CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

にいがた自立生活研究会

The Study Association
    of Independent Living -Niigata

にいがた自立生活研究会は、
すべての人の自立生活を実現することを目指し、様々な分野の人々との情報交換や交流を深めることによって、より暮らしやすい地域社会の構築に寄与することを目的に、活動をしています。
【キーワード】自立生活、新潟
【 設  立 】2002年5月18日
連絡先・役員名簿→プロフィール へ
開催シンポジウム一覧→バイオグラフィ へ
 ⇒シンポジウム内容については
  ブログカテゴリー・シンポジウム

●ご連絡は、
 メールでいただけると助かります。
 →こちらから。
●規約、入会案内などについては、
 ”研究会の概要”をご覧下さい。







プロフィール

にいがた自立生活研究会さんの画像
カテゴリー(内容)
<< 2017年08月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新コメント
まるさと
やれることを、それぞれが (11/19) 堺・自立をすすめる障害者連絡会
やれることを、それぞれが (11/19) まるさと
歴史的 (09/07) さくらたまご
歴史的 (09/07) まるさと
今年は大観光交流年:「天地人」など (04/20) 堺・自立をすすめる障害者連絡会
今年は大観光交流年:「天地人」など (04/17) 堺・自立をすすめる障害者連絡会
今年は大観光交流年:「天地人」など (01/07) まるさと
新潟にはこんな文化もある (11/17) まるさと
新潟にはこんな文化もある (11/07) さくらたまご
新潟にはこんな文化もある (11/03)
最新記事
リンク集
http://blog.canpan.info/sail_niigata/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/sail_niigata/index2_0.xml
歴史的 [2009年08月29日(Sat)]
いやぁ〜,すごいのなんのって,びっくり仰天ですよ,日本文理高校! 祝☆準優勝!!

日本各地で水害や地震が相次ぎ,大変,遅まきながら,お見舞い申し上げます。

ここ数年,新潟は災害が相次ぐなど,暗い話題が多かった。

しかし,やってくれました,日本文理の快進撃野球。今年は国体があり,大河ドラマ「天地人」があり,災害復興で後回しにされていた県立野球場もでき,その年に甲子園での文理の大活躍は,ちょっとできすぎのような気がしますが。

で,”新潟歴”が浅い居住者の方々は,いくらあの感動の決勝があるにせよ,なんで,ここまで,県民・新潟もんが大騒ぎをしているのか,首をかしげるわけですが。例えば,地元紙「新潟日報」なんか,四強に残って以降の紙面の扱いが尋常じゃなかったですからね。一面どころか,通常はTV欄の面まで使った見開きの全面レイアウトの新聞なんて,初めてみましたよ(^^ゞ

それというのも。
甲子園で新潟県勢がベスト8に残るだけで,大事件なくらい,今まで高校野球は弱かったのです。で,たま〜に1〜2回勝っても,結局,最後はかなりの得点差をつけられて負けてしまうという繰り返し。

それが,今年の文理の堂々たる戦いぶり。そして,新潟関係者ではなくとも,思わず,どっちが勝者かわからなくなってしまう,9回表の驚異の追い上げ。
これが,興奮せずに,おられましょうか。

また,県外出身の選手も,若干,いるようですが,関川村出身のバッテリーに象徴されるように,”オール新潟”みたいな感じも,応援せずにはいられない。

文理高校の前を(凱旋式の前に)チラッと通りましたが,「おめでとう!準優勝」の垂れ幕の,”準”の字の小さいことといったら。もう,あちこちのお店に,「おめでとう」ポスターは貼ってあるわ,セールを始める店舗はあるわ,まるで優勝したかのような賑わいに,新潟は沸いております。
大学共同企画お弁当 [2009年06月02日(Tue)]
当研究会の現代表および事務局Mが所属しております,新潟医療福祉大学は,いろんなことに熱心な大学でして。事務局Mは,この四月からお世話になっているのですが,地元にいながら,こんなに熱心な大学だとは,失礼ながら,存じ上げませんでした。

そんな熱心さが生んだプロジェクトの一つ。
『7種の野菜を美味しく食べる彩りDO〜N』弁当が,
新潟市内セブンイレブン101店舗での販売中!
by 健康栄養学科3年のセブンイレブンお弁当プロジェクトチーム & セブンイレブン

他学科さんの取り組みではありますが,「すごぉ〜い,買いに行こう!」と思いましたので,こちらにもご案内する次第です。

--------------------
追記 2009.6.4.
その後,実際に食べてみました。『7種の野菜を美味しく食べる彩りDO〜N』弁当。
美味しいですし,リーズナブル!
お勧めです!!

