CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
NPO会計・税務リクツとコツ
中尾さゆり(税理士・准認定ファンドレイザー)
NPO現場経験を活かして、バックオフィサー・経営者向けに
リクツとコツをかいています。
講師派遣実績等はこちら
お問い合わせ送信フォームはこちら
« レスキューストックヤードの平成30年7月豪雨 被災地支援活動募金に行ってきた | Main | 「一般財団法人中部圏地域創造ファンド(CRCDF)フォーラム “ NPO等民間公益活動への資金の流れをどうつくるか! ”」 »
検索
検索語句
おすそわけ、大歓迎です。
アマゾンウイッシュリスト
カテゴリアーカイブ
最新記事
<< 2019年06月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
第2回サードセクター研究会〜第1セクターとサードセクター農林水産行政から考える〜[2018年07月15日(Sun)]
第2回サードセクター研究会

日時:2018年7月15日(日)14:00-17:00
場所:名古屋市立大学経済学部講義室

本日は愛知県職員の方に、第1セクターとサードセクター〜農林水産行政から考える、
というお話をお聞きしました。

「食と緑の基本計画2020」における基本計画の推進については、
「NPOなど多様な主体との協働」という項目もあり、

県は、施策の推進にあたっては、NPOや企業、大学など多様な主体との積極的な連携を
図り、協働活動を進めます。

 と明記されています。これは愛知県では協働ルールブックを作成してNPOと行政の協働を進める動きがあったことも影響があったようです。
 施策の中では、「多様な担い手の確保・育成」、「幅広い世代に対する農林漁業体験の機会の提供」、「農林水産業を核とした元気な地域づくり」などでNPO等が活躍している事例があるとのことでした。

 といいつつも、NPO法の分野で”農林水産業の振興”といったものがあるわけでないから、実態が集約されにくい面もあるように感じました。事例をお聞きしていると、環境、福祉、就労、こどもなどの分野の団体が取り組んでいるようでした。

〇今日の印象に残った論点
・サードセクター側の代表性と公募委員
・施策の成果指標は総生産でよいのか。第1セクターとしての役割
・農林水産業の多面的機能(平成12年 調査)

*********************

「食と緑の基本計画2020」
http://www.pref.aichi.jp/soshiki/nourin/syokutomidori2020.html

参考:
小学生向け農業教育用資料「愛知の農業」
http://www.pref.aichi.jp/nourin/img/aichinogyo2017.pdf

「よくわかるあいちの農業 2017」
http://www.pref.aichi.jp/soshiki/nourin/yokuwakaru-2017.html

この記事のURL
http://blog.canpan.info/sally_nakao/archive/2977
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント