CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
NPO会計・税務リクツとコツ
中尾さゆり(税理士・准認定ファンドレイザー)
NPO現場経験を活かして、バックオフィサー・経営者向けに
リクツとコツをかいています。
講師派遣実績等はこちら
お問い合わせ送信フォームはこちら
« ニュースクリップ | Main | マイナンバー »
検索
検索語句
おすそわけ、大歓迎です。
アマゾンウイッシュリスト
カテゴリアーカイブ
最新記事
<< 2019年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
スキルアップ講座INPO会計でお悩みの方 すっきり解決![2019年01月06日(Sun)]
スキルアップ講座INPO会計でお悩みの方 すっきり解決!

豊橋でNPO会計講座開催します。

日時:2019年1月12日(土)13:30−15:00
場所:豊橋市民センター2階市民活動プラザ会議室
主催:豊橋市民センターカリオンビル
申込:TEL0532−56−5160

PDF ファイル.jpg
「NPO会計・支払調書コワーキング」NPO・NGOバックオフィス実務スキル学習会[2018年12月21日(Fri)]
研修って「カイシャ」に言われていくもの?自分で選ぶもの?
NPO向けの研修が増えたり、人材育成が大事といわれるようになったけれど、

個人の「学びたい」と組織の「学ばせたい」は必ずしも一致するわけではないから、
「個人」が参加しやすい形でのNPO会計やバックオフィスの学びの場を続けられるといいなと思っている。
***********************
「NPO会計相談会・支払調書コワーキング」NPO・NGOバックオフィス実務スキル学習会

 年末調整業務もいよいよ大詰め。給与の方は終わったけど、謝金支払先の数が膨大でなかなか終わらない…そんな方もいらっしゃるのではないでしょうか。この日にすべてを終わらせて、ようやく本当のお正月が来るのかも…!? ぜひ、この機会をご活用ください。

 個別の相談に専門家が対応する相談会も同時開催します(一団体1時間まで)。NPO会計はもちろん、バックオフィスのお困りごとについてもお気軽にご相談ください。

【日時】2019年1月20日(日)10時〜16時  ※入退出自由
【会場】地域資源長屋なかむら1階 共同会議室(中村区本陣通5丁目6-1)
【ヘルプデスク】中尾さゆり(税理士)、森建輔(バックオフィス業務オーガナイザー)
【参加費】1,000円
【定員】15名

【主催】東大手の会
https://www.facebook.com/higashiote
※東海地域のNPO/NGOを中心とした民間非営利組織のスタッフ・役員で作るネットワークとして、NPO向けに研修・交流機会を提供。近年は、NPOに関する調査研究にも取り組んでいます

<申込方法> ※下記内容を、FAX または Email で連絡ください
所属団体/氏名/電話番号/Email/相談を希望する・希望しない/相談内容

<申込先>
東大手の会
FAX 052-414-4684
Email higashiote@gmail.com

※独立行政法人環境保全再生機構 地球環境基金の助成を受けて実施しています。
12/16「NPO会計・年末調整コワーキング」[2018年11月23日(Fri)]
お仕事の自習室といったところでしょうか。
年末調整など年に1回しかやらないと、いろいろ忘れてしまっていますよね。
そのようなことを、みんなで何とかする場です。

*************************
■「NPO会計・年末調整コワーキング」NPO・NGOバックオフィススキル実務学習会
いよいよ、とうとう(?)「年末調整」の季節がやってきました。年に一回しかやらない作業ということで「気が重い…」「やり方忘れちゃって、また手引とにらめっこか…」という方も多いのではないでしょうか。

そこで、「コワーキング」として、みんなで年末調整の処理に取り組む場を設けます。中尾・森による「ヘルプデスク」も利用できます。すっきり片付けて、お正月を迎えましょう!