今年は大観光交流年:「天地人」など [2009年01月05日(Mon)]
今年もよろしくお願い致します。

年初め,恒例の”新潟”のことネタです。

はじまりましたねぇ〜,「天地人」
個人的には,戦国モノは良く分からず,既に来年(この次)の「龍馬伝」の方が気になっているものの(いやいや,その前に「龍馬伝」の演出家による劇場版「ハゲタカ」なんですけど)。
新潟県人として,観ないわけにはいかない「天地人」。
第1回目だけでは,面白いかどうかは,様子見って感じでしたかね。
妻夫木クンは,大いに期待できそうではあります。

で,タイトルバックを見て思ったこと。
そうか,魚沼地方では,の風景になるんだなぁと。
新潟市・新潟の心象風景は,海・川や,だだっ広い越後平野なんですよね。
東京(の田舎)にいたときには,海と川がなつかしくて,仕方なかったですからね。
が,新潟にもどってきてから,遠くに山々を眺めて,案外,山があるんだなぁと,改めて思ったくらいです。
・・・新潟・越後は,広い・長い!

きっと,直江兼続の”魚沼”や,上杉謙信の”上越”は,ひとくくりに”新潟”とされるのは,ホントは,嫌なんじゃないですかね。

2009年,新潟は,国体やら何やらがあり,「2009新潟県大観光交流年」でございます。
新潟にはこんな文化もある [2008年10月27日(Mon)]
写真:古町芸妓の舞いやぁ〜,初めて料亭なるものに行きましたが,さらにまた,いいモンみせてみらいました。古町芸妓の舞です。
・・・ま,でも,お昼の席でアルコールもないのですけどね。
(席をまわっていた”お姐さん”も,「お酌がないと,やりずらいわぁ〜」と,言ってました。)
「新潟まち遺産の会」の町歩き・シンポジウムのお知らせに,「行形亭(料亭)でのお昼(普段よりお手ごろ価格)」につられ,参加して,とってもトクしました。
なんでも,新潟は,昭和初期には,京都・祇園,東京・新橋と並ぶ,三大花街と呼ばれていたのだそうです(そ,そうだったのか・・・)。

この催しは,純粋に一参加者として,よく内容を把握せずに,ふらふら参加したわけですが,盛りだくさんで,充実した一日でした。
最近,倉敷に行ってきて,う〜む,新潟は今一つなんだよなぁと思ったものですが,撤回。知る人ぞ知るになっているのが,かなりもったいない場所がたくさん。砂丘館なんて,今度,お茶しに行こうっと。
新潟県まちなみネットワークの総会があったり。
そしてそして,最も大事な件!
「旧斎藤家・夏の別邸」(まち遺産の会のWebページ他,ブログもあり)のウワサには聞いていたけど,素晴らしい庭園をみて,こりゃ残さなきゃいかんでしょ,と,納得したり。
お庭やお屋敷の素敵な写真は,「旧斎藤家・夏の別邸の保存を願う市民の会・公式ブログ」の中の,例えば,「8月23日一般公開直前の写真」。ぜひ,ご覧下さい。
ここでは,こんなに街中にあるのに,この佇まい!の一枚を。

▼日本庭園の向こうにNEXT21が見える

新潟といえば、雪ですが・・・ [2008年01月08日(Tue)]
新潟出身というと、県外の人から、大抵、言われることの一つ。
「雪、大変でしょう〜 冬は2階から出入りするの?」

・・・いえ。
新潟市は、積雪はございません!(今、現在)
前にも書きましたが、海近くの新潟市の冬の厳しさは、
雪ではなく、です。
そして、冬中つづく、どんより天気。(これは、住んでみないと、わからないと思う。)
あたしゃ、傘(それもビニール傘)は、どうせ、壊れるので、持ちません。
(・・・その前に、あちこち、置き忘れるから、という説もある。
 車依存症になっているから、という説も。)
実用的なコートを選ぶ基準:防水バッチリ+フード付き
(ぬれて大丈夫なら、青島コートも、なかなか良いのだが)

