CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 刈り払い | Main
最新記事
<< 2017年06月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
アジサイの見ごろとなりぬ屋根普請[2017年06月15日(Thu)]
 今日は炭焼きグループへ参加する前に三谷へ寄って水遣りをしておきましたが、誰かが昨夜か今朝早くに水やりした形跡がありました。遊びの広場のはずれに桜の大木を発見しました。咲かない桜はまだあるかもしれませんね。

 海北迫窯の庭にもアジサイがあり見ごろを迎えています。入梅宣言がありましたが早まったのでは?と思いますが気象庁は何やら当たりはずれとは関係ないような言い回しに変わってきているようですね。だったら紛らわしいことは言わなくても良いと思いますが・・・

 炭焼き窯の中は今、竹炭が焼かれていてすでに燃焼は終わって内部温度の下がるのを待っている状況のようです。今日はまた三人で屋根の増築の続きを行いました。


2017-06-15 013.jpg
↑ この波板は私が張りました ↓
2017-06-15 014.jpg


2017-06-15 010.jpg
屋根の梁用の杉材の皮むき

2017-06-15 011.jpg
棟梁はこの人 弘中さん

2017-06-15 002.jpg
きずなの森福田庭園の笹百合


Posted by 中村 巖 at 13:16 | 炭焼き | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
らしくない青空の下屋根作業[2017年06月13日(Tue)]
 梅雨らしくない青空の夏日和が続きます。今日もラジオ体操を済ませて きずなの森へ出向き、植木鉢の花に水やりをして、担当者不明の無所属の森に行って刈り払いを一時間ばかり済ませて、海北迫窯に向かいました。注意してみるとかなり大きな桜の木が2本あることに気づきました。周囲を常緑樹の大木に囲まれているため、花芽が付かないのでしょうかこれまで咲いているのを見たことがありませんでした。勿体ない!どげんかせんといかん!!

 今月は炭窯定例日の土曜日がほとんど詰まっているので平日(火・木)参加しています。今日は西村主宰と弘中さんと3人で窯の上の差し掛け屋根の造作を途中までやりました。続きはまた木曜日です。


2017-06-13 003.jpg
何でも屋のこの人今日は工務店さん

2017-06-13 001.jpg
西村主宰も元気で燃料調達

2017-06-13 004.jpg
和気あいあいのチームです


Posted by 中村 巖 at 13:30 | 炭焼き | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
炭窯や大忙しの梅雨晴れ間[2017年06月08日(Thu)]
 入梅後一日降って今日は曇りのち晴れの予報にまずは我が家の庭のつつじを掘り起こし里山に移植して、そのまま海北迫窯に回り長い間温度が下がるのを待っていた木炭の窯出しを行い、少しの時間を利用して水源池の清掃を行いました。炭窯は以上の仕事を3人で行いました。

2017-06-08 017.jpg
窯場の水源池を清掃

2017-06-08 010.jpg
↑立派に焼けていました↓
2017-06-08 012.jpg


2017-06-08 005.jpg
情熱が隠れ咲けども山つつじ

Posted by 中村 巖 at 13:24 | 炭焼き | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
水無月や新旧作業のおさらいを[2017年06月03日(Sat)]
 6月最初の土曜日は竹炭の作業日ですが、今日は昔の作業風景を記録に残すために古い道具を持ち出して竹切りや竹割の作業をおさらいしました。手間暇はかかりますが昔の方法がきれいにはできます。芸術品を作るわけではないので今の方法で十分なのでしょう。和気あいあいのひと時でした。

スタートして拡大してください ↑

2017-06-03 007.jpg
スター俳優・西村主宰
白内障手術しました(笑)

2017-06-03 040.jpg
↑新旧竹割法比較↓
2017-06-03 078.jpg


2017-06-03 092.jpg
お疲れさまでした

Posted by 中村 巖 at 16:19 | 炭焼き | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
竹林で清和の空の陽を隠れ[2017年05月27日(Sat)]
 今日は土曜日で海北迫窯(みぎたさこがま)グループの活動に参加の日ですが、その前に皇帝ダリアが気になるのでまず三谷へ向かいバケツで水を運んで遣りました。

 今日の作業は近くの竹林に赴き、すでに長尺に切ってある竹の寸切と持ち帰り作業を行いました。暑くなってきているので無理はせず窯元に帰って焼き芋などのおやつをいただきながら談笑しました。


2017-05-27 005.jpg
長い竹を270cmに切って持ち帰ります

2017-05-27 007.jpg
焼き芋やミカン食べながら談笑

2017-05-27 009.jpg
女性軍にサービスのMさん

2017-05-27 001.jpg
植え替えて朝な夕なの水運び



Posted by 中村 巖 at 15:01 | 炭焼き | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ボランティア仲間集いて竹作業[2017年05月13日(Sat)]
 今日の海北迫窯作業場には珍しく同じ竹関連でお世話になる「竹林ボランティア防府」のメンバーが集って近々行われるイベントの準備作業をしておられました。

