廃校再生サミット 廃校再生サミット/山口
CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
第1回廃校再生サミット/山口 2016年6月17日開催しました。

第2回廃校再生サミット開催します。 [2017年04月10日(Mon)]
今年は岩国市美川旧河山小学校で開催します。4月21日(金)


第2回チラシ表.jpg
規約 [2016年08月14日(Sun)]
廃校再生サミット/山口 規約
1.名称
廃校再生サミット/山口
2.事務局
 山口県山口市大内御堀4044-8(博友舎内に置く)。
3.目的
山口県内では、毎年廃校が増えると共にその活用が地域コミュニティーの場として注目を集めています。そこで、多くの皆様と情報交換を通じて課題や問題を共有することで解決を図り、さらなる活用方法を模索すると共に、自立した地域活動をより強固なものにします。
4.事業
 目的を達成するために次の事業を行う。
@ 年1回のサミット開催
A 規制改革に向けた提案
B 会員の人、もの、情報を共有したイベントの開催
C 会員各地域の問題解決のための会議の開催
D 情報発信のために会報誌の発刊 
E 廃校リスト(データ)の作成及び情報収集
5.会員
 会員及び賛助会員の資格は、本会の目的に賛同し会費を納めた者とする。
6.会費
 会費は、年額一口3,000円とする。
7.役員
会長1名、副会長1名、会計1名、監事1名とする。役員は、原則として総会で選び任期は2年として再任を妨げない。欠員を生じた場合役員会で補充し任期は前任者の残り期間とする。
8.会議
会議は、総会及び役員会とし、総会は年1回会長が招集し会員の過半数(委任状を含め)を持って成立する。役員会は、必要に応じて会長が招集し過半数を持って成立する。会議の議決は出席者の過半数以上をもって行う。
9.会計
経費は、会費・寄付金・補助金などで補う。会計年度は、4月1日から翌年3月31日までとする。会計報告は総会で行う。
10.規約改廃
 規約の改廃は総会で行う。
≪附則≫
1.入会申込規定
 入会希望者は、年会費を添えて事務局へ申し込む。
2.会費納入規定
 会員は年会費を納付し、退会においては未納金を完納すること。
3.規約の発効日 第1回目の総会の日時より発行する。
平成28年6月17日より発効
主意書 [2016年08月13日(Sat)]
「廃校再生サミット/山口」設立趣意書

山口県内では、毎年廃校が増えると共にその活用が地域コミュニティーの場として注目を集めています。そして、廃校が生まれる背景には、人口の減少があります。これは日本が抱える課題と通じるものです。この問題に取り組むことで、地方から日本が元気になる仕組み作りを模索したいと思います。

田舎には、多くの課題を抱えながら校舎を再生させ活用して地域を元気にする活動に取組んでいる方々がいます。その「校舎」は人々が集う場として相応の施設を有していました。「教室」「給食室」「グランド」「体育館」・・・ただし老朽化が進む中、耐震化や白アリ対策、規制の壁など多くの課題を抱えています。

そこで、皆様と情報交換を通じて課題や問題を共有することで解決を図り、さらなる活用方法を模索すると共に、自立した地域活動をより強固なものにできないかと思い、「廃校再生サミット/山口」を設立する運びとなりました。

 この会を広めるために、山口県の枠にとらわれずに、多方面からの参加を呼び掛けます。田舎にこそ日本の宝が埋まっているのです。多くの皆様のご参加をお待ちしています。


平成28年6月17日  
廃校再生サミット/山口
会長 中村 久
Posted by 國安 at 01:06 | 主意書 | この記事のURL