おそらく、県外の皆さんは、このような景色を想像するのだと思いますが、
(この様子は上越で、新潟市より南というのが、また、誤解を生じるモトなのですが)
これは、山の方の話しで、日本海の海近くは、それほど積雪はないのですよ。

新潟市街地は、暮れも、せいぜい雨だったし、実家近くでは、
”さすが、新津(旧市)は、ちょっと雪あるなぁ”とは、思いましたが、
(川を越えると積雪量が違う、というのは、新潟市近辺での常識)
うっすらと田んぼが白くなっている程度で、正月には消えてきました。
この白鳥たちの写真と、同じ状況です(写真は12月撮影)。

ということで、新潟県は広い・長いのです! ネタでした。

新潟県の地域分けは、南から、
 上越(じょうえつ)、中越(ちゅうえつ)、下越(かえつ)、となっています。
 (新潟市は、下越)
 これは、京都からみた、上(かみ)と下(しも)です。
 ほら、越前、越中、越後、でしょ。
 また、上越新幹線は、「上州」「越後」新幹線の略で、「上越」であり、
 (東京都国立市が、「国分寺」「立川」から、「国立」となっているのと同様)
 新潟県”上越”地方は、通っていないのです。
 だから、中越地震で、上越新幹線が止まっちゃったのです。
まちと言葉 [2008年01月03日(Thu)]
年始年末は、時節柄、”新潟ネタ”が増えますね。
以下、事務局M家族の正月の一コマ。

弟(東京都区内、在住)は、帰省すると、必ず、「イタリアンを食べに行く!」と、騒ぎ始める。
ということで、イオン新潟南ショッピングセンターに行くことに。
私は、その時まで、まだ足を踏み入れたことがなかったのですが・・・

どうせ、ジャスコでしょ、と、侮っていました。
弟、曰く、「一企業が、こんな、なんでもあるの、作っていいのか!?」。
ありゃ、ちょっとした”まち”ですね。大丈夫なのか、万代シテイ、古町!
たまの帰省なので、”新潟らしいところ”を重視したい弟と、
(「みかづきの位置付けが間違っている!(軽んじられている)」と憤慨する弟)
あの店がどうの、この店がああの、と、母が楽しく紹介している店は皆、県外資本で、
帰省客・観光客と、在住者とのギャップが明白で、面白かったですが。
(母は、ホント、フツーのおばちゃんなので、反応がわかりやすい)

ま、”なんでもある”を、うまいこと、利用させてもらって、
実は買い物には興味がなく、わざわざ出かけるほどではないけど、
行くんだったら、「マリと子犬の物語」が観たかったワタクシは、
買物部隊の弟と母とは、別行動ができて、助かりました。
(ウチは、家族全員が血液型B型で、恐ろしく、皆がマイペース。
 ちなみに、この日、父は、でかけるのをおっくうがって、留守番だった。)

「マリと子犬の物語」は、別に感想を書いているので、ここでは一つだけ。
登場人物が、”ガーガー言って”いないのは、はたして吉か凶か。
・・・災害を普遍化して描く、ということでは、”吉”なんでしょうが、
(設定の変更=子役の登場といい、うまいこと、商業ベースにしますよねぇ)
やはり、ちょっと、さみしかったな、私は。

当然のことながら、弟は、”ガーガー言っている”CMを知らないので、
帰ってから(でかける前だったかな?)、ネットで見て、ウケてました。
また、とある忘年会で教えてもらった、”新潟弁着メロ”も、バカウケ。
(ほんとは、母の携帯に入れてあげたかったのだが、機種が合わずにダメだった)
新潟弁講座のCDは、県外からのお客さんの送迎の車中には、
もはや、欠かせないアイティムとなっています。
(この第一弾も、たしか、いつだったかの正月に、”イタリアンを食べたい弟”と、
 そのついでに、BSNまで買いに行ったのだった。
 だって、母親が「(CDが)店頭に、ない、ない」と嘆き悲しんでいたのですもの。)

お国ことばを楽しんだ正月です。
なお、長岡周辺の”ガーガー”と、新潟弁は、全然、違うのです、念のため。

※こう書くと、なんか、すっごい、きょうだい仲が良いように見えますが、
 正月くらいしか会わないため、めずらしいからネタになっているだけです。
今年もよろしくお願い致します [2008年01月03日(Thu)]
新年、明けましておめでとうございます。
今年は、日本福祉のまちづくり学会が、新潟で開催されます(8月31日〜9月2日)。
実行委員長の林豊彦先生(新潟大学工学部・福祉人間工学科)をはじめ、当研究会のメンバーも、様々、関わることになるかと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

