CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

にいがた自立生活研究会

The Study Association
    of Independent Living -Niigata

にいがた自立生活研究会は、
すべての人の自立生活を実現することを目指し、様々な分野の人々との情報交換や交流を深めることによって、より暮らしやすい地域社会の構築に寄与することを目的に、活動をしています。
【キーワード】自立生活、新潟
【 設  立 】2002年5月18日
連絡先・役員名簿→プロフィール へ
開催シンポジウム一覧→バイオグラフィ へ
 ⇒シンポジウム内容については
  ブログカテゴリー・シンポジウム

●ご連絡は、
 メールでいただけると助かります。
 →こちらから。
●規約、入会案内などについては、
 ”研究会の概要”をご覧下さい。







プロフィール

にいがた自立生活研究会さんの画像
カテゴリー(内容)
<< 2017年08月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新コメント
まるさと
やれることを、それぞれが (11/19) 堺・自立をすすめる障害者連絡会
やれることを、それぞれが (11/19) まるさと
歴史的 (09/07) さくらたまご
歴史的 (09/07) まるさと
今年は大観光交流年:「天地人」など (04/20) 堺・自立をすすめる障害者連絡会
今年は大観光交流年:「天地人」など (04/17) 堺・自立をすすめる障害者連絡会
今年は大観光交流年:「天地人」など (01/07) まるさと
新潟にはこんな文化もある (11/17) まるさと
新潟にはこんな文化もある (11/07) さくらたまご
新潟にはこんな文化もある (11/03)
最新記事
リンク集
http://blog.canpan.info/sail_niigata/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/sail_niigata/index2_0.xml
柏崎・刈羽訪問の報告 [2007年09月19日(Wed)]
既に、ゆめ風基金さんが、見やすい報告をアップしてくださっていますが、
こちらのブログにも、ご報告を。

■9月11日は、自立生活センター新潟の当事者スタッフ及び他スタッフ(非障がい者)、
 ピープルファースト新潟のメンバー、ウレシパ(親の会)が、
 ゆめ風基金のお見舞金(第2次)を手渡し、交流を深めてきました。

ピープルファースト新潟の代表、伊藤裕一さんからの報告・感想です。
「お見舞金を渡してきました。
 家がくずれていて、痛々しいなぁと思って、お見舞い金をわたすだけ、わたしてきました。
 お見舞金をすごくよろこんでいて、そのお金を利用して、
 (壊れたところを)直しますと言ってくれたことが、うれしかったです。」

▼お見舞金を渡しました:「喫茶めぐ」(2007年9月11日)



 ▼崩壊家屋:トライネットのお隣
  (2007年7月27日)











【ゆめ風基金・振込先】
郵便振替口座 00980−7−40043 ゆめ風基金
特定非営利活動法人 ゆめ風基金
〒533−0033 大阪市東淀川区 東中島1−14−1
電話:06−6324−7702 FAX:06−6321−5662
 ※特定非営利活動法人「ゆめ風基金」のホームページ
やれることを、それぞれが [2007年09月13日(Thu)]
中越沖地震のことが気になって、
(”気になる”という、フレーズ「も」、CIL新潟・ほっとスペース内で流行っていますが。
 他、”固まった”や、定番の”怒ってるぅ〜?”、などなども、変わらずに流行っています)
このブログをご覧になっている方々も、多いかと思います。
更新が滞っていて、すみません。

自立生活センター新潟では、中越沖地震については、
現段階では、次のような取り組みを行いました。

■ゆめ風基金さんと協力して、現地の現状把握と、お見舞金の手渡し。
 ○7月27日、8月16日-17日は、現地の状況が把握できていないことや、
  道路状況、及び、猛暑のことを鑑み、非障がい者のスタッフが現地に行きました。
 ○9月11日は、当センターの当事者スタッフの他、 ピープルファースト新潟のメンバー、
  ウレシパ(親の会)、当センタースタッフ(非障がい者)が、
  お見舞金(第2次)を手渡し、交流を深めてきました。

■新潟県福祉移動サービスネットワークでお世話になっている、
 「トライネット」さんへの学生ボランティアの募集を、にいがた自立生活研究会他の
 ネットワークを活かして行いました。
   結果として、一人の応募でしたが(他、単発でのご協力あり)、
   呼びかけに際しては、各方面、様々な方にご協力いただきました。
   誠にありがとうございました。

個人的には、前の中越大震災の時には、思うように動けなかったのですが、
今回は、各人の持ち味で、できる限られた範囲ではありますが、
ささやかながらも、動くことができたのではないかと思います。

