CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 森行かば春の朝こそ佳とする | Main | 連休や周辺動く気配なし »
最新記事
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
老骨に鞭打つテニス山笑う[2018年04月27日(Fri)]
 午前中は里山仲間3人でテニスを楽しみました。屈強で若き大男のIさんに同年齢のSさんと私は振り回されましたがそれでもテニスは楽しいスポーツです。筋肉鍛錬の一助のためにも生涯続けたいものです。

 アフターテニスに きずなの森 へ立ち寄りました。緑の若葉がさざめく間に真っ赤なモミジの葉が目立ちます。湿地帯に水が戻り濃い紫のアヤメが咲いています。心配されたタラの芽も吹いていました。

 午後は真尾の工場に赴き、仕切り板の防腐剤塗装を行っておきました。


004.jpg
↑ゲームする前から勝負あった!↓
002.jpg


006.jpg
緑の中の真っ赤なカエデ

017.jpg
ドウダンつつじ?

008.jpg
湿地帯には菖蒲



この記事のURL
http://blog.canpan.info/sabayama/archive/2627
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
プロフィール

佐波の里山サポートネットさんの画像
リンク集