CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
NPO会計・税務リクツとコツ
中尾さゆり(税理士・准認定ファンドレイザー)
NPO現場経験を活かして、バックオフィサー・経営者向けに
リクツとコツをかいています。
講師派遣実績等はこちら
お問い合わせ送信フォームはこちら
« セミナーなど(参加側) | Main | 雑記 »
検索
検索語句
おすそわけ、大歓迎です。
アマゾンウイッシュリスト
カテゴリアーカイブ
最新記事
<< 2019年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
「社会的インパクト評価」を活用した第1回助成申請相談会(キックオフセミナー)の参加者を募集します[2019年07月11日(Thu)]
今年も愛知県内で「社会的インパクト評価」について学ぶ機会を設けることができました。

2019年8月31日(土)午後、あいちNPO交流プラザで、
今田 克司 氏(一般財団法人CSOネットワーク代表理事)を講師に迎えて開催します。

詳細・お申込はこちらから
http://blog.canpan.info/vns/archive/787
PDF ファイル-001.jpg

PDF ファイル-002.jpg

今回、今田さんを講師にお願いしたのは、6月に淡海ネットワークセンター(公益財団法人淡海文化振興財団)での講座に参加したからです。

「自分たちの提供しているチカラを社会に説明する必要がある」
「いろんな種類の相手に説明する際に、評価によって説明できるのでは」
http://blog.canpan.info/sally_nakao/archive/3104

という言葉がとくに印象に残りました。

評価とか、社会的インパクト評価とか、社会的インパクトマネジメントとか、
いろんなひとがいろんなこと言って難しい、何がわかっていないのかがわからないセカイ。
だけど、今田さんは全体を俯瞰して説明してくださいます。
みなさんと一緒に聞いて、「評価」が求められる現状をどう受け止めて対応してくかを考えたい。そんな想いもあって企画しています。

ちなみに、8月30日(金)の夜は、個人的には前夜祭ハート️。納涼会もあります。
※NPO納涼会2019 〜セクター横断異業種交流会
http://blog.canpan.info/higashiote/archive/300

お泊まりは、名駅の人気ホステル『グローカルカフェ(glocal cafe)』
で、8月31日(土)翌朝は喫茶モーニングで、モーニングを食べて、
ついでにカフェでお仕事。
https://jouhou.nagoya/kissa_morning/

で、午後が評価について学び考える時間。
http://blog.canpan.info/vns/archive/787

というのがオススメコースです。
令和最初の夏を、爽やかに熱くご一緒しましょう。
組織基盤強化へのチャレンジを支援します[2019年06月17日(Mon)]
組織基盤強化、今まではコッソリと裏メニュー・賄い料理的にやっておりましたが、
今年度からは表メニューで看板出してやります。

気になる方、ご連絡ください。試食(無料相談)アリ。

20190731組織基盤強化(パナソニックNPONGOサポートファンドforSDGs申請支援).pdf

PDF ファイル.jpg
NPO・NGOバックオフィス実務スキル学習会「今さら聞けない年度更新・算定基礎届の書き方」[2019年06月15日(Sat)]
NPO・NGOバックオフィス実務スキル学習会「今さら聞けない年度更新・算定基礎届の書き方」

日 時:2019年6月15日(土)14時〜16時
会 場:地域資源長屋なかむら1階 共同会議室(名古屋市中村区本陣通5丁目6-1)
講 師:高木登茂子さん(社会保険労務士)
コーディネーター:森建輔さん(バックオフィス業務オーガナイザー)
主 催:東大手の会
助 成:地球環境基金

【労働保険・雇用保険年度更新】
■年度更新
2018(平成30)年4月から2019(平成31)年3月の1年間
月分、払いはどちらもアリ。継続性の原則で、前年に習えでやる。

■年度更新申告書計算支援ツール(継続事業用)
https://www.mhlw.go.jp/…/roudouk…/roudouhoken01/yousiki.html

■納付は引落にしておくと便利
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/hoken/hokenryou/index.html

■免除対象高年齢者
平成30年度確定保険料については1954(昭和29)年4月1日以前に生まれた方は免除
平成31年度確定保険料については1955(昭和30年)4月1日以前に生まれた方は免除
⇒この辺りの年齢の職員さんがいる方は要注意

【算定基礎】
■算定基礎届の説明書は入っていないので、下記をダウンロードすると便利です。
https://www.nenkin.go.jp/…/2019053102.fil…/santeiguideR1.pdf