それも、一つには、災害以前に、”顔がわかる”ネットワークの基盤があったからだと思います。
(それは、ウチだけではなく、あちこちで聞かれた話でした。)
まさに、災害時には、日頃の活動、ネットワークが力を発揮することが、実感されました。

地震は大変なことではありますが、ここでできた”縁”もあるわけで、
また、活動の幅を広げることで、今後の”復興”に、なんらかの寄与ができればなぁ、と、思います。

さしあたりの中間報告でした。
活動経過 [2007年08月07日(Tue)]
すっかり、更新が滞ってしまいました。
■7月27日(金)、柏崎・刈羽を回ってきました。
■トライネットさんの学生ボラの募集に協力をしています。
とりあえず。
募金のお願い [2007年08月07日(Tue)]
募金のお願いです。
--------------------
追記 2007.8.7.
ゆめ風基金さんが、いくつかの作業所・グループホームに、「見舞金」の決定(第一次)を
して下さいました。ありがとうございます。
皆さま、今後も、募金のご協力、どうぞよろしくお願い致します。
--------------------

■ゆめ風基金
自立生活センター新潟としては、今回の新潟県中越沖地震に関する募金については、
ゆめ風基金に、集約することにさせていただきます。
  ※2004年の中越大震災の折にもお力をおかりしました。

【ゆめ風基金・振込先】
郵便振替口座 00980−7−40043 ゆめ風基金
特定非営利活動法人 ゆめ風基金
〒533−0033 大阪市東淀川区 東中島1−14−1
電話:06−6324−7702 FAX:06−6321−5662
 ※特定非営利活動法人「ゆめ風基金」のホームページ

なお、ピープルファーストの仲間からも、次のような呼びかけが始まっています。

ピープルファースト北海道の土本さんからのよびかけ
  新潟県中越沖地震のカンパ活動をピープルファースト北海道は
  7月21日(土)にやっていくことを みんなで確認をしていくことになり
  困ったときはお互いさまだし、いつどこでもおきる台風、地震に対して
  ピープルファーストジャパンとして全国の仲間によびかけていくことと思います。
  きもちがある仲間が一人でも多くがカンパ活動をしていくことと思います。
  自分たちができることで、各地元でやっていくことです。
       2007年7月18日(水) ピープルファースト北海道 土本秋夫

 このカンパのお金は、ゆめ風基金にすべて渡します。
 地震がおきて、今困っていることを、誰に伝えていっているのか、
 誰に支援をしてもらっているのか、
 不安な気持ちを1日も早く解決していくことじゃないかと思います。
   ※直筆報告と札幌駅前緊急カンパ活動のよびかけ文

カンパ活動の報告(2007年7月23日)


新潟県中越沖地震ボランティア活動基金
  2004年の中越大震災を契機に、NPOなどを中心として、
  「がんばろう!新潟」というMLが稼動していました。そこからの情報です。
  平成19年7月16日に発生した新潟県中越沖地震の被災者を救援するために活動する、
  NPOやボランティア団体を支えるための基金が開設されました(開設者:新潟NPO協会)。
  詳しくは、基金のブログを、ご覧下さい。

新潟県中越沖地震義援金
  新潟県が開設している義援金です。
  毎日新聞では、「義援金伸び悩む」「04震災の3分の1」と
  報道されています(2007年7月20日、新潟版)。

--------------------
皆様のお心使いや、ボランティア、物資の提供も、大変、ありがたいものですが、
お金も、また、実質上、大変、助かるものだと思います。
何しろ、腐りませんし、時間をせまりませんし、何にでも化けてくれます。
ご負担のないところでの、お気持ちで充分です。
あなたが、いいな、応援したいな、と思うところへの募金を、どうぞよろしくお願い致します。

――――――――――――――――――――――――――
投稿年月日:2007/07/21 08:20;ブログトップから記事への変更2007.9.19.
新潟県は広いのです [2007年07月21日(Sat)]
前にも書いたことがありますが、新潟県は、広いのです。長いのです。
ということで、あまり地震の被害・影響がなく、
日々の活動が続行しているところも、もちろんあります。

ということで、自立生活センター新潟では、今年度の自立生活プログラム(ILP)、
魚沼・自立生活プログラムは、本日、7月21日(土)から、予定通り、スタート、です。

魚沼にお住まいで、今回、サブリーダーを努めてくださり、ILPの準備もしてくださった、
Yさんは、「こっちは、ちょっと揺れたが(中越大震災の時とは、全然違った)、それほどでもなかった。」「最初、むしろ、新潟市、大丈夫かな、津波にならないかな、と、思った」と
話されたそうです。
それを受けて、リーダーのMさんは、「津波警報がずっとなってたよ(Mさん、ご自宅、海近くです)。でも、大丈夫だったから、安心して。」と、話されたそうです。

