CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2013年12月 | Main | 2014年02月 »
最新記事
<< 2014年01月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
冬晴れも にわか大工で 日が暮れて[2014年01月31日(Fri)]
 金曜日は竹炭窯へのボランティア。今日もKHKOBメンバー主体で炭焼き窯をカバーする建屋の骨組構築を手伝いました。通常は午前中で終了ですが、私と竹林B防府のSさんの二人は夕刻まで居残って棟上げを行いました。

2014-01-31 003.jpg
ヒノキ丸太の皮むき

2014-01-31 004.jpg
皮をむいた丸太を屋根に

2014-01-31 007.jpg
高所作業中のさん

2014-01-31 009.jpg
だいぶ形になってきました


Posted by 中村 巖 at 18:13 | 炭焼き | この記事のURL | コメント(0)
睦月さえ残り二日の命かな[2014年01月30日(Thu)]
 ついこの前新年を迎えたばかりの今年も、既にその1/12を終わろうとしています。そんな貴重な今日は、雨降りで閉じ込められています。所在なさに 里山掲示板(←click) を開くとConさん の投稿を見つけました。しばらく音沙汰なかったので案じておりましたが安心しました。宮島の弥山に登られたとか・・お元気ですね。

0001097_3M.jpg
登山道に落ちたツバキでしょうか?

 一方、里山会員の雄さん も相変わらず熱心にライフワークの地質学探求を続けていらっしゃるようで九州自然学(←click))もシリーズ18を数えています。18は大分臼杵磨崖仏のことが詳しく記されています。(なおこの18は今日まで編集の手違いでHP上で見られなかったことをお詫びします。)



Posted by 中村 巖 at 12:34 | 天然・自然 | この記事のURL | コメント(0)
二人して藪からツツジ救出す[2014年01月29日(Wed)]
 朝は濃霧でしたがしばらくすると青空が見えて暖かくなりました。最初に新駐車場予定地2か所の堆積枯れ葉を掃除し、その後で つつじヶ原の雑木や竹笹で埋没している つつじと桜の木の周辺を整備しました。今日は渡部さんも一緒でした。

2014-01-29 002.jpg
↑ 朝は濃霧でした ↓
2014-01-29 003.jpg


2014-01-29 004 (2).jpg
アナグマの仕業?

2014-01-29 010.jpg
今日は渡部さんとご一緒

2014-01-29 013.jpg
今日救出した桜とつつじ

Posted by 中村 巖 at 14:49 | 軽作業 | この記事のURL | コメント(0)
オガタマやひときわ映えて冬の森[2014年01月28日(Tue)]
 昨日午後、常備薬の降圧剤をもらいに行ったついでに、気になる咳が続くので医師に告げるとレントゲンを撮って異常なし、「安心のため肺がんの検査をしましょう」と言うことになり今朝 検体を持参しておいた。時間が中途半端になったので午前中は休養とし午後も引き続き籠っていたが夕刻我慢が限界に達し(笑)きずなの森散歩に出かけた。
 見ると つつじヶ原沿いの旧道駐車場予定地に砂利が搬入されていた。夕刻野口代表から電話があって本日午前中に搬入したとのこと。運が良いのか悪いのか 滅多にない私の不在の時に搬入されるとは!量的に足りないと思われるので追加搬入が必要となるであろう。

2014-01-28 004.jpg
砂利が入っていた

2014-01-28 012.jpg
森の中央にあるオガタマノキ 黄色の葉が目立つ

2014-01-28 006.jpg

サザンカの一輪なれど我を待つ
足踏み入れた森の夕暮れ

Posted by 中村 巖 at 16:23 | 山林散歩 | この記事のURL | コメント(0)
青空に春の陽気と錯覚す[2014年01月27日(Mon)]
 朝から透けるような青空で昼間の温かさはまるで春が来たかと錯覚するくらいの陽気でした。そんな きずなの森で先日切った雑木や笹竹の整理を行っていると、ひょっこり福田直さんが現れました。そこで場所を替え柿の木の森入口の大木2〜3本を思いの方向へ切り倒す講習を行いました。この作業は道をふさぐので一人の時は出来ません。今日は二人で協力して行いました。

2014-01-27 001.jpg
冬の朝陽が森の奥深くまで

2014-01-27 003.jpg
↑ 笹竹を切って整理 ↓
2014-01-27 008.jpg


2014-01-27 015.jpg
↑ 直さんがうまく倒しました ↓
2014-01-27 017.jpg

Posted by 中村 巖 at 16:27 | 間伐作業 | この記事のURL | コメント(0)
濃い霧に包まれ冬のファンタジー[2014年01月26日(Sun)]
 日曜の朝ですが、三谷の里山にちょいと顔を出して木々や野鳥たちに挨拶をし、そのままとって返して2号国道上り線を走りました。きずなの森 もうっすらと霧が掛かってはいましたが、徳山をすぎ熊毛辺りにかかると 一寸先が見えない程の濃霧に包まれ前照灯をつけて走りました。途中の公園で車を止め珍しい霧の風景をカメラい収めて再び目指す温泉へと車を走らせました。