■算定基礎届は、4,5,6月に支給した給与等の額で計算します(月分ではない)。

■短時間就労者と短時間労働者の違い
NPO法人福祉サービスと収益課税。就労支援継続A・B型、生活介護、相談支援事業などの収益課税にかかわる研修のご案内[2019年05月24日(Fri)]
 NPO法人福祉サービスと収益課税。就労支援継続A・B型、生活介護、相談支援事業などの収益課税にかかわる研修のご案内

会員として参加している「特定非営利活動法人社会福祉事業第三者評価機構」の研修です。
関心の高いテーマですので、シェアします。

以下、案内ちらしより掲載
+++++++++++++++++++++
NPO法人福祉サービスと収益課税
就労支援継続A・B型、生活介護、相談支援事業などの収益課税にかかわる研修のご案内

研 修 内 容
2019年6月14日(金)13:30−16:30
@ 総合支援法上のサービス
講師:名古屋市障害者支援課担当官
A 最新情報 就労支援継続B型は生産事業と福祉事業
(H国税局法人審理課見解と法人税法上の取扱)  
講師:富田偉津男(現むつみ福祉会理事長・税理士)
研修場所:税理士会ビル2階ホール
 〶464−0841 名古屋市千種区覚王山通8丁目14番地
受講料:1,000円

参加申込書
申込はFAX 052-935-4534 電話1(プッシュホン) 052-935-3018 
名古屋市中区葵一丁目27-3染木第2ビル303 税理士法人あいち税経内

支部名 お名前 登録番号 備考 FAX.メールアドレス等



組織基盤強化のためのワークショップ[2019年05月24日(Fri)]
組織基盤強化のためのワークショップ

別口で、運営のことを考える人をどう発掘し育てるか、について
今日はいろいろと話をした。

はじめからすごくできる人はおらず、やりながら学ぶしかない。
どうやっても向き不向きはある。
組織が一定規模になると失敗させられないから、過保護になっちゃう。
なんて話を延々と。

で、やっぱりそういうこと一緒に考えられそうなひとと喋るきっかけを作るのが大事じゃないかと思った。

ということで、オススメです。
http://vns.or.jp/sosikikiban/index.html

申し込みフォームはこちらから

https://forms.gle/y7CBXv2g7fpeNZNi9


CFCEFBEE-9484-4D85-A6A8-B00520F95E95.png
NPOスタッフ研修をしてきました[2019年05月23日(Thu)]
本日はNPOスタッフ研修。
実際に行う交流会を題材とした学びの機会。

架空の設定より、実際のものだと
いつも以上にに活発なアイディアが出て盛り上がりました^_^
IMG_1214.HEIC

IMG_1210.HEIC
NPO法人会計力検定<入門・基本>実務と根拠の両輪ができる人材が育つ![2019年02月17日(Sun)]
NPO法人会計力検定<入門・基本>実務と根拠の両輪ができる人材が育つ!
 
日時:2019年2月17日(日)
入門編13:15−14:15
基本編15:00−16:30
場所:ウインクあいち1205

本日は試験監督でした。
テキストは販売されているものの、試験内容は非公開のためドキドキ。
(なぜ受験するわけでもないのにドキドキするのかは謎)。

事務方をやってみての感想は
この試験、もっとおススメすればよかった・・・。

・NPO法人・NPO法人会計基準
・簿記
・実務

からバランスよく出題されている。

 大きな組織であれば、会計担当者(処理する者)、会計責任者、(外部)専門家と段階を踏んで役割を分けられるけれど、小さなNPOでは1人の担当者がかなり広範な役割を果たさないといけない。そういう場合の、実務と説明や説得のための材料をもつためには、これひととおり勉強しておくことが武器になる。

 正直、難しい面も多いけれど、健全なNPO法人の運営をするとしたら、これくらいできる会計担当者がいると強い。会計力検定合格者で、性格に大きな難がなければ、NPO法人会計担当者として活躍できる場はいろいろあるとおもう。

ということで、おススメです。

次回、実践編は8月開催予定。
NPO法人会計力検定 ブログを要チェック!

追記:同じフロアで友達が別のセミナーをやっていた。元気そうな姿をみれて何より(^^♪
 (写真の時点ではもう表示されていなかったのが残念)

http://blog.canpan.info/npoatt/
IMG_0594.HEICIMG_0591.HEICIMG_0592.HEIC
元気に前に進むためのUPUPセミナー[2019年02月13日(Wed)]
元気に前に進むためのUPUPセミナー

日時:2019年2月13日(水)18:30-20:45
場所:ウインクあいち

UPUPの会とは、
いつも元気にふるまっているけど、
「これでいいのかな?」「もっとがんばらなくては」と思っている女性リーダーに向けて、
UPUP元気になってもらいながら、前に進む場所を一緒に作っていく会にしたいと思ってやっています。

