CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
筑波技術大学を代表として6団体で普及に取り組む『モバイル型遠隔情報保障システム』
長野サマライズ・センター(http://www10.plala.or.jp/summarize/)の普及・推進活動のブログです。
<< 2018年07月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリアーカイブ
最新記事
助成金情報[2018年07月16日(Mon)]
✿助成金情報✿9月30日
医療・健康向上貢献助成



国内および開発途上国において、医療・健康の向上に貢献する事業を行っている非営利団体に対し、その事業活動を支援します。

■助成元:公益財団法人テルモ生命科学芸術財団

■URL  :https://www.terumozaidan.or.jp/support/application/medicine.html

■締切日:9月30日(日)消印有効


1.助成対象団体
公益事業として国内および海外の医療・健康向上に貢献する事業を継続して行っている下記の法人格を有する団体。
[公益法人(社団/財団)、NPO法人、NGO法人、海外の医療機関など]
なお、2年連続で助成を受けた団体は、本年度の応募は不可。
2.助成対象事業
医療・健康の向上に貢献し、直接社会に貢献できる事業を支援します。

国内の事業:対象疾患が明確な医療教育・医療普及啓発活動・検診/患者支援の促進など。

海外の事業:疾病対策、公衆衛生教育など。
3.募集内容
2019年4月1日〜2020年3月31日の期間に行う事業活動に対し、1件100万円を計12件助成。



<問い合わせ・申請書送付先>
公益財団法人 テルモ生命科学芸術財団
〒259-0151 神奈川県足柄上郡中井町井ノ口1500
TEL:0465-81-4236 FAX:0465-81-4237
e-mail:zaidan@terumo.co.jp

Posted by サマライズ at 13:38 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

助成金情報[2018年07月16日(Mon)]
✿助成金情報✿9月21日

第12回かめのり賞
 
  ■助成制度名   第12回かめのり賞

■実施団体  (公財)かめのり財団

■関連URL  http://www.kamenori.jp/kamenorishou.html 

■お問い合わせ先
〒102−0083 東京都千代田区麹町5−5 ベルヴュー麹町1F
公益財団法人かめのり財団 「かめのり賞」係
Tel : 03−3234−1694
Fax : 03−3234−1603
E-mail : info@kamenori.jp
URL : http://www.kamenori.jp/

■募集時期
2018年6月1日〜2018年9月21日

■内容/対象
《趣旨》
日本とアジア・オセアニア(*)の若い世代を中心とした相互理解・相互交流の促進や人材育成に草の根で貢献し、今後の活動が期待される個人または団体を顕彰します。
*かめのり賞が対象とするアジア、オセアニアの国・地域 *
インド、インドネシア、カンボジア、シンガポール、スリランカ、タイ、韓国、中国、ネパール、パキスタン、バングラデシュ、東ティモール、フィリピン、ブータン、ブルネイ、ベトナム、マレーシア、ミャンマー、モルディブ、モンゴル、ラオス、台湾、香港、マカオ、オーストラリア、キリバス、クック諸島、サモア、ソロモン諸島、ツバル、トンガ、ナウル、ニウエ、ニュージーランド、バヌアツ、パプアニューギニア、パラオ、フィジー、マーシャル、ミクロネシア

《対象個人/団体の資格》
@ NPO(非営利団体)、ボランティアグループ、個人であること
A 日本とアジア・オセアニアの懸け橋となる活動を目的としていること
B 過去、かめのり賞の顕彰を受けていないこと

■応募制限
法人格の有無、法人格の有無、地域限定、地域限定、設立からの年数、設立からの年数、その他
@ NPO(非営利団体)、ボランティアグループ、個人であること
A 日本とアジア・オセアニアの懸け橋となる活動を目的としていること
B 過去、かめのり賞の顕彰を受けていないこと

■助成金額
助成金総額:
1件あたりの上限額: 1,000,000円

■お問い合わせ先
〒102−0083 東京都千代田区麹町5−5 ベルヴュー麹町1F
公益財団法人かめのり財団 「かめのり賞」係
Tel : 03−3234−1694
Fax : 03−3234−1603
E-mail : info@kamenori.jp
URL : http://www.kamenori.jp/

掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 13:37 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

