CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

にいがた自立生活研究会

The Study Association
    of Independent Living -Niigata

にいがた自立生活研究会は、
すべての人の自立生活を実現することを目指し、様々な分野の人々との情報交換や交流を深めることによって、より暮らしやすい地域社会の構築に寄与することを目的に、活動をしています。
【キーワード】自立生活、新潟
【 設  立 】2002年5月18日
連絡先・役員名簿→プロフィール へ
開催シンポジウム一覧→バイオグラフィ へ
 ⇒シンポジウム内容については
  ブログカテゴリー・シンポジウム

●ご連絡は、
 メールでいただけると助かります。
 →こちらから。
●規約、入会案内などについては、
 ”研究会の概要”をご覧下さい。







プロフィール

にいがた自立生活研究会さんの画像
カテゴリー(内容)
<< 2017年08月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新コメント
まるさと
やれることを、それぞれが (11/19) 堺・自立をすすめる障害者連絡会
やれることを、それぞれが (11/19) まるさと
歴史的 (09/07) さくらたまご
歴史的 (09/07) まるさと
今年は大観光交流年:「天地人」など (04/20) 堺・自立をすすめる障害者連絡会
今年は大観光交流年:「天地人」など (04/17) 堺・自立をすすめる障害者連絡会
今年は大観光交流年:「天地人」など (01/07) まるさと
新潟にはこんな文化もある (11/17) まるさと
新潟にはこんな文化もある (11/07) さくらたまご
新潟にはこんな文化もある (11/03)
最新記事
リンク集
http://blog.canpan.info/sail_niigata/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/sail_niigata/index2_0.xml
【終了】2013年6月30日 シンポジウムのご案内 [2013年06月07日(Fri)]
下記のシンポジウムは終了しました。
参加者は44名でした。ありがとうございました。

――――――――――――――――――――――――――
下記の通りシンポジウムを開催いたします。
今回は、会場の関係で定員50名とさせていただきます。
お手数ですが、次のページで参加申込をお願いいたします。
Webページでの申込が難しい方は、メールあるいはFAXでお願いいたします。
メールあるいはFAXでお申し込みの方は、お名前とご所属等をお知らせください。
(お名前は必須、ご所属等は可能な範囲で結構です。)

申込ページ
↓クリックしてください。
にいがた自立生活研究会 2013初夏のシンポジウム

--------------------

にいがた自立生活研究会 2013初夏のシンポジウム
障がいのある生徒・学生の修学支援について考える

2013年6月30日(日)
とき:午後1時〜(午後3時終了予定)
ところ:新潟市総合福祉会館 408・409号室
参加費:無料 ※資料代等、ご協力いただけると助かります。

■プログラム
12:30 受付開始
13:00 特別講演
  中邑 賢龍(なかむら けんりゅう) 先生
  (東京大学先端科学技術研究センター)
  「特別支援教育はこのままでいいのか? スマホやタブレット時代の教育の意味」
14:00 休憩
14:10 話題提供
  青木 学 氏(新潟市議会議員)
  「アメリカ留学で得たもの」
14:20 座談会
  「障がい者の高等教育を進めるには」
  中邑賢龍、青木 学
  司会:林 豊彦
15:00 閉会

▼特別講演 概要
 誰もがICTツールを使いこなす時代の中で、障害のある子ども達も大きく活動のチャンスが広がっていると言える。その一方で、ツールを教室や試験で活用することに抵抗を示す教師も多い中でその能力を発揮できないままでいる。
 次の時代に進むための特別支援教育の在り方を述べてみる。

■講師などプロフィール
▼中邑 賢龍 先生 プロフィール
 1984年4月香川大・教育学部助手、1986年10月香川大・教育学部助教授、2005年4月東京大・先端科学技術研究センター特任教授、2008年4月東京大・先端科学技術研究センター教授。
 心理学・工学・教育学・リハビリテーション学だけでなく、デザインや芸術などの研究者も参加し、学際的、社会活動型アプローチによりバリアフリー社会の実現を目指している。

