CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
筑波技術大学を代表として6団体で普及に取り組む『モバイル型遠隔情報保障システム』
長野サマライズ・センター(http://www10.plala.or.jp/summarize/)の普及・推進活動のブログです。
<< 2019年01月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
障害児が「普通にいる」クラス[2019年01月16日(Wed)]
柳町小学校のような学校が、あたりまえになってほしい。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190108-00000001-withnews-soci&fbclid=IwAR3v2uO-1K2FCP9ev3DSOnUkZP1FyHuzMCppzJFxXCAFpGAKJ1HJWyKwy5Q
safe_image (11).jpg
▼長野サマライズ・センターからのメッセージ▼
「インターネットを活用した遠隔授業の普及に取り組んでおります。
教育現場での聴覚障害のお子さんの支援の理解やシステムを、難聴児に関わる多くの皆さんにご紹介できるよう、長野サマライズ・センターを応援してください 」
http://www.nagasama.net

Posted by サマライズ at 22:39 | つぶやき | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

Eーファンドレイジング・チャレンジ2018[2019年01月12日(Sat)]
いよいよ、
第7回 Eーファンドレイジング・チャレンジ2018
(Eーチャレンジ)の終了日15日(火)が近づいてまいりました。
http://www.giveone.net/cp/pg/donate/EFList2018Page.aspx
参加団体は達成目標に向け頑張っています。
事務局からも最後のお願いです!
皆様からの応援を、何卒よろしくお願い申し上げます。

アプリがいらない簡単支援システムで難聴児を笑顔に!
http://www.giveone.net/cp/PG/CtrlPage.aspx?ctr=pm&pmk=10565
safe_image (3).png
▼長野サマライズ・センターからのメッセージ▼
「インターネットを活用した遠隔授業の普及に取り組んでおります。
教育現場での聴覚障害のお子さんの支援の理解やシステムを、難聴児に関わる多くの皆さんにご紹介できるよう、長野サマライズ・センターを応援してください 」
http://www.nagasama.net

Posted by サマライズ at 21:11 | お知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

助成金情報[2019年01月05日(Sat)]
✿助成金情報✿2019年3月31日

連合・愛のカンパ「中央助成」
 
 ■助成制度名   連合・愛のカンパ「中央助成」

■実施団体   連合・愛のカンパ

■関連URL
https://www.jtuc-rengo.or.jp/activity/kizuna/campa/2019/chuo.html

■お問い合わせ先
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台3-2-11 連帯活動局
連合・愛のカンパ「中央助成」係
Tel:03-5295-0513  Fax:03-5295-0547 担当:連帯活動局 田中・加藤

■募集時期
2019年1月1日〜2019年3月31日

■内容/対象
■対象となる社会貢献活動
・大規模災害などの救援・支援活動
・戦争や紛争による難民救済などの活動
・人権救済活動
・地球環境保全活動
・ハンディキャップをもった人たちの活動
・教育・文化などの子どもの健全育成活動
・医療・福祉関係などの活動
・地域コミュニティー活動(レクリエーション活動を除く)
・生活困窮者の自立支援活動

■応募対象・資格要件
・海外や国内で救援・支援活動に取り組んでいるNGO・NPO団体等の具体的事業プログラムとし、構成組織の推薦があること。
・対象となる社会貢献活動を実践していること。
・法令遵守していること。
・全国規模や海外ネットワークでの支援体制があるNGO・NPO団体等で信頼度も高く、安心して助成金や支援物資を託せる団体であること。
・株式会社など営利を目的とする団体でないこと。
・役員に官僚OBが多数を占めていないこと。
・公的支援(補助金等)が全体予算の3分の2を占めていないこと。
※ 決算資料の助成金・事業収益等についての内訳等、補足資料の提出も併せてお願い致します。
・団体設立後1年以上の事業(活動)実績があること。
・助成金が運営費や人件費などに充当されていないこと。
・過去に連合から助成を受けた場合、その事業(活動)に対する実績と報告書があること。
・連合との協力関係があること。(各種活動やメーデーなどに参加)
・事業実績について、@各種事業の実績が見込まれる。A機関紙(誌)の発行物等で助成金報告を掲載していること。
・団体の自立性について、@会費、寄付金など収入があること。またはA事業収入、広告収入があること。
・団体運営の事務局機能が整備されていること。
・助成金が全事業の大半を占めていないこと。