いつもとちょっと違うメンバーで、いつもとだいぶ違うことをしてみました。
PDF ファイル.jpg

初回はこんなメニュー
<第1部:セミナー>
・開運のUPUP(長瀬充寛)
・平成30年間のデータ分析〜UPUPデータを振り返る〜(中尾さゆり)
 Microsoft PowerPoint - 20190213平成30年間のデータ分析数字で見るUPUP3.pdf
・ハラスメントでDownDown(武内万由美)
・アイディア発想からのUPUP(宿澤直正)

<第2部:懇親会>
ワイン酒場Edge 参加者のPRタイム他

*宿澤講師のレポートはこちらから
https://www.shukuzawa.com/report/archives/4349

【雑感】
 前半(長瀬・中尾)は外部環境、
 後半(武内・宿澤)は内からみてみる という構成。

 いつも私が企画運営するものは、NPO法人の会計税務や運営の話など、知識として知っておくことをわかりやすく伝えるというもの。
 だから、今回のような、参加者にかなり委ねるカタチは不思議な感じがする。

 ただ、ときどきはこうやって違う世界やヒトをのぞいてみるというのも大事なこと。
 参加者も多様な方にお集まりいただいたので、次は今回の参加者がプチコーナーを担当していただくとおもしろくなりそう。少し違う領域の世界を知ることで、自分の周りにできているカベを認識して次にすすめそうな気がする。そういう場がほっそりと続けられると、次のステージに行けるんじゃないかな。
 
休眠預金等活用審議会の資料を読み意見交換する会〜わからないことをわからないといって考えられる場があるのはいいことだ[2019年01月17日(Thu)]
休眠預金等活用審議会の資料を読み意見交換する会

日時:2019年1月17日(木)18:30−21:00
場所:地域資源長屋なかむら
参加者:9名

 休眠預金等活用審議会の資料を読み意見交換する会を開催しました。急遽の開催でしたが、9人の方にお集まりいただき、一緒に読み解きました。

 その際の記録をテキストマイニングしたものを張り付けておきます。

PDF ファイル-001.jpg

●個人的に印象に残ったこと
・「資金分配団体の役割は大きい」どういうひとがどういうマインドでやるか
・「現場」とは?地方(都市)で活動しているものとしてのカンカク
・一般財団法人日本民間公益活動連携機構が指定されたことで、今までの活動環境とかわっていくことは何か?
・”しがらみ”についての考え方
・一般財団法人民都大阪休眠預金等活用団体 のプレゼンが独特で興味深い

●民間公益活動を促進するための休眠預金等に係る資金の活用に関する法律」に基づく指定活用団体の指定について
https://www5.cao.go.jp/kyumin_yokin/katsuyou/katsuyou_index.html

最初の、「休眠預金等活用法に基づく指定活用団体の指定について(PDF形式:192KB)PDF」にまとめられていますので、ココから読むとよいです。
『評価』を活かした 組織づくりを考えよう  非営利組織のための『グッドガバナンス認証」制度説明会[2019年01月14日(Mon)]
『評価』を活かした 組織づくりを考えよう 
非営利組織のための『グッドガバナンス認証」制度説明会

日 時:2019年1月14日(月祝) 14:00~16:00
会 場:ウインクあいち・会議室 1007(名古屋市中村区名駅4丁目4-38)

グッドガバナンス認証制度説明会を開催しました。
はじめに、
(一財)非営利組織評価センター 業務執行理事の山田泰久氏より
制度概要について説明がありました。https://jcne.or.jp/

事例報告としては、昨年度制度説明会に参加して評価を受けた
NPO法人MOVE 理事 岩原吉治さん(http://www.npomove.net/
NPO法人フロンティア西尾 副理事長・愛知こどもの国 所長 小野田一男さん(https://www.kodomo-aichi.jp/
のお話を伺いました。

いずれの団体さんも
まずは団体内で理事会でこの評価にチャレンジすることの合意を取り、
すべて整っていたわけではないけれど、とりあえず申し込む。
不足・不備部分は指摘を受けて順次直していって認証をとった
ということでした。

また第三者の評価を受けたということ自体が団体の信用度UPに寄与し、
事業の獲得や採用についてもよい影響があったということでした。

質疑の時間では
・ベーシック評価とアドバンス評価の違い
・組織評価と事業評価の違い
といった質問も出ました。

実際に認証を受けてみたい方、
いまは特別料金キャンペーンもあります。
ぜひご活用ください。

●認証の資料等
https://jcne.or.jp/catalog/

49787666_392169341341436_6872227091287375872_n.jpg

50507951_231295587775418_4848229259195449344_n.jpg
| 次へ