▼青木 学 氏 プロフィール
 1966年5月20日生まれ。小学校6年生の時、失明。新潟盲学校中学部、高等部を経て、京都外国語大学英米語学科卒業後、米国セントラルワシントン大学大学院に留学。1993年卒業後、通訳や家庭教師を務めながら市民活動に参加。
 1995年「バリアフリー社会の実現」を掲げ、市議選に立候補し初当選を果たし、障がい者の立場から、様々な差別や偏見などによってその人の道が閉ざされることのない社会、「バリアフリー」社会の実現に向け全力を尽くされています。

【終了】20121014 自立研シンポジウム(障害者虐待防止法・堀江まゆみ先生) [2012年09月28日(Fri)]
下記、シンポジウム(講演会)は、盛会のうちに終了いたしました。
参加者は(受付名簿上)、59名でした。
ありがとうございました。

--------------------

下記のようにシンポジウムを開催いたします。
ご興味・ご関心のある方の多くの参加をお待ちしております。

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
   PandA‐J (Protection & Advocacy Japan)代表堀江まゆみ先生が語る
     10/1障害者虐待防止法施行!私達がすべきことは?
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

■日時 2012年10月14日(日)
    午後1時30分〜(午後4時30分終了予定)
■場所 新潟大学駅南キャンパス「ときめいと」講義室
   (「プラーカ1」2階  ジュンク堂さんの上です)
※手話通訳・要約筆記(手書き)あり

【内容】
本年10月1日より、いよいよ障害者虐待防止法が施行されます。しかし、法施行直前おいても、全体としての進捗状況が見えないこと、事業所においても、リスクマネジメントの観点からのみ捉える傾向が強く、この法律を好機として障害福祉サービス事業から不適切な対応を一掃していく取り組みを展開していくスタート地点に立っているとは、まだまだ言えない状況下にあるように思います。

かかる中、10月14日(日)に、日本における障害者の権利擁護活動を最先端で担っているPandA‐J (Protection & Advocacy Japan)代表の堀江まゆみ先生をお呼びし、法施行後2週間目の全国の現状を含め、“今、それぞれの場所で、私達が何をすべきか?”を存分に語っていただくことになりました。

全国の現場実践に立脚したお話や提言は、一人でも多くの皆さんに聞いていただきたい内容です。
時節柄ご多忙の折、誠に恐縮ではございますが、一人でも多くの皆様に足をお運びいただければ幸いです。よろしくお願い申し上げます。

【参考】 PandA‐J(Protection & Advocacy Japan)

※資料代等、ご協力いただると助かります。
※参加をご希望の方は、下記に申し込みください。当日参加も大歓迎です。
《問い合わせ・申し込み先》
FAX:025−374−3883
E-mail はこちらから

▼チラシ
20121014.JPG

【終了】2011 秋のシンポジウム [2011年10月30日(Sun)]
下記シンポジウムは、無事終了いたしました。
懐かしいお顔あり、また初めてのお顔あり、さまざまなフィールドからご出席いただくことができ、良いシンポジウムになりました。
ご参加くださいました皆様、ありがとうございました。
参加者数:32名(自立研会員13名,会員外19名)

講師の黒岩海映さんからは、まず、世界や国連、日弁連の取り組みなどの紹介がありました。そして、障がい者の定義、差別の起きる場面、直接差別・間接差別・関連差別・合理的配慮義務違反などを具体例を交えてお話頂きました。

遁所さんからは、千葉県や岩手県、北海道、さいたま市などの条例での差別の定義の違いやキーポイントについての説明がありました。続いて、新潟市の障がい者施策推進協議会のこれまでやこれからのスケジュールなどについてお話頂きました。

後半は竹田代表のコーディネートによる、お二人のお話を受けてのディスカッションがあり、会場からはいくつかの感想や意見が出され、講師にお答え頂きました。

地域で、自分のフィールドで「だれかの必要を私のあたりまえに」していくために、これから何をすれば良いか・・・を考える良い機会になりました。

改めて、講師の黒岩さんと遁所さんにお礼を申し上げます。
ありがとうございました。

記:品田(事務局長) 2011.11.13.