助成金情報[2018年07月16日(Mon)]
✿助成金情報✿7月19日

先進的な空き地対策を募集! 〜専門家やNPO等による取組を支援します〜
 
  ■助成制度名
先進的な空き地対策を募集! 〜専門家やNPO等による取組を支援します〜

■実施団体  国土交通省

■関連URL  http://www.mlit.go.jp/report/press/totikensangyo02_hh_000112.html 

■お問い合わせ先
国土交通省土地・建設産業局企画課 田村、多谷本
TEL:03-5253-8111 (内線30-644) 直通 03-5253-8290 FAX:03-5253-1558

■募集時期
2018年6月18日〜2018年7月19日

■内容/対象
国土交通省では、「空き地対策の推進に向けた先進事例構築モデル調査」について、本日より提案の募集を開始し、各団体が行っている地域における空き地の状況把握や利活用等を促進する先進的な取組を支援します。(7月19日(木)12:00必着)

1.対象となるモデル調査
 空き地対策に関し、NPO団体や民間事業者、法務や不動産の専門家、市区町村等が単独もしくは連携して行っている下記のような先進的な取組に対し、国がその実施に要する費用の一部を国の直轄調査を通じて支援します。
 (1)対象区域又は対象とする土地における空き地、空き地の所有者、関係権利者等の状況把握
 (2)関係法令・事例等の整理、取組スキームや運用方針等の作成
 (3)近隣住民等との勉強会、合意形成の取組
 (4)実際の空き地に適用して適正管理や利活用する試行的な取組   等

2.支援対象
 (1)NPO団体や民間事業者
 (2)大学、専門家等により構成される団体等
 (3)地方公共団体(ただし、(1)または(2)と連携した取組を優先的に選定。)
  ※(1)、(2)については自治体からの推薦が必要。

■応募制限
その他
(1)NPO団体や民間事業者
(2)大学、専門家等により構成される団体等
(3)地方公共団体(ただし、(1)または(2)と連携した取組を優先的に選定。)
※(1)、(2)については自治体からの推薦が必要。

■助成金額
助成金総額:
1件あたりの上限額: なし  

■お問い合わせ先
国土交通省土地・建設産業局企画課 田村、多谷本
TEL:03-5253-8111 (内線30-644) 直通 03-5253-8290 FAX:03-5253-1558

掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 13:37 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

助成金情報[2018年07月16日(Mon)]
✿助成金情報✿8月24日

平成30年度 ワンモア・ ベイビー応援助成
 
  ■助成制度名   平成30年度 ワンモア・ ベイビー応援助成

■実施団体   1more Baby応援団

■関連URL  http://www.1morebaby.jp/josei.html 

■お問い合わせ先   info@1morebaby.jp

■募集時期
2018年5月31日〜2018年8月24日

■内容/対象
結婚・妊娠・出産・子育て支援に関する事業を対象とし、理想の数だけ子どもを産み育てられる社会を実現することに寄与する、次のような活動に対して助成いたします。

子育て世代に対する支援
・地域のママ・パパの家事・育児力向上やストレス緩和につながる活動
・仕事と子育ての両立支援
・男性の家事・育児への参加を促進する活動
・子育て世代を取り巻く人たち(祖父母、企業の管理職や同僚、地域の人たち)への理解・サポートを促進するための活動
・子育てに関する調査・研究

未来の子育て世代に対する支援
・妊娠・出産に関する調査・研究
・妊娠・出産に関する正しい知識の醸成に寄与する活動
・キャリアと妊娠・出産・子育ての両立の実現を支援する活動

上記の事例に限定せず、広く理想の数だけ子どもを産み育てられる社会の実現に寄与する活動を対象とします。

■応募制限
その他
(1)4名以上のメンバーが活動する非営利団体・グループであること。(法人格の有無は問いません。)
(2)連絡責任者は満20歳以上であること。 (年齢は平成30年4月1日現在の満年齢となります。)

■助成金額
助成金総額: 2,000,000円
1件あたりの上限額: 400,000円


申込書に必要事項をご記入のうえ、郵送にて以下までお送りください。
送付先 公益財団法人1more Baby応援団 事務局
〒108-0074
東京都港区高輪3丁目22番9号


掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 13:36 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

