CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年05月22日

私だけでしょうか?

石英脈を見ると落ち着かないのは私だけでしょうか?

崎原から20km程離れた,美しい海岸。
s-sIMG_5292.jpg

ここで,地層の表面に石英の脈を見ることがあります。
s-ssekiei.jpg

大昔にこの地層のすきま(断層)に高圧・高温の石英を含んだ水
(熱水鉱床といわれます)が入り込んできた可能性があります。

s-sIMG_5492.jpg
近くにはこのような石が落ちていることがあります。
空洞があいていると言うことは,
空洞の中に水にとけていたものの結晶が発達する可能性があります。

※ 小学校5年生【理科:もののとけ方】で学習できますよ!

懐中電灯などで照らして,近くで観察すると・・・。
s-sIMG_5482.jpg

ほら!!

s-sIMG_5490.jpg

【水晶】と表現するか,
【石英の結晶】と表現するかはその人次第です。
(明確な定義はありません。)
ssIMG_5484.jpg

※ 地層を直接叩く事は出来ません。
  (特別な許可が必要です。)
このような地層は奄美大島がどのようなでき方をしたのか
調べるのにとても貴重な手がかりとなりますね。
posted by 長ア at 09:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然

小さいけれど,オシャレ!

校舎に迷い込んできた,アマミルリモントンボ。
小さいけれど,色がオシャレ!

s-201905211.jpg

s-201905212.jpg

写真撮影の後は森に返しました。


 ※ 南方新社【昆虫の図鑑・最終と標本の作り方】は
   一生使える図鑑ですね。
(勝手に)尊敬しています,南方新社さん!
posted by 長ア at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然