CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
NPO会計・税務リクツとコツ
中尾さゆり(税理士、評価士、准認定ファンドレイザー)です。
NPOの会計・税務に関わるリクツとコツを書き重ねています。

プロフィール・講演・執筆履歴と依頼はこちら
行政委託による無料相談はこちら(ボランタリーネイバーズ受託)
近日開催予定の講座情報はこちら
税務顧問・税務相談はこちら(長瀬充寛税理士事務所内)
ミラサポ専門家派遣はこちら

検索
検索語句
おすそわけ、大歓迎です。
アマゾンウイッシュリスト
カテゴリアーカイブ
最新記事
<< 2017年10月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
タグクラウド
中尾さゆりの
プロフィール・講演・執筆履歴と依頼はこちら
行政委託による無料相談はこちら(ボランタリーネイバーズ受託)
近日開催予定の講座情報はこちら
税務顧問・税務相談はこちら(長瀬充寛税理士事務所内)
NEWぴかぴか(新しい)講座情報のML登録:nakaosayuri+subscribe@googlegroups.com
空メールをお送りくださいぴかぴか(新しい)
10/22(日)投票後は、NPO・NGOバックオフィス実務スキル学習会[2017年10月11日(Wed)]
バックオフィサーを養成するための基礎講座を3回開催しました。
そのふりかえりと取りこぼしを何とかする会を開催します。

また、今後バックオフィサーとして他団体の支援に行きたいという方向けにも開催します。
ぜひご参加ください。

****************************************
■NPO・NGOバックオフィス実務スキル学習会「NPO・NGOバックオフィス基礎講座フォローアップ(基礎講座の内容のおさらい)」開催のお知らせ

NPO・NGOのバックオフィスを担う人材のフォローアップのための学習会を毎月、開催します。各1テーマの専門家を講師としてバックオフィスの実務スキルを学び、参加者間で相互支援を行い、バックオフィス支援に関わる人のネットワークをつくります。

今回のテーマは、8月〜10月に開催されたNPO・NGOバックオフィス基礎講座の内容のふりかえり。講座当日には解消できなかった疑問について、講師に直接質問するチャンスです。ぜひ、ご活用ください。

また、学習会終了後に参加者と講師、参加者間の交流を深める機会として懇親交流会を催します。こちらも合わせて、ご参加をお待ちしております。

○プログラム(学習会)
【日時】2017年10月22日(日)10時00分〜12時00分
【会場】地域資源長屋なかむら・共同会議室(名古屋市中村区本陣通5丁目6番地1)
【定員】15名
【参加費】1,000円

○プログラム(懇親交流会)
【日時】2017年10月22日(日)12時00分〜13時00分
【会場】シン楽 (名古屋市中村区本陣通 5-170)
【参加費】約1,000円

【参加対象】すでにNPO・NGOでバックオフィスを担当している方、これからNPO・NGOでバックオフィスの担当になられる方、外部からNPO・NGOのバックオフィス支援に取組む方

【講師】
・中尾さゆり(税理士)
特定非営利活動法人ボランタリーネイバーズ 理事・相談事業部長。認定特定非営利活動法人NPO会計税務専門家ネットワーク 理事。NPO法人会計基準協議会 専門委員。1999年より中間支援NPOのスタッフとしてNPOの会計支援に継続して取り組み、独自の支援プログラムを開発した。数千団体のNPOの計算書類を読み込んだ経験を持ち、NPOの会計帳簿作成、会計処理、助成金の会計報告、団体の決算などについて、年間100件以上の相談に応じている。自己肯定感の育まれる社会づくり、納得のいく意思決定を支援している。

・森建輔(バックオフィス業務オーガナイザー)
信用金庫勤務を経て、NPO・社会起業の世界へ。当初は起業家を志すも、自分には「一生をかけて取り組みたいと思うテーマがない…!」と気づく。一方で経理などの事務仕事は苦にならず、整理整頓・業務効率化などには「妙に燃える自分」にも気づく。2012年頃よりNPO等の経理支援を開始し、現在は複数事業所で経理・会計・給与計算・各種庶務の処理支援・処理代行、会員・顧客管理の仕組づくり等を行っている。実際の現場で確実に業務が回るための帳票・ツールのカスタマイズを得意とする。

<申込方法> ※下記内容を、FAX または Email で連絡ください
所属団体/氏名/電話番号/Email/質問したいこと/懇親交流会へ参加・不参加

<申込先>
東大手の会
FAX 052-414-4684
Email higashiote@gmail.com


↓参加者募集中
10/22(日)NPO・NGOバックオフィス実務スキル学習会「NPO・NGOバックオフィス基礎講座フォローアップ(基礎講座の内容のおさらい)」
http://blog.canpan.info/higashiote/archive/199

10/22(日)NPO・NGOバックオフィス実務スキル学習会 「NPOのBCP(災害時の事務局対応・事業継続について考える)」
http://blog.canpan.info/higashiote/archive/200

10/26(木)東大手サロン【第22回】私が仕事と治療の両立支援を始めた理由
http://blog.canpan.info/higashiote/archive/198

10/27(金)NPO法制定の意義に学び、NPOの今日的社会価値を創造するセミナー「NPO法・施策は、地方のNPO活動にどう活かされてきたか」
http://blog.canpan.info/higashiote/archive/195
わかりやすい・活用できる講座活動資金を獲得しよう!!第1回 資金を得る方法を学ぼう[2017年10月09日(Mon)]
わかりやすい・活用できる講座活動資金を獲得しよう!!
第1回 資金を得る方法を学ぼう

日時:2017年10月9日(月・祝)13:30-15:30
場所:岩倉市民プラザ 多目的ホール
主催:岩倉市市民活動支援センター

最初に参加者に自己紹介していただいたときから、聞きたいことは多岐にわたっていた。
事務局側からはNPOの「ヒト」と「カネ」の課題に取り組んでほしい
参加者の方は、持ち出し・自転車操業からの卒業。有償ボランティアにしたいというボランティア中心の組織から、「投資」をして次のステップに進みたいという方までいろいろ。

ひととおり必要な知識はお話ししたけれど、
それぞれの人・団体に必要なところは違う。
だから、ぜひ次回の個別相談にお越しいただいて、どうやって次のステップに進むか、
「これならやれる!」というところまでご一緒したいと思った。

20171009NPOの資金調達(岩倉).pdf
資金繰り表.xlsx
2017年度 第1回全労済地域貢献助成事業に関する懇談会~「いつものこと」をどこに置くかで新しい意味になるということ[2017年10月03日(Tue)]
2017年度 第1回全労済地域貢献助成事業に関する懇談会

日時:2017年10月3日13時30分〜
場所:ホテルマイステイズ新大阪 4階会議室

全労災助成先との懇談会に参加しました。
参加者は 1歳から●歳まで幅広く、また全労災の職員(助成事業担当のみならず営業担当の方なども)も参加していました。

愛知県は申請数・採択数も他県と比較して多く、
人口割から考えたら当然という面もあるのですが、広域の助成金を「取りに行く」力のある団体が比較的多いことを再確認しました。

審査委員からのコメントとして、
青海さんからは事業展開・つながること、
岡本さんからはSNS対策のお話がありました。

私は会計の話と、どこに置くかで新しい意味を見出せること(だから懇親会だいじ)というお話をしました。

Microsoft PowerPoint - 20171003全労災助成金コメント(中尾).pdf
多桁式出納帳.xlsx

Microsoft PowerPoint - 20171003全労災助成金コメント(中尾)-006.jpg


こういうものに出席すると、
書類審査ではわからない活動の「価値」「意味」が掘り起こされたり、
参加者同士の類似の活動を比較する中で特性が見えてきたり、
あたらしい視点を入れられたりします。

