CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 草抜きて夏越の払い我が儀式 | Main | 汗を拭きカサブランカに癒される »
最新記事
<< 2019年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
夏草や野にも山にも嫌われて[2019年07月01日(Mon)]
 里山にいると色んな方々がお見えになります。昨今は虫取りの親子が意外と多い。私は昆虫には詳しくないので話相手にもなってあげられません。

 日曜には犬の散歩に来る常連さんがいらっしゃいます。その犬は水遊びが好きなようでいつも三谷川の方へ飼い主を誘導している。今私はその水辺の小径を草刈りしている最中です。このあたりは会員でさえ滅多に入り込まないので存在すら知られて居ません。小径といっても雑草に覆われて常に手入れをしなければすぐさま通れない荒れ地になってしまいます。雑草刈りが定例作業計画に入ることはありません。気が付いた人が黙々と作業して水遊びのお客さんに喜ばれることを自らも喜びとしています。


2019-07-01 002.jpg
吉川会長は今日も廃材処理


2019-07-01 005.jpg
↑私は水辺の雑草刈り↓
2019-07-01 013.jpg


2019-07-01 017.jpg
↑よく働きました↓
2019-07-01 004.jpg




Posted by 中村 巖 at 16:01 | 刈り払い | この記事のURL | コメント(0)
この記事のURL
http://blog.canpan.info/sabayama/archive/3039
コメントする
コメント
検索
検索語句
プロフィール

佐波の里山サポートネットさんの画像
リンク集