助成金情報[2018年07月16日(Mon)]
✿助成金情報✿9月14日
第13回「みどり香るまちづくり」企画コンテストの実施
 
  ■実施団体   環境省

■関連URL    http://www.env.go.jp/press/105460.html

■お問い合わせ先
TEL: 03-5521-8299 E メール: MIDORI-KAORU@env.go.jp
環境省 水・大気環境局 大気生活環境室 (担当:中田、渡邊)

■募集時期
2018年5月14日〜2018年9月14日

■内容/対象
(1)コンテストの概要

 「みどり香るまちづくり」企画コンテストは、住みよいかおり環境を創出しようとする地域の取組を支援するため、「かおりの樹木・草花」を用いた、優れたまちづくりの企画を選定しようとするものです。

 (2)対象となる企画


・募集企画の要件

 かおりの樹木・宿根草等草花を原則として30本以上用いて、街区や近郊地区等で「みどり香るまちづくり」を演出する企画を募集します。

・応募主体の例

 地方公共団体、民間企業、学校法人、商店会、町内会等の住民団体やNPO等の各種団体、個人 等

※植栽場所を確保していること(植栽場所を自ら所有していない場合は、企画において植栽場所とする土地の所有者・管理者等の関係者の同意を得ていること)が必要となります。また、植栽後の維持管理体制が明確であることも必要となります。

※同一の応募者が複数の企画を応募することも可能です。

・企画評価の観点

 申請書類の「企画の狙いやアピールポイント」等の記述から、企画のテーマが本コンテストの趣旨に合致しているか、また「実行可能性」、「維持管理体制」、「企画場所の公開状況」等の観点から総合的に評価します。提出していただく図や写真も評価の対象とします。詳しい審査方法については、募集要項の「選考について」を御覧ください。

 

(3)募集主体

・主催 環境省

・共催 公益社団法人 におい・かおり環境協会、公益社団法人 日本アロマ環境協会

    一般社団法人 日本植木協会

(4)表彰

環境大臣賞 1点

表彰状、副賞として企画内容に応じたかおりの樹木・宿根草等草花の苗木・苗を提供(50〜100万円相当)

協会賞 3点(におい・かおり環境協会賞、日本アロマ環境協会賞、日本植木協会賞)

表彰状、副賞として企画内容に応じたかおりの樹木・宿根草等草花の苗木・苗を提供(30〜50万円相当)

入賞 5点以内

表彰状、副賞として企画内容に応じたかおりの樹木・宿根草等草花の苗木・苗を提供(10〜30万円相当)

奨励賞 数点

表彰状を授与

※副賞の苗木・苗は、公益社団法人 日本アロマ環境協会のご厚意により提供させていただきます。日本植木協会賞の副賞は、一般社団法人 日本植木協会からのご提供となります。

■応募制限
その他
○かおりの樹木・宿根草等草花を原則として 30 本以上用いた、街区・近郊地区等の「みどり香るまちづくり」を演出する企画であること。
○植栽場所を確保していること(植栽場所を所有していない場合は、その土地の所有者の同意を得ていること)。また、植栽後の維持管理体制が明確であること。

■助成金額
助成金総額:
1件あたりの上限額: 1,000,000円
 
■お問い合わせ先
TEL: 03-5521-8299 E メール: MIDORI-KAORU@env.go.jp
環境省 水・大気環境局 大気生活環境室 (担当:中田、渡邊)


掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 13:35 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

助成金情報[2018年07月16日(Mon)]
✿助成金情報✿2019年2月15日

アウトドア環境保護基金(後期)
 
  ■実施団体   コンサベーション・アライアンス・ジャパン

■関連URL   http://ca-j.org/grants.html#2

■お問い合わせ先
コンサベーション・アライアンス・ジャパン事務局
アウトドア環境保護基金係 
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-2-13 高橋ビル201 (株)ヨンロクニ内

■募集時期
2018年8月16日〜2019年2月15日

■内容/対象
私たちは、ビジネスで得た利益の一部を、フィールドの環境保護しているグループに活動資金として援助いたします。これは、間接的に私たちのお客様が、自然保護のために資金援助することになります。

申告のためのガイドライン
コンサベーション・アライアンス・ジャパンは、自然環境保護とくにフィールドの保護活動を中心に資金援助を行ないます。私たちが支援するグループは、直接行動するグループを支援します。明確な行動指針があり、自治体や中央政府に対して法律を遵守するよう働きかけるグループの支援を望んでおります。

山や川は森はもちろん、そのフィールドが失われることによって絶滅の危機に瀕してしまう野生の動植物たち。これら個々の戦いが、さらに複雑な問題、とくに生態系の連鎖についての問題を、多くの人々に提起するには、上記のような活動が効果的でしょう。皆様の活動が、私たちのガイドラインに添うようでしたら、ぜひ申請書をお送りください。なお、これまでの支援先はこれまでの支援のページをご覧下さい。

助成原則
CAJは、野生生物の生息地、またはアウトドア・レクリエーションの活動フィールドとして価値のある、日本国内の自然地域を環境破壊から守ることを目的に助成活動をする環境保護基金です。私たちアウトドア産業の顧客がレクリエーションの機会を享受し、野生生物が生息している自然が残された土地、あるいは河川などの水域の保全に関与することは、アウトドア産業に属する企業により構成されている組織として当然負うべき責務だと認識しています。私たちは、以下の原則を満たす非営利組織に対して助成をします。

1.自然が残された特定の土地や水域を、野生生物の生息地、またはアウトドア・レクリエーションの機会を確保するために保全することを目的としているプロジェクトであること。
2.保全への取り組みを支援する草の根の市民による運動と連動しているキャンペーンであること。ただし、一般的な教育プロジェクトや科学調査には助成をしない。
3.測定可能な具体的な目標や活動対象、行動計画が策定されており、成果を図るために明確な判断基準が含まれているプロジェクトであること。
4.比較的短期間(1〜3年)で、完了または測定可能な顕著な前進が見込めるプロジェクトであること。

■応募制限
その他
1.自然が残された特定の土地や水域を、野生生物の生息地、またはアウトドア・レクリエーションの機会を確保するために保全することを目的としているプロジェクトであること。
2.保全への取り組みを支援する草の根の市民による運動と連動しているキャンペーンであること。ただし、一般的な教育プロジェクトや科学調査には助成をしない。
3.測定可能な具体的な目標や活動対象、行動計画が策定されており、成果を図るために明確な判断基準が含まれているプロジェクトであること。
4.比較的短期間(1〜3年)で、完了または測定可能な顕著な前進が見込めるプロジェクトであること。

■助成金額
助成金総額:
1件あたりの上限額: 500,000円


■お問い合わせ先
コンサベーション・アライアンス・ジャパン事務局
アウトドア環境保護基金係 
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-2-13 高橋ビル201 (株)ヨンロクニ内

■募集時期
2018年8月16日〜2019年2月15日

掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 13:34 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

助成金情報[2018年07月16日(Mon)]
✿助成金情報✿8月31日


第22回地球倫理推進賞
 
  ■助成制度名   第22回地球倫理推進賞

■実施団体   (一社)倫理研究所

■関連URL
http://www.rinri-jpn.or.jp/business/earth/prize/public_offering/ 

■お問い合わせ先
電話番号: 03-3264-2251      
Eメール:2018suishin@rinri-jpn.or.jp
※半角で入力
※上記アドレスは、お問合せ専用です。書類の受付はしておりません。

■募集時期
2018年7月1日〜2018年8月31日

■内容/対象
一般社団法人倫理研究所では、1998年に「地球倫理推進賞」を創設し、地球倫理の推進に貢献している団体を毎年顕彰しています。今年も第22回の募集を行ないます。募集部門は国際・国内活動の2部門。多数のご応募をお待ちしております。

応募部門
A国際活動部門   B国内活動部門

応募資格
当該の活動が営利を目的とせず、5年以上継続し、教育・文化・医療・環境・地域開発などの分野において、地球倫理の推進に貢献している団体または個人(自薦・他薦を問いません)。

■応募制限
設立からの年数
当該の活動が営利を目的とせず、5年以上継続し、教育・文化・医療・環境・地域開発などの分野において、地球倫理の推進に貢献している団体または個人(自薦・他薦を問いません)。

