CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

にいがた自立生活研究会

The Study Association
    of Independent Living -Niigata

にいがた自立生活研究会は、
すべての人の自立生活を実現することを目指し、様々な分野の人々との情報交換や交流を深めることによって、より暮らしやすい地域社会の構築に寄与することを目的に、活動をしています。
【キーワード】自立生活、新潟
【 設  立 】2002年5月18日
連絡先・役員名簿→プロフィール へ
開催シンポジウム一覧→バイオグラフィ へ
 ⇒シンポジウム内容については
  ブログカテゴリー・シンポジウム

●ご連絡は、
 メールでいただけると助かります。
 →こちらから。
●規約、入会案内などについては、
 ”研究会の概要”をご覧下さい。







プロフィール

にいがた自立生活研究会さんの画像
カテゴリー(内容)
<< 2017年08月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新コメント
まるさと
やれることを、それぞれが (11/19) 堺・自立をすすめる障害者連絡会
やれることを、それぞれが (11/19) まるさと
歴史的 (09/07) さくらたまご
歴史的 (09/07) まるさと
今年は大観光交流年:「天地人」など (04/20) 堺・自立をすすめる障害者連絡会
今年は大観光交流年:「天地人」など (04/17) 堺・自立をすすめる障害者連絡会
今年は大観光交流年:「天地人」など (01/07) まるさと
新潟にはこんな文化もある (11/17) まるさと
新潟にはこんな文化もある (11/07) さくらたまご
新潟にはこんな文化もある (11/03)
最新記事
リンク集
http://blog.canpan.info/sail_niigata/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/sail_niigata/index2_0.xml
【終了】2011 秋のシンポジウム [2011年10月30日(Sun)]
下記シンポジウムは、無事終了いたしました。
懐かしいお顔あり、また初めてのお顔あり、さまざまなフィールドからご出席いただくことができ、良いシンポジウムになりました。
ご参加くださいました皆様、ありがとうございました。
参加者数:32名(自立研会員13名,会員外19名)

講師の黒岩海映さんからは、まず、世界や国連、日弁連の取り組みなどの紹介がありました。そして、障がい者の定義、差別の起きる場面、直接差別・間接差別・関連差別・合理的配慮義務違反などを具体例を交えてお話頂きました。

遁所さんからは、千葉県や岩手県、北海道、さいたま市などの条例での差別の定義の違いやキーポイントについての説明がありました。続いて、新潟市の障がい者施策推進協議会のこれまでやこれからのスケジュールなどについてお話頂きました。

後半は竹田代表のコーディネートによる、お二人のお話を受けてのディスカッションがあり、会場からはいくつかの感想や意見が出され、講師にお答え頂きました。

地域で、自分のフィールドで「だれかの必要を私のあたりまえに」していくために、これから何をすれば良いか・・・を考える良い機会になりました。

改めて、講師の黒岩さんと遁所さんにお礼を申し上げます。
ありがとうございました。

記:品田(事務局長) 2011.11.13.

-------------------
下記のようにシンポジウムを開催いたします。
ご興味・ご関心のある方の多くの参加をお待ちしております。

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
     にいがた自立生活研究会 秋のシンポジウム
        だれかの必要を私のあたりまえに
          「障害者差別禁止法を考える」
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

日時 2011年11月13日(日)
    午後1時〜(午後4時30分終了予定)

場所 新潟大学駅南キャンパス「ときめいと」講義室
   (「プラーカ1」2階  ジュンク堂さんの上です)

講師  黒岩海映弁護士
    遁所直樹


□プログラム
 13:00 受付開始
 13:30 シンポジウム開始
  □黒岩海映弁護士様よりお話
障害者差別禁止法に向けての日本の現状と課題について
  □遁所直樹様よりお話
新潟市における「障がい者差別禁止条例」制定に向けての現状と課題
について
  □ディスカッション
    障害者差別禁止法に向け、今、私たちは何を知り、何をする事が出来
    るのか?
 16:30 終了

※資料代等、ご協力いただると助かります。
※参加をご希望の方は、下記に申し込みください。当日参加も大歓迎です。
《問い合わせ・申し込み先》
FAX:025−374−3883
E-mail はこちらから
手話通訳・要約筆記あり

トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。

この記事へのトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/139728
コメント