CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
NPO会計・税務リクツとコツ
中尾さゆり(税理士・准認定ファンドレイザー)
NPO現場経験を活かして、バックオフィサー・経営者向けに
リクツとコツをかいています。
講師派遣実績等はこちら
お問い合わせ送信フォームはこちら
« ざっくり会計委員会 | Main | セミナーなど(参加側) »
検索
検索語句
おすそわけ、大歓迎です。
アマゾンウイッシュリスト
カテゴリアーカイブ
最新記事
<< 2019年06月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
組織基盤強化ワークショップ 2019〜「●●問題」で(笑)に[2019年05月31日(Fri)]
組織基盤強化ワークショップ 2019〜「●●問題」で(笑)に

日時:2019年5月31日(金)14:00-17:30
会場:名古屋市市民活動推進センター 集会室
(名古屋市中区栄三丁目18番1号)
主催:特定非営利活動法人名古屋NGOセンター、特定非営利活動法人ボランタリーネイバーズ
共催:パナソニック株式会社 認定特定非営利活動法人日本NPOセンター

名古屋では2回目の開催となる組織基盤強化ワークショップ、今回は名古屋NGOセンターとボランタリーネイバーズの二者で主催しました。

●基調講演「組織基盤の強化とは」
認定特定非営利活動法人日本NPOセンター 事務局長 吉田建治さん
内容は、こちらを参照
https://www.panasonic.com/jp/corporate/sustainability/citizenship/pnsf/npo_summary/2018_workshop_tokyo.html

●組織基盤の強化により組織の発展につながった事例報告
認定特定非営利活動法人ソルト・パヤタス 事務局長 井上 広之さん
https://www.panasonic.com/jp/corporate/sustainability/citizenship/pnsf/report/saltpayatas.html

・NPOの事業承継事例収集ブームの私には、これ!!
 ファンドレイジングのために支援に入っていただいたが、組織診断をして本当の課題は・・・。
 やっていくなかで、結果的にコアメンバーの世代交代が図られたという事例
 これは、今行き詰っている人には勇気がでるわ〜。

●グループワーク「組織課題を深掘りするワークショップ」
今回一番時間を使った部分
・組織の「あるある」、何が問題であるかを個人ワークで考えてみる
・グループ内シェア
・問題をひとつ選び、深掘り

・から〜の個人ワーク

●Panasonic NPO/NGOサポ―tファンドforSDGsのご紹介
パナソニック株式会社 CSR・社会文化部 主幹 東郷 琴子さん

全体進行を担当したので、あっという間の半日でした。
懇親会では、「支援者として伴走するのは、近くの中間支援やコンサルの人がいいのか、少し距離がある人の方がいいのか」というお話など、実際的なことをいろいろお聞きできました。

個人的には、「組織診断」をしてから支援に入るというところの重要性を再認識。主訴に沿って契約してやったはずなのに、入ったら違うじゃん!ということが多いので、第一フェーズとしての現状分析・組織診断の重要性をあらためて実感。

また、何か問題が起きたときにコミュニケーションとか個人の特性の問題にしがちだけど、そこではなく、「●●問題」という名をつけることによって、本質を探すというハックを発見した。もう、●●問題だけで笑えてご飯が2杯くらい食べられる体質になった。

(スタッフの感想より転記)
「組織の基盤強化」は大抵の組織の願いですね。
どんな豪華な積荷(事業)を積んでいても
舟(組織)がぼろぼろだったら
届けるべきとこに届かない、という話は印象的でした。
あと、不思議だったのは
色んな経緯、色んな規模、色んな目的をもった、
種々多様な団体から集まったみなさんの
組織に対する課題が似通っていること。
ワークショップでは
まるで1つの組織から集まったかのような共鳴、共感の雰囲気が
あちこちから流れ出ていました。
人が集まるとだいたい似たような現象が起こるんですね。
人の集まりってふしぎ。
一宮市NPOアドバイザー〜決算期につき、ほぼ満員御礼[2019年05月25日(Sat)]
一宮市NPOアドバイザー〜決算期につき、ほぼ満員御礼

日時:2019年5月25日(土)10−16時
場所:一宮市市民活動センター

本日は3月決算の5〜6月総会、事業報告書提出直前という、
切羽詰まったご相談が多くありました。

[共通の学び]
●スケジュール
監査
理事会
総会

●多桁式現金出納帳はつかえる

●所轄庁への提出物(名古屋市の場合)
・事業報告書等
・役員変更
http://www.n-vnpo.city.nagoya.jp/npo_support/npo_manage.html

●法務局(代表権のある理事の変更・重任)
※同じひとが重任する場合でも、登記は必要
http://houmukyoku.moj.go.jp/homu/houjin4.html#f_heading3

年に1回だったり、各年のことだから忘れちゃいますよね。

Microsoft PowerPoint - プレゼンテーション2.jpg
名古屋市NPOアドバイザー 初日会計相談×4件[2019年05月11日(Sat)]
名古屋市NPOアドバイザー 初日会計相談×4件実施してきました。

