や社会づくりに活かしてまいります。

対象団体
国内で身近な緑を守り育てる活動(持続可能な森づくり活動、緑を守り育てる人づくり活動、花と緑のコミュニティづくり活動、植生回復等生物多様性に資する活動、等)に取組む団体(NPO,市民活動団体,自治会等)

助成期間
2020年3月〜2022年3月までの2年間

支援内容と団体数
森づくり活動と環境教育活動に要する費用を対象として、
各年50万円を上限に助成

■応募制限
その他
身近な緑を守り育てる活動、身近な緑の大切さを次世代に伝える活動に取組んでいる団体
任意の市民団体、NPO、町内会・自治会、学校などを 対象とします。
公共団体や営利を目的とした団体は対象に含みません。
指定管理業務を担っているNPOの場合、指定管理業務の内容は助成申請できません。

■助成金額
助成金総額:
1件あたりの上限額: 500,000円
募集期間
2019.08.01 〜 2019.10.14
実施団体
花王株式会社/(公財)都市緑化機構
URL
https://urbangreen.or.jp/info-grant/kao/minmori2019_boshu
お問い合わせ先
公益財団法人 都市緑化機構
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町3-2-4田村ビル2階
TEL 03-5216-7191(代表) FAX 03-5216-7195
e-mail :midori.infoug_address_aturbangreen.or.jp
(※スパムメール対策のため、ug_address_atマークは画像になっています。ご利用の際は手入力してください。)

掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 14:39 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

助成金情報[2019年09月28日(Sat)]
✿助成金情報✿10月15日

2020年度「広域安全事業」助成
内容
■内容/対象
1 募集の趣旨
公益財団法人日工組社会安全研究財団(以下「当財団」という。)は、人々が犯罪と関わりな
く安全かつ安心して生活できる社会の実現を目指しています。そのため、同じ目的を有する団
体の活動を助成によって支援します。助成は、犯罪の予防活動を中心に、少年非行防止・被害
者支援等の活動を対象とします。
2 募集期間
2019 年 9 月 2 日(月)から同年 10 月 15 日(火)まで(午後 5 時必着)
3 助成対象事業
国内において複数の都道府県にわたって行われるもの及び国際間で行われるもの。
助成対象事業の区分
(1) 地域社会との連携による安全・安心なまちづくり
@ 防犯活動
A 防犯研修会等の防犯啓発活動
B 防犯環境の改善 など
(2) 子どもを守る対策
@ 学校周辺、通学路等の安全対策
A 被害防止教育推進活動
B 児童虐待防止活動
C 少年の犯罪被害防止対策 など
(3) 女性等を守る対策
@ 配偶者等からの暴力事犯への対応
A 性犯罪被害防止対策
B ストーカー行為等への対応 など
(4) 高齢者を守る対策
@ 各種詐欺被害防止対策
A 悪質商法被害防止対策 など
(5) 少年の非行防止と健全育成
@ 少年の非行防止等のための補導活動及び広報啓発活動
A 少年の社会参加活動の促進 など
(6) 組織犯罪対策
@ 暴力団排除のための広報啓発活動
A 暴力団による被害の防止対策(暴力団事務所撤去等の活動を除く。)など
(7) 薬物乱用防止対策
@ 薬物乱用防止のための広報啓発活動
A 薬物使用者の薬物依存離脱支援活動 など
(8) 犯罪被害者支援
@ 犯罪被害者支援活動
A 犯罪被害者遺族に対する支援活動 など
2
(9)出所者の再犯防止対策
出所者の自立支援活動 など
(10) その他犯罪情勢に対応した対策
4 応募の制限及び助成対象外事業
(1) 応募の制限
@ 1 つの団体が広域安全事業と県域安全事業の両方に応募することはできません。
A 1 つの団体による応募は 1 件とします。
(2) 助成対象外事業
@ 事業の全部又は大部分を他の団体等に請け負わせて実施する事業
A 全国規模の団体が当財団の助成金を傘下団体への助成資金に充当する事業
B 他の団体等から委託、補助、助成等の資金を受ける事業(他の団体等からの資金と当財団
の助成金の充当範囲が明確に区分できる事業を除く。)
C 交通安全対策に関する事業
D 学会等のシンポジウム事業
E 営利を目的とした事業

