CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2012年05月 | Main | 2012年07月 »
最新記事
<< 2012年06月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
収穫[2012年06月30日(Sat)]
 この季節、いろいろな野菜の収穫がある。我が家では馬鈴薯の収穫が終わりこれからトマトの季節となる。
 ところで里山仲間の澤野さんが昨日、キュウリとエンドウ豆を持参してくださった。大きなキュウリにびっくり!早速昨夜の食卓になますとして載ったのは言うまでもない。ありがとう!

20120629_001.jpg
澤野家の畑からようこそ!


20120629_004.jpg
我が家の庭のクチナシ


Posted by 中村 巖 at 06:25 | その他 | この記事のURL | コメント(0)
機動山林パトロール[2012年06月28日(Thu)]
 たいそうなタイトルですが、何のことはありません。ぎっくり腰で歩けないので車に乗って きずなの森 を周遊したというだけのことです。今日は午前中病院に行こうと車で出かけましたが、調子が良いのでUターンしてきずなの森に出かけ周辺をぐるーっと1周して帰りました。
 私の場合、たいていの病気は病院よりは里山の方が治りが早いように思われます。自然治癒力です。

20120628_003.jpg
ザクロの花

20120628_004.jpg
早く刈り払い機を使わないと・・・

 帰宅して畑を見るとミニトマト愛子が10個余り熟れていたので収穫して冷蔵庫に入れました。これから夏の終わりまで私の栄養源として活躍してくれることでしょう。

20120628_002.jpg
愛しい愛子

Posted by 中村 巖 at 20:27 | 山林散歩 | この記事のURL | コメント(0)
ぎっくり腰[2012年06月27日(Wed)]
 昨日朝のこと、前日夕刻に親切な近所の方が花苗を4種類くださった。枯れてはいけないので早速植栽しなければと思い、花壇の草抜きと掘り起こしを終え立ち上がった途端腰に痛みが走りました。5〜6年前に腰椎ヘルニアの手術をして以来初めての ぎっくり腰 の再発です。

 ぎっくり腰とは正式名ではなく「急性腰痛症」の総称で、西洋では「魔女の一撃」とも言われるそうですが、さらに腰痛を医学的に分類すると「筋筋膜性腰痛」、「椎間板ヘルニア」、「脊椎分離症」、「脊椎すべり症」、「変形性脊椎症」、「腰部脊中管狭窄症」、 「骨粗鬆症」、「内蔵疾患」等になるそうです。

 手術直後は、重いものの抱え上げや無理な姿勢は極力避けていたのですが、そのうちに油断が生じ無理をしていたのかもしれません。魔女の一撃ならぬ神様の警告であると肝に銘じておきます。

 それにしても きずなの森 が気になるなぁー!(笑)

20120615_008.jpg

↑我が家の紫陽花です↓

20120615_010.jpg





Posted by 中村 巖 at 16:54 | その他 | この記事のURL | コメント(0)
茫然自失[2012年06月25日(Mon)]
 野口代表から「久しぶりに古民家村田」へ行ってみようと声がかかり、午前中二人で行ってみました。まず着いて真っ先に、前回刈り払い機で除草した畑を見て声も出ませんでした。元の木阿弥いやそれ以上の荒れようにしばし言葉もありませんでした。
 やはりここで何か作物を作るためには、毎日のように手入れをする必要がありますが、距離的に無理があり農機具も持たない我々の手には負えないと自覚した次第です。

20111107_009.jpg
 
↑昨年秋手入れした畑、今日の状態↓

20120625_003.jpg

20120625_006.jpg
あまりの様子に声も出ない野口さん


20120625_013.jpg
谷川遊歩道の手入れだけして帰りました
 
(このブログ内の画像は全てクリック拡大で見れます)


Posted by 中村 巖 at 16:09 | 思い・考え | この記事のURL | コメント(0)
限りある命[2012年06月22日(Fri)]
 暑い一日でした。午前中、いや少し午後に回るまで きずなの森 の下草刈りをしてきました。刈っても刈っても雨後のタケノコではありませんが雑草や小笹は次から次へと地面の下から延びてきます。果てしなき戦いですが諦めたら負け。そう、整備を始める前のあの密林に戻ってしまうのです。だから止められません。ただ私たちの出来る期間には限りがあります。いつもそのことが頭を離れません。私たちだけで終わるのは如何にも悔しいことです。森は永遠に生き続けるのですから・・・

20120622_002.jpg


20120622_006.jpg


 夏至一日後の今夜はいつまでも明るい宵の空でした。日中汗を流したので自分に褒美のつもりで夜の街に出かけました。夜と言っても帰宅時間にはまだ暮れなずむ明るさが残っていました。
 今夕行った店は「瑠璃山荘」(←クリック)という小料理屋さん。美味しい日本酒をいただいてほろ酔いになりました。

20120622_007.jpg





Posted by 中村 巖 at 22:50 | 軽作業 | この記事のURL | コメント(0)
紫陽花寺[2012年06月20日(Wed)]
 朝一番で紫陽花寺周防阿弥陀寺)へ行ってきました。雨上がりで日照が強くない曇り空が紫陽花の撮影には一番良い条件だと思います。同じ考えの人が一人いて何年振りかで遭遇しました。花全般にそう言えるとその人は言ってました。
 毎年見物兼撮影に行っているのですが、同じような場所・角度から撮っていることに気付きました。自分の好みは変わりませんね。進歩がないということでしょうか。

20120620_003.jpg


20120620_016.jpg


20120620_039.jpg


20120620_077.jpg
みなさんのために良くお願いしました

Posted by 中村 巖 at 16:36 | 花鳥風月 | この記事のURL | コメント(0)
総力結集[2012年06月18日(Mon)]
 梅雨最中の定例作業日でしたが、作業していた午前中だけ雨は待ってくれていたようです。天にも慈悲の心はありました。
 今日は腰痛で長らく休養中だった阿部さんの8カ月ぶりの参加で総勢14名の気合いが入りました。

20120618_01.jpg
久しぶりの阿部さん


20120618_07.jpg
やまももとオーナーの近藤さん


20120618_08.jpg
今日は元気がなかった野口会長
 

20120618_10.jpg
今日も元気で高い高いばぁーの渡部さん
 

 前半は各自担当区域の下草刈りに精を出し、後半は全員で谷川沿いに降りてBBQコーナー予定地の造成に取り組みました。大きな岩石を動かすのに命がけの作業でした。
20120618_12.jpg
広い持ち場の下草刈りに余念のない雄二さん

20120618_30.jpg
正に総力の結集でした


今日の詳細はHPの作業日誌と掲示板にも掲載します。





Posted by 中村 巖 at 15:22 | 定例作業日 | この記事のURL | コメント(0)
サルビア[2012年06月17日(Sun)]
 梅雨の晴れ間の一日でした。午前中は昨日までの雨で一段と成長した雨後の小笹やサルトリイバラ等の下草を刈り払いしてきました。一月前に刈ったばかりのところにまたニョキニョキと出ていていたちごっこですが、負けずに根気よく刈り払っておくと、やがてあちらさんの方で根負けして生えなくなってくれるのではと期待しているところです。

20120615_022.jpg

 
午後は園芸店に行きサルビアの苗を買ってきて看板下のパンジー後に植えつけました。これでしばらくは彩りを添えてくれることでしょう。

20120617_05.jpg


20120617_10.jpg
紫陽花も見頃です

 ところで今日は父の日でしたね。広島在住の娘夫婦からミニ胡蝶蘭の鉢ものと葛餅のセットが届きました。毎年何かを贈ってくれますが昨年は酒だったかな。今年は健康志向になったのでしょうか?何にせよ嬉しいものです。

20120617_07.jpg


Posted by 中村 巖 at 20:57 | 軽作業 | この記事のURL | コメント(0)
我が家の紫陽花[2012年06月15日(Fri)]
 1週間前、入梅に合わせたように大雨の中を大分県の平治(ひじ)山にミヤマキリシマ登山してきたことは先日お知らせしましたが、あれから1週間皮肉なことに雨もなく今日に至りました。
 
 しかし今日は午後からようやく本格的な梅雨の天候となり雨が降っています。午前中の雨の降らぬうちに畑のジャガイモ堀と花壇への施肥、きずなの森花壇にも施肥を行ってきました。この雨で土中に浸透し花木が元気になってくれれば幸せます。

20120615_005.jpg
とれたてのジャガイモ 


20120615_006.jpg
墨田の花火


20120615_009.jpg


三谷川のせせらぎ音をどうぞ ↓ クリック


 


Posted by 中村 巖 at 16:24 | 花鳥風月 | この記事のURL | コメント(0)
NK細胞・森林セラピー[2012年06月13日(Wed)]
 先だって明け方のラジオ深夜便を夢うつつの中で聞いていると、がん治療のことでNK(ナチュラルキラー)細胞の話をしていました。森林浴などでNK細胞が活性化されることが実証されているとのことです。
 
 今では全国に森林セラピー基地が40か所程度設定され活用されているとのこと。卑近なところでは山口市徳地堀周辺がその基地になっているらしいですよ。我々が整備に参加する佐波川水源の森辺りもその一環です。
 
 みなさん、森の中を歩きましょう。遠くへ行かなくても我々の きずなの森 を散策するだけでもストレスが解消し免疫力が増進して自然治癒力がましますよ。

 そんなことも考えるとますます森の整備に力が入ります。私はセラピー効果を受けながら作業出来る幸せ者です。きっと長生きして見せますよ。がんは名前だけで済みますように!わーい(嬉しい顔)

20120613_002.jpg
今日の作業現場


20120613_007.jpg
チップの中にこんなキノコが


20120612_000.jpg
野口さんちの畑でとれたジャガイモ


Posted by 中村 巖 at 17:09 | 天然・自然 | この記事のURL | コメント(0)
| 次へ
検索
検索語句
プロフィール

佐波の里山サポートネットさんの画像
リンク集