CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
NPO会計・税務リクツとコツ
中尾さゆり(税理士、評価士、准認定ファンドレイザー)です。
NPOの会計・税務に関わるリクツとコツを書き重ねています。

プロフィール・講演・執筆履歴と依頼はこちら
行政委託による無料相談はこちら(ボランタリーネイバーズ受託)
近日開催予定の講座情報はこちら
税務顧問・税務相談はこちら(長瀬充寛税理士事務所内)
ミラサポ専門家派遣はこちら

検索
検索語句
おすそわけ、大歓迎です。
アマゾンウイッシュリスト
カテゴリアーカイブ
最新記事
<< 2017年04月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
タグクラウド
中尾さゆりの
プロフィール・講演・執筆履歴と依頼はこちら
行政委託による無料相談はこちら(ボランタリーネイバーズ受託)
近日開催予定の講座情報はこちら
税務顧問・税務相談はこちら(長瀬充寛税理士事務所内)
NEWぴかぴか(新しい)講座情報のML登録:nakaosayuri+subscribe@googlegroups.com
空メールをお送りくださいぴかぴか(新しい)
2016年度の決算等をサポートしてくれるところリンク集[2017年06月30日(Fri)]
2016年度の決算等をサポートしてくれるところリンク集、随時更新中。

作成日:2017/2/5
更新日:2017/3/15、20

●講座●
調整中

●個別相談/グループ相談●
●NPO会計コワーキング(東大手の会)
日時:2017年4月30日(日)10:00〜16:00
場所:地域資源長屋なかむら
問合せ:東大手の会(higashiote@gmail.com)
東大手の会・会計労務バックオフィス部会では「コワーキング」として、みんなで決算に取り組む場を設けます。NPOに関わっていると在宅で事務仕事をすることも多いと思いますが、家にいると他ごとが気になってはかどらない。だからみんなでやろう。今回もワタシと森さん+αによる「ヘルプデスク」完備です。決算段取りのご予定にどうぞ。
http://blog.canpan.info/sally_nakao/archive/2723

●NPO事務支援相談会(大口町)
日時:2017年3月21日(火)/4月13日(木)10:00〜16:00ころ
場所:大口町民活動センター 他
 大口町の登録団体を対象に、NPOに関する個別相談会を開催します。今回は決算準備特集。

●NPOアドバイザー相談(一宮)
日時:2017年4月22日(土)10:00〜16:00
会場:一宮市市民活動センター
問合せ:一宮市市民活動センター(0586-23-8883、http://www.138cc.org/event/soudan/
IMG_6474.JPG


*******************
【終了しました】
●【NPO信頼性向上セミナー】事業報告書等の作成段取り
<名古屋会場>
日時:2017年2月9日(木)13:30〜16:30
場所:あいちNPO交流プラザ
<西三河会場>
日時:2017年2月14日(火)13:30〜16:30
場所:西三河県民事務所
<問い合わせ・申込>
あいちNPO交流プラザ(052-961-8100 npo-plaza@pref.aichi.lg.jp)

●NPO 法人のための事業報告書等作成
 NPO 法人は毎年事業年度終了後、3 か月以内に事業報告書等を提出する義務があります。法・定款に則った事業報告書等の作成の体制や計画のたて方など、会員や支援者へ報告するための報告書作成について考えます。

日時:2017年3月15日(水)10:00〜12:00
場所:名古屋市市民活動推進センター
http://www.n-vnpo.city.nagoya.jp/npoinfo/2016ad1.html

 毎年ワタワタする、年度末の事務一巡について、学びなおします。NPO法人を設立したばかりの方、新規で事務局・理事・監事として関わることになった方におススメです。
http://blog.canpan.info/sally_nakao/archive/2676

●NPO会計コワーキング(東大手の会)
日時:2017年3月20日(日・祝)10:00〜
場所:地域資源長屋なかむら
問合せ:東大手の会(higashiote@gmail.com)
東大手の会・会計労務バックオフィス部会では「コワーキング」として、みんなで決算に取り組む場を設けます。NPOに関わっていると在宅で事務仕事をすることも多いと思いますが、家にいると他ごとが気になってはかどらない。だからみんなでやろう。今回もワタシと森さん+αによる「ヘルプデスク」完備です。決算段取りのご予定にどうぞ。
http://blog.canpan.info/sally_nakao/archive/2699

●NPO事務支援相談会(大口町)
日時:2017年2月20日(月)10:00〜17:00ころ
場所:大口町民活動センター 他
 大口町の登録団体を対象に、NPOに関する個別相談会を開催します。今回は決算準備特集。

●NPOアドバイザー相談(一宮)
日時:2017年2月25日(土)、3月18日(土)10:00〜16:00
会場:一宮市市民活動センター
問合せ:一宮市市民活動センター(0586-23-8883、http://www.138cc.org/event/soudan/
NPO会計担当者は八方美人?!;一宮NPOアドバイザー[2017年04月22日(Sat)]
今日はシビックテラスでオサレさんたちがイベントをしているよこで、1日中NPO会計決算相談。

・現金過不足
・未収金、未払金の内訳と決算書への表示(会計ソフト使っていない場合は難儀)
・借入金か寄付金か
・事業費と管理費
などオーソドックスな相談が続く。
相談としてはオーソドックスであっても、うちの場合どうすればいいんだよというのはそれぞれの事情があるので、説明できる合理的な方法を一緒に模索したりする。

で、今日難しいなーと思ったのは、
「誰の顔を思い浮かべて決算書をつくるか」ということ。

●福祉系NPOでよくある、社会福祉法人会計基準的な考え方
福祉系NPOで、社会福祉法人会計基準に馴染みのある方だったりすると、事業費・人件費・事務費という区分が馴染みやすいようで、直接利用者のために使うサービス提供以外のコスト(家賃とか電話代とか)を管理費にいれるものだという感覚で処理される方がみえる。

NPO法人会計基準でいうと、ここはNPO法人を管理するコストであるから、事業を管理するコストは事業費に属するものであることが多い。

といいつつ、補助金の提出先からの要請にあわせると社会福祉法人会計基準的な区分のほうがいいのかなあと思う面もあり、、、。

●自治会の会計っぽい、昔の収支計算書の方がわかりやすいという方も
ということで、定款は活動計算書なのであるが、
収支計算書のような、◉◉事業費という書き方をしているところもある。
こちらとしてはうーむ、と思うのであるが、「会員さんにわかりやすい」ということで所轄庁提出用とは別に作っているケースも見受けられる。

●委託事業や助成元に合わせて
指定される勘定科目を使ってくる。
となると、横串さしたときに不思議な感じになることも出てしまうし、
他団体との比較可能性という点では問題あり

 それぞれのステイクホルダーに合わせた決算書を作らねばならぬのでたいへん。
それって八方美人?カメレオン?

同じ八方美人なら、「八方、どこからみても美人」を目指したい。

IMG_7018.JPG
今年は5/1(月)提出期限が多いようです:NPO法人の法人住民税減免申請[2017年04月20日(Thu)]
市税事務所や役所の市民税課・町民税課から、封筒届いてないですか?

今は、法人住民税の減免申請の時期となります。
事業年度に関係なく4月30日が提出期限ですが、今年は5月1日でOK。
そろそろ届いているようですので、提出お忘れなく。

が、これが自治体によってまちまちなのです。

●都道府県民税については、1回出しておけばよいところが多い(ようだ)

●市町村については、毎年提出するところが多いようだ
・期限内に提出しないと、減免を受けられない
・提出時に事業報告書や決算書の添付を求められたり、求められなかったり。というものの、4月末までに事業報告書や決算書が確定している(総会等の承認を経ている)のは難しい。前年度のものを提出してOKのこともある。

ということで、一律に言えませんので、気になる方はNPO法人の住所のある市町村の税務課に減免申請の方法についてご確認ください。

●愛知県の場合
・あいちNPO交流プラザのHPに県内市町村民税減免についての状況がまとめてあります。さすが。
愛知県内市町村民税減免H287_zeisei.pdf

・名古屋市の場合
下のほうの、「減免について(減免申請書)」をみてね
http://www.city.nagoya.jp/zaisei/page/0000075031.html

●こんな紙がはいっているよ、これを出すんだよ
名古屋市減免申請.jpg
預り金が合わないという悲劇を回避するたったひとつの方法[2017年04月19日(Wed)]
タイトルを工夫することで、アクセス数が上がるかの実験。

たったひとつの方法と言っても、毎月合わせとけよ^_^ということですが。
ーーーーーーーーーー
決算支援の中で結構時間を取るのは預り金問題。

なぜ適正残高にならない?!

●適正残高
◯給与の源泉所得税(税理士や社労士の報酬も)
A.月々納付(納期の特例なし)
3月控除分が残高

B.納期の特例あり
1月、2月、3月控除分が残高

◯報酬の源泉所得税(講師謝金)
3月支給分が残高※納期の特例はないよ

◯住民税
A.月々納付(納期の特例なし)
3月控除分が残高
B.納期の特例あり
12、1月、2月、3月控除分が残高

◯社会保険料
翌月払いの場合、3月控除分が残高

ずれているとしたら、
1控除額が間違っている
2納付額が間違っている
3複合型(年末調整などが間違っている)が考えられる

●じゃあ、どうすればいい?
って、月々合わせていくしかない。
1)預り金は補助科目をつけて管理
ー源泉所得税(給与)
ー源泉所得税(報酬)
ー源泉所得税(住民税)
ー源泉所得税(社会保険)
ー源泉所得税(雇用保険)←雇用保険は法定福利費で処理しているところも多い

