CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 管理者連絡事項 | Main | 地域行事 »
最新記事
<< 2019年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
至福なり 密かな出会い ルリビタキ[2019年03月24日(Sun)]
 三寒四温の今日は寒の日です。今日は柴田、加来、私の3人で水やり当番をしました。会長殿も来られて小さい苗木にはジョロでと指示をいただきました。

 いったん帰宅して肥料を調合しバケツに入れて再び きずなの森 に赴いて花壇のシャクヤクなどに施肥をしました。終わって森の中を散歩していると可愛い ルリビタキ が姿を見せてくれました。バカチョンカメラなので良い姿は撮れませんでした。


004.jpg
前の用水路から水汲みを


006.jpg
水やりを終えて加来さんは清掃を


007.jpg
柴田さんは花壇の手入れ


011.jpg
ルリビタキがしばし遊んでくれました


Posted by 中村 巖 at 13:23 | 花鳥風月 | この記事のURL | コメント(0)
里山や シャクナゲ植える 人の花[2019年03月04日(Mon)]
 佐波の里山SNの定例活動日は雨のため一日遅れて本日行われ 13名の仲間がシャクナゲ14本はじめ ハクチョウゲ、紫モクレンを植栽しました。

 終わって三谷川から発電機と水中ポンプを使って水やりを行いました。明日から2週間は毎日欠かさず当番を決めて水遣りを行わなければなりません。


005.jpg
シャクナゲ予定地の穴掘り


008.jpg
14本のシャクナゲが植わりました


011.jpg
ウエルカムガーデンには紫モクレン1本


014.jpg
栗の木の里にハクチョウゲ


019.jpg
お土産は椎茸でした


Posted by 中村 巖 at 15:28 | 花鳥風月 | この記事のURL | コメント(0)
マイガーデン 寒肥施し 春を待つ[2019年01月23日(Wed)]
 毎日気になりながら森の誘惑に負けおろそかにしていた我が家の花壇ですが、今日は「亡き妻に叱られる」と言い聞かせながら 鶏糞たい肥に骨粉、油粕、化成肥料を混ぜ合わせ、バラやシャクヤク、牡丹などに施肥しておきました。余った肥料がもったいないと口実を付け里山花壇に持参したのは言うまでもありません。これですっきりしたので明日からまた後顧の憂い無く里山通いができます。その前に今夜も居酒屋で一杯一人酒の予定です。生かされていることに感謝しながら森へ通います。

001.jpg
↑ 寒肥だけは欠かせません↓
003.jpg


004.jpg
根掘りおじさんから根切りおじさんへ
岡田さんが先客でした


009.jpg
ウエルカムガーデンもよく手入れが


011.jpg
ここにも寒肥のおすそ分けを




Posted by 中村 巖 at 12:41 | 花鳥風月 | この記事のURL | コメント(0)
白鷺の 二羽が四羽と なる川面[2018年08月10日(Fri)]
 朝7時半にエシカルバンブーの石森社員を社宅に尋ねた後、佐波川を渡って きずなの森 に出勤しました。まずは紫陽花の水やりを済ませ次に長い間気になりながら放置していた番外地Cの草刈りにかかりました。今日一日では終わる状況ではありません。

 途中、吉川会長が様子見に来ました。枯れ枝の垂れ下がった木の処理方法を決めました。
石崎さんも軽トラに水を積んできました。この前からポリタンクに水が汲んで置いてあったのは石崎さんもでした。助かります!


002.jpg
↑白鷺や 能面道路の 橋の上↓
006.jpg


010.jpg
↑ここに手を付けるのは勇気がいります↓
020.jpg


015.jpg
↑会長と 石崎さん↓
016.jpg

Posted by 中村 巖 at 14:39 | 花鳥風月 | この記事のURL | コメント(0)
里山に 恋焦がれたる 蓮の花[2018年07月28日(Sat)]
 今日も早朝に出勤し、まず混合油の調合それから刈り払い機を下げて目的地へ向かいましたがいつものごとく途中で目につく小笹や雑草が繁茂する光景につかまって結局目的地へはたどり着けませんでした。

 水源地の畑作を台風対策する情報があったので途中で行ってみました。石崎さん、福ちゃん、河本君がすでに対策を終えて帰ろうとするところでした。渡部さんが発電機を引き取りに来られもう一度 きずなの森 に戻りそこで湿地帯の蓮に蕾を見つけました。周辺を少しきれいに刈り払いしておきました。

 夕刻、娘二人と孫娘と犬一匹が突然帰ってきました。孫は大きながま口をもって「集金でぇ〜す」今夜防府踊り見物方々飲みに出ようと思っていた軍資金が無くなりました。


004.jpg
↑途中目につく光景が足を止めてしまいます↓
006.jpg


012.jpg
↑ 水源地にて↓
014.jpg


021.jpg
きずなの森に待望の蓮の花が


Posted by 中村 巖 at 16:31 | 花鳥風月 | この記事のURL | コメント(0)
早朝の 古代蓮見て 作業前[2018年07月18日(Wed)]
 今朝は予定の5時に目覚め、6時前には車上の人となりました。目的地は山口市仁保にあります源久寺に咲く古代蓮です。まだ少し早かったかもしれませんがそれでも満足して帰りました。