・新設NPO法人の会計どうする?問題
・新設NPO法人、任意団体からの引継ぎ財産の財産目録どうする?
・多桁式出納帳をエクセルで自動集計にしたよ
・イオンのイエローレシートなど、商品券をもらって買ったものの会計処理
・決算のチェック

決算のチェックは定番ですが、NPO法人会計基準協議会のチェックリストが役立ちます
http://www.npokaikeikijun.jp/topics/201405040422/
NPO・NGOバックオフィス実務スキル学習会「『財務諸表の注記』に関するミニ講義・NPO決算コワーキング」[2019年04月28日(Sun)]
NPO・NGOバックオフィス実務スキル学習会
「『財務諸表の注記』に関するミニ講義・NPO決算コワーキング」

【日 時】2019年4月29日(月・祝)10時〜16時頃
【会 場】地域資源長屋なかむら1階 共同会議室(名古屋市中村区本陣通5丁目6-1)
【テーマ】NPO決算作業(相互支援寺子屋方式)
【プログラム】各自帳簿・PC等を持ち込んで、自団体の決算作業を進めます。
【コーディネーター】森建輔(バックオフィス業務オーガナイザー)
【ヘルプデスク・講師】中尾さゆり(税理士)
【参加費】1,000 円
【参加対象】NPO法人などの社会的企業の会計に携わる担当者
【主催】東大手の会

連休中の、毎年のコワーキング。
今年は「財務諸表の注記に関するミニ講座」つき。
注記だけで1時間学ぶというマニアックな時間でした。
役員報酬の開示あたりが、みなさんの関心の高いところでした。

資料:
・「NPO法人会計基準に準拠した財務諸表作成のために重要な 6つのチェックポイント」改正基準対応版(チェックリスト)
http://www.npokaikeikijun.jp/wp-content/uploads/checkpoint6_checklist201712.pdf

・「財務諸表の注記の書き方ガイド」印刷用
http://www.npokaikeikijun.jp/wp-content/uploads/d3b9d4e15f0fdae2dd628937432913d5-2.pdf

59547946_2626496280759088_4563656691941376000_n.jpg
平成30年度第2回市民活動の推進に係る懇談会に参加しました[2019年03月29日(Fri)]
平成30年度第2回市民活動の推進に係る懇談会

日時:2019年3月29日(金)17:00‐18:45
場所:名古屋市市民活動推進センター

今回は、平成23年12月に名古屋市市民活動促進企保運方針が出されてから間もなく10年ということもあり、その施策体系と対応する事業実績についての報告、時期市民活動促進基本方針の策定について「忌憚のない」意見交換が行われました。

正確な議事録は後日となると思いますので、現時点で、個人的に大事だと思ったことメモ。

・政令指定都市である名古屋バージョンの方針をつくる意気込み

(ひと・活動環境が変わってきていることの認識)
・担い手はどこにいる?(地域福祉計画、主婦層、学生、退職者の環境変化)
・組織で動くより、個人として動く
・ひとや動き方が変わる中でのセンターの役割
・既存団体は世代交代できるか

・成果指標の設定の妥当性。数は増えても?な案件
・基礎データの開示により、事実に基づく議論ができる土台を!
 例:事業報告書等→NPO法人の収益・費用(人件費)などの金額が統計的にわかる

(前提として)
・ボランティアやNPOの入門講座への参加者数は減少している
・来館者数も減少している
・協働事例数(名古屋市内の各部局からの回答数)は増加している
会計王NPO法人スタイルを活用した決算書作成 NPO・NGOバックオフィス実務スキル学習会「NPO決算コワーキング・NPO会計相談会」[2019年03月24日(Sun)]
NPO・NGOバックオフィス実務スキル学習会「NPO決算コワーキング・NPO会計相談会」
会計王NPO法人スタイルを活用した決算書作成 

日時:2019年3月24日(日)10:00−16:00
場所:地域資源長屋なかむら

今回は、10−11時はミニ講座、その後は質疑&コワーキングでした。

 私自身の過去の経験から、「決算の時の資料を覚えてしてとっておく」ことの重要性とひな型をご紹介しました。「過去の自分に助けられる」「1年前のワタシ、すごい!」です。
決算整理資料.xlsx

資料の整理の仕方を確立させて、毎年更新していくと便利です。
東大手の会・スーパーバイザー会議[2019年02月24日(Sun)]
東大手の会・スーパーバイザー会議

日時:2019年2月24日(日)14:00−15:30
場所:地域資源長屋なかむら
主催:東大手の会

・バックオフィススペシャリストになるひとのOJT研修の報告+スーパーバイザーからのコメント

〇名古屋市市民活動センター通信
NPO法人の組織運営の手引き 総会手続編
http://www.n-vnpo.city.nagoya.jp/shisetsu/pdf/201803.pdf

NPO法人の組織運営の手引き 会員管理編
http://www.n-vnpo.city.nagoya.jp/shisetsu/pdf/201804.pdf

〇給与はどの程度厳密に部門別に計算する?
1人の人が複数事業に勤務している場合、どう集計していく?