2)給与ソフトから事業所別給与一覧表を出力しておく
紙ベースで、「これが確定」というものを残しておく

3)会計ソフトに適切に仕訳を入力する ※以下、末締翌月払いを前提
給与台帳の合計額をもとに、振替伝票で給料を入力する。
未払金計上しておくとよい

(借方)
給与手当
通勤費
(貸方)
未払金(給与)
預り金(給与の源泉所得税)
預り金(住民税)
預り金(社会保険料)
預り金(雇用保険)←法定福利費も可

4)納付書は給与台帳をみて納付金額を記載する

5)月次を閉めたら残高を確認する
未払金(給与)は給与支払日でゼロになっているはず
 なっていなかったら、給与の支給額を間違えているのかも?!

預り金(給与)は月々納付の場合、今月分だけが残っている。納期の特例の場合、1月からの分が残っている

預り金(住民税)は月々納付の場合、今月分だけが残っている。納期の特例の場合、2月からの分が残っている

預り金(社会保険料)は当月徴収分が納付されている。
社会保険事務所からくる納付予定金額のお知らせをみて、
健康保険料÷2が健康保険料と介護保険料の控除額に一致しているか、
厚生年金保険÷2が厚生年金の控除額に一致しているか確認する。
端数がずれるのはやむなし。

大きくずれていたら、控除額を間違っている可能性がある。
・社会保険料率(3月分、9月分で変わる年が多い)
・社会保険の等級(社会保険事務所からの通知された等級で控除する。毎月給与の額が変わるとしても、その都度控除額が変わるわけではない。)

賞与については賞与支払届の提出によって社会保険料の納付額が遅れていることもあるので注意。そもそも賞与支払届を出すのを忘れがちであるから気をつけよう。

ということを毎月やっていれば、合わない問題は起こらないはず。

決算で間違いを見つけたら、ここで合わせるしかない^_^

IMG_6995.JPG
痛みに対する感受性は強みになると信じたい-駒崎-チキ論争の始まりに寄せて[2017年04月18日(Tue)]
 現時点であまり大きな論争や話題にはなっていないみたいなんだけれど、昨晩から下記が気になっている。(⇒は私の要約) 
ムーブメントをつくるには、わかりやすいさや状況に応じてムードをつくるのは大事なんだろうけれど、その裏にある、排除されるものへの目線、意識高く言うと「人権」カンカクみたいなものの軽視はいやだなあと思う。異質なものを排除してつくる世界はクリーンで居心地はいいけど、そこでは「決定権を持った者」を困らせないように振る舞わないと生きていけない世界なんじゃないかな。自分が決める側にいつも居られるとは限らないわけだから、もしもの時に抑圧されないような仕組みであってほしい。
   チキさんが先日のセッション22で「けものはいても のけものはいない」で号泣、というところと相まって、痛みを経験した事のあるものだからこそのこだわりを感じている。
****************************
●駒崎弘樹氏 小児性犯罪を減らす、たった1つの方法 ⇒性犯罪歴を事前チェックできる仕組み=「日本版DBS」を創っていく他ないhttps://news.yahoo.co.jp/byline/komazakihiroki/20170416-00069995/

●荻上チキさんの疑問点(togetter)⇒監視強化の議論であるため慎重に立論すべき 「犯罪白書」の統計データなど、事実確認をもとに、それが最善策か?を投げかけるhttps://togetter.com/li/1101718

●常見陽平さんのtwitter投稿(https://twitter.com/yoheitsunemi) 常見陽平‏認証済みアカウント @yoheitsunemi ちょうど #tokyofm_timeline で佐々木俊尚さんが、例の幼児殺害報道の「決めつけ」について問題提起していたタイミングと、チキさんの駒崎さんへの指摘について知るのが同じタイミングだった件。丁寧な議論が必要だ。チキさんへの批判が長いよって話に終始しててなんだかな

ネットではウケないし、いいねもつかないし、PVも増えないだろうけど、私は「わからない」と正直に言える専門家って偉いと思うんだ。だって、無責任なこと言えないんだもん、科学的には。
⇒短めだったので引用。この前後もよい。
*************************
市町の助成金の卒業後を考える〜長久手市協働まちづくり活動助成金 平成28年度助成団体成果報告会[2017年04月16日(Sun)]
長久手市協働まちづくり活動助成金 平成28年度助成団体成果報告会

