CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
NPO会計・税務リクツとコツ
中尾さゆり(税理士・准認定ファンドレイザー)
NPO現場経験を活かして、バックオフィサー・経営者向けに
リクツとコツをかいています。
講師派遣実績等はこちら
お問い合わせ送信フォームはこちら
« 2/1みんなで!パブリック塾〜企業との関係 | Main | 資金支援研究会〜行政の人のホンネ!? »
検索
検索語句
おすそわけ、大歓迎です。
アマゾンウイッシュリスト
カテゴリアーカイブ
最新記事
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
2/4攻めのCSR〜NPOができること[2009年02月05日(Thu)]
 インプット・ウイークの締めという位置づけとなりました。

2/4(水)「地域を育てる企業に変わる!ISO26000を経営戦略に活かすために〜」
主催:つながれっとNAGOYA、参画プラネット、地域の未来・志援センター

会議の詳細は一部でファン殺到ハート荻ちゃんのブログから入れますよ。
http://blog.canpan.info/kaizokudan/archive/3098

キーワード:
●ISO26000
持続可能な社会創造に向けて、環境保護・人権の尊重といった普遍的な社会的責任(SR:Social Responsibility)に関する行動基準を世界の組織に浸透させる。
2010年9月に発行予定のガイダンス文書
マルチステイクホルダー参加による企画作り
ステイクホルダーエンゲージメント(参加+社会的対話→前向きな妥協)

・CSRを本業へ統合することが重要
・社会的責任に取り組むメリットを示す
・中小企業向けのアドバイスも含まれる⇔中小企業だからこそやりやすいこともある!
・景気悪化とCSR
本業に統合されているものならカットにはならない。現在はCSRレポートをつくることでへとへとになっているが、そこからさきのエンゲージメント・ステイクホルダーとのコミュニケーションを重視していく必要あり。
・労働CSR

雑感:
・NPOにもSRは必要
・残業ゼロ、仕事がないときだからこそ、NPOで時間を使って社会的価値を生み出すということができるというコメントあり
→仕事以外の場で自分を必要とされることがあれば、自尊心の回復ややる気・自信が出てくるのではないか。この暗い雰囲気の世の中だからこそ、NPO活動を通じて「必要とされる喜び、人が育つ喜び、人に感謝される喜び」を経験できる場所を作るのが現時点でのNPOの使命ではないかと感じました。
この記事のURL
http://blog.canpan.info/sally_nakao/archive/253
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント