CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2018年06月 | Main
最新記事
<< 2018年07月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
里山に ヒオウギ咲きて 祇園かな[2018年07月08日(Sun)]
 今回の大雨がもたらした被害の甚大さは予想をはるかに超えるものでした。それにしても近年の日本列島は異常な気象や地震などの自然災害に付きまとわれている気がしてなりません。日本の人口はどんどん減っているというのになぜ人々は危険な山や川のそばに家を建てるのでしょうか?災害の少なかった時代の名残なのでしょうね。

 まもなく梅雨明けを思わせる天気予報ですが、そんな今日午前中も里山に行ってみました。水は少し引いていましたがまだ残っています。チェインソーの目立てと給油をして晴れたらいつでも稼働できる準備をしておきました。明日晴れたら落ちている枝を拾い集めなければ刈り払い機を使うことができません。

 花壇には ヒオウギが咲いています。京都ではこの花を飾って祇園祭を祝うそうです。


002.jpg
↑早く何とかしたいのですが↓
003.jpg


001.jpg
目立てをしてその日を待っています


004.jpg
雑草の中のヒオウギ



Posted by 中村 巖 at 13:49 | 花鳥風月 | この記事のURL | コメント(0)
| 次へ
検索
検索語句
プロフィール

佐波の里山サポートネットさんの画像
リンク集