CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 春冷えも 三々五々と 森仲間 | Main | 物干しへ 急げ急変 春時雨 »
最新記事
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
久々に 水やりできて 春うらら[2019年03月14日(Thu)]
 ここ何日間か、昼間や夜間の雨で里山に植栽したシャクナゲやハクチョウゲへの水やり当番は難を免れてきましたが、今日は久しぶりに本来の水やり作業をしなければなりませんでした。そのご愁傷さまのメンバーは、木原、藤井、吉川、富田の4名です。ご苦労様でした。私は取材でお邪魔虫をさせていただきました。

 里山は今、馬酔木(あせび)が満開でやがてつつじの開花が待たれます。今日1本だけ早咲きのコバノミツバツツジを見つけました。椿も咲いています。きずなの森もこれからは少しずつ色づいてくることでしょう。


001.jpg
発電機やポンプの撤収


009.jpg
↑ツツジや馬酔木が咲き初めました↓
012.jpg


018.jpg
椿にうっとりの 紅顔の美少年
ならぬ厚顔の老醜





Posted by 中村 巖 at 11:32 | 軽作業 | この記事のURL | コメント(0)
この記事のURL
http://blog.canpan.info/sabayama/archive/2933
コメントする
コメント
検索
検索語句
プロフィール

佐波の里山サポートネットさんの画像
リンク集