5 助成対象団体
(1) 次のいずれかに該当する団体とします。
@ 公益社団法人及び公益財団法人
A 一般社団法人及び一般財団法人
B 特定非営利活動促進法(平成 10 年法律第 7 号)により設置された法人(以下「NPO 法
人」という。)
C 営利法人を除き、@、A及びB以外の法人格を有する団体
D 法人格を有しないが、助成対象事業を実施するための体制を有すると、当財団が認める団

(2) 当財団に助成を申請する時点で、本募集要項に定める助成対象事業のいずれかに該当する
事業を過去 3 年以内に実施した実績を有する団体とします。
ただし、(1)−@に該当する団体については、前記の実績を問いません。
(3) 上記(1)、(2)かつ以下の条件を満たす団体とします。
@ 定款又は規約等を有し、団体としての意思を決定し執行する能力を有すること。
A 団体を代表する者についての定めがあること。
B 団体としての適正な経理機能を有していること。
C 政治活動や特定の宗教に関する活動を目的とする団体でないこと。
D 暴力団、暴力団関係企業、その他反社会的勢力でないこと。
E 団体名義が入った金融機関口座を開設していること。
F 当財団と助成対象団体との連絡手段として、パソコンを利用した電子メールでの連絡が
可能であること。

■応募制限
その他
「内容/対象」を参照

■助成金額
助成金総額:
1件あたりの上限額: 3,000,000円
募集期間
2019.09.02 〜 2019.10.15
実施団体
(公財)日工組社会安全財団


URL
http://www.syaanken.or.jp/wp-content/uploads/2019/07/2020_youkou_koiki.pdf
お問い合わせ先
〒101-0047 東京都千代田区内神田 1 丁目 7 番 8 号 大手町佐野ビル 6 階
公益財団法人日工組
ニッコウソ
社会安全研究財団事務局(安全事業助成募集係)


F A X:03-3219-2338
E-mail:anzen20@syaanken.or.jp
(2019 年 9 月 2 日から 10 月 15 日までの期間限定アドレス)

掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 14:38 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

助成金情報[2019年09月28日(Sat)]
✿助成金情報✿10月15日

2020年度「県域安全事業」助成
内容
■内容/対象
1 募集の趣旨
公益財団法人日工組社会安全研究財団(以下「当財団」という。)は、人々が犯罪と関わりな
く安全かつ安心して生活できる社会の実現を目指しています。そのため、同じ目的を有する団
体の活動を助成によって支援します。助成は、犯罪の予防活動を中心に、少年非行防止・被害
者支援等の活動を対象とします。
2 募集期間
2019 年 9 月 2 日(月)から同年 10 月 15 日(火)まで(午後 5 時必着)
3 助成対象事業
1つの都道府県の域内において、複数の市町村にわたって行われるもの。
助成対象事業の区分
(1) 地域社会との連携による安全・安心なまちづくり
@ 防犯活動
A 防犯研修会等の防犯啓発活動
B 防犯環境の改善 など
(2) 子どもを守る対策
@ 学校周辺、通学路等の安全対策
A 被害防止教育推進活動
B 児童虐待防止活動
C 少年の犯罪被害防止対策 など
(3) 女性等を守る対策
@ 配偶者等からの暴力事犯への対応
A 性犯罪被害防止対策
B ストーカー行為等への対応 など
(4) 高齢者を守る対策
@ 各種詐欺被害防止対策
A 悪質商法被害防止対策 など
(5) 少年の非行防止と健全育成
@ 少年の非行防止等のための補導活動及び広報啓発活動
A 少年の社会参加活動の促進 など
(6) 組織犯罪対策
@ 暴力団排除のための広報啓発活動
A 暴力団による被害の防止対策(暴力団事務所撤去等の活動を除く。)など
(7) 薬物乱用防止対策
@ 薬物乱用防止のための広報啓発活動
A 薬物使用者の薬物依存離脱支援活動 など
(8) 犯罪被害者支援
@ 犯罪被害者支援活動
A 犯罪被害者遺族に対する支援活動 など
2
(9) 出所者の再犯防止対策
出所者の自立支援活動 など
(10) その他犯罪情勢に対応した対策
4 応募の制限及び助成対象外事業
(1) 応募の制限
@ 1 つの団体が広域安全事業と県域安全事業の両方に応募することはできません。
A 1 つの団体による応募は 1 件とします。
(2) 助成対象外事業
@ 事業の全部又は大部分を他の団体等に請け負わせて実施する事業
A 他の団体等から委託、補助、助成等の資金を受ける事業(他の団体等からの資金と当財団
の助成金の充当範囲が明確に区分できる事業を除く。)
B 交通安全対策に関する事業
C 学会等のシンポジウム事業
D 営利を目的とした事業
5 助成対象団体
(1) 次のいずれかに該当する団体とします。
@ 公益社団法人及び公益財団法人
A 一般社団法人及び一般財団法人
B 特定非営利活動促進法(平成 10 年法律第 7 号)により設置された法人(以下「NPO 法
人」という。)
C 営利法人を除き、@、A及びB以外の法人格を有する団体
D 法人格を有しないが、助成対象事業を実施するための体制を有すると、当財団が認める団