※対象となった事業・プログラムの助成期間については、原則1年とします。ただし必要と判断した場合は通算5年まで可能とします。
(初回は、面談による審査を行います。)

■応募制限
その他
詳細は「募集要項」を参照。
■関連URL
https://www.jtuc-rengo.or.jp/activity/kizuna/campa/2019/chuo.html


■助成金額
1件あたりの上限額: なし

■お問い合わせ先
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台3-2-11 連帯活動局
連合・愛のカンパ「中央助成」係
Tel:03-5295-0513  Fax:03-5295-0547 担当:連帯活動局 田中・加藤

掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 21:58 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

助成金情報[2019年01月05日(Sat)]
✿助成金情報✿2019年3月31日
連合・愛のカンパ「地域助成」
 
■助成制度名   連合・愛のカンパ「地域助成」

■実施団体
連合・愛のカンパ

■関連URL
https://www.jtuc-rengo.or.jp/activity/kizuna/campa/2019/chiiki.html 

■お問い合わせ先
「申請団体・組織」が所在・活動する「地方連合会」まで
地方連合会一覧所在地はこちら
https://www.jtuc-rengo.or.jp/about_rengo/jtuc/locals.html

■募集時期
2019年1月1日〜2019年3月31日

■内容/対象
■対象となる社会貢献活動
・大規模災害などの救援・支援活動
・戦争や紛争による難民救済などの活動
・人権救済活動
・地球環境保全活動
・ハンディキャップをもった人たちの活動
・教育・文化などの子どもの健全育成活動
・医療・福祉関係などの活動
・地域コミュニティー活動(レクリエーション活動を除く)
・生活困窮者の自立支援活動

■応募対象・資格要件
・連合組合員およびその家族、あるいは退職者が、積極的にNPO等の運営に参加している団体が行う、もしくは地方連合会が日常的な活動で連携しているNPO等の団体が行う事業・プログラムとし、団体の所在地、あるいは活動拠点の所在する地方連合会の推薦があること。
・対象となる社会貢献活動を実践していること。
・法令遵守していること。
・株式会社など営利を目的とする団体でないこと。
・地域や海外ネットワークでの支援体制があるNGO・NPO団体等で信頼度も高く、安心して助成金や支援物資を託せる団体とし、社団・財団・社会福祉・医療・学校・宗教の法人ではないこと。
・役員に官僚OBが多数を占めていないこと。
・公的支援(補助金等)が全体予算の3分の2を占めていないこと。
※ 決算資料の助成金・事業収益等についての内訳等、補足資料の提出も併せてお願い致します。
・団体設立後1年以上の事業(活動)実績があること。ただし、立ち上げにあたり組合員が深く関与、または地方連合会が積極的に参画した場合はその限りではない。
・申請する団体の代表者が他の団体の代表などを兼ねている場合であっても、いずれか一つの団体からの申請であること。
・助成金が人件費などに充当されていないこと。
・過去に連合から助成を受けた場合、その事業(活動)に対する実績と報告書があること。
※期間は原則1年とします。ただし必要と判断した場合は通算3年まで可能とします。

■応募制限
その他
詳細は「募集要項」の欄を参照。

■助成金額
1件あたりの上限額: なし


■お問い合わせ先
「申請団体・組織」が所在・活動する「地方連合会」まで
地方連合会一覧所在地はこちら
https://www.jtuc-rengo.or.jp/about_rengo/jtuc/locals.html


掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 21:56 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

助成金情報[2019年01月05日(Sat)]
✿助成金情報✿2019年6月20日

2019年度 青少年ポーツ振興に関する助成金(後期)
 
■実施団体  (公財)ヨネックススポーツ振興財団


■関連URL
http://www.yonexsports-f.or.jp/joseikin.html


■お問い合わせ先
公益財団法人ヨネックススポーツ振興財団 事務局
〒113-8543 東京都文京区湯島3-23-13
TEL 03-3839-7195
FAX 03-3839-7196
E-mail zaidan@yonex.co.jp


■募集時期
2019年3月1日〜2019年6月20日


■内容/対象
1 交付の対象団体
青少年スポーツの振興に関する事業を積極的に行い、奨励し、または自ら行い、
かつ3年以上継続して活動している、次の要件を満たした団体とします。