日時;2016年4月16日(日)13;30ー16;00
場所;まちづくりセンター2階集会室1

前年度の協働まちづくり活動助成金の報告会の講評をしてきました。

●他の委員の発言より、印象的だったこと=助成事業の出口はどこか?
・協働まちづくり活動助成金は3年までとなっている。「その先をどうする」かが問われる。
・その先としては、今回は市からの委託事業として継続的に実施することになったものが2件あったのは特徴的。
・委託事業として市がやっていくべきもの、民間からの参加費等の資金調達でやっていくべきものとがある

●私がコメントしたこと
◉今後の「課題」を明確に
こうなりたいという像があって、
1)○○がない、○○が不足している
2)それはなぜか?
ー自団体の努力で解決できること;時間、お金、つながりなどの資源を投入
ー自団体の努力で解決できないこと;制度、ルールの壁
3)じゃあ、どうする
課題が明確にならないと、協力を得にくい

◉「もっと参加を」「次世代」というものの
どんな人にきてほしいのか?
ー人手として、誰でもいい
ー今の運営に関わる人
ー当事者として新しい風を入れてくれる人
きてほしい人によって呼びかけ方も違ってくる

◉協働をすすめる
ーまちづくり活動助成金3年後の出口をどうする?
ー協働相手が受け止めやすい球を投げる(総合計画や自治基本条例など、協働相手である行政が意識しているものが何であるかを理解する)

◉まちづくりの課題は短期的に解決するものではない
ー原因をなくすための働きかけ(ゴミ拾い→ゴミの排出抑制)
ー理解を広める(障害、高齢、アレルギーなど)→配慮が当たり前の社会づくり

ー収益を稼ぐことをかんがえるとともに、コスト抑制を考える
・講座等のプログラムのメニュー化(毎回0から考えるのではなく、パターン化し、依頼者に選んでいただく)、セミオーダーメイド
・プログラム実施の役割分担ー人を育てることにもなる
・助成事業として実験してプロトタイプを作り、自主事業でウル

全体として、事業をやったからこそ見えてくるものもありおもしろかったです。
この学びを、協働推進のためにどう活かすことが出来るのか?
行政としては、通常の事業プラスアルファでやらないといけないことが降ってくるわけで、そこをどうやっていくか?(行政の内部の課題として、事業としてどう位置付けるか?)といったことも検討しないといけないのではないかと感じました。
17951676_1323495521031517_1079717093691776110_n.jpg
ミラサポ 専門家登録しました[2017年04月16日(Sun)]
みらさぽという、中小企業庁委託事業として、
中小企業・小規模事業者の未来をサポートするところの専門家登録をしました。
ぜひご活用ください。

https://www.mirasapo.jp/index.html

https://specialist.mirasapo.jp/consul/pro/0031000000qdmJrAAI
NPOだって災害時のBCPを考えるもんだ[2017年04月16日(Sun)]
愛知県内では、 レスキューストックヤード/Rescue Stock Yardがモリコロ基金を受けて「災害時のための市民セクター連携強化事業」を行なっている。
京都府では、災害時に相互支援の取組みを行っているとのこと。こういうこと、普段から備えておかないといけないなあと改めて思うし、何から手を付けるべきかの材料としてありがたい。

(以下、HPより)
地域課題の解決に向けて公共的・公益的な活動を行う府内のNPO等(※)に対する施策として、災害時に相互支援を行うための「災害時連携NPO等ネットワーク」の構築と事業を推進しています。また、平常時及び災害時において、NPO等に想定される様々な「リスク」の解消や軽減につながるような支援事業を検討しています。

(報告書はこちらから)
http://sicnpo.jp/kyotofu/index.html#kyotofu2017_2questionnaire
豊橋市民センターに行ってきたよ〜指定管理者の変更[2017年04月14日(Fri)]
本日は指定管理者が変更になった、
豊橋市民センターにお邪魔してきました。

4月1日に指定管理者が変更になり、大変よ〜というご様子。そんな中にもいろんな方が入れかわりたちかわり来館していました。

豊橋・地元での活動経験のあるスタッフを雇用しての再出発。これからどうなるか、また見に行きたいと思います。
IMG_6978.JPG

決算終わったら、使った資料を整理しよう[2017年04月13日(Thu)]
決算がスムーズにできるかどうかって、資料整理ができているかどうかにかかっている。
そして、去年の決算資料が整理されていて「●●ある?」といってすぐでているところは大抵、スムーズにいく。

ということで、決算のための資料のうち保存しておいてほしいものを整理。
●決算資料目次:これをひとつずつそろえていけば決算ができあがっていく
決算資料整理 目次.docx

◎上記のうち、資料取り(残高内訳一覧)
決算整理資料.xlsx

●備え置き資料
NPO法人備え置き資料.docx

●決算の流れについては下記参照
http://blog.canpan.info/sally_nakao/archive/2722

さくらのまちの桜+夕焼け
IMG_6974.JPG
| 次へ