場の力を感じました。
東大手の会 バックオフィス基礎研修B給与計算・労務[2017年10月01日(Sun)]
東大手の会 バックオフィス基礎研修B給与計算・労務

日時:2017年10月1日(日)13:30-16:30
場所:名古屋市教育館
講師:高木登茂子 社会保険労務士、コーディネート:森健輔氏

今日は労務。
まず森さんから、NPO特有の論点「給与?謝金?交通費?業務委託費?」を整理。

本題は、高木登茂子先生の「給与計算事務の実務を身に付ける!」

ひたすら!給与計算!!!
雇用契約書、扶養控除等(異動)申告書、出勤簿から、給与明細書を作成する!!

+レクチャー
・本日2017.10.1〜最低賃金が上がりましたよ、を各県の方言で教えてくれます。
https://pc.saiteichingin.info/kakunin/?focus=0

 時給だけでなく、日給の人も最低賃金を割っていないかチェックしてくださいね。

他にも業務をもれなく・間違いなくやるためのポイントをたくさん教えていただきました。
起業の学校13期前期終了試験の指南役をやってきた―「こだわり」「めんどくさいひと」の先に特異性があると思っているから極めてほしい。[2017年09月30日(Sat)]
起業の学校13期前期終了試験の指南役をやってきた―「こだわり」「めんどくさいひと」の先に特異性があると思っているから極めてほしい。

日時:2017年9月30日(土)13:30-16:30
場所:愛知学院大学 名城公園キャンパス アガルスタワー6階 2604教室

私が起業の学校を卒業したのは第5期と8年前。
今回は指南役ということで、起業プランについて「指南」するというお役目をいただきました。10分×7人の個別指南。あっという間の時間で、終わった後は燃え尽きました。

●プレゼン・質疑で気になった点(私からの質問の着眼点)
・ご本人の問題意識、こだわりは?
・サービスの対象者の絵が浮かぶか?どこにどのくらいいるか?
・サービス対象者の出口(Before-Afterが想像できるか?)
・現在ある類似サービスとの相違点(既存のものの何が不満か?自分の特性は?)
※税理士という立場であるが、数字以前のところに関心が行く。お金はその次に考えるしかない。

●講評・振り返りでは下記の3つについてお話ししました。
@ 事業or活動? 「こだわり」に妥協しないことで特異性がでる
A どこに身を置くか?
―事業主―生業
    −副業
―雇用者(企業内起業)
B 今日は通過点→学んだ・悩んだことは血肉になっています。

●8年ぶりに自分の事業プランを見た
過去はだいたい黒歴史なので卒業以来、事業プランをみていなかったのだが、見直してみると8年たってだいぶ思い立っていたような形になってきている。これはプランが実現したともいえるし、想定の範囲内でしか物事が起こっていないともいえる。
 ただ、あの時まとめて、ボス(税理士事務所所長)にみせたことで、少しずつお互いの頭に残って何らかの形で実現したということなんだと思う。

 やっていることは8年前に考えたことと変わらない。だが、8年間のいろいろな経験の中で、どういう社会をつくるために誰と組んで何をするのか?ということはだいぶブラッシュアップされてきた。当時は自分のことでいっぱいいっぱいだったけれど、だんだん自分の妹たち・弟たちみたいな人と出会って、「私の役割」を考えるようになった。

 それ以前に、事業計画では自己開示していた・想いを書けていたことに驚いた。いろいろ忘れていたけれど、わたしが起業の学校にいたときは、そこそこ心の氷が解けていたようだ。

ということで思わぬ機会をいただいて、いろいろ思い起こしました。
IMG_8362.JPG

無脳薬ミュージシャンへの愛のオシウリ・クラウドファンディング応援中[2017年09月27日(Wed)]
モリコロ基金採択事業の
打楽器セッション、ラップ講座に参加し、
音楽って「たっのしー!」「おっもしろーい!」とハマり、
頼まれてもいないのに愛のオシウリ・コメント。
自分自身の心が動くこと自体に驚いている。
ココロのヨロイがアツイ人・カタイ人はいちど松 信友 (Shinsuke Takamatsu)さんに会うといいと思う。私はココロや涙腺のコリをほぐされているから。宝くじ10枚の値段(3000円)から参加できます。呑み会1回スキップすればOKくらいの値段。

https://readyfor.jp/projects/13263/announcements/63891

ぜひぜひご一緒に応援して、ライブ見に行きましょう!