【団体の要件】
(1)スポーツ振興を主たる目的とする公益社団法人、公益財団法人、一般社団法人又は一般財団法人
(2)上記以外の団体で、次の要件を備える団体(特定非営利活動法人等)
1.定款、寄附行為またはそれらと同等の規約があること。
2.団体の意志を決定し、執行する組織が確立していること。
3.経理処理能力があり、監査する等の会計組織をもっていること。
4.団体活動の本拠としての事務所をもっていること。


■応募制限
設立からの年数、その他
青少年スポーツの振興に関する事業を積極的に行い、奨励し、または自ら行い、
かつ3年以上継続して活動している、次の要件を満たした団体とします。

【団体の要件】
(1)スポーツ振興を主たる目的とする公益社団法人、公益財団法人、一般社団法人又は一般財団法人
(2)上記以外の団体で、次の要件を備える団体(特定非営利活動法人等)
1.定款、寄附行為またはそれらと同等の規約があること。
2.団体の意志を決定し、執行する組織が確立していること。
3.経理処理能力があり、監査する等の会計組織をもっていること。
4.団体活動の本拠としての事務所をもっていること。


■助成金額
助成金総額:
1件あたりの上限額: 1,000,000円


■お問い合わせ先
公益財団法人ヨネックススポーツ振興財団 事務局
〒113-8543 東京都文京区湯島3-23-13
TEL 03-3839-7195
FAX 03-3839-7196
E-mail zaidan@yonex.co.jp

掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 21:55 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

助成金情報[2019年01月05日(Sat)]
✿助成金情報✿2019年2月1日

第24回(2019年度)「北陸地域の活性化」に関する研究助成事業
 
■実施団体   (一社)北陸地域づくり協会

北陸地域とは
*新潟県、富山県、石川県、福井県、長野県、岐阜県飛騨地域、福島県会津・南会津地域、山形県西置賜地域

■関連URL
http://www2.hokurikutei.or.jp/works/public/josei/news/181114/


■お問い合わせ先
一般社団法人 北陸地域づくり協会 企画事業部
TEL:025-381-1160  FAX:025-383-1205
E-mail:kasseika@hokurikutei.or.jp


■募集時期
2018年12月1日〜2019年2月1日


■内容/対象
1.趣 旨
近年、地域の課題は地域で解決しようとさまざまな取り組みが進められています。北陸地域においても、これまで以上に地域づくりのあり方が問われ、地域の保有する多様な資源やノウハウを活用して地域の活性化を図ることが求められています。このため、地域における問題意識を共有した上で、地域に住む人々の英知や発想を活かし、多様な研究や活動を支援することにより、自立した地域づくり、地域活性化を促進する目的で、「北陸地域の活性化」に関する研究助成事業(以下、「助成事業」という。)を実施します。なお、助成事業は、(一社)北陸地域づくり協会の「公益事業資金」を財源としています。

2.助成の対象となる事業
北陸地域*の社会資本整備に関わる地域づくり、産業振興、建設技術などに関する課題等の解決にむけた事業、研究、技術開発を助成します。助成事業の内容は、国土の利用及び整備または保全事業、災害防止の支援に関するもので、以下の分野の取り組みが対象となります。また、研究の成果が地域の活性化に貢献するものとし、学術的な基礎研究は対象としません。

【対象テーマ】
A 環境・エネルギー・リサイクル
B 安全・安心な地域づくり(防犯等は除く)
C 産業振興(特に観光など)
D 行政と住民の協働・「新しい公共」
*新潟県、富山県、石川県、福井県、長野県、岐阜県飛騨地域、福島県会津・南会津地域、山形県西置賜地域


■応募制限
地域限定
・北陸地域に所在し、研究・活動している大学、企業、法人、定款または規約等を定めた自主的な活動を行っている任意団体・グループ、個人。またはこれらの共同体。
・設立目的、研究・活動内容が、政治、宗教になどに偏っていないこと。


■助成金額
助成金総額:
1件あたりの上限額: 500,000円

■お問い合わせ先
一般社団法人 北陸地域づくり協会 企画事業部
TEL:025-381-1160  FAX:025-383-1205
E-mail:kasseika@hokurikutei.or.jp

掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 21:53 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

