CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 花鳥風月 | Main | 趣味・行楽 »
最新記事
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
早乙女に雨も似合いの田植えかな[2019年05月18日(Sat)]
 午前中は 海北迫釜(みぎたさこがま)定例日で今日は段取りよく、焼きあがった竹炭を窯出しして即木炭の窯入れを完了しました。全員の息ぴったりの成果でした。
 「竹林ボランティア防府」のお仲間たちも竹下駄作りの作業をしていらっしゃいました。

 午後は恒例お田植祭りが同じ部落内で行われました。あいにくの雨で参加の子供たちには気の毒でしたが昔は田植えの季節は雨が似合った気がします。


2019-05-18 005.jpg
↑宮村&山下両名のKHKコンビが窯出し入れ↓
2019-05-18 011.jpg


2019-05-18 009.jpg
竹林ボランティア防府の皆さん


2019-05-18 024.jpg
第29回右田お田植祭りが開催されました


Posted by 中村 巖 at 19:14 | 地域行事 | この記事のURL | コメント(0)
心清め しめ縄づくり 秋祭り[2018年09月24日(Mon)]
 何十年に一度回ってくる熊野神社の大塔がわが班にあたっており、今日はその秋祭りの準備で朝からしめ縄づくりとその取り付けを行うことで一日過ごしました。

 ただしその前に早朝から きずなの森 に出かけ気になっていた道路上に叩き落して放置されていた栗の殻を清掃しておきました。


016.jpg
しめ縄づくりは力仕事

032.jpg
古いしめ縄と交換して終了


009.jpg
↑公園道路の清掃をしておきました↓
005.jpg


Posted by 中村 巖 at 19:45 | 地域行事 | この記事のURL | コメント(0)
今日は晴れ 右田お田植 祭りかな[2018年05月19日(Sat)]
 地元行事として”右田お田植祭り”がありますが今年は28回目を迎えて今日行われました。昨夕は豪雨で雷鳴もとどろく事態に今日の催行が危ぶまれましたが主催者の中に晴れ男がいて今日は晴れると信じていたとか・・・なにはともあれ無事実現できておめでとうございました。

 午前中は土曜日なので 海北迫釜 の日でした。窯の中では先日窯入れした大木の焼却が行われていました。今日の作業は大木の玉切と縦割りそして落ち葉の清掃を行いました。


093.jpg


046.jpg


030.jpg


090.jpg


007.jpg
↑海北迫釜では清掃作業と 木割り↓
006.jpg


爽やかな朝の自治会顔合わせ[2017年09月10日(Sun)]
 今日は年2回あるうちの秋の自治会による環境整備作業の日でした。折悪しく中学校の運動会と重なった家庭もありますが、前日に周辺の草抜きなどしておけばよいという通達があって全家庭参加となりました。

 終わって三谷へ駆けつけてみると、吉川会長がすでに来ていてこれからベンチ用の材を一歩次の段階へ作り上げようとしている所でした。もちろん手伝いました。


2017-09-10 001.jpg
生活道の整備作業、お山は右田ヶ岳

2017-09-10 003.jpg
会長殿鮮やかなチェインそーさばきです

2017-09-10 006.jpg
着々と準備は整っていきます


観たいけど今日は我慢の音花火[2017年08月06日(Sun)]
 昨夜は地元自治会主催の祭りと、防府天満宮御誕辰祭が重なりその上滅多に帰らない娘二人と孫娘が広島から帰参したとあって花火見物には出かけられませんでした。久しぶりの家族団らんのあと窓から見える音と遠花火にしばし心を掻き立てられました。

 今朝は娘たちの眠っている早朝から、墓地に行って地域全体の墓地清掃に参加してきました。帰ってきたころもまだ眠っています。なんともはやよく眠る母娘たちです。


2017-08-05 2017-08-05 001 029.jpg
↑ 窓から見える月と花火↓
2017-08-05 2017-08-05 001 024.jpg


2017-08-05 2017-08-05 001 007.jpg
孫(女子高生)の生足

2017-08-05 2017-08-05 001 005.jpg
孫が連れてきた可愛い犬

涼やかなお田植歌が鳴り響き[2017年05月20日(Sat)]
 午前中 海北迫窯の炭材投入 、午後は右田お田植え祭見学、そして夕刻から防府吹奏楽団演奏会と忙しい一日でした。いろんな方面から声がかかるということは生き甲斐につながります。

2017-05-20 044.jpg
↑右田お田植え祭見物↓
2017-05-20 030.jpg


2017-05-20 005.jpg
今回は木炭の窯詰でした



用水路 力合わせて 田植え前[2017年04月23日(Sun)]
 今日も紺碧の空の下、春の地域行事の一つ農業用水路の泥さらえ作業が行われました。用水路は生活排水も流すので地域住民全てが参加して行われます。

 2時間近くかかって終わりましたが今日は余力があったので、近くの羽島松翠園さんのところで行われている「幸せます祭り」を覗きに行ってきました。アジサイの苗があったので買って きずなの森 経由で帰りました。梅雨入り頃にきずなの森に植え付けしようと思っています。


2017-04-23 011.jpg
鯉家族 青い空池 平和かな


2017-04-23 014.jpg
アジサイを 求めて足は 森に向く


2017-04-23 015.jpg
森歩き 足を止めさす エビネラン


2017-04-23 019.jpg
名にし負う つつじが原は 花盛り


天神山超えて祭りの花火鳴る[2016年11月26日(Sat)]
 今日は防府天満宮の裸坊祭りですね。先ほど18時に神輿出発の合図の花火が聞こえてきました。天満宮周辺は大勢の見物人でごった返していることでしょう。

 午前中は竹炭グループへ参加してきました。今日は新しい窯で最初の竹炭窯出しと次の竹材投入を続けて行いました。灰も採らねばならないのでひと手間増えました。

 午後は きずなの森 に行き、前庭の落ち葉掃きと椿の森周辺の下刈りを行いました。秋の陽のつるべ落としですぐに暗くなってしまいますので午後は長時間の作業ができません。


2016-11-26 007.jpg
取り出した竹炭

2016-11-26 006.jpg
次の仕込み

2016-11-26 010.jpg
きれいになってビオラもうれしそう

2016-11-26 014.jpg
この辺り刈り払い機で

神社から太鼓が響き足急ぐ[2016年09月25日(Sun)]

  早朝出発で午前中に岩国往復してきました。所用を済ませ錦帯橋に足を運んできました。私にとってはいつ行っても気持ちの落ち着く観光地です。今日も早朝からどこの駐車場も満車状態でしたが、どうやらポケモンとやらを探しに来るのだとか・・?老人にはついていけない世の中になったみたいです。

 その点、午後の神社の祭りは昔ながらの・・と言いたいところですが、こちらも神輿は軽四トラックで運び太鼓もにぎやかに打ち鳴らし最後は餅巻きで締めくくりです。多少形は変わっても昔ながらの伝統行事が絶えないということは地元有志の努力のたまものであり感謝あるのみです。


2016-09-25 020.jpg
錦帯橋の土手にはまだ彼岸花が


↑スタート後サイズ拡大でご覧あれ


七草や秋清掃の地にありて[2016年09月11日(Sun)]
 今日は地域総出の秋季環境整備作業日でした。日ごろ利用しない田圃のあぜ道や耕作放棄地には背丈に及ぶ雑草がひしめいており、その中にはきれいな花をつけているナデシコ(→実はランタナ)なども見られます。「そんなところに咲いているからいけないんだよ」、と言い訳をしながら刈り取っていきました。 

2016-09-11 008.jpg
ランタナ だそうです。
そしてこの白い花は ?↓
2016-09-11 012.jpg


 吉川会長からメールで、水源地の栗のことが報告されていました。きずなの森の経験から熟れて自然落下したクリは、外側のイガ が割れていて中の実が茶色く熟れて見えるのが正解のようです。強風や衝撃で落ちた青クリや虫食いで枯れてしまった落下栗は要注意です。ちょうどいいタイミングに遭遇するのは至難のことで毎日行ってみるに如かずですよ。

2014-10-01 001.jpg
自然に熟れて落ちた栗が外に出ています
一昨年10月1日撮影



| 次へ
検索
検索語句
プロフィール

佐波の里山サポートネットさんの画像
リンク集