【日時】2018年12月16日(日)10時〜16時  ※入退出自由
【会場】地域資源長屋なかむら1階 共同会議室(中村区本陣通5丁目6-1)
【ヘルプデスク】中尾さゆり(税理士)、森建輔(バックオフィス業務オーガナイザー)
【参加費】1,000円
【定員】15名

【テーマ】年末調整(相互支援寺子屋方式) ※講義、レクチャーはおこないません
【プログラム】各自帳簿・PC等を持ち込んで、自団体の年末調整を進めます。集まったみなさんで相互支援しつつ、専門家によるヘルプデスクも随時利用可能。 *税務相談、税務代理は除く。

※過去に開催したコワーキングの様子についてはこちらからご覧いただけます。
http://blog.canpan.info/higashiote/archive/161

【主催】東大手の会
https://www.facebook.com/higashiote
※東海地域のNPO/NGOを中心とした民間非営利組織のスタッフ・役員で作るネットワークとして、NPO向けに研修・交流機会を提供。近年は、NPOに関する調査研究にも取り組んでいます

<申込方法> ※下記内容を、FAX または Email で連絡ください
所属団体/氏名/電話番号/Email

<申込先>
東大手の会
FAX 052-414-4684
Email higashiote@gmail.com

※独立行政法人環境保全再生機構 地球環境基金の助成を受けて実施しています。

↓チラシは、こちらからダウンロードしていただけます
http://blog.canpan.info/higashiote/archive/272
NPO法20周年記念プロジェクト地域学習会in東海 「東海地方のソーシャルセクターの今とこれから〜NPOが創る地域の未来〜」開催のご案内[2018年10月27日(Sat)]
NPO法20周年記念プロジェクト地域学習会in東海
「東海地方のソーシャルセクターの今とこれから〜NPOが創る地域の未来〜」開催のご案内

○開催趣旨
NPO法が成立し今年で20周年を迎える今、私たちはますます複雑化・深刻化する地域の課題にどう対応していくのかを問われています。
東海地方のソーシャルセクターは創業期世代の理念と実践を次世代が継承することで発展してきています。さらに活動の担い手や志向・手法は多様化しています。
こうした現状を受けて、私たちは社会的課題の解決や社会的価値の創造のためにどう取り組むことができるのか。共に学び、考えるための学習会を開催します。

(注)ソーシャルセクターとは、民間で公益活動に取り組む組織体が担う領域をさします。具体的には、NPO法人や財団、社団、協同組合、社会的企業などが含まれます。

○開催日程
2018年12月8日(土)13時15分〜16時45分
※終了後、懇親会を開催

○会場(地域学習会)
名城大学ナゴヤドーム前キャンパス・レセプションホール(名古屋市東区矢田南 4-102-9 名城大学ナゴヤドーム前キャンパス西館2F)

○会場(懇親会)
MU GARDEN TERRACE(名城大学ナゴヤドーム前キャンパス北館1F)

○定員
99名

○基調講演「NPO法は、どう社会を変えたのか」
【ゲスト】山岡義典さん(NPO法人日本NPOセンター顧問、公益財団法人助成財団センター理事長)

○講義「市民社会の20年とこれから」
【ゲスト】岡本仁宏さん(関西学院大学法学部教授、日本NPO学会会長)

○パネルデイスカッション「東海地方のソーシャルセクターの今とこれから」
【パネラー】今井友乃さん(NPO法人知多地域成年後見センター・事務局長)
      田代達生さん(十六総合研究所リサーチ部主任研究員)
      山上敏樹さん(NPO法人子どもアイデア楽工・理事長、株式会社エデュテインメント代表取締役)
      山本由加さん(認定NPO法人しずおか環境教育研究所[エコエデュ]事務局長)
【コメンテーター】山岡義典さん
【コーディネーター】岡本仁宏さん(関西学院大学法学部教授、日本NPO学会会長)

○ゲスト・パネラープロフィール
山岡義典さん(NPO法人日本NPOセンター顧問、公益財団法人助成財団センター理事長)
1941年旧満州生まれ。都市計画の研究や実務についた後、トヨタ財団にてプログラム・オフィサーに着任、1992年フリーに。1996年、日本NPOセンター設立、常務理事・事務局長、副代表理事を経て2008年に代表理事、2012年退任、顧問に。2001年、法政大学教授、2012年退職、名誉教授に。2002年に市民社会創造ファンド設立、運営委員長(代表理事)に就任して現在に至る。2014年6月助成財団センター理事長就任、現在に至る。編著に『NPO基礎講座』『NPO実践講座』など。

岡本仁宏さん(関西学院大学法学部教授)
日本NPO学会会長、(社福)大阪ボランティア協会ボランタリズム研究所所長、大阪府公益認定等委員会委員長、(公財)公益法人協会顧問。西洋政治思想史・政治哲学の領域での市民社会、ナショナリズムの政治概念史研究と、具体的な非営利組織(公益法人、特活法人、宗教法人等)の法制度及び政治活動規制、社団の実証研究、公益認定制度論などを進めている。1955年名古屋生れ。

今井友乃さん(NPO法人知多地域成年後見センター・事務局長)
全国権利擁護支援ネットワーク・事務局長、NPO法人地域福祉サポートちた・理事、NPO法人あっとわん・理事、公益財団法人あいちコミュニティ財団・理事

田代達生さん(十六総合研究所リサーチ部主任研究員)
1976年生、岐阜県出身。1999年十六銀行入行、柳ケ瀬・名古屋の各支店、法人営業部勤務を経て、2017年9月より十六総合研究所に出向。岐阜県飛騨地域の地方創生や観光産業等に関する調査分析、課題解決や情報発信を行っている。「地方の人手不足対策」や「買い物弱者対策」など、従来のシンクタンクにはない領域を主に手がける。NPO法人ORGAN監事。

山上敏樹さん(NPO法人子どもアイデア楽工・理事長、株式会社エデュテインメント代表取締役)
前職の子ども研究がきっかけとなり、次世代を担う子どもに主体性教育を実践するために廃校を活用した施設「子どもアイデア楽工」を設立。2つのソウゾウリョク(想像性と創造性)を鍛える独自の学習法が注目されている。

山本由加さん(認定NPO法人しずおか環境教育研究所[エコエデュ]事務局長)
2007年からエコエデュ勤務。学生時代から森林環境系の市民活動に関わりつつ、NPO法成立直後に静岡県林業職員を経験。現在は社会における市民活動の可能性と、事業体としての持続可能性が両立するNPOを経営。

○地域学習会・参加費(資料代)
2,000円

○懇親会・参加費
4000円

○参加対象
NPO役職員・ボランティア、行政NPO・協働担当者、NPO支援に関わる専門家、NPO研究者、企業の社会貢献担当者、
ソーシャルセクターのあり方について考えたい市民

○主催
NPO法20周年記念プロジェクト地域学習会(東海)実行委員会

○実行委員会構成団体
NPO法人ボランタリーネイバーズ
NPO法人ぎふNPOセンター
NPO法人みえNPOネットワークセンター
認定NPO法人浜松NPOネットワークセンター

○協力団体
一般財団法人中部圏地域創造ファンド
東大手の会

○助成
公益財団法人トヨタ財団

<参加申し込み>
※下記内容を、FAX または Email または参加申し込みフォームからご連絡ください
氏名/ご所属(ある方のみ)/電話番号/E-mail/特に学びたいこと知りたい事等/懇親会 参加・不参加

★参加申し込みフォーム★
https://goo.gl/forms/nFIgZe46LsOemrfn1

<問い合わせ先>
NPO法人ボランタリーネイバーズ(担当:青木)
〒461-0005 名古屋市東区東桜2-18-3, コープ野村702
TEL 052-979-6446 FAX 052-979-6448 E-mail vns@vns.or.jp
20周年チラシ_完成_web-001.jpg

20周年チラシ_完成_web-002.jpg
モリコロ基金終了記念フォーラム(11月12日) ご参加ください![2018年10月16日(Tue)]
この件は、考えすぎて何も書けない状態である。
10年間のモリコロ基金相談コーナー、無我夢中でやってきた。

 ひとつひとつの相談で、キラリとしたものをみつけて、それを書類に文字として残して審査員に伝えるということをしていた。
 時間がたって、自己満足だったんじゃないか?人や組織を支援することなんてありえない、育つ人や組織は勝手に育つものなんじゃないか?支援っておこがましいんじゃないかとおもったりもしている。

 とはいうものの、あいちモリコロ基金の壮大な実験は一区切りなわけであり、愛・地球博理念の継承、市民の自発的な社会貢献活動、年間1.2億円もの資金が市民活動団体に投下されたことで生まれた変化(個人的には活動者・関係者への蓄積が気になっている)などをまとめておくタイミングでもある。ということで、当日は登壇させていただきます。
 
*********************
あいちモリコロ基金は、本年をもって終了します。
助成活動の結果は、応募件数3734件、採択件数1603件、助成総額約10億8千万円でした。
たくさんの応募があり、たくさんの助成が行われました。

現在、モリコロ基金10年間の成果調査が行われており、フォーラムでは、その結果を報告、モリコロ基金10年間を検証し、これからの市民活動を考えます。モリコロ基金最後の締めくくりイベントとなります。

