CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
NPO会計・税務リクツとコツ
中尾さゆり(税理士・准認定ファンドレイザー)
NPO現場経験を活かして、バックオフィサー・経営者向けに
リクツとコツをかいています。
講師派遣実績等はこちら
お問い合わせ送信フォームはこちら
« 「社会的インパクト評価」を活用した第1回助成申請相談会(キックオフセミナー)の参加者を募集します | Main | 相談日@一宮市市民活動支援センター »
検索
検索語句
おすそわけ、大歓迎です。
アマゾンウイッシュリスト
カテゴリアーカイブ
最新記事
<< 2019年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
名古屋市:市民活動の推進に係る懇談会に出席しました[2019年07月12日(Fri)]
市民活動の推進に係る懇談会

日時:2019年7月12日(金)17:00‐
場所:名古屋市市民活動推進センター

本日の主な議題は、次期市民活動促進基本方針の策定に向けてということで、
1)施策対象となる市民活動団体(活動)について
2)SDGsを活用したNPOと企業の協働推進の可能性について
を軸に議論が行われました。

※現在の市民活動促進基本方針はこちら
2011年12月に策定されており、「おおむね10年先まで見据えて取り組み」ということですので、そろそろ見直しを考える時期に入っているのです。
http://www.city.nagoya.jp/shiminkeizai/page/0000031371.html

わたしからは主に下記について発言しました。
・なぜ、名古屋市として市民活動を促進する施策を実施するのか?というそもそもの位置付けから考える必要があるのではないか。(そこから派生して、どんな社会を目指すかの像が先に必要とほかの委員から意見あり)
・昨年、NPO法20周年ということで各地で議論が行われた。NPOの存在意義は社会問題の解決主体というだけではない。
・資金獲得は手段であり、「なんのために」が必要。
・社会問題の解決は、行政も企業もコミュニティもそれぞれの立場でやっている。が、そこに包摂されていない人たち・課題をNPO等が担う。

 今年度、引き続き議論の場が設定されるということですので、いろいろなかたとお話ししながら、委員としての役割を果たしていきたいと思います。
IMG_1423.HEIC

この記事のURL
http://blog.canpan.info/sally_nakao/archive/3116
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント