CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
最新記事
<< 2019年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
教わりて 初の窯詰 春初頭[2019年03月09日(Sat)]
 今日は土曜日で 海北迫釜(みぎたさこがま)の定例日です。竹材の窯入れ作業を行いましたが いつも担当してくれる三人がともにお休みだったので私が初めて窯の中に入りました。

 中腰での作業は腰に負担がかかり往生しましたが西村主宰の指導の下、何とかやり遂げることが出来ました。うまく焼けて良い炭ができるか楽しみです。窯出しは二週間後になる予定です。

 今日も三谷のきずなの森では水やりが行われている筈ですが、安心して顔は出しませんでした。


003.jpg
汗びっしょりで頑張りました


004.jpg
ここまでやって休憩です


007.jpg
饅頭怖いと言いながら平尾君


009.jpg
西村主宰が赤土で封印


Posted by 中村 巖 at 16:46 | その他 | この記事のURL | コメント(0)
さぁ呑むぞ 春の夕焼け バスの窓[2019年03月08日(Fri)]
 昨夜は久しぶりに行く店で一人飲み会でした。二次会はいつものカラオケ喫茶で唄って帰りました。

 明けて今朝は冷えましたが久しぶりの春の晴れ間。まず里山の水遣り当番。次に竹炭仲間と竹の引き取りに。二つの作業がバッティングの午前中でした。


001.jpg
昨夕、防府駅付近から見る夕陽


004.jpg
ヒラメの刺身で冷酒・雁木を


001.jpg
今日の水やり当番は富田・河本の両名と


005.jpg
足場の悪い竹林で往生しました


Posted by 中村 巖 at 16:57 | 軽作業 | この記事のURL | コメント(0)
春雨に 濡れて落ち葉の 色気かな[2019年03月07日(Thu)]
 今日は誰が考えても散水の必要性なし。マイカーの定期点検日でまず整備工場へ行く前にちょっとだけよときずなの森へ。安心して車を整備へ出し代車で海北迫釜へ赴き竹炭をエシカルバンブー工場へ届けた後再びきずなの森へ。

 そこで見たものは渡部さんの姿でした。いつものように小枝の剪定をして帰られたようです。渡部さんも私同様半ば森中毒におかされているのかもしれません。それほど森は通っていると魅せられて人によっては中毒に侵されてしまう恐れもあるのかも。

 今日の森は雨に濡れた落ち葉が艶めかしくさえ見える魅力に富んでいました。


004.jpg
↑雨に濡れた森の落ち葉↓
022.jpg


020.jpg
馬酔木も7〜8分咲きに


019.jpg
渡部さんも森中毒に?


013.jpg
エシカルバンブーの竹下君元気


Posted by 中村 巖 at 13:10 | その他 | この記事のURL | コメント(0)
啓蟄や 雨降る中の 律儀かな[2019年03月06日(Wed)]
 雨予報であり現実に小雨が降ったりやんだりしていました。私は水やりではなく別の作業をしていましたその時、1台の車が・・・今日の水やり当番リーダーの車でした。「責任者なので一応来てみました。」とのこと。その真面目さに押されて私も一応場所や方法を説明して歩きました。

 するとまた二人の姿が現れました。当番メンバーと会長殿でした。当然水遣りの必要はありませんがもう一度取水口や機材の説明をしておきました。

 それにしてもこのグループの律義さ真面目さには驚かされるとともに感心させられたことでした。


001.jpg
木原・吉川・藤井の各氏


002.jpg
雨に濡れる今日の シャクナゲ園


Posted by 中村 巖 at 10:41 | その他 | この記事のURL | コメント(0)
水遣りを終えてほっこり 春炬燵[2019年03月05日(Tue)]
 温かな春日の射すきずなの森では、今日の水やり当番が春の海に出たい人もあって時間調整に苦労していたようだったので手伝おうと、例によって余計なおせっかい心が頭をもたげてしまいました。

 まずはシャクナゲとモクレンに水やりを終え次に取水口の変更をと考えていると、澤野さんがやってきました。続けて岡田さんが来ました。結局3人で力と文殊の知恵を持ち寄り無事今日の予定を早々と終えることができました。岡田さんはさらに根切りを始めたようですが私は早くから重い水を運んだのでくたばってしまい先に帰り炬燵で爆睡していました。


005.jpg
↑三谷川から直接栗園へ↓
007.jpg


009.jpg
シャクナゲ用水もここで取水


014.jpg
今日はこの三人で



Posted by 中村 巖 at 12:35 | 植樹 | この記事のURL | コメント(0)
里山や シャクナゲ植える 人の花[2019年03月04日(Mon)]
 佐波の里山SNの定例活動日は雨のため一日遅れて本日行われ 13名の仲間がシャクナゲ14本はじめ ハクチョウゲ、紫モクレンを植栽しました。

 終わって三谷川から発電機と水中ポンプを使って水やりを行いました。明日から2週間は毎日欠かさず当番を決めて水遣りを行わなければなりません。


005.jpg
シャクナゲ予定地の穴掘り


008.jpg
14本のシャクナゲが植わりました


011.jpg
ウエルカムガーデンには紫モクレン1本


014.jpg
栗の木の里にハクチョウゲ


019.jpg
お土産は椎茸でした


Posted by 中村 巖 at 15:28 | 花鳥風月 | この記事のURL | コメント(0)
春雨に 濡れて広島 コンサート[2019年03月03日(Sun)]
 丑三つ時から降り出した雨は終日降ったりやんだりの空模様だったようですね。というのも朝から広島へ出かけ、コンサート会場を出ると広島駅までの間は霧雨でした。夕刻防府駅に着いたときはやはり霧雨。居酒屋を出たらまた霧雨。

 今日のコンサートは、広島エリザベト音大セシリアホールに於ける、吉田仁美さんのパイプオルガンコンサートでした。西日本一の2000本パイプのオルガンだそうで荘厳な中にも迫力のある演奏で素人ながら感動しました。FB友達でもある吉田さんの演奏会に参加できて至福の一日でした。


018.jpg


019.jpg
間違って練習中のところに入れてしまった


020.jpg
セシリアホールのパイプオルガン


038.jpg
プログラムの一端


040.jpg
パイプオルガニスト 吉田仁美さん


029.jpg
で、やはり最後はこうなってしまいます


Posted by 中村 巖 at 21:52 | その他 | この記事のURL | コメント(0)
春の声 作業予告の 矢継ぎ早[2019年03月02日(Sat)]
 明日の三谷定例作業は雨予報のため順延となりました。これで私は罪の意識なく明日は休むことができます。それにしても会長殿のメールには丑三つ時から雨などとクラシックな用語が使ってあるので面喰います。尤も会員諸侯はそれなりの年齢ですからわかるはずですが・・・(笑)

 続けて大平山のボランティア参加要請も入りました。その翌日はまた三谷の作業定例日です。目の前からひとつづつ片づけてまいりましょう。

 今日は私一人でしたが遊びの広場周辺の小笹刈り払いとシャクナゲ植栽予定地の切り株切り戻しを8株ほどやっておきました。


003.jpg
↑切り株を少しでも短く切り戻し↓
004.jpg


008.jpg
久しぶりにチェインソーにて


009.jpg
ガイドバーも裏表入れ替えておきました


Posted by 中村 巖 at 15:18 | その他 | この記事のURL | コメント(0)
三月の 声に草花 目を覚まし[2019年03月01日(Fri)]
 今日から弥生三月名実ともに春の気配です。我が家の庭もクリスマスローズが一足早く咲き誇っています。亡き妻と椿か山茶花で意見が分かれた花が今年も咲きました。散り方を見ても中途半端でどちらとも言えず爾来私の中では「ツバンカ」と呼ぶことにしています。

 さて今日も今日とてきずなの森で過ごしましたが、来る3日の定例作業日に植栽する予定の花木と肥料が羽嶋翔翠園さんから現場に持ち込まれ、吉川会長と二人で受け取りました。係りの人から穴の掘方や水やりの期間などまたシャクナゲの和洋の区別など教わりました。3日が雨の場合他の日に変更されます。そして私は3日でなければ参加可能となります。

 昼前に海北迫釜の西村主宰に用事があって行ってみて驚いたことに窯出しの作業が行われていました。明日の土曜が今日に振り替わったらしい。里山のチッパー作業が忙しく無理だろうと気を使って連絡しなかったとのこと。二つのグループに籍を置いているとたまにこんなことも出来します。ご迷惑をかけました。


003.jpg
シャクナゲ植栽場所の選定


004.jpg
届けられたシャクナゲ他


008.jpg
海北迫釜では窯出しが行われていた


009.jpg
我が家の ツバンカ


014.jpg
同じく クリスマスローズ


Posted by 中村 巖 at 14:37 | 花壇 | この記事のURL | コメント(0)
雨一夜 明けて落ち葉の 二月尽[2019年02月28日(Thu)]
 昨夜は雨模様の中でしたが行きつけの居酒屋はそれでも満席。早々に退席してカラオケ喫茶に河岸を変えましたらここは私ともう一人90歳前後の白髪のおばあさん。これもまた唄い辛いものですがそれでも思いっきり唄って帰りました。

 夜中はずっと雨音がしておりましたが朝にはその雨も上がっておりました。いつものごとく きずなの森に出かけ雨に濡れた重い落ち葉を移動させておきました。


015.jpg
↑飲んで唄って至福の時↓
016.jpg


001.jpg
↑今日はこの一角の清掃↓
002.jpg


009.jpg
椿の杜もにぎやかに


Posted by 中村 巖 at 14:30 | その他 | この記事のURL | コメント(0)
検索
検索語句
プロフィール

佐波の里山サポートネットさんの画像
リンク集