-------------------
下記のようにシンポジウムを開催いたします。
ご興味・ご関心のある方の多くの参加をお待ちしております。

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
     にいがた自立生活研究会 秋のシンポジウム
        だれかの必要を私のあたりまえに
          「障害者差別禁止法を考える」
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

日時 2011年11月13日(日)
    午後1時〜(午後4時30分終了予定)

場所 新潟大学駅南キャンパス「ときめいと」講義室
   (「プラーカ1」2階  ジュンク堂さんの上です)

講師  黒岩海映弁護士
    遁所直樹


□プログラム
 13:00 受付開始
 13:30 シンポジウム開始
  □黒岩海映弁護士様よりお話
障害者差別禁止法に向けての日本の現状と課題について
  □遁所直樹様よりお話
新潟市における「障がい者差別禁止条例」制定に向けての現状と課題
について
  □ディスカッション
    障害者差別禁止法に向け、今、私たちは何を知り、何をする事が出来
    るのか?
 16:30 終了

※資料代等、ご協力いただると助かります。
※参加をご希望の方は、下記に申し込みください。当日参加も大歓迎です。
《問い合わせ・申し込み先》
FAX:025−374−3883
E-mail はこちらから
手話通訳・要約筆記あり

【終了】ミニシンポジウム 2011年5月14日 [2011年04月28日(Thu)]
にいがた自立生活研究会ミニシンポジウムご案内

障がい者が必要な支援機器を使える社会に
〜新潟市障がい者ITサポートセンターの挑戦〜

■日 時:2011年5月14日(土)13:30〜16:00(終了予定)
    13時〜受付開始
■会 場:スペースBe(新潟市西区寺尾2−25 TEL 025-268-7000)
■参加費:無料

講演者:林豊彦さん
(新潟大学工学部・福祉人間工学科教授、新潟市障がい者ITサポートセンター長)
山口俊光さん
(新潟市障がい者ITサポートセンター支援員、新潟大学大学院自然科学研究科特任助手)

【講演者よりメッセージ】
パソコン・インターネットは、移動やコミュニケーションに障がいをもつ人にとっても、コミュニケーション、情報の収集・発信、社会参加、雇用などにとって必要不可欠な福祉機器となっている。
しかし現状は、それを使うべき障がい者が機器を知らないだけでなく、その周囲の関係者も知らないため、せっかくの機器が有効利用されていない。
仮に使いたいと思っても、それを支援する仕組みが社会にないために、使うことも難しい。
その解消をめざして、新潟市障がい者ITサポートセンターを3年前に開設した。
課題が大きいだけに、そう簡単には解決できないが、当センターの哲学、社会戦略、これまでの取り組み、および今後の展望について熱く語りたい。

[会場案内図]
【終了】福祉住環境ネットワーク会議全国大会in新潟 [2010年03月08日(Mon)]
掲載がとてつもなく遅くなってしまいましたが,去る2009年12月5日(土)-6日(日),「第9回 福祉住環境 ネットワーク会議 全国大会in新潟」が開催されました。
2日目の公開シンポジウムは,当にいがた自立生活研究会も共催しました。
内容は,下記のとおりです。

基本的には,福祉住環境コーディネーターの皆さんのネットワーク会議で,当研究会のメンバーでもある「築宅(ちくたく)」さんが,今大会の事務局だったご縁での共催となりました。
いつのまにか下記公開シンポジウムのパネリストのみならずコーディネーターまで勤めた横山代表はじめ,当研究会メンバーの何人かは,1日目の懇親会から参加し,様々な情報交換が行われたとのことです。

■日 時 2009年12月6日(日) 10:00〜12:00
■場 所 万代シルバーホテル
■テーマ 「地域発・福祉の“ものづくり”」
 基調 講演:ウィルアシスト・代表 秋元 幸平 様
 パネリスト:にいがた自立生活研究会・代表(新潟医療福祉大学准教授)
                      横山 豊治 様
        阿波グローカルネット・代表 本田 圭一 様


【終了】11月17日は野沢和弘さん講演会 [2007年11月19日(Mon)]
下記、講演会は、おかげさまで、参加費人数で151名の参加をいただき、
盛会のうちに終了いたしました。
講師の方々、情報保障の皆さん、保育などのボランティアでご協力いただいた学生さん、
参加者の介助者として会場におられた方々、などなど、
総勢になると、180名前後でしょうか。

