CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 定例作業日 | Main | 維持管理整備 »
最新記事
<< 2017年09月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
春寒や 騒音作業の 終わりけり[2017年03月07日(Tue)]
 2月27日から始まった きずなの森 における廃材粉砕作業は、予定より二日早く本日無事に終わりました。今回は防府市林務水産係から拝借したチッパーで一回り小ぶりの機械でしたが、能力的には以前の機械とさほど大きな差は感じられませんでした。

 土日を除く7日間で延べ人数52名(平均7.4名/日)の作業で森のあちこちに積まれていた廃材の山はきれいになくなり、遊歩道に散布または山となってこれから散布を待つ状態になっています。機械・人員とも事故もなく無事終わったことを報告させていただきます。会員のみなさんお疲れさまでした。


2017-03-07 007.jpg
仕事が終わり帰り支度のチッパー君

2017-03-07 004.jpg
今シリーズ最後の追い込み

2017-03-07 005.jpg
チップはすぐに遊歩道へ

2017-03-07 013.jpg
これから展開を待つ山

2017-03-07 011.jpg
足裏の柔らかい感覚が・・



白梅や涙湛えて何思う[2017年03月02日(Thu)]
 予定では終日雨の筈であったが、8時ころは降りもせず何もしないのはモッタイナイ。そこで次回粉砕場所の機材設置場所方向が変わりそうなので、そのための廃材移動をやっておこうと一人で運んでいました。そこへ野口さん、渡部さんも来られて雨が降り出すまで粉砕作業をしようということになりました。

 準備で廃材の位置、向きを変えていた分だけ終わったころ雨が激しく降り出したので、予定通り中止しました。途中から澤野さんも加わって4人での作業でしたが30分でチップの小山ができました。

 皆さんのお帰りを見送っているうちに雨も小やみとなり、またモッタイナイ精神が頭をもたげて、残りの廃材を運んでおきました。

 木を切り倒すときから、チッパーの設置場所や方向、作業員の動線など一応計算して廃材の集積を行っていると粉砕作業も楽に行うことができます。


2017-03-02 006.jpg
雨上がりの梅の花

2017-03-02 001.jpg
三月の予定の雨で作業止め

チッパーの轟音涼し藪椿[2017年03月01日(Wed)]
 チッパー作業も三日目に入りました。予定通り順調に進んでいます。慣れた頃が要注意ですね。気を引き締めて続けましょう。ですが明日は雨の予報でもしかしたら休養日になるやもしれません。

2017-03-01 009.jpg
今日は椿の森内外で粉砕

2017-03-01 003.jpg
予定より多く9名参加でした

2017-03-01 011.jpg
椿の森がきれいになりました


七人の侍真剣二月尽[2017年02月28日(Tue)]
 昨日に続き今日もチッパー作業が快晴の空の下、7人の会員によって行われました。雑木の種類によっては直径に関係なくチッパーにはかけられないケースもありその見極めは経験を積むしかありません。

 太さ・重さ・硬さ・形状 などにより最後には投入者が識別しなければなりませんが、その前段階で取捨選択しておく必要があります。だれが投入者になっても務まるように携わる全員がそのつもりで作業する必要があります。


2017-02-28 011.jpg
空はもう春の色ですきずなの森

2017-02-28 002.jpg
さぁー始めましょう「ご安全に!」

2017-02-28 008.jpg
森のあちこちにチップの山が


春一番 明日はお発ちか チッパー君[2017年02月16日(Thu)]
 うららかなお天気でしたね。夕刻、気象庁が九州・山口に春一番が吹いたと発表があったようです。

 防府市林務水産係から借用した チッパーの借用期限が明日までとなり、今日も追い込みの粉砕作業を行いました。炭焼き窯の裏山あちこちに積まれていた雑木の小木や枝木がすっかりなくなりました。チッパー君の威力は大したものです。明日返却します。


2017-02-16 008.jpg
↑主にこの人が取り扱いしました↓
2017-02-16 014.jpg



如月というにはいささか春めいて[2017年02月14日(Tue)]
 二月の旧名「如月きさらぎ」はやはり雪がふさわしいと思いませんか?今日はまるで春の到来を思わせる穏やかな空模様でした。

