CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 秋の日やひと汗かいて友を待つ | Main | 天災の防ぎようもなく台風禍 »
最新記事
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
余波の風吹けど竹炭作業あり[2019年10月12日(Sat)]
 朝方かなり強い風が吹いていました。東京からきているI君には作業中止の旨伝えてゆっくり休んでもらうことにしたが、どっこいこのくらいで作業を止める面々ではござりませぬ。竹を仕込み、足りないとみれば竹林まで調達に行くことも辞さぬ意気込みです。多分数日内に有志で窯入れが終わり着火になるでしょう。

 夕刻にきずなの森の様子を見てきましたが、今回は大きな倒木や落下物は見当たりませんでした。既に昼間のうちに誰かが整備していたかもしれませんが・・・。


2019-10-12 004.jpg
竹の窯詰が始まりました


2019-10-12 007.jpg
↑竹林から軽トラ1車運びました↓
2019-10-12 008.jpg


2019-10-12 001.jpg
↑里山は倉庫の周辺だけ散乱↓
2019-10-12 002.jpg



Posted by 中村 巖 at 18:04 | 炭焼き | この記事のURL | コメント(0)
この記事のURL
http://blog.canpan.info/sabayama/archive/3143
コメントする
コメント
検索
検索語句
プロフィール

佐波の里山サポートネットさんの画像
リンク集