(2) 当財団に助成を申請する時点で、本募集要項に定める助成対象事業のいずれかに該当する
事業を過去 3 年以内に実施した実績を有する団体とします。
ただし、(1)−@に該当する団体については、前記の実績を問いません。
(3) 上記(1)、(2)かつ以下の条件を満たす団体とします。
@ 定款又は規約等を有し、団体としての意思を決定し執行する能力を有すること。
A 団体を代表する者についての定めがあること。
B 団体としての適正な経理機能を有していること。
C 政治活動や特定の宗教に関する活動を目的とする団体でないこと。
D 暴力団、暴力団関係企業、その他反社会的勢力でないこと。
E 団体名義が入った金融機関口座を開設していること。
F 当財団と助成対象団体との連絡手段として、パソコンを利用した電子メールでの連絡が
可能であること。

■応募制限
その他
「内容/対象」参照

■助成金額
助成金総額:
1件あたりの上限額: 1,000,000円
募集期間
2019.09.02 〜 2019.10.15
実施団体
(公財)日工組社会安全財団
URL
http://www.syaanken.or.jp/wp-content/uploads/2019/07/2020_youkou_keniki.pdf


お問い合わせ先
〒101-0047 東京都千代田区内神田 1 丁目 7 番 8 号 大手町佐野ビル 6 階
公益財団法人日工組
ニッコウソ
社会安全研究財団事務局(安全事業助成募集係)

F A X:03-3219-2338
E-mail:anzen20@syaanken.or.jp
(2019 年 9 月 2 日から 10 月 15 日までの期間限定アドレス)

掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 14:37 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

助成金情報[2019年09月28日(Sat)]


✿助成金情報✿10月16日

2020年度笹川科学研究助成
内容
■内容/対象
学術研究部門
1 趣 旨
本助成は、次世代を担う若手が行う、新規性、独創性または萌芽性をもち、発想や
着想に意外性のある研究を掘り起し、科学・技術研究の振興を図ることを目的としま
す。特にこれまで活躍の機会があまり与えられなかった、大学院生、外国人留学生、
女性研究者、研究環境が十分でない研究者が行う、優れているが他からの助成が受け
難い研究を支援します。その中でも「海洋学および海洋関連科学」ならびに「船舶お
よび船舶関連科学」など『海に関係する研究』は重点テーマとして支援します。
毎年度の研究期間終了後、審査選考を行い、優れた研究成果を挙げた方や、厳しい
研究環境のなかで真剣に研究に取り組んだ方などには、「奨励賞」を授与しています。
また、助成を受けた研究者には、将来、研究の成果を海外で発表する際の旅費などの
一部を支援する「海外発表促進助成」を設けており、研究者としてのステップアップ
と、国際的な舞台で活躍する研究者に育つことを応援します。