 そんな森で海北迫窯木竹炭グループでチッパーを使った小枝の粉砕作業を行いました。市から借用しているこの機械は小型ながら良く働きます。

 県の機械はプーリーとベルトで動力移転をする方式で無理な負荷をかけるとスリップして摩擦熱で煙を出して止まりましたが、この機械は歯車とチェインで行いますので意外と駆動力が強いのです。だからと言って決して無理な負荷をかけてよいということではありません。その辺の見極めが投入者には求められます。やはり細くても硬くて重たい木は避けなければなりません。

 もう一日明後日(木)に迫窯裏の山林で粉砕作業を行います。佐波の里山SNのメンバーで興味のある方は実習においでませ。


2017-02-14 001.jpg
今日は西村主宰、弘中さんの他
宮村さん夫妻も参加

2017-02-14 002.jpg


2017-02-14 003.jpg


2017-02-14 004.jpg
おやつは白魚の踊り食い!

幸せの青い鳥住む冬の森[2017年02月08日(Wed)]
 忙しい一日でした。朝一できずなの森に行き先日使用したチェインソーのエアフィルター掃除や混合油の調合などして、直さん渡部さん、野鳥の会のMさんたちとお別れして木竹炭グループへ合流し、昨日の続きの竹の廃材粉砕作業を完了しました。

 終えて3人で湯野の温泉に浸かり、帰りは湯野から久兼に抜ける山道を通って帰りました。私は初めて通る道でした。


ルリビタキ.JPG
野鳥の会 Mさん撮影のルリビタキ
きずなの森にて

2017-02-08 003.jpg
チェインソーのフィルター掃除他

2017-02-08 006.jpg
直さんたちと入れ違いで

2017-02-08 014.jpg
竹廃材の粉砕作業

2017-02-08 020.jpg
打ち上げは湯野温泉「芳山苑」


チッパーの筆おろしせり冬山河[2017年02月07日(Tue)]
 昨日午後、海北迫窯(みぎたさこがま)木・竹炭クラブの一員として、西村主宰他1名と共に防府市役所林業振興課へ赴き、市が新しく導入したチッパー(木竹粉砕機)を借用して帰りました。

 そして今日、早速に竹炭用に切り出した竹の不要部分の粉砕に使用しました。実はこの機械の実用は今日が最初なのです。少し緊張して鄭重に扱いました。これまでの県のものとは一回り小さい型式ですが竹の場合にはそん色なく実用に耐えうるものでした。

 海北迫窯が済めば次はいよいよ佐波の里山SNも借用予定です。


2017-02-06 002.jpg
市役所から初のお出ましです

2017-02-07 006.jpg
竹の廃材置き場で活躍

神ってる その時止んだ 冬の雨[2017年01月30日(Mon)]
 雨天決行という悲壮な覚悟で開催された「チッパー取説」ですが、開催2時間前まで降っていた雨がぴたりとやみました。合羽を着用することなく現場に向かいました。

 いつも県から借用しているチッパーよりは一回り小ぶりの可愛い機械でしたが、慌てずゆっくり安全第一で作業すればいいのではないでしょうか。市内の里山に関するボランティア団体さんも多数参加されていました。私のもう一つ属する炭焼きグループ(海北迫窯)からも西村主宰以下3名が、そして琴音の滝さん、竹林ボランティア防府さんその他のグループや団体さんからも多数参加されていました。本当に雨が降らずによかったですね。


動画スタートして拡大でご覧ください ↓


2017-01-30 011.jpg
KCM93が到着です

2017-01-30 028.jpg
小さいけれど力持ちです

2017-01-30 042.jpg
借用するには県の講習を受ける必要が


成し遂げし5月半ばの日曜日[2016年05月15日(Sun)]
 今日は日曜日で予定表ではお休みだったチッパー作業ですが、最終日月曜の天気予報が怪しくなってきたので会長とフィールドマネジャーの勇断で急きょ予定外の金曜の午後と本日の実施を敢行し無事に予定の廃材処理を完了しました。みなさんお疲れさまでした。特に杉山FMは連日の出勤と県指導センターとの折衝などご苦労様でした。石崎さんチッパー君運搬もよろしくお願いします。

2016-05-15 007.jpg
↑この6人と会長が休日作業しました↓
2016-05-15 008.jpg


2016-05-15 004.jpg
野口さん、勝間さん、杉山さん

2016-05-15 005.jpg
石崎さんはブランコ完成と
タイヤ塗装もしました


| 次へ
検索
検索語句
プロフィール

佐波の里山サポートネットさんの画像
リンク集