休眠預金活用制度が誕生し、中部圏ではモリコロ基金の理念と成果を継承しようとする資金支援団体が設立され、市民活動の新たな時代が始まっています。
市民活動の発展や支援の有り様について、みなさんと一緒に考えたいと思います。
ぜひ、ご参加ください。

ここから、案内チラシ(参加申込書)をダウンロード出来ます。
2018.11.12_morikoro.doc

◆開催日時:平成30年11月12日(月)午後6時30分〜午後8時45分。
◆会場;ウインクあいち・1002会議室/150名。
     名古屋市中村区名駅4−4−38 *名古屋駅から徒歩5分。
◆主催;あいちモリコロ基金運営委員会
◆運営;NPO法人ボランタリーネイバーズ(あいちモリコロ基金サポート組織)

内容・タイムテーブル
18:30 【主催挨拶】 藤田 哲(あいちモリコロ基金運営委員会委員長)
18:35 【基調報告】 後藤澄江(あいちモリコロ基金運営委員会副委員長)
19:00 【パネル討論】 「あいちモリコロ基金の評価とこれからの市民活動」
【パネリスト】
       青木孝弘氏(会津大学短期大学部准教授)
加藤義人氏(且O菱UFJリサーチ&コンサルティング政策研究事業本部執行役員)
川合信嘉氏(一宮市職員)
中尾さゆり氏(NPO法人ボランタリーネイバーズ副理事長)
【コメンテーター】
雨森孝悦氏(日本福祉大学福祉経営学部教授)
【コーディネーター】
      小林宏之(あいちモリコロ基金運営委員)
20:45  閉会

◆参加費無料

◆参加申込(下記に必要事項記入の上、vns@vns.or.jp 宛てご送信下さい)
********************************************************
あいちモリコロ基金終了記念イベント「フォーラム」参加申込書
お名前(〇〇〇〇)
所属(〇〇〇〇〇〇〇〇) 
*氏名欄は、複数名記入頂いて結構です。
********************************************************
◆申込フォーム
https://goo.gl/forms/UAc4slYa4up1jJGS2
愛知県NPOマネジメントスクールはじまります[2018年09月07日(Fri)]
愛知県NPOマネジメントスクール、募集始まります!

今年度のマネジメントスクールは中級者向けに組み立てました。
・税務
・法務
・労務
・会計

です。初めて法務で、NPOに詳しい弁護士さん複数にご登場いただきます。
詳細はチラシをご覧ください。

ちなみに私は税務担当します。
法人税
役員報酬の定期同額
消費税(10%への税率UPや複数税率もあるしね)
源泉所得税(給与・報酬。非営利法人の税務調査ではここがみられる)
のあたりの最近増えているご相談・お困りごとで得たことをお話ししようと思っています。

https://www.aichi-npo.jp/6_oshirase_topix/2018/30_managementschool/H30managementschool.pdf

PDF ファイル-001.jpg

PDF ファイル-002.jpg

「一般財団法人中部圏地域創造ファンド(CRCDF)フォーラム “ NPO等民間公益活動への資金の流れをどうつくるか! ”」[2018年07月17日(Tue)]
2018.8.5新案内チラシ.jpg

案内をいただきましたので、掲載します。

★休眠預金等活用制度はどのような団体・活動を支援対象としているのか?
これまでのNPO活動概念とギャップがあるとの声が大きくなっています。
自分たちは対象なのか?対象でないとすればどのように改善提案出来るのか?
なども議論します。

************************************************************
「一般財団法人中部圏地域創造ファンド(CRCDF)フォーラム
“ NPO等民間公益活動への資金の流れをどうつくるか! ”」

◆NPO等民間公益活動に対して、資金助成の仕組みをつくるために!
〇あいちモリコロ基金の経験をどのように活かすのか!
〇休眠預金等活用制度をどのように活用するのか!
〇地域の資源(志)をどのように活かすのか!
NPO法の20年を振り返りつつ、これからを展望します。

◆中部圏地域創造ファンドについても、どう創り、どういう活動をするか、
みなさんと意見交換させて下さい。
多くの皆さんのご参加をお待ちします。

◆日時:平成30年8月5日(日) 午後1時30分〜4時30分(受:午後1時から)
◆会場:名古屋国際センター・別棟ホール(150名) 名古屋市中村区那古野1-47-1
*地下鉄「国際センター」駅と地下道で連絡。名古屋駅から徒歩10分程度。
◆参加費:2,000円。〈申込:先着順〉