自立研のシンポは、内容はいいのに参加者数が淋しいとの定評?があったのですが
今回は、150部用意した、当日配布資料が、足りなくなって、
スタッフ(研究会などメンバー)から回収する騒ぎとなりました。

聴きに来ていただいた方々も、これまで以上に、より幅広くなった様子でした。
前半、野沢さんのお話しが終わってから、目をうるうるさせながら、
会場から出てこられる方も多かったです。
よい講演会・鼎談だったとの声を、たくさん、聞けて、嬉しい会となりました。
(例えば、こちら

当初、終了後、直ぐに帰ると伺っていた野沢さんも、
”美味しいおそば”に、つられて!?、懇親会にご参加いただけました。
あわや、実際には、お目にかかれず仕舞か!?、と、内心、ふてくされていた事務局Mでしたが(あれだけ、事前に、メールでやりとりしていたにも関わらず!)、
お話しする機会があって、良かったです。

素敵なお話しをしてくださった野沢和弘さん、河田珪子さん、
いつもながらの見事な仕切りの青木学さん、
そして、ご協力いただいた多くの皆さん、
本当にありがとうございました。

2007年11月19日 10:25

――――――――――――――――――――――――――
ぜひ、お越しください!!
  内容はもちろん、策定過程にも注目の千葉県条例!
  また、心に染み入るお話しに定評がある野沢和弘さんをお招きし、
  さらに、豪華顔合わせの鼎談!!
  聞き逃したら、とっても、“もったいない”ですよ!!!
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
  障がいのある人もない人も暮らしやすい新潟に
        〜野沢和弘さん講演会〜
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
★日時 2007年11月17日(土) 14:00〜16:30(13:30開場)
★会場 新潟市西新潟市民会館 多目的ホール
※会場には公共交通機関をご利用のうえ、ご来場ください。
★参加費 500円
※介助者と一緒に来られる場合、お1人分の参加費でご本人と介助者が入場できます。
※ただし、介助者の方も講演会・シンポジウムを聴きたい場合は、参加費をお支払い下さい。

<<<内容>>> 講師紹介、開催趣旨などについては、文末をご覧下さい。
14:00  野沢和弘さん講演会
15:30  鼎談
   野沢和弘さん
   河田珪子さん
   青木学さん(コーディネーター)
16:30 終了

☆主催:にいがた自立生活研究会
☆共催:NPO法人自立生活センター新潟
☆協力者:NPO法人アクセシブルにいがた、新潟大学・人間支援科学教育研究センター、人とひとを結ぶ結屋、新潟県地域生活支援ネットワーク
☆後援:新潟市、社団法人新潟県社会福祉士会、社会福祉法人新潟市社会福祉協議会、社会福祉法人新潟県社会福祉協議会

☆問合せ先☆ にいがた自立生活研究会(自立生活センター新潟,内)
 電子メール: sail_niigata@yahoo.co.jp
 〒950-2063 新潟市西区寺尾台1−3−22
 TEL:025−232−7247 FAX:025−232−7245

■講師紹介
▼野沢 和弘さん 毎日新聞 夕刊編集部長
1959年10月、静岡県熱海市に生まれる。1983年3月、早稲田大学法学部卒業。
新聞記者として、若者の引きこもり、いじめ、薬害エイズ、障害者虐待、児童虐待などの現場を取材し報道し続けてこられました。そして、全日本手をつなぐ育成会の権利擁護委員長として、障害者の人権を守る活動で大きな役割を果たしてこられました。
全日本手をつなぐ育成会理事・「手をつなぐ」編集長・千葉県障害者差別をなくす研究会座長
▼河田 珪子さん 誰もが集える居場所「うちの実家」代表
昭和19年新潟県新発田市生まれ。
平成2年、民間助け合い活動「新潟まごころヘルプ」を立ち上げ、平成9年には、地域の交流の場として「地域の茶の間」を開始。さらに宿泊も可能となった地域の茶の間の「うちの実家」を平成15年に設立し、一貫して地域社会に暮らす市民の立場から「知り合うことでお互いが助け合える」そんな社会作りを提唱し、活躍されています。
▼青木 学さん 新潟市議会議員
1966年5月20日生まれ。小学校6年生の時、失明。
新潟盲学校中学部、高等部を経て、京都外国語大学英米語学科卒業後、米国セントラルワシントン大学大学院に留学。1993年卒業後、通訳や家庭教師を務めながら市民活動に参加。1995年「バリアフリー社会の実現」を掲げ、市議選に立候補し初当選を果たし、障がい者の立場から、様々な差別や偏見などによってその人の道が閉ざされることのない社会、「バリアフリー」社会の実現に向け全力を尽くされています。