 帰り着く先は きずなの森。一時間ばかり草刈りをしていると 澤野さんと石崎さんもやってきました。それぞれ持ち場の草刈りや水やりをしました。主目的の水場への道を整備しかけましたが精魂尽き果て撤退することに。会長ご夫妻と後退して我々は帰りました。

 午後はエアコンの中でひたすら昼寝でしたが、夕刻から炭焼き小屋で乾杯の声がかかっています。


002.jpg
新旧連絡道と椿の森を整備


006.jpg
↑澤野さんと 石崎さんも参戦↓
005.jpg


010.jpg
さらにお尻の君とその奥様も


008.jpg
三谷川にはお手製のプールが出現


012.jpg
作業前 大賀蓮見て 覚悟決め


Posted by 中村 巖 at 15:24 | 花鳥風月 | この記事のURL | コメント(0)
里山に ヒオウギ咲きて 祇園かな[2018年07月08日(Sun)]
 今回の大雨がもたらした被害の甚大さは予想をはるかに超えるものでした。それにしても近年の日本列島は異常な気象や地震などの自然災害に付きまとわれている気がしてなりません。日本の人口はどんどん減っているというのになぜ人々は危険な山や川のそばに家を建てるのでしょうか?災害の少なかった時代の名残なのでしょうね。

 まもなく梅雨明けを思わせる天気予報ですが、そんな今日午前中も里山に行ってみました。水は少し引いていましたがまだ残っています。チェインソーの目立てと給油をして晴れたらいつでも稼働できる準備をしておきました。明日晴れたら落ちている枝を拾い集めなければ刈り払い機を使うことができません。

 花壇には ヒオウギが咲いています。京都ではこの花を飾って祇園祭を祝うそうです。


002.jpg
↑早く何とかしたいのですが↓
003.jpg


001.jpg
目立てをしてその日を待っています


004.jpg
雑草の中のヒオウギ



Posted by 中村 巖 at 13:49 | 花鳥風月 | この記事のURL | コメント(0)
この花は キスゲ・ユウスゲ ノカンゾウ[2018年07月07日(Sat)]
 土曜日なので海北迫釜に行ったが西村主宰はじめ誰の姿も現れない。仕方なくその足で きずなの森 へ向かいました。

 まず驚いたのは倉庫周辺をはじめせんだって紫陽花を植えたセクションが水浸しで水田状態。先日来の大雨で里山上部で浸み込んだ雨水がこのあたりで地表に出てきたものらしい。ここを開墾し始めてこれほどの湿地帯化は初めてのことです。
 
 今回の風雨で被害を受けたのは、そのほとんどが栗の木でした。垂れ下がっている手の届く部分をチェインソーで切り落としていると仲間の姿が現れました。まずは岡田親子とその息子さんたちがクワガタのトラップをっ仕掛けに。次に退院したばかりの吉川会長が元気な姿を見せてくれました。最後に昆虫博士の福ちゃん。みんな久しぶりに雨上がりの森を楽しみました。


005.jpg
海北では林さんが右田から下山に遭遇


011.jpg
アジサイ園が水浸しに


006.jpg
岡田一家はまず昆虫採集


013.jpg
吉川会長が元気に全域視察


019.jpg
岡田&福田コンビで排水作業


032.jpg
市道法面に咲くこの花は?




Posted by 中村 巖 at 13:34 | 花鳥風月 | この記事のURL | コメント(0)
カサブランカ一人咲きて我を待ち[2018年06月28日(Thu)]
 退院後体調が今一なので未だ里山も何もかも作業は始めていません。平熱が36度を切る体温が最近36.5とやや高め即ち微熱が続きやる気が今一出てこない昨今です。しかし気になることが一つ。それは先年植えたカサブランカが先日大きい蕾を付けていたのでそろそろ咲いているのではと今日午後行ってみました。

 今夜は久しぶりに 行きつけの居酒屋に行ってみることにします。炭焼き仲間やテニス仲間との飲み会が待っているので今夜は予行演習です。


002.jpg

001.jpg


005.jpg

007.jpg




紫陽花や 周防阿弥陀寺 雨の中[2018年06月06日(Wed)]
 防府市内は小雨霧雨の降る一日でした。午前中里山に出向きましたが、はびこりすぎた花壇のアヤメを株分けし移植しただけで作業意欲をそぐ雨となり帰宅しました。

 午後はやはり霧雨で、時間が勿体ないと阿弥陀寺に行ってみました。雨の中でしたが結構な数の紫陽花見物客がありました。山アジサイ満開、本アジサイ5分咲きと掲示がありました通り全体的にはまだ少し早いかなという感じでした。
 

011.jpg
紫陽花や 山門くぐる 赤い傘


016.jpg
地蔵尊 濡れて寒げな 霧の雨


021.jpg
紫陽花の 名を冠したる 山の寺


040.jpg
蓮池と 呼ばれて肩身 すくめけり



 
| 次へ
検索
検索語句
プロフィール

佐波の里山サポートネットさんの画像
リンク集