■助成金額
助成金総額:
1件あたりの上限額: 1,000,000円

■お問い合わせ先
電話番号: 03-3264-2251      
Eメール:2018suishin@rinri-jpn.or.jp
※半角で入力
※上記アドレスは、お問合せ専用です。書類の受付はしておりません。
 
掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 13:33 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

助成金情報[2018年07月16日(Mon)]
✿助成金情報✿8月31日

瀬戸内オリーブ基金 植樹・環境教育分野
 
  ■助成制度名   瀬戸内オリーブ基金 植樹・環境教育分野

■実施団体   NPO法人瀬戸内オリーブ基金

■関連URL
http://www.olive-foundation.org/grantinfo/ 

■お問い合わせ先
761-4661 香川県小豆郡土庄町豊島家浦 3837-4
NPO 法人瀬戸内オリーブ基金事務局
電話:0879-68-2911
E-mail:info@olivefoundation.org

■募集時期
2018年6月1日〜2018年8月31日

■内容/対象
趣旨
瀬戸内海周辺一帯での植樹活動、環境保全活動、ESD・環境教育活動に必要な経費を支援。

対象団体
NPO法人、一般社団法人、任意団体(環境をテーマにした、公益的な活動)

助成対象の活動分野

活動分野 概要
瀬戸内海の自然環境に相応しい植生への回復
山火事跡地、牧場跡地、河川敷等への植樹により、瀬戸内海の自然環境を保護したり、原状回復したりする活動。
外来植物の除去、地域固有種の植栽等、瀬戸内海の地域の固有植物を保護する活動

里山、里海の育成
生物の多様性や漁業資源を守る、土砂災害の防止、海に流入する河川の浄化等、森林の多様な役割を発揮できるような、瀬戸内海周辺一帯で行われる環境保護、保全活動。

地域の緑化活動
瀬戸内海周辺一帯での植樹活動により
@緑化を促進し、緑を中心として地域がつながるための活動。
A防災林、学校林等の都市の緑化に貢献する活動。

巨木の保全
瀬戸内海周辺一帯にある巨木を保全することで、地域がつながるような活動。

環境学習活動
体験プログラムを含み、地域の環境保全を目的にする瀬戸内海で行われる学習活動。
体験を契機として、瀬戸内海の環境問題に取り組む次世代を育成する活動。

地域の環境保全等をテーマにした市民活動
瀬戸内海の環境問題を解決するために必要な活動。

■応募制限
法人格の有無
NPO法人、一般社団法人、任意団体(環境をテーマにした、公益的な活動)

■助成金額
助成金総額: 10,000,000円
1件あたりの上限額: 2,000,000円


■お問い合わせ先
761-4661 香川県小豆郡土庄町豊島家浦 3837-4
NPO 法人瀬戸内オリーブ基金事務局
電話:0879-68-2911
E-mail:info@olivefoundation.org

掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 13:32 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

助成金情報[2018年07月16日(Mon)]
✿助成金情報✿8月31日
環境プロジェクト助成
 
  ■助成制度名  環境プロジェクト助成

■実施団体  (公財)りそなアジア・オセアニア財団

■関連URL
http://www.resona-ao.or.jp/project/environment_application.html

■お問い合わせ先
公益財団法人 りそなアジア・オセアニア財団
〒541-0051 大阪市中央区備後町2丁目1番1号 第2野村ビル5階
電 話(06)6203-9481
FAX(06)6203-9666
E-Mail/info@resona-ao.or.jp

■募集時期
2018年6月11日〜2018年8月31日

■内容/対象
助成趣旨
当財団は、アジア・オセアニア諸国における自然環境の保護及び整備を目的とした環境事業を行っています。これは、アジア・オセアニア諸国における水や緑をテーマにした自然環境の保護・整備などのプロジェクトや、それらの活動を行う人たちに対する支援を行うものです。
自然環境の整備というと、大がかりな事業を考えがちですが、ちょっとした創意と工夫で、小さな活動でも大きな成果を生む事があります。地域の人たちを活動に巻き込むこと、がその創意と工夫だと思います。 ちょっとした「きっかけ」で、あとは自発的に人々が活動や事業を継続していく。その「きっかけ」となる事、に助成できればと思います。別の言い方をすれば、小さな事が大きく育つことの「媒介(mediation)」という事になります。地域の生活実態を無視した事業に「持続性」はありません。自然保護が、地域の人々の生活を守ることになり、さらには生活の質の向上につながる、そのような助成ができたらと思います。