ところで。
昨年、新潟らしい風景ということで、田んぼでお散歩中の白鳥の写真を掲載しました。
・・・が、ボケボケ写真でした。
暮れ・正月に、実家でグダグダしていたら、父が自慢げに見せた写真の方が、確かに写りが良いので、改めて、新潟市郊外にうようよいる、白鳥の姿を紹介します。
(元のデジカメ写真は、もっときれいなんですけどね・・・)

1.田んぼでお食事


2.さて帰るか


3.ねぐら(瓢湖あたり?)に、もどるぞ〜

新潟には美味しいもの・新潟ならではの食べ物がたくさんある [2007年11月21日(Wed)]
当初、講演会終了後、直ぐに帰る予定だった野沢和弘さんを引き留めたのが、
へぎそばと、地酒(八海山と久保田)。
(へぎそばのお店は他にもあり、私の好み・思い入れがあるのはこちら。)

また、山崎まさよしの新曲?※(笑)にも唄われたのが、みかづきのイタリアン
ライブで即興でつくった曲のこと。

他、新潟の人は、普通に、疑問なく、美味しく日常的に食べているけれども、
新潟離れると、お目にかかれない美味しいものは、実は、結構ある。
かきのもと(食用菊)とか、卵とじじゃないカツ丼とか(一般的にルーツはここと言われていますが、ウチはこっち)。
夏の定番・ななめ棒が印象的な桃太郎とか、祭の定番ポッポ焼きとか(下越地区)。

言葉といい、食べ物といい、結構、地方色ってあるよね、と思います。
とり? [2007年04月11日(Wed)]
研究会本体の記事が更新されず、「”新潟”のこと」ばかりが続いて恐縮ですが・・・

いやもう、びっくり。
なんなんだ、あのダチョウの群れは!?
(しかも、携帯カメラを向けると寄ってくる、馴れ馴れしさは何!?
 白鳥さんたちと、えらい違いだ→ 2007/01/03の記事をご覧下さい)


な、なんで、鶏が放し飼い?


さて、ここはどこか、といいますと・・・
道の駅 豊栄  の裏手にある、ダチョウファームでございます。


皆さん、ご存知でした? 
私は知らずに、免許の書き換えの帰りに、前からちょっと気になっていた、道の駅・豊栄にふらりと立ち寄っただけなんですけど、こんな不思議ワールドに遭遇できるとは!
なんだか、今日は、朝、メールを開けたらドカっといろいろ入っていたり、
(それ以降も、ドカドカ、入っているのですが)
まぁ、いろいろとゴタゴタしていたり(これは、いつものことか・・・)、
お約束で、免許の写真は、いやだぁ〜、これを5年も身分証明書に使うのぉ〜という代物だったり、
もう、いやんなっちゃう・・・だったのですが、
なんだか、驚きのあまり、すっかり、元気になりました。

なお、
なんてダチョウは人懐っこいんだ(ごめんね、餌やらずに)、と思っていたら、
注意書きに、
めがねや、カメラなど、光るものに突進してくることがあるので、ご注意ください。
といった内容があり、
・・・納得。
(メガネはかけていますし、携帯はシルバーの上にハーフミラーでキラキラしてますし)。

政令指定都市 [2007年04月04日(Wed)]
2007年4月1日、新潟市は、政令指定都市になりました。
それに伴い、当研究会の事務局がある、自立生活センター新潟の住所も、
新潟市西区
となりました(→プロフィール、修正しました)。

大きければいいというものでも、
都会がいいというわけでもありませんが、
しばしば、”田舎にひっこんでいる”とか、
(キケンな場所ネタを披露すると)”新潟は意外と都会だ”と、言われるわけですが、

新潟市は、県都であり、政令指定都市 でございます!!!
ついでに言うと、開港5港の一つでもあります。

加えて、海はすぐ近く(いいですよ〜、今日も、通りがかりにちょっと海を眺めて和みました)、
日本最長の信濃川が市街地ど真ん中に流れている、
なかなか味のある地方都市です。

| 次へ