CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2015年10月28日

あんしん住まいのシンポジウム開催いたしました!

去る10月23日、本年度の市民向けシンポジウム「あんしん住まいのシンポジウム」を開催いたしました。
基調講演に昨年同様、白川先生を迎えて「善隣事業と地域包括ケアシステム」について、今回は市民向けの趣旨で講演をいただき、2部のパネルディスカッションでは、県立大の西先生のコーディネートで、京都市の社会福祉法人健光園から神取氏、大分の社会福祉法人偕成会から浅倉施設長に登壇いただき、厚労省のモデル事業に参加しての報告という形で活動の実際をお話いただき、地元熊本からは、街づくりの地域リーダー井村氏より、こちらは弊会の持家活用モデル事業でのご苦労の話を頂きました。アンケート等を見ると、来場いただいた市民の方々にもかなりの共感を頂けたようです。以下、写真とアンケートです。

SinpoKaijo.JPG
アンケート結果.pdf

2014年02月09日

持家活用住み替え支援モデル事業のその後

昨年度実施した持家活用モデル事業で南区の中緑地区へ住み替えを行った入居者の、その後の状況を確認すべく入居者の意見交換会を行っていただきました。
その様子を新聞でも紹介いただきました。来週のシンポジウムでは、その経過を受けての開催となります。どんな意見が出るのか楽しみです。
新聞の記事です。→nakamidori.png

2014年01月28日

あんしん住まいのシンポジウム開催します!

 来る2月13日(木)、熊本市国際交流会館6階ホールにて、「あんしん住まいのシンポジウム」を開催いたします。
 今回の切り口は「地域」又は「まちづくり」です。当協議会では例年住まいのミスマッチの解消という事について議論をし、モデル事業でその検証をおこなったりしてきました。この成果について逆に課題について、皆様の意見を聞きながら専門の方も交えて、考えていけるシンポジウムにしたいと考えております。
詳細は → http://saflanet.com/img/tuika/sinpo260213.pdf
 をご覧ください。

2013年02月11日

市民向けシンポジウム開催しました!

先日2月8日、森都心プラザホールにて市民向けシンポジウム「あんしん住まいのシンポジウム」を開催いたしました。朝は少し雪が舞うような寒い日ではありましたが、午後は少し日が差して穏やかな天候の中、13:30〜16:00までの長丁場にもかかわらず、参加者は増えこそすれ離席はなく最後まで聞いていただきました。まだアンケートの集計等は済んでおりませんが、とりあえずご報告させていただきます。
参加者は総数115名となりました。
13:30からは大坂市立大の三浦先生の講演です。介護保険施行時の前後での環境の違いに始まって、様々な高齢期を迎える方のための住いの事例や、先進的な取り組みや考え方について講義いただきました。
15時前から、パネルディスカッションです。小笠原先生をコーディネーターに迎え、川口会長・那須先生・今吉先生・市の大久保課長等、それぞれの立場でテーマに沿った貴重なご意見を頂きました。内容の濃さもあって最後は時間が足りない感はありましたが、我々だけではなく広く参加いただいた方々にも得るものが多い内容であったと感じております。
ご多忙の中、壇上に上がっていただいた各氏におかれましては、大変感謝いたしております。本当にありがとうございました。
シンポジウム.jpg

2012年12月02日

第5回育成講座を開催いたしました。

予定通り、何とか第5回目の相談員育成講座を開催〜終了できました。
今回は初の試みです。従来からやっていた「相談員になる方のための講座」から、「相談員初級講座」及び「既設相談員のフォローアップ講座」の同時開催という、趣旨はもっともながら運営はホント大変でした。
講座が違えば、案内の仕方も違うし、内容も初級とベテランでは変えなくっちゃ、の部分が予想以上に高いハードルとなりました。
開催場所も、3階と4階で階段ダッシュの移動です。最後の講座でアンケートの記入のお願いもそぞろで、30名くらいの参加者なのに集まったアンケートはたった5枚、まあ、参加いただいた方々からは、「結構ためになった」「発見があった」「頑張ってください」的な発言を頂いて、ありがたいことではあるんですが・・・・
とまれ、反省は反省、希望は希望として、今後の活動に生かしていきたいと思っております。
 事務局