【プログラム】
◆基調講演
講 師:萩原なつ子氏(休眠預金等活用審議会委員、NPO法人日本NPOセンター代表理事、立教大学教授)
テーマ:休眠預金等活用制度の基本方針について〜休眠預金等活用審議会での論点〜

◆パネルディスカッション
パネリスト
〇萩原なつ子氏(基調講演者)
〇松井真理子(NPO法人みえNPOネットワークセンター代表理事、市民社会研究所代表、四日市大学教授)
〇加藤義人(三菱UFJリサーチ&コンサルティング(株)政策研究事業本部執行役員)
コメンテーター
〇雨森孝悦(モリコロ基金運営委員、日本福祉大学教授)
〇鵜飼宏成(一宮市市民税1%寄付制度審査委員長、NPO法人起業支援ネット理事、愛知学院大学教授)
コーディネーター
〇後藤澄江(モリコロ基金運営委員会副委員長、東海社会学会会長、日本福祉大学教授)

◆主催:一般財団法人中部圏地域創造ファンド
◆共催:NPO法人ぎふNPOセンター、NPO法人みえNPOネットワークセンター、NPO法人浜松NPOネットワークセンター、
NPO法人長野県NPOセンター、NPO法人ボランタリーネイバーズ

★一般財団法人中部圏地域創造ファンドは、あいちモリコロ基金の後継基金として、
NPO等民間公益活動の発展を支援し地域や社会の課題を解決するために平成30年2月15日に設立。
【事務所】460-0002名古屋市中区丸の内3-5-16 愛知県林業会館2F
電話:052(228)0350/FAX:052(228)0360/Email:crcdf@crcdf.or.jp
http://www.crcdf.or.jp
******************************************************
8月5日「CRCDFフォーラム」 参加申込書
〇お名前(      )
〇所属・団体名(       )
〇連絡先電話(       )
〇Email(         )
◆必要事項記入の上、このまま返信ください。
案内・申込書は、ホームページからダウンロード出来ます。
******************************************************
【7/1浜松】数字で信頼を得る!〜NPO会計入門&会計ソフト講座 2018[2018年06月25日(Mon)]
数字で信頼を得る!〜NPO会計入門&会計ソフト講座 2018

今年もやります。
今年は午後の演習をメインに考えて、
なんでそういう会計処理をするのかを事前にリクツを学ぶような形で組み立て中。

また、NPO法人会計基準の最終改正も織り込みます。

NPOの会計担当になってしまった、やっているけれど不安が多い・やれているか心配
というかたのご参加をお待ちしております。午前だけでもOKです。
*******************
日時:2018年7月1日(日)(1)10:00〜12:00 NPO会計入門 、
             (2)13:00〜15:00 会計ソフト講座、
             (3)15:00〜16:00 個別相談
場所:浜松市福祉交流センター 21会議室
講師:中尾さゆりさん(ボランタリーネイバーズ、NPO会計税務専門家ネットワーク、税理士)
   井ノ上美津恵(浜松NPOネットワークセンター、NPO法人会計基準協議会)
対象:NPO法人のスタッフ、会計担当者、監査担当者、税理士など
参加費:資料代 入門講座/ソフト講座 それぞれ500円
        PCレンタルの場合 500円
定員:会計入門 30名、ソフト講座 10団体、個別相談会 4団体
昨年度の講座レポート:http://npocket.hamazo.tv/e7518852.html

●本年度のご案内ページ
http://www.n-pocket.jp/npo/npo/npo-seminar/present2018/
税財源×NPOがひらく市民活動のフロンティア[2018年06月13日(Wed)]
もう行政にはお金がないからNPOがジリツして頑張ってもらわないといかん、というようなことについてモヤモヤしてました。

税財源を呼び水に拓いていく取り組み、
佐賀県と名古屋市の事例を学びます。

私がコーディネーターをするので、難しくない話にしてきますから、安心してご参加ください。

■税財源×NPOがひらく市民活動のフロンティア

税を活用したNPO支援の仕組みが、全国各地で始まっています。佐賀県では、公益財団法人佐賀未来創造基金を指定してふるさと納税(佐賀県庁への寄付)をおこなうと、寄付が助成等を通じてCSO支援に活用される制度が実施されています。また、東海地方では名古屋市が、認定NPO法人等への寄附金額に応じて法人市民税を減免する「企業寄附促進特例税制」を導入しました。