2014-01-26 001.jpg
直さんの水仙が花芽を出しています


以下霧に包まれた熊毛の公園 ↓

2014-01-26 006.jpg


2014-01-26 008.jpg


2014-01-26 013.jpg


Posted by 中村 巖 at 18:14 | その他 | この記事のURL | コメント(0)
寒空に帰らぬ人のあれやこれ[2014年01月25日(Sat)]
 「竹林ボランティア防府」福田さんの訃報を早速野口さんに伝えたところ、初耳だったらしく早速昨日の内に福田さんのお宅に弔問に行ってくださったようです。佐波の里山としても大変お世話になりご指導もいただいた方で改めて映像など見ながらお人柄を偲んでいるところです。突然で早すぎる旅立ちでした。お世話になりありがとうございました。

2010年2月にご指導いただいた竹林整備の映像 2本 ↓



032.JPG
↑ 2011年4月 阿弥陀寺竹林にて 福田さん ↓
20110416_027.jpg


20110416_062.jpg
後列中央に小さく福田さん


 一旦風邪をひくと長びくのが私の悪い体質です。昨年暮れからだから一か月になります。まだもう一カ月は覚悟しなければならないでしょう。今は熱もなく体を動かすには何の支障もないので寝込んでいるよりは、里山には行っている方が気分的にも楽です。

2014-01-25 002.jpg
枝葉の整理と小笹の刈り払い

Posted by 中村 巖 at 15:26 | 思い・考え | この記事のURL | コメント(0)
冬晴れや白線2本行き交いて[2014年01月24日(Fri)]
 冬晴れの空は特別青が美しい。そんな中飛行機雲が行き交うさまが多くみられる。旅する人の下で我々は今日も地上の楽園で楽しくボランティア活動に勤しんでいる。

 今日は竹炭窯の築造現場で建屋の構築に携わった。大工でもない素人ばかりが見よう見まねで柱を立て鴨居を乗せるのであるから危険極まりない。多分里山のメンバーでは絶対やらないことを竹炭では平気でやっている。竹炭は理論より行動の集団である。両方に属している自分にはその違いが余りにもかけ離れていて戸惑うことが多い。怪我が無ければ良いがとひやひやしながら今日も無事に済んでほっとして帰ったところである。

2014-01-24 007.jpg
冬晴れの青空に飛行機雲


2014-01-24 002.jpg
柱の上に鴨居を乗せる作業


2014-01-24 006.jpg
形は出来たが・・・・


 本日竹林ボランティア リーダーの訃報を奥様から聞いて、言葉が無い。ここ竹炭窯へも原料の竹を供給してくださった方であるし、里山グループの方でも大変お世話になった方である。心よりご冥福をお祈りする次第。


Posted by 中村 巖 at 14:15 | 炭焼き | この記事のURL | コメント(0)
霜融けて汗のながるる木挽きかな[2014年01月23日(Thu)]
 久しぶりに冬の晴れ間が終日続いた一日でした。朝の内は大霜で冷え切っていましたが森の中で作業するうちに汗びっしょりになってきました。今日は柿の木の森と椿の森の中の整理と間伐を行いました。

2014-01-23 001.jpg
↑ ヒコバエを除くと柿の木が見えてきました ↓
2014-01-23 002.jpg


2014-01-23 004.jpg
常緑の大木が倒れ桜の木に日が当たるように


密林の中で負けじと
背伸びする  
  ツツジ・サクラのやせ細りたる  



Posted by 中村 巖 at 15:15 | 間伐作業 | この記事のURL | コメント(0)
機器手入れ試し切られる木や哀れ[2014年01月22日(Wed)]
 一昨日の定例作業日に使用したままのチェインソーを手入れに行ってきました。ある先輩から「切れないよ、目立ての修行が足りないね」と言われた言葉が引っかかっていました(笑)。そこで今日は朝から2台の目立てを行い試し切りに枯れ大木など切り倒しましたが、まぁまぁの切れ味でしたよ。特に大きいほうのチェインソーはよく切れました。小さい方も中木までの生木ならよく切れましたが大木や枯れ木は切れ味が鈍りました。修行が今一のようです。

2014-01-22 002.jpg
氷の張った冷たい椅子で目立て作業


2014-01-22 007.jpg
大木が地響き立てて倒れました


2014-01-22 008.jpg
次のターゲットは この左右の2本です

Posted by 中村 巖 at 13:47 | その他 | この記事のURL | コメント(0)
| 次へ
検索
検索語句
プロフィール

佐波の里山サポートネットさんの画像
リンク集