クレジットカードでなく、銀行振込決済もできます。
All or Nothingといって、目標金額(145万円)に1円でも足りないと今までの応援はなかったことになってしまいます。ということで、わたしのココロを動かしたSHINSUKEさんのライブを自分の大事な人たちと一緒に見に行きたいので、応援してもらえると嬉しいです。楽しみを分かち合いたいです。

●モリコロ基金採択事業の様子
あつまれ!発達凹凸 今日からキミもミュージシャン「音楽は爆発だ!」
http://blog.canpan.info/sally_nakao/archive/2785
平成29年度保険料額表、9月分10月払いより変わります[2017年09月25日(Mon)]
厚生年金保険料率:平成29年9月分〜適用から、
18.300%にかわります。

団体によって、
9月分10月払いの給与から変えていたり
9月分9月払いor10月分10月払いの給与から変えていたり、それぞれのタイミングがあると思います。
給与計算時、ご注意ください。

http://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat330/sb3150/h29/h29ryougakuhyou9gatukara
NPOマネジメントスクール〜広報〜織田さんのキラーフレーズ百連発「おかねを集める講座には人は来るが、ひとを集める講座には参加者が来ない」[2017年09月22日(Fri)]
NPOマネジメントスクール〜広報〜織田さんのキラーフレーズ百連発「おかねを集める講座には人は来るが、ひとを集める講座には参加者が来ない」

日時:2017年9月22日(金)13:00−17:00
場所:あいちNPO交流プラザ
講師:織田元樹氏(ボラみみより情報局 代表)

今回は織田さんのキラーフレーズ100連発。もうこれだけでおいしいかったです。
内容は広報なんですが、NPOならではの魂が伝わってきました。

・広報はLove me
・NPOはプロにはない大きな強みを持っている
・100本ノック。手がキャッチフレーズを運んできてくれる。
・ほかの人が広報してくれるんですよ(焼き芋プロジェクト・切り目の入ったチラシ)。
・完成させずに参加者が手伝う機会をつくる
・ムチャぶりをして巻き込む
・おかねを集める講座には人は来るが、ひとを集める講座には参加者が来ない。
・お金がなくても仲間がいれば何とかなる
・模倣から入る。できる人といると、できるようになる。
・プロの人が高いレベルに引っ張っていってくれた。そのうち飛び越えていける。
・今できないことを気にしなくていい。
・人が人を成長させてくれる。仲間を大切にしてほしい。
・僕はスマホを使っていない。やりやすい・戦えるやり方を考える。


同じ内容の講座が岡崎でも開催されます。
いまならまだ申し込み可能です。
日時:2017年10月18日(水)13:00−16:00(16:00−17:00個別相談あり)
場所:西三河総合庁舎
https://www.aichi-npo.jp/5_NPO_shien/1_aichiken/8_management/management_index.html

(現物を使った説明はわかりやすかったです)
IMG_8286.JPGIMG_8288.JPG
スタッフ研修「相談力UP」第3回相談のこんな場面〜@活動を立ち上げる〜 スタッフ研修「相談力UP」第3階相談のこんな場面〜@活動を立ち上げる〜 [2017年09月19日(Tue)]
スタッフ研修「相談力UP」第3回相談のこんな場面〜@活動を立ち上げる〜