今回のセミナーでは、この二つの事例についてゲストをお招きしてお話を伺い、税によるNPO支援の可能性や課題について考えます。

※CSOとは Civil Society Organizations(市民社会組織)の略で、NPO法人、市民活動・ボランティア団体、自治会、婦人会、老人会、PTAといった組織・団体のこと。

【日 時】2018年7月18日(水)18時30分〜20時30分
【会 場】あいちNPO交流プラザ会議コーナー2、3(名古屋市東区上竪杉町1ウィルあいち2階)
     地下鉄名城線「市役所」駅下車(2番出口)徒歩10分、名鉄瀬戸線「東大手」駅下車徒歩8分、市バス「市政資料館南」下車徒歩5分
【参加費】2,000円 【定 員】40名 
【参加対象】税を活用したNPO支援について考えたい方

【ゲスト】山田健一郎さん(公益財団法人佐賀未来創造基金・理事長)
・佐賀未来創造基金のふるさと納税を活用したCSO支援の取り組みについての紹介

【ゲスト】渡邉弥里さん(名古屋市市民経済局地域振興部市民活動推進センター・主査)
・名古屋市の企業寄附促進特例税制について制度説明

【コメンテーター】関口宏聡さん(特定非営利活動法人シーズ・市民活動を支える制度をつくる会・代表理事)
【コーディネーター】中尾さゆり(東大手の会・会員/税理士)

<申込方法> ※下記内容を、FAX または Email で連絡ください
所属団体/氏名/電話番号/Email/参加動機/懇親会参加・不参加

<申込先>
東大手の会
FAX 052-414-4684
Email higashiote@gmail.com

【主 催】東大手の会

↓チラシはこちらからダウンロードしていただけます
http://blog.canpan.info/higashiote/archive/244

税財源NPOか゛開く市民社会のフロンティア03.jpg
「今さら聞けない年度更新・算定基礎届の書き方」〜NPO・NGOバックオフィス実務スキル学習会[2018年05月04日(Fri)]
わたしも関わっている、東大手の会の労務学習会です。
お金も絡むことだから、やはり労務は社労士さんにきいてもらったほうがいいですよ〜♪
ということでおススメです。

■NPO・NGOバックオフィス実務スキル学習会
「今さら聞けない年度更新・算定基礎届の書き方」

 決算が終わってホッとしたのも束の間! 労働局からは労働保険の年度更新、年金事務所からは算定基礎届、専門用語がいっぱい並ぶ書類が届く時期です。これらの書類を「なんとなくやっつけ」で処理していませんか?

 毎年「自信ないけど これで まあ いっか?!」で済ませていたあなた、この学習会で「ちゃんとした書き方」を学びましょう。

【日 時】2018年6月3日(日)10時〜12時
【会 場】あいちNPO交流プラザ・会議コーナー3(名古屋市東区上竪杉町1 ウィルあいち2階)
【講 師】高木登茂子さん(社会保険労務士)
【コーディネーター】森建輔さん(バックオフィス業務オーガナイザー)
【参加費】1,000 円
【定 員】10 名
【参加対象】NPO 法人などの社会的企業の会計に携わる個人や担当者
※独立行政法人環境保全再生機構 地球環境基金の助成を受けて実施しています。

【申 込】下記内容を、FAX または Email で連絡ください
     所属団体/氏名/電話番号/Email

【申込先】東大手の会
FAX:052-414-4684
Email:higashiote@gmail.com

【主 催】東大手の会
https://www.facebook.com/higashiote
※東海地域のNPO/NGOを中心とした民間非営利組織のスタッフ・役員で作るネットワークとして、研修・交流機会の提供、調査研究等に取り組んでいます。

↓チラシはこちらからダウンロードしていただけます
http://blog.canpan.info/higashiote/archive/235


↓参加者募集中
5/24(木)東大手サロン【第28回】市民活動支援の仕事〜名古屋編〜
http://blog.canpan.info/higashiote/archive/232

6/3(日)NPO・NGOバックオフィス実務スキル学習会「今さら聞けない年度更新・算定基礎届の書き方」
http://blog.canpan.info/higashiote/archive/235

6/28(木)東大手サロン【第29回】政治学者が主権者教育に拘る理由
http://blog.canpan.info/higashiote/archive/236

★★NPOの社会的価値を考えるために分類してみた★★
http://blog.canpan.info/higashiote/archive/229