2012年10月22日

第5回あんしん住み替え相談員育成講座の開催について

第5回目の相談員育成講座を開催いたします。
今回より、過去4回とも出席の方もおられ同じような研修は割愛したく、かつ新しい方にはそれなりに基本ルールやポリシーをご理解いただきたい部分もあるので初心者コースと、並行してフォローアップ(スキルアップ)コースという具合に分けた形で開催する事としました。とはいってもワークショップ等の参加型の部分では区切らずにより幅広いご意見等も聞けるように一緒にしたいと思っております。
専門のところでは、今回は相談者の7割近くを占める高齢者の相談について「つっこみ」たいと思います。会場もお出でいただき易いところに取れましたので、「初めて」「経験あり」を問わず、ふるって参加いただきますようご案内したいと思います。
あぁ、これはOnly熊本市のローカルな話でした。本ブログをご覧になる他地域の方にはごめんなさい。でもオブザーバとして参加は歓迎ですよ。申し込みは、→ikusei5_mousikomi.pdf
※協議会のURL: http://saflanet.com/

2012年10月19日

入居支援事業について

 当協議会では、「住宅確保要配慮者の支援」「住まいのミスマッチ解消」などをキーワードに、さまざまな活動を行っておりますが、今回その中の「入居支援事業」の一環として、持家活用住み替えモデル事業(あー長い)というのをやっております。
 住む方が高齢になったり亡くなったりして空き家になっている物件をサーベイし、逆に順当な住まいを探すのに苦慮されている方に提案する。というものです。
 直近の概要としては、古くて郊外ではあるけど、空気の良い広い宅地で家庭菜園も可・・・で生活保護の方でも入れる程度の家賃設定にしようと思っています。小さいお子さんが複数おられる世帯を想定しております。もちろん片親世帯も可・・です。
 詳細が固まればまたお伝えしますが、基本、当協議会のHP
http://saflanet.com
で、近日中にも内容の詳細が分かるようにしたいと思っております。

2012年07月14日

あんしん居住支援セミナー開催しました。

本日あんしん居住支援セミナ(オーナー向けセミナー)開催いたしました。超のつく大雨の中、18名の方がお見えになりました。
お題はSaflanetの登録のご案内と、国庫補助金の市からの説明でした。
テーマは例によって「既設の賃貸住宅ストックの活用」です。「空き家は多い」なのに「なかなか住めない」の相反する命題に「マッチング」の仕組みとして、Saflanetの活用をお勧めし、補助金で古い賃貸物件に付加価値を加える提案をさせて頂きました。以下はセミナの会場風景です。
事務局 酒江
20120714semina.jpg

2012年07月08日

第4回相談員育成講座を開催いたします。

ikusei4.png私ども熊本市居住支援協議会では、居住支援にかかわる議題について、いろんなテーマで部会を開催し協議を続けております。
その中の「相談員育成講座」について、今年度の開催予定が決定いたしました。第4回目の開催となります。
8月4日の土曜日です。
午前中は協議会の趣旨・概要説明と、相談員としての基本ルールや住宅情報の取扱いについて学んでいただきます。(2回目以降の参加の方は、登録だけ済ましてスキップも可能なように配慮させていただこうと思っております。)
午後は、受講者の方々の不得意分野を補強する意味合いで、福祉関係の方は不動産の知識を、不動産関係の方には福祉のあれこれを学んでいただきます。
10時から16時までと長丁場ですが、何とか工夫を凝らして、有意義な時間を過ごしていただけるように努めたいと思っております。では、よろしくお願いいたします。
事務局

2012年06月18日

部会を開催しました。

本日くまもと県民交流館パレアにて、相談育成部会を開催いたしました。
7月14日開催予定のあんしん居住支援セミナーの演目や内容について協議いたしました。
ついで情報提供部会では、8月4日開催予定の相談員育成講座の専門課程のないようについて会員様の多種多様なご意見をいただき、盛会のうちに終了いたしました。