〇団体内のチェック体制
外部の人がはいることで変化することがある。担当者の孤独。

〇外部専門家にどこまで頼んでいるのか?
消費税〜NPO・NGOバックオフィス実務スキル学習会[2019年02月24日(Sun)]
消費税〜NPO・NGOバックオフィス実務スキル学習会

日時:2019年2月24日(日)10:00−12:00
場所:地域資源長屋なかむら
主催:東大手の会

 今回は消費税率がわかること・軽減税率への対応が求められることなどをきっかけに学習会を開催しました。が、前半1時間は消費税の基礎。後半は質疑を入れながらの軽減税率のお話しでした。
 消費税の免税事業者のかたが大半でしたが、将来に向けての仕込みとなりました。

〇お品書き
消費税の納税義務者とは
消費税のしくみ
免税事業者・課税事業者(簡易課税・本則課税)、それぞれやるべきこと
消費税8%、8%(軽減税率)、10%の区分の仕方
税率の変わるタイミング
やるべきこといろいろ

〇使用資料
消費税軽減税率制度の手引き(国税庁 平成30年8月)
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/zeimokubetsu/shohi/keigenzeiritsu/01-1.htm 

消費税率等に関する経過措置について (国税庁)
https://www.nta.go.jp/publication/pamph/shohi/kaisei/pdf/01.pdf

損をしない消費税転嫁対策(中小企業庁 平成29年3月発行)
http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/torihiki/shouhizeichousa.htm

〇主な質疑の内容
・消費税の表示(税込・税抜)
・これは軽減税率対象?
・どのタイミングから10%で請求書をつくるの?いつまで8%でいいの?
起業の学校 卒業試験/卒業式〜「命の使い方」を想う場所[2019年02月23日(Sat)]
起業の学校・名古屋キャンパス第14期・通信クラス第6期 卒業試験/卒業式

日時:2019年2月23日(土)13:00−17:00
場所:潟Aクションラボ

わたしは第5期卒業生だからもう10年になるのね・・・。
本日は指南役として、事業計画書をみせていただき、指南タイムをつとめてきました。
10分×7人、一瞬でした。

時代の変化と言いますか、
わたしがお話しした方は、「社会課題発」よりも「自分発」の要素を強く感じました。
自分が人生で積み上げてきたものをどこでどう活かすか?
ということで、あなたの能力をここに持って行ったら面白いんじゃない?!という妄想タイム。
いろいろなところでお聞きするお困りごと×特殊スキル
そんな中で、ひとつくらいあたるといいな・・・
(本来は税理士だし、売上とか資金繰りとか税金の話をしないといけないかもしれないけど、物事にはタイミングってあるから、今日はこれで良し!)。

で、卒業式の「校歌斉唱♪」はやっぱり泣いてしまう。
練習の時点でハンドタオルを出して、ジワジワっとくる涙を押さえていました。

・命の使い方
・卒業したら、仲間という関係になる

そんな起業の学校のことが気になる方は、起業の学校身の丈相談会がおすすめ
http://blog.canpan.info/npo_kigyou/archive/229

〇備忘録として、今年のコメント要約
 他の指南役はいい話をしてくれますので、私は率直に「おかね」のこと話します。
 事業計画書の資金調達で「自己資金」が多く、「借入金」を書いている人は少なかったが、それは現実的か?
 今の貯金・自己資金を全部事業に使ってしまうと、事業が軌道に乗って給料をとれるまでの間の生活費がなくなってしまう。お金がないと心はすさむし、危ないものに手を出したくなってしまう。
 借入をするのは手間と感じるかもしれないけれど、最初は第三者に事業計画や資金繰りをみてもらって進めていくのも大事なこと。
 おかねのこと、事業だけでなく自分の生活資金のことも含めて考えて、進めてください。
IMG_0622.HEIC
一宮市NPOアドバイザー(+そのあともよく働いた)[2019年02月22日(Fri)]
一宮市NPOアドバイザー

日時:2019年2月22日(金)10:00−16:00
場所:一宮市市民活動センター

 本日の相談はNPO法人設立。
 リピーターできていただいている方で、申請に当たっての書類作成まで来たが、事業計画や予算はこれでいいの?というご相談。

 事業計画書はかけているけれど、活動予算書の数字と合わないので、
事業費の内訳を作成し、
その数字を活動予算書に転記してみた。

 すると、一致しない。

 事業費と管理費のどちらに書くべき項目なのか
 共通経費はどう扱うか

 といったことを整理しながらつくってみた。

 帰り際に、前回相談をして、団体に関わっている人みんなに声をかけて事業計画を考えたことで、スタッフ間の思い違いがわかってよかった、とお話しいただきました。

 組織ってつくることよりも、つくるプロセスが大事なのだとじわっと実感しました。

〇相談事業
http://www.138cc.org/event/soudan/

〇市民活動支援、投票は土曜日まで
IMG_0614.HEIC

〇その後の今日の働き
右手にソロバン・左手にロマンは両利きでないと難しい 一宮市NPOアドバイザー→猫の日→3者会議→次年度事業打ち合わせ→+相談
http://blog.canpan.info/vns/archive/766
| 次へ