CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 晴天に 雨蛙鳴く 不思議かな | Main | 新玉の 玄関先に 鎮座せり »
最新記事
<< 2018年06月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
玉すだれ さてもめでたの 梅雨晴れ間[2018年06月03日(Sun)]
 梅雨入りといってもまだ本格的な雨は降らない当地ですが、そんな日曜の今日は珍しく文化的行事に浸ってきました。その前に朝一でいつものごとく里山の水やりと下草刈りはしておきました。

 昼前からまずは絵画の作品展二つを回りました。一つは「遊画な仲間展」と今一つは「チャーチル会防府作品展」。まったく絵心のない私ですが時にこうした環境に浸ることも大事かなと・・。

 一旦昼食に出かけ午後は 「さてはめでたい10周年・古典芸能南京玉すだれ山口保存会 記念公演」と、やたら長いタイトルですが、我が里山ボランティア”佐波の里山SN”会員でもある勝間さん主催の発表会に招待されたので他の会員と共に鑑賞してきました。撮影禁止のため皆さんに紹介できないのが残念ですが素晴らしい出来栄えで感激しました。新しく団員も募集しているそうなので我もと思わん方はいかがですか?


004.jpg
里山近くの田んぼは田植え終了も


003.jpg
夢の森を下刈りしておきました


006.jpg
遊画な仲間展 青木画伯の絵


009.jpg
南京たますだれ山口保存会公演



Posted by 中村 巖 at 16:47 | その他 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事のURL
http://blog.canpan.info/sabayama/archive/2664
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.canpan.info/tb/1364099
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
プロフィール

佐波の里山サポートネットさんの画像
リンク集