CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
NPO会計・税務リクツとコツ
中尾さゆり(税理士・准認定ファンドレイザー)
NPO現場経験を活かして、バックオフィサー・経営者向けに
リクツとコツをかいています。
講師派遣実績等はこちら
お問い合わせ送信フォームはこちら
« マイナンバー利用のスケジュール | Main | 【モリコロ基金ができるまで】全国枠と地元枠と地元関係4者 »
検索
検索語句
おすそわけ、大歓迎です。
アマゾンウイッシュリスト
カテゴリアーカイブ
最新記事
<< 2018年11月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
マイナンバー制度の個人番号とは?と本人入手時点の壁と対策[2015年08月15日(Sat)]
マイナンバー制度の個人番号とは?

(マイナンバーとは?)
マイナンバーは、ひとりにひとつずつ付与される、12ケタの番号です。

(入手方法)
・2015年10月より、             
・住民票を置いている自治体の市町村長が      
・住民票のある住所宛に、
・簡易書留により、
・世帯ごとに、
・マイナンバーが記載された「通知カード」を
送ってきます。

*住民票のある外国人(中期在留者、特別永住者等)にもマイナンバーは通知されます。
多言語での解説ページ。かえってこのほうが分かりやすいかも・・・。
http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/bangoseido/otherlanguages.html

【マイナンバー本人入手の壁と対策】
有給のスタッフの方は、フルタイム・パートタイム・バイトの身分にかかわらず、マイナンバーを把握していただく、=通知カードを確実に入手していただかなくてはならないのですが、いくつかの壁があります。

(2015年10月より)
マイナンバーの入った通知カードを短期間で全世帯に配布することはできるのか?
あまりしつこくスタッフに請求しても「まだだよ」で不安にさせてしまうかも・・・。
             
(住民票を置いている自治体の市町村長が、住民票のある住所宛に、)
住民票を置いている住所と実際に住んでいる所(居所)が違う場合は?
http://www.soumu.go.jp/kojinbango_card/08.html
1)原則として、住民票を実際に住んでいる所に移してください、とのこと。
  番号利用法の施行日(2015年10月5日)前に住民票を異動すれば間に合うとのこと

2)被災者、DV被害者、長期入院患者などは、
申請書を住民票のある市区町村に
2015年8月24日(月)から9月25日(金)までに、
「通知カードの送付先に係る居所登録申請書」を提出してください(持参又は必着)とのことです。
*学生バイトや単身者で親元に住民票を置いている人については、住民票の異動または親元からマイナンバーの通知カードを確実に入手していただくことを依頼しないといけないですね。

(簡易書留により)
ワタシ、家には寝に帰って来るだけですし、
日中に郵便局に取りにいく余裕はないし、
車もないから24時間空いている遠くの郵便局に夜中に取りに行くのも無理。
留め置きの日数も限定的なので、ちゃんと入手できるかが心配でたまりません。

早朝配達とかコンビニ留め置きとかしていただかないと、入手できない不安がありますが、そういうサービスはないですよねえ(涙)。

マイナンバー通知を受け取るための、配達日指定から〜のノー残業デイ♡とかしたほうがいいのか?

(世帯ごとに、マイナンバーが記載された「通知カード」を)
・情報弱者の世帯主宛に届いたマイナンバーの入った簡易書留の封筒を、家族が開封できるか?にかかってきますね。簡易書留の封筒にどういう印字をしておくかによりますね。とにかく、情報に強い家族が開けてもいいような作りにしてほしいです。
 でも、本当はそもそも世帯でなく個人単位で送ってほしいな(選挙のお知らせハガキは個別に来ますよね)。

【閑話休題】
 所得税法では納税地を基本、住所地。特例で居所(現在、お住まいの場所)、事務所等の所在地としています。
https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2029.htm

 学生や一人暮らしで住民票を親元においてある人にとって、どこに納税すべきか?
 個人的には実際に住んでいる自治体のサービスを使っているのであるから、そこで納税しないと負担と便益が釣り合わない、と思うのですが。

 そもそも、家を出た時点で、独立した人格であることを明確にするために、世帯を分離する。
今いる場所が自分のいるべき場所ということを対外的にも示すために、住民票を移す、
という意識はあまり一般的ではないようですね。みなさん、「実家」がお好きなようですね。

*********************************
NPO向けマイナンバー関係の講座講師・原稿執筆を承っております。
→講師・原稿依頼はこちらから
http://blog.canpan.info/sally_nakao/archive/2135
この記事のURL
http://blog.canpan.info/sally_nakao/archive/2304
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/1113325
 
コメントする
コメント