■開催趣旨
 障がい福祉の分野では、差別禁止に関わる法制が注目されていることをご存知ですか?
一つは、国際的な動きで、国連障害者の権利条約(2006年12月13日、採択)。
もう一つは、千葉県の「障害のある人もない人も共に暮らしやすい千葉県づくり条例」(2006年10月11日、成立)。
 今回は、千葉県条例の策定過程に深く関わった、野沢和弘さんをお招きし、その策定過程についてのお話しをいただきます。
○策定のプロセスで、どのような意見・異論があったのか。
○障がい当事者の参加は、どのように実現されたのか。
○条例策定によって何が生み出されたのか。
 そして、野沢さんを交え、河田桂子さん、青木学さんで、「障がいのある人もない人も暮らしやすい新潟に」をめぐって、鼎談(ていだん)をしていただきます。
 暮らしやすい新潟にするためには、何ができるのか、何をする必要があるか、考えましょう。

チラシ↓


2007111.pdf


[投稿:2007/09/22 00:12→修正2007/10/22 13:00]
【終了】11月17日の第2回準備会 [2007年08月23日(Thu)]
下記、準備会、終了いたしました。
来週中(〜9/14)をめどに、分担してチラシを作成することとなりました。
野沢和弘さんの講演はもちろんのこと、
後半の鼎談(ていだん)も、すごいメンバーになりました。乞うご期待。
事務局Mは、ちと、ヘロヘロのため、皆さん、様々、ご協力、多謝!です。
次回の準備会は、
10月17日(水)、19:00〜の予定です。
具体的な、当日の役割分担の確認などです。

それと、大事なお願い!
参加費は、500円(ワンコイン)にすることになりましたが、
今回は、助成金などをとっていないため、
相当人数にご参加いただかないと、大赤字になります。
ぜひぜひ、今から、手帳・カレンダーに11月17日(土)のご予定を、
入れておいてください
2007.9.7.追記

――――――――――――――――――――――――――
11月17日(土)の野沢さんの講演会の準備会を、下記のように開きます。
ご関心のある方、ご都合つく方は、どなたでもどうぞ。
また、もちろん、その日は都合が悪いが、こんなことをとりあげて!等、
どうぞお気軽にお知らせください。

■野沢和弘さん講演会(11月17日)・第2回準備会
日時 9月5日(水)19:00〜20:30(予定)
内容 チラシの確認、広報・呼びかけについて、その他準備について

準備用のMLをつくっているところですが、
準備会の前に、チラシ(案)を、参加予定の方に配布したい(目標)と思いますので、
参加予定の方(で、MLに登録していない方)は、
事務局までご連絡をお願い致します。
【終了】11月17日の第1回準備会 [2007年07月19日(Thu)]
下記、第1回準備会、終了しました。
ご多忙な皆様、6名の参加でした。
誰もが、時節柄、予定通りするの?、でしたが、これはこれとして、やらねば、ですし、
案の定、中越沖地震についての情報交換の場ともなり、有意義でした。
ただ、当初は、いろんな人に呼びかけて、盛り上げていこう!、と、
盛り上がっていたのですが、地震の余波で、誰もが、そこまで手と頭が回らず・・・
ま、でも、これからさぁ。
2007.8.9.
――――――――――――――――――――――――――
11月17日(土)の野沢さんの講演会の準備会を、下記のように開きます。
ご関心のある方、ご都合つく方は、どなたでもどうぞ。
また、もちろん、その日は都合が悪いが、こんなことをとりあげて!等、
どうぞお気軽にお知らせください。