2 助成対象となる研究 人文・社会科学および自然科学(医学を除く)
の研究を幅広く対象とします。下記表の申請区分
に分けて募集を行いますので、ご自身の研究に最
も近い区分を選んで申請してください。


実践研究部門
1 趣 旨
本助成制度は、課題の設定が独創性・萌芽性をもつ研究、発想や着眼点が従来にない新規性をもつ研究を支援します。とりわけ実践研究部門においては、急速な社会構造の変化に伴って生じる様々な問題の解決に向けた、実践を伴う研究を支援するものです。その中でも、実践研究に関する『海に関係する研究』は重点テーマとして支援します。毎年度の研究期間終了後、審査選考を行い、優れた研究成果を挙げた方や、厳しい研究環境のなかで真剣に研究に取り組んだ方など数名に「奨励賞」を授与しています。また、助成を受けた研究者には、将来、研究の成果を海外で発表する際の旅費などの一部を支援する「海外発表促進助成」を設けており、研究者としてのステップアップと、国際的な舞台で活躍する研究者に育つことを応援します。

2 助成対象となる研究
A 教員・NPO職員等が行う問題解決型研究
学校、NPOなどに所属している方が、その活動において直面している社会的諸問題の解決に向けて行う実践的な研究を求めます。
例)
○学校教育現場における新たな学習指導方法の研究
○不登校・引きこもりの自立支援のための研究
○地域のまちづくりのための研究
○よりよい環境や福祉の実現のための研究
など
B 学芸員・司書等が行う調査・研究
学芸員・司書等が博物館や図書館等の生涯学習施設の活性化に資する調査・研究を求めます。
また、所属機関とは別の機関や、大学、自治体などの異分野の機関・施設と連携した研究も歓迎します。
例)
○博物館・図書館の活性化に資する研究
○博物館資料・図書館資料に関する基礎的または応用技術的な研究
○博物館・図書館現場における新たな学習教材・教育プログラムの開発・研究
○博物館・図書館の利用者支援に関する研究
○地域特性や地域資源を活用しながら住民との協働により社会貢献が果たせる研究など
詳細は本会 Web サイトにある「申請マニュアル」を確認してください。

■応募制限
その他
学術研究部門
2020年4月1日現在、35歳以下で、大学院生あるいは所属機関等で非常勤雇用または任期付き雇用研究者として研究活動に従事する者。
但し『海に関係する研究』は重点テーマであるため、雇用形態は問わない。

実践研究部門
教員、学芸員、司書、カウンセラー、指導員、市民活動・地域活動等の専門的立場にある方などで、特に年齢は問いません。
なお、非常勤や嘱託等の方は、雇用期間内に調査・研究が終了することを条件とします。

■助成金額
助成金総額:
1件あたりの上限額: 1,000,000円
募集期間
2019.09.17 〜 2019.10.16
実施団体
(公財)日本科学協会
URL
https://www.jss.or.jp/ikusei/sasakawa/
お問い合わせ先
公益財団法人日本科学協会 笹川科学研究助成係
〒107-0052 東京都港区赤坂1丁目2番2号 日本財団ビル5F
TEL 03-6229-5365 Email:josei@jss.or.jp

掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 14:35 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

| 次へ

プロフィール

長野サマライズ・センターさんの画像
http://blog.canpan.info/sama/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/sama/index2_0.xml
賛助企業



・中古パソコン販売・買取・修理の「PCショップオフィス」


当サイトでは、全国で実施されている(されていた?)初等中等教育現場での
情報保障活動についてWeb上から情報を集め、掲載していきます。
不都合などありましたら、ご連絡ください。削除いたします。
リンク集