助成対象事業
・アジア・オセアニア諸国や地域における豊かな緑ときれいな水を守る事業
・当該地域ですでに萌芽的な活動が行われ、応募者がすでに何らかの形で活動に関与している事業

■応募制限
その他
(1)日本の大学もしくは環境保全活動や支援活動を行なっている団体、会社等に所属する方からの推薦が得られる方(外国人も可。但し共同事業は日本人を代表者とすること)
(2)活動地域(アジア・オセアニア地域)の現地において、当概事業の共同者(協力者)がいること

■助成金額
助成金総額:
1件あたりの上限額: 1,000,000円

■お問い合わせ先
公益財団法人 りそなアジア・オセアニア財団
〒541-0051 大阪市中央区備後町2丁目1番1号 第2野村ビル5階
電 話(06)6203-9481
FAX(06)6203-9666
E-Mail/info@resona-ao.or.jp



掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 13:31 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

助成金情報[2018年07月16日(Mon)]
✿助成金情報✿7月31日

公益信託 大成建設自然・歴史環境基金2018年度
 
  ■実施団体  大成建設株式会社

■関連URL
http://www.taisei.co.jp/about_us/society/kikin/html/gist.html

■お問い合わせ先
〒103−8670 東京都中央区八重洲1−2−1
みずほ信託銀行株式会社 リテール・事業法人業務部 福祉信託係
『公益信託 大成建設自然・歴史環境基金』 事務局
電話 03−3274−9210・FAX 03−3274−9504
E-mail: koueki.tb@mizuhotb.co.jp

■募集時期
2018年5月1日〜2018年7月31日

■内容/対象
これからの地球社会の健全で持続的な発展のためには、自然環境の保全や再生、歴史的建造物等の歴史的・文化的な環境の保存や活用が必要とされています。本基金は、“人がいきいきとする環境を創造する”という大成建設グループの理念を踏まえ、こうした活動や研究を応援することを目的に設立されました。

1助成対象
国内ならびに開発途上国の自然・歴史環境の保全活用にかかわる活動や研究。

2助成要件
国内に拠点を置き、自然・歴史環境の保全活用のために、活動や研究を行う非営利団体で適正な運営、会計処理、情報公開を行っていること。
なお、大学の研究室が応募する場合には、地域社会等と連携した活動であること。
助成を受けた場合、「助成活動・研究報告書」および「助成金収支報告書」を助成金が振込まれた年の翌々年の1月末までに提出するとともに、団体の機関誌・報告書・ホームページに「公益信託大成建設自然・歴史環境基金2018年度助成金による」と明記し、当該活動の成果をホームページ等に可能な限り掲載すること。

3助成対象となる費用科目および内訳表示
助成対象事業となる「機材費」「消耗品費」「旅費」「謝金」等。

4本基金の助成金総額と件数
助成金総額:1,500万円程度、助成件数:30件程度。
助成対象事業の期間:原則として助成金振込日より1年間。
なお、原則として2年連続の助成はいたしません。

■応募制限
その他
国内に拠点を置き、自然・歴史環境の保全活用のために、活動や研究を行う非営利団体で適正な運営、会計処理、情報公開を行っていることが要件です。

■助成金額
助成金総額: 15,000,000円
1件あたりの上限額: なし

■お問い合わせ先
〒103−8670 東京都中央区八重洲1−2−1
みずほ信託銀行株式会社 リテール・事業法人業務部 福祉信託係
『公益信託 大成建設自然・歴史環境基金』 事務局
電話 03−3274−9210・FAX 03−3274−9504
E-mail: koueki.tb@mizuhotb.co.jp


掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 13:30 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

| 次へ

プロフィール

長野サマライズ・センターさんの画像
http://blog.canpan.info/sama/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/sama/index2_0.xml
賛助企業



・中古パソコン販売・買取・修理の「PCショップオフィス」


当サイトでは、全国で実施されている(されていた?)初等中等教育現場での
情報保障活動についてWeb上から情報を集め、掲載していきます。
不都合などありましたら、ご連絡ください。削除いたします。
リンク集