■野沢和弘さん講演会(11月17日)・第1回準備会
◇日時:2007年8月8日(水) 19:00〜21:00
◇場所:新潟青陵大学 ※部屋は後日、お知らせします。
◇内容:
  1.準備会メンバーについて
  2.野沢さんにこんなことを話してもらいたい!
    →話しながら、講演会の名称・キャッチコピーなどを決め、
     チラシ・ポスターを作ります。
  3.大まかな役割分担
  4.主催者の確認
◇準備会・・・のその前の準備メンバー(敬称略):
  河村ちひろ、竹田一光、坂井賢、圓山里子

ご協力いただける方で、これまでに決まったこと(提案)について、
お知りになりたいかたは、自立研事務局までお問合せください。→メール メール

・・・といった話しは、え〜っといつだっけ?、2週間前には打ち合わせていたのですが、
当初決めた日程を変更したり、ゴタゴタバタバタしていたら、
すっかり、遅くなってしまいました。
すみません

★予告★今年の講演会・シンポジウムは・・・ [2007年06月03日(Sun)]
あちこちで、ちょこちょこ「予告」はしているのですが、
(そして、その割には、全然、準備を開始していないのですが困った

11月17日(土)の午後(たぶん)
『条例のある街 障害のある人もない人も暮らしい時代に』の
野沢和弘さん毎日新聞)をお招きして講演会を開催する予定です。
会場は、新潟市内になるかと思います。

いいかげん、動き始めねば、と思ってはいますが。

今回は、数えてみると、にいがた自立生活研究会のシンポジウムとしては、
記念すべき!?第10回なのではありますが、
内容からしても、諸々、現実・実務面からみても(←というと身もふたもありませんが)、
研究会に限らず、いろんな方々と一緒に開催できれば、と、考えています。

ということですので、どうぞよろしくお願い致します。
【終了】第9回 障害者差別禁止法で何が変わるか? [2006年12月31日(Sun)]
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
  第9回にいがた自立生活研究会・シンポジウム
     障害者差別禁止法で何が変わるか?
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

■日 時:2006年9月30日(土)13:30開会〜16:00
            (開場13:00)
■場 所:新潟市万代市民会館・多目的ホール
   ※会場には駐車場がありませんので、
    公共交通機関でお越しください。
■参加費:一般 700円、学生 500円
    にいがた自立生活研究会・会員 300円
  ※介助者と一緒に来られる場合、
   お1人分の参加費でご本人と介助者が入場できます。
■情報保障:手話通訳、要約筆記があります(申請中)。
      点字資料が必要な方は、ご相談ください。

<<内容>>
13:30〜    第1部 講演
黒岩海映(弁護士)

14:30(予定) 第2部 鼎談
  世界から・地域から・障害者差別禁止法を考える
川島 聡(新潟大学現代社会文化研究科・博士研究員)
青木 学(新潟市議会議員)
黒岩海映(弁護士)


☆講師紹介☆
▼黒岩海映(くろいわ みはえ)さん
略歴:1997年京都大学法学部卒、1999年弁護士登録。第2東京弁護士会所属。
(弁護士会活動)
日本弁護士連合会・人権擁護委員会・障害のある人に対する差別を禁止する法律に関する調査研究委員会事務局次長。第2東京弁護士会・犯罪被害者支援センター運営委員会委員、同・子どもの権利に関する委員会委員。

▼川島 聡(かわしまさとし)さん
現在、障害者分野の国際人権法(国際障害者権利法)について研究している。
「国連障害者権利条約に関する特別委員会」(国連で2001年12月に特別委員会の設置が決議され、2002年7月以降開催)に継続的にオブザーバー参加をしている。
長瀬修・川島聡編著,2004,『障害者の権利条約―国連作業部会草案』明石書店.

□主催:にいがた自立生活研究会
□共催:NPO法人アクセシブルにいがた、
   新潟大学・人間支援科学教育研究センター
□後援:新潟市、(社)新潟県社会福祉士会、
     新潟市社会福祉協議会、新潟県社会福祉協議会

※所属は当時のものです。
| 次へ