助成金情報[2019年01月05日(Sat)]
✿助成金情報✿2019年2月1日

2019年度「ネオニコチノイド農薬に関する企画」公募
 
  ■実施団体
一般社団法人アクト・ビヨンド・トラスト


■関連URL
https://www.actbeyondtrust.org/info/4452/


■お問い合わせ先
一般社団法人アクト・ビヨンド・トラスト 助成係
電話:070-6551-9266(平日10:00〜19:00)
Email:grant@actbeyondtrust.org


■募集時期
2018年12月7日〜2019年2月1日


■内容/対象
一般にはまだあまり知られないまま、お米から果物まで、ときには「減農薬」の切り札として用いられ、シロアリ駆除剤や防虫剤として身近な暮らしにも入り込んでいる浸透性殺虫剤(ネオニコチノイドおよびフィプロニル)――。近年の急速な研究の進展により、環境動態、非標的種無脊椎動物や脊椎動物における毒性メカニズムなどが明らかになりつつあります。世界の科学者コミュニティからは、生態系と生物多様性全体を脅かすことへの警鐘が表明されているのみならず、ヒトへの毒性を懸念する声も挙がっています。
本助成は、予防原則を踏まえて、製薬メーカーの意向や現行の行政判断に左右されない独立の立場から浸透性殺虫剤の影響を検証する調査・研究を支援します。浸透性殺虫剤の被害を防ぐ、規制のあり方や一般市民の消費行動を変える働きかけに活かされるといった方向で、これからの社会が浸透性殺虫剤に向かい合うための公共的な議論の土台となる成果を期待しています。
なお、abt ではネオニコチノイド系農薬の問題点について当法人サイトに独自のアーカイブ(資料集)を設け、2016 年末には、科学者による知見と参考文献を一般向けにまとめたダイジェスト版「ネオニコチノイド系農薬の危険性を、科学者が警告しています。」も用意しました。現在、世界的な研究動向はさらに進展していますが、応募の検討材料にしてください。

◆ネオニコチノイド系農薬問題アーカイブ
http://www.actbeyondtrust.org/link/

◆ネオニコチノイド系農薬の危険性を、科学者が警告しています。
http://www.actbeyondtrust.org/wp-content/uploads/2016/04/tsuikakobo_kikensei_2016.pdf

ご不明の点は遠慮なく公募担当にお問い合わせください。ご応募をお待ちしています。


■応募制限
その他
ネオニコチノイド系農薬に関する問題提起や、使用の削減ないし中止に取り組む個人および団体(ボランティアグループ、NPO/NGO、公益法人、研究機関、生産者など、地域、法人格、活動実績は問いません)


■助成金額
助成金総額:
1件あたりの上限額: 1,000,000円

■お問い合わせ先
一般社団法人アクト・ビヨンド・トラスト 助成係
電話:070-6551-9266(平日10:00〜19:00)
Email:grant@actbeyondtrust.org

掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 21:50 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

助成金情報[2019年01月05日(Sat)]
✿助成金情報✿5月31日

平成31年度 芸術文化振興基金(国内映画祭等の活動)(第二回募集)
 
  ■実施団体
(独法)日本芸術文化振興会


■関連URL
https://www.ntj.jac.go.jp/kikin/grant/applicant/download03.html


■お問い合わせ先
独立行政法人日本芸術文化振興会
 基金部企画調査課
 映像芸術係
 eizo@ntj.jac.go.jp
 〒102-8656東京都千代田区隼町4番1号
 TEL:03-3265-6312/FAX:03-3265-7474


■募集時期
2019年5月24日〜2019年5月31日


■内容/対象
応募できる活動の期間は、第1回募集分については、平成31年4月1日から平成32年3
月31日まで、第2回募集分については、平成31年10月1日から平成32年3月31日ま
でとし、日本国内で行われる活動が助成の対象となります(年度をまたぐ活動は対象となりま
せん。第1回募集分と第2回募集分で助成対象経費の支払の対象となる期間が異なりますの
で、ご注意ください。(募集要項 P.10参照))。

第1回募集
要望書提出期間 ※提出期間最終日の消印有効
平成30年11月16日(金)〜平成30年11月22日(木)
活動の実施期間
平成31年4月1日(月)〜平成32年3月31日(火)

第2回募集
要望書提出期間 ※提出期間最終日の消印有効
平成31年5月24日(金)〜平成31年5月31日(金)
活動の実施期間
平成31年10月1日(火)〜平成32年3月31日(火)


■応募制限
その他
(1)法人格を有する団体
(2)法人格を有しないが、以下ア〜エの要件を全て充たしている団体
ア 定款に類する規約等を有し、次のイ〜エについて明記されていること
イ 団体の意思を決定し、執行する組織が確立されていること
ウ 自ら経理し、監査する等会計組織を有すること
エ 団体活動の本拠としての事務所を有すること


■助成金額
助成金総額:
1件あたりの上限額: なし

■お問い合わせ先
独立行政法人日本芸術文化振興会
 基金部企画調査課
 映像芸術係
 eizo@ntj.jac.go.jp
 〒102-8656東京都千代田区隼町4番1号
 TEL:03-3265-6312/FAX:03-3265-7474

掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 21:48 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

助成金情報[2019年01月05日(Sat)]
✿助成金情報✿【2019年3月8日締切】

第2回海と日本PROJECT サポートプログラム


日本は、四方を海に囲まれた国。私たちの社会や文化は、海に囲まれた環境の中で形づくられてきており、食べ物や生活道具、名前や地名、文学、歌、暦、歳時、祭りなどさまざまなものが海と結びついています。また、国民の祝日としても「海の日」がある世界でも唯一の国、それが日本です。内陸・沿岸問わず、‟地域”もさまざまな形で海とつながっています。あなたの地域では、海とのつながりを活かすことができているでしょうか?
一方で、世界に目を向けてみるとどうでしょうか?世界の人口が急速に増加を続ける中、海洋生物資源の乱獲、生態系のバランス崩壊、海の酸性化、気候変動や自然災害、海底資源の開発競争、海洋権益をめぐる争いなど、海の聞きは一層深刻さを増しています。その上、海の危機は私たちの気づかないところで静かに広がってきています。今こそ、海に囲まれた国、日本に暮らす私たち一人ひとりが、海を自分ごととしてとらえ、そして自分にできることからアクションしていくことが求められています。
このような状況を踏まえ、海の日が20回を迎える2015年を機に始まった「海と日本プロジェクト」は、全国のさまざまな地域で、海との多様なつながりを生かしながら独自性のある取り組みを実施することで、次世代を担う子供や若者を中心として多用な人が海への好奇心を持ち、行動を起こすムーブメントをつくることを目指します。
次世代へ海を引き継ぐため、日本財団は、海を介して、人と人とがつながるユニークな取り組みを募集します。

■助成元:日本財団
■分野 :環境保全
■URL :https://www.nippon-foundation.or.jp/what/grant_application/programs/marine_day/

■締切日:2019年3月8日(金)17時まで
     ※募集開始は2019年3月1日(金)からです

お問い合わせ先
窓口の名称
日本財団 海と日本PROJECTサポートプログラム 事務センター
電話
03-6435-5752(平日9:00〜17:00)
メールアドレス
jimu_center@ps.nippon-foundation.or.jp

掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 21:47 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

助成金情報[2019年01月05日(Sat)]
✿助成金情報✿【2019年2月28日締切】

第8回杉浦地域医療振興助成(研究分野・活動分野)

我が国では、人類未曾有の超高齢社会を迎えて、「地域包括ケア」の実現とともに「健康寿命の延伸」が課題となっています。
そこで、本財団では、医師、薬剤師、看護師等の医療従事者及び介護福祉従事者等の多職種が連携して、「地域包括ケア」「健康寿命の延伸」を実現しようとする研究を助成します。

■助成元:公益財団法人杉浦記念財団
■分野 :保健・医療・福祉、まちづくり
■URL :http://sugi-zaidan.jp/assist_decoration/boshuyoko.html

■締切日:2019年2月28日(木)
     ※2019年2月28日まで受付いたしますが、2月28日付近の受付は混み合うことが予想されます。早めの応募をお願いします。

各募集につきましてのお問い合わせはメールにて受付しております。
info@sugi-zaidan.jp
掲載内容の詳細は、かならず問い合せ先にお問い合わせください

Posted by サマライズ at 21:46 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

| 次へ

プロフィール

長野サマライズ・センターさんの画像
http://blog.canpan.info/sama/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/sama/index2_0.xml
賛助企業



・中古パソコン販売・買取・修理の「PCショップオフィス」


当サイトでは、全国で実施されている(されていた?)初等中等教育現場での
情報保障活動についてWeb上から情報を集め、掲載していきます。
不都合などありましたら、ご連絡ください。削除いたします。
リンク集