日時:2017年9月19日(火)9:30−12:30
場所:みよし市民活動サポートセンター
主催:(N)あいちNPO市民ネットワークセンター
企画運営:(N)ボランタリーネイバーズ
講師:水野真由美さん(Nagoyaコミュニティ研究所)

今回は活動を立ち上げるお話を題材に、相談力UP研修を開催しました。
基本講義では
少し長めの自己紹介&なぜ活動を始めるにいたったか?
市民活動が立ち上がっていくプロセス〜SKIPでの経験を軸に〜
というお話を伺いました。

ケーススタディでは「思うところがあり、何かしたい!」という相談への対応をしました。
実際の市民活動センターでの相談場面を想定し、
事前に相談予約が入ったところまでを説明。
「この人が来たら、どう質問しよう」という「質問リスト」をつくる(個人作業→グループ共有)
それをもとに、実際のケーススタディ。私は相談者役を演じる。

個人作業の時から、けっこうすらすらとペンが進む。
グループ内での質問事項共有も、「ああ、そういう視点もあるのね。」といい感じ。
で、実際に模擬相談。みなさん「思い通りにすすまない。」といいながらも、前回よりもリラックスした雰囲気で、ひとつひとつ確認をしていった。

最後に、参加者から・相談役から・水野さんからの気づきのシェア。
・相談者本人のこともきこう
・どうしたいのか、具体的にきいて固めていこう
・協力者になりそうな人を紹介してあげるといい
・相談に乗るには知識が不足
・1回ですべて答えなくてもよい。信頼関係を作って少しずつ進んでいけばよい
・それが答えなのか?本質的な問題意識まで掘り下げる必要があるのでは?

いろいろ出てきました。

回数を重ねるにつれて、「相談」に対する心のハードルが少しは下がった気がします。ひとりの特別な人がやるのではなく、チームで対応する。いちどに答えを全部言うのではなくて、一歩ずつ固めていく。こういうことの土壌づくりが少しずつ進んでいる気がします。
NPOマネジメントスクール(労務基礎)〜ウチに合うルールを作るということ[2017年09月14日(Thu)]
NPOマネジメントスクール(労務基礎)〜ウチに合うルールを作るということ


日時:2017年9月14日(木)13:00−16:15
場所:あいちNPO交流プラザ
講師:加古 朗・社会保険労務士

今回の講義は4点
1) 有償ボランティアについて
2) 最低限の労務管理(雇用契約書・法定3帳簿)
3) 各種保険制度
4) 雇用に関する助成金

前半は、労務で迷う・トラブルになるのはルールがないから。
ウチの法人に合うルールを決めておきましょう!という話。労働条件通知書でどう書いておくか?という実務的なお話が多かった。

後半は、人を雇うといろんな保険に入らないといけないが、それうまく使えてる?という話。
労災保険給付、雇用継続給付、育児休業給付、介護保険給付、傷病手当金、キャリアアップ助成金など。

そして、ちょこちょこ入っている小ネタ。
・最低賃金が上がる2017.10.1〜時給871円(愛知県)。まだこのペースで上がる
・501人以上を雇用する企業の社会保険適用範囲の拡大
・副業解禁
などを合わせて考えると、社会保険の適用範囲は拡大していく方向があるため、それに対してどう準備しておくか?

ということで、わかっていそうでわかっていないところをフォローできた。
これは資料だけでは伝わらない。もう1回あるので、ぜひご参加ください。おススメです。
愛知県マネジメントスクールH29chirasi.pdf

●講座案内
次回は2017年10月12日(木)13:00-16:00@西三河総合庁舎 です。
【申込・お問合せ先】
あいちNPO交流プラザ(愛知県県民生活部社会活動推進課NPOグループ)
〒461-0016 名古屋市東区上竪杉町1 ウィルあいち2階
пF052-961-8100 E-mail:npo-plaza@pref.aichi.lg.jp

Microsoft Word - 愛知県マネジメントスクールH29chirasi-001.jpg
| 次へ