 我々は、そのグループのメンバーでもあり我々の仲間でもある属さんが切り出しておいてくれた炭用の竹の寸切りと竹割作業をしました。


スタートして拡大してください ↓
11日の宴の模様動画です↑


2017-05-13 006.jpg
↑竹林ボランティアさんは下駄づくり ↓
2017-05-13 007.jpg


2017-05-13 002.jpg
我々は竹を切って割りました

Posted by 中村 巖 at 14:09 | 炭焼き | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
春深し小さき国際親善日[2017年04月27日(Thu)]
 海北迫窯の炭材置き場が腐蝕で危険になったため、弘中さん、西村主宰と3人で改修工事を行いました。西村主宰は現役の頃山口県の軟式テニス協会役員をやっていた関係でいまだに韓国や台湾に知己が多く行ったり来たりされています。今日も韓国から二人のテニス仲間がお越しになり昼食の後長門市の湯本温泉に向かわれました。

 そういえば私も硬式テニスを教わったのは船木の石川先生(故人)で、ラケットだけを引っ提げて台湾に2度お供させていただきました。かれこれ40年前のことですが・・・その石川先生のご子息が毎年 きずなの森 でネイチャーゲーム を開いてくださっている 小川先生 だとは最近知ったことでした。きずなの森 で再び甦ったのもうれしい限りです。


2017-04-27 007.jpg
金さん、朴さん、弘中さん、西村主宰

2017-04-27 001.jpg
↑湿地帯に咲く名も知らぬ花↓
2017-04-27 003.jpg


2017-04-27 004.jpg
これが水芭蕉のつもりですが
まだ咲いていません


Posted by 中村 巖 at 16:05 | 炭焼き | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
竹の子は所かまわず顔を出し[2017年04月22日(Sat)]
 土曜日で炭焼き定例日です。朝から青空の好天であまりに気持ちが良いので早起きしてラジオ体操を終えてまず きずなの森 に行き、気になっていた遊びの広場周辺の落ち葉の清掃をやっておきました。

 今日は竹炭の窯出しを行いました。男女10人ばかりの老人パワーですが、力を合わせると大きな仕事があっという間に終わってしまいます。やはり 数は力なり ですね。しかし午後はくたばって昼寝をしてしまいました。近くであったイベントに行く気力もありませんでした。


2017-04-22 004.jpg
竹炭器具庫の中に筍が

2017-04-22 006.jpg
さぁ窯の扉を開きます

2017-04-22 008.jpg
みんなで粉砕計量袋詰めと一挙に

2017-04-22 014.jpg
弘中さんの孫もお手伝い

2017-04-22 003.jpg
朝のうち遊びの広場の清掃を


Posted by 中村 巖 at 15:28 | 炭焼き | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
新緑の 陰でひっそり 古葉の散る[2017年04月20日(Thu)]
 今日は久しぶりに炭焼きの方へ顔を出してみました。土曜日ではないので人影もなくひっそりとしていましたが、解体した古民家の梁や柱が持ち込まれていて切り残しがあったのでチェインソーで切断していると西村主宰がお見えになりました。そこへまた庭木の整理されたものが持ち込まれてきました。

 早めに作業を終えて、三谷の きずなの森 へ行ってみました。昨日と変わって静かな森を散策するのも風情があって良いものです。山笑う新緑の季節ですが、その陰で散りゆく古い葉に思いを寄せることができます。まだ枯れてはいませんが幹を育てる手伝いをして力尽き若い葉に後事を託して散ってゆくのでしょうか?それとも余力はあるものの勇退の道を選んでのことでしょうか?そして私達はどの道を選べばいいのでしょうか?


2017-04-20 005.jpg
すっかり葉桜になった枝垂れ桜

2017-04-20 008.jpg
きずなの森の奥に真っ赤なつつじ

2017-04-20 010.jpg
駐車場傍のノムラカエデ

2017-04-20 013.jpg
ドウダンツツジも咲いています

2017-04-20 018.jpg
我が家に帰るとバラ

Posted by 中村 巖 at 13:07 | 炭焼き | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
束の間の 花の命の 儚さよ[2017年04月08日(Sat)]
 土曜日は竹炭の定例日です。火曜日に見たときは枝垂れ桜はまだ8分咲きくらいでした。今日行ってみると花弁はかなりなくなってその分葉桜となっていました。一昨夜来の雨で散ったものと思われます。そして竹の窯詰め込み作業中も花びらが散り続けていました。

 今日は、男性5人と女性5人が参加しての作業と花の下でのお茶会でした。


2017-04-08 007.jpg
窯の前の桜はほとんど葉桜

2017-04-08 004.jpg
今日は竹の窯入れを行いました

2017-04-08 012.jpg
後半は桜の下でお茶会

2017-04-08 021.jpg
ノンアルビールをいただきました

2017-04-08 022.jpg
最後まで詰めて蓋をして


Posted by 中村 巖 at 13:19 | 炭焼き | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ
検索
検索語句
プロフィール

佐波の里山サポートネットさんの画像
リンク集