以上、7月18日(水)午後に、予定通り、魚沼に打合せのために出かけていったMさんの話を、
そのときは、通常通り、大学で授業をしていた事務局Mが、
Mさんから伺った話を元に、報告いたしました。
【募集】募金:ゆめ風基金 など [2007年07月21日(Sat)]
募金のお願いです。→ブログトップに移動しました(070724)
状況など [2007年07月20日(Fri)]
下記記事の最初の投稿時刻:2007/07/17(火)15:01
--------------------

とりあえず、ですが、
新潟県福祉移動サービスネットワーク
(↑開店休業のブログ:動きを止めてるわけでは、無いのですが)
などで、お世話になっている方々から、現地の状況がUPされております。

新潟県地域生活支援ネットワーク
   ▲順次、更新中(2007.7.19.追記;鯒さん、お疲れ様です)

理事長日記 NPO little-life
   ▲トライネットさんへの支援が始まっています走る
    (2007.7.19.追記;片桐さん、くれぐれも、お体には、気をつけて!)

また、ブログトップにもご案内しましたが、新潟県庁のHP、
新潟県・平成19(2007年)新潟県中越沖地震関連情報
では、障害者の被害や支援について、被害状況や支援状況についても、
順次更新、とのことです。
   ▼障害者等支援については下記(2007.7.20追記)
     新潟県 障害者等支援


なお、くれぐれもお願いしたいことは、
以上のブログの中に、連絡先も掲示されていますが、
個別の施設・団体への連絡・問合せは、
よほどの緊急事態や、具体的な提案がない限り、
ご遠慮いただければ、と、個人的には思います。

現地は、目の前のことだけで、大わらわの状態と思われますから。
また、電話もつながりにくくなっております。

歯がゆいこととは存じますが、”現地の様子が知りたい”ということであれば、
さしあたり、上記で紹介されている内容・ブログで、まずは、ご容赦ください。
(写真なども掲載されております)

にいがた自立生活研究会へのメールメールは、こちら から
ゆめ風基金 [2007年07月19日(Thu)]
ご心配、ご連絡を、あまりに早くいただきすぎて、
このブログへの掲載をしそびれておりました困った
す、すみません・・・

特定非営利活動法人 ゆめ風基金のことです。

ゆめ風基金については、また、追って、と思いますが、
とりあえず、上記のHPをご覧ください。
H&Dエデュケーショナル [2007年07月19日(Thu)]
にいがた自立生活研究会関係の動きです。

前の中越大震災のときに、当研究会の会員MLを媒介として、
携帯メールを使った安否確認システムの構築につながった、
NPO法人H&Dエデュケーショナル
迫さんが、柏崎市内の避難所を回ってこられました(7/17)。
  →NPO法人H&Dエデュケーショナルのブログ

そこから、安否確認などについての、現地をバックアップするデータ整理についての協力要請が研究会ML内でありました。
それに早速応えてくださった方もおられましたので、支援活動につながっていくと思います。

■特定非営利活動法人 H&Dエデュケーショナル〜同団体のブログより〜
   当会は障害や、不登校等の問題、在日外国人の子供達等マイノリティの子供達を
   支援する非営利組織です。
   平成13年から活動を開始し、これまで主に重度の聴覚障害を持つ子供達の
   支援活動を続けて参りました。
日本財団のブログ一覧 [2007年07月19日(Thu)]
新潟市は、通常の日常生活で(これはこれでまた、ギャップ・違和感がありますが)、
日常業務・スケジュールが継続しております。
そのため、昨日(水曜日)は、ブログ更新ができませんでしたが、様々、動きが入ってきています。
順次、お知らせしたいと思います。
(が、このように日常業務との兼ね合いでのペースになります。ご容赦ください。)

というわけで、本日(7/19)は、いろいろと、取り掛かっていく予定ですが、その前に。
(・・・地震関係以外のことも・・・)

このブログも場所をお借りしている、日本財団のコミュニティサイトで、
新潟県中越沖地震 市民活動情報はこちら
と、リンク一覧が掲載されております。
また、
CANPANブログ(日本財団ブログ)のトップページでは、
最新記事がわかります。

※改めて、様々なレベルの情報が必要ですね。
 昨日(7/18)は、講義(非常勤講師)の日だったのですが、
 ある学生さんから、実家が柏崎なのだが、道路の状況はどうだろうか?と、質問されました。
 とりあえず、新潟県のHPに、県警とのリンクがあると思うので(←今、確認したら、ちょっと違ってましたが、交通情報はありました)、そこを最初に押さえて、他、いろんな人や団体が動き始めているから、ブログなどで、状況確認をするといいんじゃない、と応えたところです。
| 次へ